若松日刊。 『競艇予想(1/21)』若松・G1ダイヤモンドカップ・5日目の全レース予想

白石監督、若松監督に感謝/日刊スポーツ映画大賞

若松日刊

1969年時の「若松プロ」のメンバー。 サングラスをした若松監督の後ろに、助監督になって間もない吉積めぐみさんの姿が見える。 足立 そうです。 当時の閉塞状況を映画構造として描いたものだったんです。 ビルだろうが街だろうが田舎だろうが、追い詰められた自分たちは走り回ってばかりいる。 そんな状況を映画に撮った。 そんな時代でしたね。 足立 山本さんはとても心の優しい人で、僕の一面をうまく演じてくれた。 僕も本質的には寂しがり屋の優しい男なのですが、当時はキレることも多かった。 あの頃の僕は「酔っぱらいゴリラ」と呼ばれていました(笑)。 ゴールデン街でいつも酔っぱらっていましたから。 訳の分からない理屈を振り回しては、周囲をけむに巻いたり、とっちめたりしていました。 若ちゃんと僕とで飲み屋に行くと「ホラ吹きと詐欺師が来たぞ!」と言われたものです。 ちなみに僕が「ホラ吹き」で、若ちゃんが「詐欺師」です(笑)。 足立 若ちゃんは僕を潰すつもりで、「若松プロ」に呼んだんです。 僕が大学時代に撮った自主映画がアートシアター新宿で特集上映され、行列ができているのを見て、生意気なヤツだと感じたんでしょう。 僕が呼ばれて「若松プロ」へ行くと、いきなり台本を渡されて「明日から助監督な」と言われた。 撮影現場ではさんざんな目に遭いました。 それで、みんな僕が若松に殴り掛かると思っていたんです。 数日間、自宅のアパートにいたんですが、知人が「これから一緒に若松さんのところに行こう」と誘う。 殴り込みに付き合ってくれるのかと思ったら、彼は一升瓶を持って、これを渡せというわけです。 「若松孝二を殴りにいくのなら、俺を殴ってからにしろ」なんていう男を殴るわけにはいきません。 それで一升瓶を手に、「ごぶさたしています」と訪ねた。 あの頃はどんなにケンカをした相手でも、一升瓶を持っていけば、それで仲直りできたんです。 最初の一作目は険悪な関係でしたが、その後は若ちゃんに頼まれて僕は脚本を書くようになり、親しい関係になった。 僕に一升瓶を持たせた男は、今はロスでお坊さんしていますよ。 足立 いやいや、大和屋竺さんを中心にした日活の助監督グループが「大谷義明」名義ですでに脚本を書いていましたし、京都大学で大島渚と演劇活動していた吉沢京夫さんが『壁の中の秘事』(65)の脚本に参加していました。 すでに、いろんな才能が集まっていた。 単にピンク映画の脚本を書いてお金を稼ごうというだけじゃない、自分たちの問題意識を映画の中で解決しようというのが当時の「若松プロ」には感じられた。 その様子を見て、僕も「うまく若松孝二という神輿を担ぎ上げればいんだな」と分かったんです(笑)。 1970年に製作された出口出脚本作『性賊 セックスジャック』。 ガイラこと小水一男と秋山道男が俳優として大熱演してみせた。 一方、「若松プロ」には大手映画会社にはない自由な空気があった。 足立 ピンク映画というフィルターを通すことにはなるけれど、表現の場としての自由があった。 そこへスキャンダリズム、実録事件ものが大好きな僕が加わって、ガンガンガンと大騒ぎを始めたってことだね(笑)。 足立 うん、若ちゃんが脚本家名をペンネームにしているのなら、そのシステムに従おうと思った。 大和屋さんたちの使っていた「大谷義明」を最初は名乗ったけれど、明らかに『胎児が密猟する時』はそれまでの「大谷義明」とは作風が違っているわけです。 若ちゃんから「次からはお前の名前で書いていい」と言われ、新しいペンネームを使うことにしたんです。 シカゴで起きた看護婦連続殺害事件をヒントにした『犯された白衣』(67)も同じ目に遭った。 若ちゃんが「これで運営資金はゼロだ」と嘆いていたので、僕から「映画会社が配給してくれないなら、自分らでやればいい」と言って、それで若ちゃんと僕とで35ミリフィルムを担いで、大阪行の夜行列車に乗ったんです。 大阪で上映してくれそうな映画館に直接売り込みに行った。 これが成功して、3日間だけの上映だったはずが1週間、2週間、1カ月と上映され、ようやく資金を回収できた。 でも、配給側にすれば僕らが勝手に営業しているのが面白くない。 このままじゃ、本当に戦争になるな。 名前を変えよう。 それで、この閉塞状況から脱出しよう。 新しいペンネームは「出口出」でどうだと僕が提案すると、「シンプルでいいな」と若ちゃんも同意してくれた。 ピンク映画の黒澤明と呼ばれた若松孝二にも大変な時期があった。 「出口出」はそんな状況を打破してやろうという意味を込めたものだったんです。 日大芸術学部映画学科在学中に監督した『椀』(61)が学生映画祭大賞を受賞。 若松孝二監督作『血は太陽よりも赤い』(66)に助監督として参加。 以後、出口出のペンネームで『日本暴行暗黒史 異常者の血』(67)、『ゆけゆけ二度目の処女』(69)、『性賊 セックスジャック』(70)などの脚本を手掛けた。 監督作として『女学生ゲリラ』(69)、『略称・連続射殺魔』(69)、『噴出祈願 十五歳の売春婦』(71)などがある。 また、大島渚監督の『絞首刑』(68)に俳優として出演したことがきっかけで、『帰ってきたヨッパライ』(68)、『新宿泥棒日記』(69)の共同脚本にも参加した。 『赤軍 PFLP 世界戦争宣言』(71)を若松孝二と共同監督。 74年に日本赤軍と合流し、国際手配される。 97年にレバノンで逮捕され、3年間の禁固刑に。 2000年に日本へ強制送還され、『幽閉者 テロリスト』(07)、『断食芸人』(16)を監督している。

