シャドバ 機械 ネメシス。 【シャドバ】ローテーションのデッキ相性早見表【5/27更新!】【シャドウバース】

機械神

シャドバ 機械 ネメシス

触っていて思ったのが 「不足している人形分を「プロダクトマシーン」で補えば破壊カウントが足りるんじゃない?」という事です。 興味本位で組んでみると 意外と戦えたので、楽しくなってしまい本気で調整しました! この記事では、機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ 「機械人形ネメシス」のデッキリストや使い方について纏めてみたので、ご紹介させて頂きます。 目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。 スポンサーリンク 目次• 「機械人形ネメシス」のデッキリスト デッキレシピ 生成エーテル 60,650 画像引用: 以上の様なリストに成っています。 メインプランは、盤面を処理しつつ 「操り人形」や「プロダクトマシーン」で「粛清の一刀」の破壊カウントを蓄積し、10ターン目にフィニッシュするというものです。 メイシアプランを採る場合、10ターン目まで進化権を残しておく必要がありますが、このデッキでは、 5ターン目以降に突進持ちやエンハンスが強力なカードが多く採用されているので進化権の温存が容易にできます。 「冒涜の球体」と 「オリジン・コア」そして 「マーキュリーイージス・シオン」が、ぞれぞれピン採用となっています。 「冒涜の球体」は、 1ターン目に置ければ強いのと 相手の動きが弱く何もする事が無い5ターン目以降にエンハンスで置ければ強いという理由です。 「オリジン・コア」は、 進化すると2PP回復するので「メイシア」でのリーサルターンを早める事に役立ちます。 「マーキュリーイージス・シオン」は、 疑似守護や 並べたフォロワーが処理されなかった時のバフなど稀に強い時があるのと、 冒涜ガチャの当たり枠としての採用です。 「機械人形ネメシス」の立ち回り それでは、実際に 「機械人形ネメシス」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、 「マリガン」、 「序盤」、 「中盤」そして、 「終盤」の 4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。 マリガン マリガンは、序盤の動きを重視したいので 2コストのフォロワーを中心に3ターン目までの動きが見えるような手札を目指します。 初手から手札に必要そな「冒涜の球体」や「リーシェナ」ですが、 両方ともサブプラン的な認識なのでオープニングハンドに見えていれば残す程度で大丈夫です。 ですが、 ウィッチなど「メイシア」の完成を待ってくれないクラス相手には「リーシェナ」プランを採る必要があるので状況に応じては「リーシェナ」を全力で探す必要があります。 また、 後攻を引いた際には、2ターン目に共鳴が来るので「ゼンマイの巻き直し」もキープ候補です。 序盤 序盤は、 フォロワーを展開したり操り人形を手札に補充したりしながら相手の展開を抑えてきます。 「メイシア」プランを狙っている時は、序盤から「操り人形」も使って相手の盤面を処理していっても問題ありませんが、「リーシェナ」プランを狙う時は、ある程度のリーダーダメージを許容して「白き破壊のアーティファクト」が手札に加わってから盤面処理を始めましょう。 中盤 中盤は、 突進持ちや強力なエンハンス効果を用いて相手の盤面を丁寧に処理して行く立ち回りが大切です。 顔を詰める事が出来れば理想ですが、詰める事が出来なくても 「メイシア」で20点を削りきる事は、余裕なので焦らず盤面処理に専念する事が重要になります。 「リーシェナ」プランを狙う場合は、 進化権が解禁になったターンで進化権を「リーシェナ」に使い「白き破壊のアーティファクト」を手札に加えておく事が大切です。 終盤 終盤は、 「メイシア」からの「粛清の一刀」プランで相手リーダーの体力を削りきります。 もし、中盤から終盤にかけての間で 「オリジン・コア」を置く隙があれば10ターン目を待たなくても、8ターン目から9ターン目の間に「メイシア」プランを完成させる事が可能です。 「リーシェナ」プランを狙う場合は 「白き破壊のアーティファクト」のコストダウンを意識しすぎて出すターンが遅れると、その後の「黒き破壊のアーティファクト」のコストダウンが思うようにいかない場合があるので、2枚のコストダウンをバランスよく意識する必要があります。 まとめ 今回は、 機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ「機械人形ネメシス」のデッキリストやその立ち回りについて、まとめさせて頂きました。 遂にネメシスクラスにもローテーションフォーマットで使えないカードが発生し、その影響で今期は、苦しいイメージがありますが、全然戦えるデッキに仕上がったと思います。 「ロココ」などは「永遠の花嫁・セレス」への回答としても効果的な印象があり、 Tier1デッキに対しても戦えるのでランクマッチでも十分使用可能です。 ウィッチクラスの中盤から終盤にかけての「横並べ」&「疾走」の押し付けが辛いのでウィッチクラスが増えて来ると使いにくくなるので、その点だけ注意してください。 それでは、この辺りで終わらせていただきます。 最後まで、読んでくださりありがとうございました。 これからも、よろしくお願いします。 com 管理人:かっつん.

