イタリアン グレー ハウンド 子犬。 イタリアングレーハウンドの大きさと毛色の種類

イタリアングレーハウンドの特徴、寿命、性格は?毛色は?

イタリアン グレー ハウンド 子犬

トイプードル 202• タイニープードル 81• ティーカッププードル 68• トイプードル トイ 53• チワワ 175• チワワ ロング 144• チワワ スムース 31• ミックス・その他の犬種 65• フレンチブルドッグ 61• ポメラニアン 61• ミニチュアダックスフンド 53• ミニチュアダックスフンド ロング 52• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• 柴犬 52• 柴犬 標準サイズ 31• 豆柴 21• シーズー 32• パピヨン 30• ヨークシャーテリア 26• ペキニーズ 23• パグ 22• ボストンテリア 20• コーギー 19• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ミニチュアシュナウザー 19• ボルゾイ 18• アメリカンコッカースパニエル 17• 狆 チン 15• カニンヘンダックスフンド 14• カニンヘンダックスフンド ロング 12• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• ブルドッグ 11• マルチーズ 11• 秋田犬 10• ミニチュアピンシャー 9• シェットランドシープドッグ 7• グレートデン 6• スタンダードプードル 6• イタリアングレーハウンド 5• スタンダードダックスフンド 5• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• ウエストハイランドホワイトテリア 5• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 4• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• シベリアンハスキー 4• 日本スピッツ 4• ケアーンテリア 3• ビアデッドコリー 2• ブリタニースパニエル 2• キャバリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• 北海道犬 2• ジャックラッセルテリア 2• ラブラドールレトリバー 2• ニューファンドランド 2• ワイマラナー 2• ウィペット 2• アメリカンブリー 1• アメリカンピットブルテリア 1• ボーダーコリー 1• チャウチャウ 1• フラットコーテッドレトリバー 1• 日本テリア 1• 甲斐犬 1• レークランドテリア 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ミディアムプードル 1• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ラフコリー 1• スキッパーキ 1• シェパード 1• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 10• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 17• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 1• アメリカンブリー 1• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 5• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 2• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 5• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 1• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ロング 12• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 2• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 6• グレートピレニーズ 0• ケアーンテリア 3• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 0• サモエド 0• サルーキ 0• シーズー 32• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 7• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 31• シベリアンハスキー 4• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 2• スキッパーキ 1• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 6• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 81• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 31• チワワ ロング 144• 狆 チン 15• ティーカッププードル 68• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 53• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 0• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 4• 日本テリア 1• ニューファンドランド 2• ノーフォークテリア 0• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 4• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 22• パピヨン 30• ビーグル 0• ビアデッドコリー 2• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 1• フレンチブルドッグ 61• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 2• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 11• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 23• 北海道犬 2• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 20• ボルゾイ 18• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 61• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 21• マルチーズ 11• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 1• ミニチュアシュナウザー 19• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 52• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 9• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 26• ラサアプソ 0• ラフコリー 1• ラブラドールレトリバー 2• レークランドテリア 1• レオンベルガー 0• ロットワイラー 0• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 2• ミックス・その他の犬種 65 スレンダーで、ビロードのように美しい被毛がイタリアングレーハウンドの特徴です。 優雅で気品を感じる見た目からは想像できないほど、小さな体はエネルギーでいっぱい。 吠えることが少なく、つぶらな目で飼い主にたくさんの愛情を伝えてくれる犬種です。 イタリアングレーハウンドの特徴 イタリアングレーハウンドは体高32~38cm、体重2. 8~5kgほどの小型犬で、スレンダーな体に滑らかな短毛が特徴。 英語圏では「I. 」、日本では「イタグレ」の略称で親しまれています。 内側が見えて、後ろ側に垂れているローズイヤー フライングイヤー が基本ですが、なかには立ち耳のイタリアングレーハウンドもいるようです。 アフガンハウンドやサルーキ、ボルゾイなどの大型犬と同じサイトハウンドであり、イタリアングレーハウンドも次のようなサイトハウンドの特徴がよく表れています。 前足と後ろ足をそろえた独特の走り方は「ダブルサスペンションギャロップ」と呼ばれ、背中をばねのように伸縮させて弾丸のように速く走ることができます。 イタリアの王侯貴族に愛された犬イタリアングレーハウンドは、イタリア語で「Piccolo Levriero Italiano」と言い、「小さなイタリアのグレーハウンド」を意味します。 その名の通り、祖先は古代エジプトのファラオに飼われていた小型のグレーハウンドでした。 イタリアへ渡ったのは紀元前5世紀ごろ、エジプトからギリシャを経由したと言われています。 イタリアングレーハウンドが発展したのは16世紀ごろの地中海。 イタリアの王侯貴族を中心に人気を集め、洗練された優雅なふるまいは「ルネサンスの誇り」と呼ばれました。 美術品の絵柄や絵画のモチーフとしても、イタリアングレーハウンドは数多く登場しています。 17世紀にイギリスに渡り、全世界に輸出されるようになったイタリアングレーハウンドは、その先々で人気を獲得します。 なかでも、18世紀のプロイセン(ドイツ)王・フリードリヒ2世は熱心なファンで、子どものころからたくさんのイタリアングレーハウンドと暮らしていました。 その「イタグレ愛」は、自分が死んだら愛犬たちの墓の隣に葬ってくれと遺言するほど。 実は日本での歴史も古く、初めて輸入されたのはなんと江戸時代。 イタリアングレーハウンド(イタグレ)の性格 マイペースなイタリアングレーハウンドの性格は、「猫のよう」と言われることがあります。 感受性が強く飼い主の表情や言葉をよく理解しますが、べたべた甘えることはないでしょう。 あまりかまわれるのも得意ではないようです。 だからと言って攻撃的になったり、飼い主の言うことを聞かなかったりということはありません。 適度な距離感を持って犬と暮らしたい人に、イタリアングレーハウンドはぴったりの犬種でしょう。 また、イタリアングレーハウンドは、非常に穏やかで友好的な性格も持ち合わせています。 大きな声で吠えることも少ないので、マンションなどの集合住宅でお住まいの方には飼いやすい犬種と言えます。 ほかの動物や子どもともうまくコミュニケーションがとれるので、多頭飼いや小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。 イタリアングレーハウンド(イタグレ)の飼い方 常に走りまわったりジャンプしたり、イタリアングレーハウンドはとても活動的です。 ふだんの散歩だけでは足りないので、定期的にドッグランなどで思いきり走る機会を設けてください。 イタリアングレーハウンドは障害物を超えるような場所や、起伏の激しい場所は好まないので、できるだけ平坦で、まっすぐ走れるところを見つけましょう。 子犬のころのイタリアングレーハウンドはやんちゃですが、あまりに叱ると感受性の豊かさゆえに傷ついてしまうことも。 しつけは褒めることを基本にしてください。 理解力はありますが、好奇心旺盛で移り気なところがあります。 イタリアングレーハウンドが飽きないように、短時間で複数回に分けてトレーニングするといいですね。 ビロードのように滑らかな短毛がイタリアングレーハウンドの特徴ですが、寒さには弱いです。 冬は室温管理の徹底とともに、服も準備しましょう。 足が長く背中がカーブした独特の体型ですが、最近はイタリアングレーハウンド専門で服を扱うショップも多く、防寒しつつおしゃれを楽しむことができます。 イタリアングレーハウンド(イタグレ)の寿命 平均寿命はおおよそ13~15年ほど。 15歳以上長生きするイタリアングレーハウンドも珍しくないようです。 イタリアングレーハウンドの長生きの秘訣は、健康的な食事と運動を心がけること。 肥満は病気を招き、寿命を縮めてしまう可能性もあります。 かわいいからといっておやつの与えすぎことはNG。 バランスのとれた食事を与えてください。 また、運動好きなイタリアングレーハウンドには、ドッグランなどで自由に走り回れる機会を与えてあげましょう。 イタリアングレーハウンド(イタグレ)の気を付けたい病気 華奢なイタリアングレーハウンドは、骨折のリスクが高いです。 高所からジャンプしたり、フローリングで滑ったりといった日常生活の些細な出来事が原因で骨折することは少なくありません。 イタリアングレーハウンドの生活スペースには段差をつくらない、フローリングにはカーペットやマットを敷くなどの対策が必要でしょう。 また、「カラー・ディル・ション・アロペシア(CDA)脱毛症」と呼ばれる脱毛症にもかかりやすいです。 これはブルー部分の毛が薄くなったり抜けたりする病気で、イタリアングレーハウンドのほかにはドーベルマンなどもみられます。 遺伝性の脱毛症なので、残念ながら予防法はありません。 発症してしまったときは、衣服を着せるなどで皮膚を守ってあげましょう。