次の

日刊ベリタ : 記事 : 若松丈太郎著『福島核災棄民―町がメルトダウンしてしまった』(コールサック社刊、2012年12月9日発行)を読んで 山崎芳彦

若松日刊

原発立地地域の深刻な問題に真正面から向かい合い、詩、評論、ルポルタージュなどで、危機を警告し続け、その身を動かして反原発の闘いに参加して来た詩人・若松丈太郎さんの最新の一冊が発行された。 若松さんについては、昨年、『福島原発難民』(コールサック社刊)に接して以来、筆者は、その後のまことに優れた詩作、評論による詩人の動向を追ってきたが、今この著書で「核災」「核発電」という、物事の本質を的確に表現し、核加害者・勢力を人間の生きるその真実の根拠地から糾弾する詩人の魂に、改めて深い感銘を受けている。 筆者は「あとがき」で次のようにことばを燃え立たせている。 「東電関係者の間では、福島を<植民地>と言っている。 」と言う、ある人から聞いた言葉にはじまり、<東北>はすべて彼らの植民地という意識なのであろう、と記してからの文章を引用させていただく。 「彼らとは、いわゆる原子力村の住人だけを指して言うのではない。 彼らとは、日本という新帝国主義国家を構築した政官財を中心とする権力の枢軸でもある。 政府は、米国と経団連の圧力に効しきれず、民意を斥けて大飯核発電所を再稼働し、また『革新的エネルギー・環境戦略』を有名無実なものにしてしまった。 いま、わたしたちは『日本国憲法』の第十一条をはじめとする条項で認められているはずの権利を保障されず、国家の主権者であるとは認められない状況のなかでいきている。 」 これは、いま苦難に喘ぎ人間としての生活を生きられない<核災棄民>の状況を述べているだけではない。 この国が原発列島であり、福島の核災が起るべくして起こった以上、この国に生きるすべての人々の置かれる状況について、かつて若松さんがチェルノブイリを訪れ、その実情と核の本質を胸に据えて書いた福島<核災>以前の詩の数々と評論が警告したように、この国のすべてに通底する実態についての、凝縮された言葉であろう。 いま、安倍自民党政権が、彼らなりの前へなのか、あるいは前と後ろの時間軸を組合せ接合して作り出そうとしている危ういこの国の先行きへのスタートの時、若松さんの『福島核災棄民』は、福島、核災、棄民それぞれの言葉を、読む者が自分の居る場所で、筆者で言えば、現状が変わらなければ、「茨城、核災、棄民」にならざるを得ないだろう一人として、若松さんのこの本に収載されている詩、評論、ドキュメントなどを読むことの意味は大きい。 それは、この国について読むこと、わがこととして読むこと、人が生きること、たたかうこと、つながること、そして自分を主権者として捉えなおすことを、自覚的に思わされるだろうに違いない。 今回の選挙の結果で、核の本質が、核災の底なしのむごさが、核発電所が存在してはならない理由が変わったわけではない。 そして人間の生きる権利、この国の主権者が変わったわけでもない。 そうであれば、主権者としてどう振る舞わなければならないか、主権を奪おうとする企みにどう対抗しなければならないか、考えよう、つながろう、動こう・・・その力があるのだから、と思う。 若松さんの『福島核災棄民』の六章からなる構成は、まことに見事なものである。 多くの人々の知恵が結集されてなった一冊なのだろう。 順を追って、内容を見ていきたい。 「一章 町がメルトダウンしてしまった」は、二〇一二年三月一日の若松さんの詩「町がメルトダウンしてしまった」と「原発難民ノート」(二〇一一年三月十五日から四月三十日までの日録でこの間のさまざまな動きが記録されているが、驚くほど具体的で、目配りが聞いていて、政府の動きから自身を含めた人びとの暮らしまでを若松さんの直視と思索によって記録している。 ) 詩は、人々の生活のありようがもつ本来的な豊かさや文化を生み出す仕組みが戦争で、戦争をすすめた国の一億総動員体制による仕掛けで壊され、そして戦後のアメリカ流の経済のあり方が東北の町や地方にまで進出して町や地方を壊し、ついにはアメリカ渡来の<核発電>(原発)の暴発、メルトダウンによって地方のどこにでもあるようないくつもの町がメルトダウンしてしまった、ことを表現している。 そこにあるのは、若松さんが自らをも含めた、見つめた人の暮らしへの深く優しいまなざしと、それを壊し、メルトダウンさせてしまう権力者達の人々の生活を歯牙にもかけない暴挙、利益追求経済主義の人間が人間を食う弱肉強食の社会の常態化、そしてそれが行き着いた核発電の非道への限りない怒りを込めた告発であると、筆者は読んだ。 貴重な証言である。 この、実態を見つめた先に、「二章 キエフ モスクワ 一九四四年」があり、若松さんがチェルノブイリの原発事故の八年後に現地を訪れた時の記録が記されている。 長期間の滞在ではなくさまざまなら制約があった中での訪問だが、若松さんの観察と研究とも言える実地での人びとや施設での交流、取材体験、そのルポ形式の文章の精確で豊かな人間味あふれる表現は、チェルノブイリの実相をリアルに捉えることで、チェルノブイリをを超えて、核のもつ本質的な危険性と底知れない、人間だけではなくすべての命あるもの、生きる環境に対する破壊を伝え、それはつまりのところ、その核を利用するもの、しようとするものたちに対する徹底した糾弾となる。 核発電所の近くに生活し、その危険性を警告し続けてきた若松さんならではのルポルタージュ文学である。 「三章 福島核災棄民」では、「福島から見える大飯」「広島で。 <核災地>福島から。 」が書かれている。 「広島で。 ・・・」では、<核発電>、<核災>と言う言葉を使うことについて書いている。 「広島・長崎と、同列に福島を語ることができるのか、あるいは、同列に扱うことに意味があるのかという疑問を抱いている人が少なからずいるのではないかと感じています。 /核兵器は核エネルギーの悪用であり、核の軍治利用の副産物である<核発電>は核エネルギーの誤用といわれている。 そこで、わたしは原発を<核発電>、原発事故を<核災>と言うことにしている。 その理由は、同じ核エネルギーなのにあたかも別物であるかのように<原子力発電>と称して人びとを偽っていることをあきらかにするため、<核発電>という表現をもちいて、<核爆弾>と<核発電>とは同根のものであることを認識するためである。 さらに、<原発事故>は、単なる事故として当事者だけにとどまらないで、空間的にも時間的にも広範囲に影響を及ぼす<核による構造的な人災>であるとの認識から<核災>と言っている。 チェルノブイリ核災から二十六年だが、まだ<終熄>してはいない。 福島核災は始まったばかりで、二十六年後に<終熄>していることはないだろう。 まったく先が見えない災害なのである。 」 と述べているが、事の本質を明らかにできる言葉を使い、「広島の皆さんといっしょに考えることによって、共有可能なものを見いだすことができるのではないかと、考えています。 」というのである。 この章では以上の1. はじめに、に続いて、2. <各施設>の危険性を認識しながら国策として推進した問題、3. <各施設>の危険性を認識しながら、十分な対策を講じなかった問題、4. <核災>発生後の指示、住民への対処の問題、5. <核災>発生後の事実の伝達などの問題、6. <核災地>の現状、7. 労働者被曝の問題、8. 負の遺産の問題など、9. その中の結びにあたる部分で 「この集会のスローガンに『福島から広島が学ぶこと』とありますが、むしろ、広島・長崎の人びとの六十七年に及ぶ長い闘いの蓄積から福島のわたしたちが学ぶべきことが多いはずです。 広島・長崎と福島をいっしょに語ることによって、共有可能なものを見いだして将来に生かすことができるはずだと考えています。 