次の

シャドバ:機械ネメシス(アイアロンの支配者・ベルフォメット)

シャドバ 機械 ネメシス

デッキの特徴 機械を軸としたエイラ 回復を活かしてによる盤面作りをするエイラビショップにが加わり、一斉展開からのバフや早期の着地を狙えるようになりました。 優秀な機械が増えたことで、のパワーも上がりました。 神からの大量展開 のコストダウンを活かして大量展開&、による強化を狙っていきます。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 2 1 2 3 2 3 2 3 2 3 2 3 2 3 3 3 3 3 4 3 4 3 5 3 6 3 7 3 キーカードと詳細 カード 詳細 かを含んで大量に融合し、コストダウンサーチからorによる盤面形成を目指します。 回復をトリガーに盤面を強化するカード達です。 の場合は進化を切ってを出す必要があります。 機械エイラと銘打っていますが、への依存度はかなり下がっているのでデッキから抜く選択肢もありです。 機械フォロワーが破壊されるたびにを回収できるようになるので、コストダウンから一斉展開を狙うことができます。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 5,6ターン目にをプレイできる可能性を秘めているのでキープしていきます。 このカードの有無でデッキの出力が大幅に変わります。 と共にこのデッキの核であり、自然カードの枚数も増えてきたのでキープします。 と融合に使うを確定でサーチすることができます。 のサーチ、からの素早い展開を目指していきます。 状況に応じてキープ カード 詳細 後攻時と手札が整っている先攻でキープしていきます。 リソースを維持することができますが、スタッツが低いので先攻のみキープします。 先攻後攻に合わせてキープするカードを考えていきましょう。 序盤の立ち回り マシンファルコンによるテンポ 2ターン目にプレイした機械フォロワーをで強化することで、有利トレードを行いテンポを取ることができます。 ワンダーコックを出しておく 成立を目指して序盤の間にをプレイしておきましょう。 後攻の場合はテンポロスが若干気になりますが、やコストを踏み倒したでどうとでもなります。 中盤の立ち回り リモニウムのリーダー付与 を進化させてが手に入る状況を作ります。 場に機械フォロワーがいる状態で進化できればその分がすぐ手に入るので、場面に合わせて最初の進化をに切るかに切るか考えていきましょう。 コストを踏み倒した神 でコストダウンしたをプレイしていきます。 確実に相手より早くをプレイすることで一足先に盤面を作りましょう。 終盤の立ち回り コストを使わない回復 は融合時にリーダーを1回復させるので、カードを1枚消費しますがPPを使わずに回復を行うことができます。 3枚融合させればドレインを持つため、疾走ドレインからさらに回復して盤面強化を狙えます。 ドレインを忘れず意識して立ち回りましょう。 イヴィルから返せない盤面を作る はコストを0にしたを2枚加えながら場にいる限り新しく出た機械フォロワーに2ダメージを与え突進を付与させるので、相手フォロワーとトレードを行いながらがどんどん手に入ります。 のコストダウンと合わせてフォロワーの一斉展開&強化を狙いやすいカードです。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