次の

イタリアングレーハウンド(イタグレ)ってどんな犬種?

イタリアン グレー ハウンド 子犬

日光浴は充分に!! 1年を通して外で飼うことは不可能です。 基本的には運動や日光浴を除いては室内で飼うべきです。 短毛で寒さに弱いので、10月を過ぎたあたりの肌寒くなってくる頃から、3月末くらいまでは部屋を暖房などで暖めておく必要があります。 ケージの中にも毛布など、潜って暖まることができる物を敷いておきましょう。 逆に夏の暑さには強いので、夏期の冷房には気を付けて、犬に合わせてあげることが必要です。 日光浴は充分過ぎるくらいさせてあげる必要があります。 しつけに関してですが、特に子犬の間は電化製品のコードをかんだり、ティッシュを食べ散らかしたり、いたずらをされて困る物や危険な物は避けておく必要があります。 人の気持ちに敏感に反応する犬種なので、強く叱り過ぎると性格が萎縮してしまいますから、長い目で気長にしつけなければいけません。 成犬になっても、嫌なことを無理強いされたり、閉じこめっ放しにされたりするとストレスで痩せてしまいます。 寒すぎても痩せてしまいますので、管理はきちんとしてあげなければいけません。 食が細くなった時は、食欲をそそる生の赤身牛肉を与えましょう! 食事は朝夕、2回与えます。 ドライ・フードをベースにして、生の赤身牛肉や水煮にしたラムや鶏肉、そして白菜やキャベツの水煮を混ぜます。 ドライ・フードは、少量のお湯をかけて蓋をして蒸らし、少し芯が残る程度に柔らかくします。 肉や野菜は細かく切って混ぜます。 割合の目安はフード6割、肉類3割、野菜1割です。 この犬種はデリケートですので、ストレスがたまって食が細くなることがあります。 そのような時は、食欲をそそる生の赤み牛肉のみを与えて栄養を摂らせるなど、工夫してあげましょう。 太りやすいタイプの子、痩せやすいタイプの子もいますので、タイプに合わせて食事は細かく調節してあげましょう。 ブリーディングの注意点は? イタリアン・グレイハウンドの年間登録数は、15年前は100頭に満たなかったのに対し、現在では年間3000頭近くの登録数があります。 登録数の増加に伴い、犬種的特徴を持たない(規格外の)犬が増えて来ているのが現状です。 主に深刻な問題が2点あります。 1点は耳の問題です。 最近、耳の立った犬が頻繁に見られます。 イタリアン・グレイハウンドの耳はローズイヤーが原則であり、また、特徴、魅力でもあります。 耳が立っていてはいけません。 耳の悪さは遺伝する要素があるのでブリーディングの対象から外すことが望ましいと思います。 もう1点は骨の問題です。 椅子から降りただけで簡単に骨折する犬もいます。 アメリカでも今までどの犬も骨折したことがなかったのに、ある種雄を交配に使って生まれた子はみんな骨折したという事例も聞いています。 骨の弱さは遺伝します。 立ち耳同様にブリーディングの対象からは外すべきでしょう。 その他にも歯の弱さ、眼の悪さなど、遺伝要素がいくつかありますので、ブリーディングは慎重に行なってください。 健全なイタリアン・グレイハウンドが増えていくことを強く望んでいます。 また、子犬を選ぶ時は、両親を見せてもらうことが重要なポイントになることは言うまでもありません。 細い体形をしているので『骨がもろい』とか、『椅子から降りたら骨が折れる』などと言われることがあります。 しかし、遺伝によって骨が極度にもろい子を除いては決して骨折しやすいわけではありません。 充分な運動をさせてあげて、バランスの摂れた食事を与えて、充分に日光浴をさせてあげれば健康に育ちます。

次の

イタリアン・グレーハウンドの子犬たち

イタリアン グレー ハウンド 子犬

おそらく生後3ヵ月の子犬ではこのコーナーゲートの隙間からすり抜けます。 屋根つきでないと上からもすぐに飛び出るようになりますよ。。 初めのころはお留守番のウンチまみれは避けられないものと覚悟したほうがよろしいかと。 まずは少し大き目のケージかサークルにハウスかベッドを置いてあげた方がいいと思います。 イタグレは非常に運動能力が優れております。 かなりなジャンプを子犬のころから披露してくれます。。 またご存知のようにあの足ですから留守中に骨折などの怪我をしないように充分気を付けてあげるよう 環境を作ってあげて下さい。 とってもハイパーですし、運動も小型犬にしては多く必要です。 運動を毎日きちんとさせていれば問題行動はあまり見られないように思います。 ウチではたっぷり運動させていますので、破壊等で困ることは全くありませんでしたが、 運動不足などストレスが多いと結構手を焼くことも多いようです。 飼いやすいと言われ飼ってみたが、、ハイパーぶりに手を焼いて、、サイトハウンドの特性を理解せずに飼うと 言う事を聞かないと困りネグレストに走る飼い主さんも実は多い犬種と聞いています。。 でも、お留守番にはあまり向かない犬の種類の一つです。。 とにかくくっついていたい甘えん坊さんです。

次の