」 として、核兵器・核発電の廃絶に向かう展望を語っていることの意義は大きいと思う。 この章の一連の文章は<核災>によって何が人間を苦しめたのか、それを起した原因者達が行ってきたことは何か、いま被災者がどのような状況下で生き、どのような困難に直面しているのか、原因者達はどのように裁かれなければならないのか、貴重な指摘、問題提起がなされている。 「四章 戦後民主主義について」には、3・11後に多くの媒体に買いてきたエッセイや評論などを纏めていて、いろいろな論点の展開、戦後民主主義についての論考が魅力的で、筆者はうれしい共感を持てた。 多くの人々との交流、国語教師としての経験、多彩な読書歴など、若松さんを知る上でも貴重である。 「五章 ここから踏みだすためには」ではコールサック社刊の『命が危ない 311人詩集』、『脱原発・自然エネルギー218人詩集』の作品について論じていて、この詩集を読んだ筆者にとって、改めて興味深く読むことができた。 詩人の個性的な感性と社会との切り結びなど、短歌を読む筆者にとって刺激的でもあった。 また「<被災地>福島の、いま。 」の「神隠しされた街 チェルノブイリ、ここに再び」「子どもたちのまなざし 来て、現実を直視してほしい」にうたれた。 「六章 海辺からのたより」には、若松さんの詩二編が収録されているが、「海辺からのたより一,二」「記憶と想像」に、若松さんの時間的、空間的な広さと深さを持つ詩人としての感性、その表現、人間としての大きなやさしさと鋭さと、打ちひしがれない強靭さを感じた。 同書のために書かれた、詩人でありコールサック社の代表である鈴木比佐雄氏の解説は、詩友である若松さんについて、同書の編集・発行人にふさわしく、心のこもって行き届いた内容であり、読者にとってはありがたいものだった。 そのなかで 「3・11以後に世界の文明の在り方をもう一度根本から見直し、他者の人権、生きとし生けるものの生存権、地球環境の保全などを未来の子どもたちに手渡していくために、自分の暮らしを変えていこうと考えている人々にぜひ、この評論集を読んでほしいと願っている。 若松さんの問いかけは、市民文化を育てるような生きていく場所から、自らの生き方を通して、他者の人権や生存権など民主主義の根本を自分の頭で考え、自分の言葉で語り、責任ある思いやりのある行動をしてほしいと言う、心からの願いだろう。 」 と評しているのは、まさにその通りであると思うとともに、鈴木さんの意思を語っているのだろうと読んだ。 さらに、鈴木さんは解説の中で、次のことを記している。 『今後の若松さんの実際の行動の一つを紹介しておきたい。 十一月十六日付の東京新聞の社会面で第二次の『福島原発告訴団』が東電の勝俣恒久前会長ら事故当時の経営陣三十三人を業務上過失致傷などの疑いで福島地検に告訴したことを大きく報道していた。 この第二次の『福島原発告訴団』は、一万三千二百六十二人で避難途中の死亡、避難生活に絶望した自殺、甲状腺異常の被害の子ども達の親御さんなど四十七都道府県の人びとだ。 若松さんは今年六月に福島県民だけで結成した第一次『福島原発告訴団』の千三百二十四人の一人だ。 私はこの二つの裁判を通じて、原発を推進してきた東電幹部と政府・行政、政治家たち、原発メーカー、原発を肯定してきた学者・外郭団体たちなどの『原子力村』の利権の構造や無責任体制や『棄民政策』が徹底して暴かれることを期待している。 若松さんの本書が、これらの裁判の関係者たちや福島のことを決して忘れてはならないことと考えている多くの人びとに読まれ、彼らを勇気付け励まし続けることを願っている。 」 筆者も同感だ。 なお、付属CD「神隠しされた街」は、稲塚秀孝監督・ドキュメンタリー映画『フクシマ2011〜被曝にさらされた人びとの記録』(詩・若松丈太郎 曲・歌:加藤登紀子)である。 筆者はしばしばこれを聴く。