機械神

シャドバ 機械 ネメシス

お久しぶりですユッキーだよ。 アディショナル、ターミネイトマシンベア 以下白熊くん 来ましたね、ネレイヤを1枚で返せるパワカ、かつ鋼鉄と大地の神 以下神 から引けると3コスで出せて3PP余りの3点も強力で最高!……という話は今回は置いときます どうせみんな知ってるしね。 で、本題は、機械ネメシスにどんなカード採用すべきなのかーって話です。 見切れてるのはベルフォメット3、カイザー2です。 細かい採用理由とかは後にして、先に骨組みから見ていきましょう。 私は「採用確定枠」みたいな〜は入れなきゃおかしい!みたいな発想はクソくらえです、嫌いです いやガチで だってそう決めつけた時点でもう考える余地なくなるんだもん。 ですが、骨組みというか、最低限このカードを入れないとデッキとして回らんだろってカードは存在します。 そういうのを「採用確定枠」って世間は言うんでしょうね……余談が過ぎましたが、とりま機械ネメシスの骨格を為してるカードはこんなとこでしょう。 基本戦術がでベルフォメットのコストを下げて、機械カードを手札に集めて7ベルフォメットドン!ですから。 言及したいカードにだけ触れてきます。 ・フロートボードマーセナリー 都会の鉄板浮く女。 えっ3枚確定枠じゃないの?って思ったっしょ、いや入れてもいいよ、ただこいつフロボからフロボ拾ってくる可能性あるんすよ。 出来れば他の機械カードを拾いたい。 なので1枚は確定枠、ということにしてます、2枚でも悪くはないかな、3枚はフロボからフロボの危険性大なので私は避けてます。 以下確定枠じゃないけど言及したいカード ・ドリルヘッジホッグ ナテラをハンドに残しつつ、共鳴なら突進で除去に使えるカード。 便利なんだけど神に混ぜれないとナテラの処分に困るので無理しなくてもいいかも。 今入れてるけど抜くべきか検討中な1枚。 ・ロマントレジャーハンター お宝発見 かベルフォメット !やったね私!がしたい為のカード。 あともうその2枚あるならヘッジホッグorナテラ捨てて神とかデュアエン、白熊くん引きに行くことも。 デッキ圧縮に最適なのですが自身が機械カードでないのがネック。 これも今検討中。 ・コンセントレイト こっちは逆に枚数を増やしたいカード。 ベルフォメットの融合素材のために機械カードを集めるデッキなので、ハンドを回せる、増やせるこのカードの有用性は大きい。 あと白熊くん出したターンはPP余らせる動きになるので相性〇。 じゃあなぜ採用するか?「機械ネメシスだから機械自然カード以外採用されてないはずだからミュニエケアしなくていいや」って思った連中を虐めるためです 実際相手の先2案内人とか自然ネクロのラスワ消したりとか消したりとか相手への妨害性能、対応力が高いカードなんすよ。 気持ち的には3積みして全力妨害してやりたい位ですが、枠がない&流石に事故るのでピンで採用してます、でも2枚にしたいかも… ・シューティングタートル 通称亀さん 正直謎のカード。 白熊さんだしてとりま盤面処理…とか悠長なムーブしてる場合じゃないっしょと思ってたので最初は入れてませんでした。 しかしいざ採用すると何故か勝率が上がったホントに謎カード。 恐らく自然機械複合タイプになので神の素材に役立つことと、神から2コスで出せると白熊さん出した時のバリューが上がるのが原因と思われる 確証はない、だからみんな亀さん使って確かめてみて。 こんなとこっすかね、言いたいとこ喋れてスッキリしたので寝ます、またね〜 それでいいのかry ベルフォメットの圧倒的パワーを君も体感しよう、あっこらドロー0枚引くんじゃな ry yukki-116doragon.

次の