次の

白石監督、若松監督に感謝/日刊スポーツ映画大賞

若松日刊

若松ボートの場内ステージでプロ野球ソフトバンクの今宮健太と周東佑京のトークショーが行われ大勢のファンが詰めかけた。 現在、今宮と周東は北九州市内でキャンプイン前の自主トレーニング中だ。 今宮が守備が苦手な周東に「何か教えられることがあれば」と声をかけたという。 司会者に周東の成長ぶりを聞かれた今宮は「走ることに関しては一級品のプレーヤーですよ。 でもそれ以外は何もないですね。 道具(グローブ)を持つとだめみたい」。 辛口の評価に場内も大爆笑。 周東は「走ることと跳ぶことは得意なんですが…。 でも成果を出さないと帰らされちゃいます」と小さくなっていた。 今大会に出場している西山貴浩と菊地孝平もシリーズ前に今宮らのトレーニングに参加しており、今宮は「2人とも頑張ってほしいですね」とエールを送っていた。 ボート 西山貴浩3度目V 松井繁をツケマイで撃破/若松 []• ボート [7月17日 0:19]• ボート [7月16日 21:44]• ボート [7月16日 21:01]• ボート [7月16日 19:30]• ボート [7月16日 18:46]• ボート [7月16日 18:45]• ボート [7月16日 16:41]• ボート [7月16日 7:24]• ボート [7月15日 22:50]• ボート [7月15日 20:03]• 競輪 宮下貴之、縁のある当地で闘志を燃やす/青森ミッド []• 競輪 [7月17日 0:50]• 競輪 [7月16日 23:04]• 競輪 [7月16日 22:00]• 競輪 [7月16日 20:59]• 競輪 [7月16日 17:26]• 競輪 [7月16日 17:09]• 競輪 [7月16日 15:27]• 競輪 [7月16日 15:24]• 競輪 [7月16日 14:15]• 競輪 [7月16日 11:33]• オートレース 松尾啓史が手応えアップ「走りやすかった」/飯塚 []• オート [7月16日 21:47]• オート [7月15日 21:54]• オート [7月14日 21:33]• オート [7月13日 19:21]• オート [7月13日 8:30]• オート [7月12日 20:05]• オート [7月11日 20:48]• オート [7月11日 18:19]• オート [7月10日 20:56]• オート [7月10日 20:06]•

次の