お体の具合はいかがですか。 「お加減はいかがでしょうか」の目上の人への使い方・敬語|上司

お加減の使い方|類語とお加減いかがですかの意味とは?

お体の具合はいかがですか

「敬語」のひとつの「丁寧語」は、動詞に「です」「ます」を付け相手に対して敬意を表す言い方です。 「体の調子はどう?」の敬語が「お加減はいかがですか?」となります。 この更に丁寧な言い方に「お加減はいかがでしょうか?」があります。 こちらは「尊敬語」で、相手を敬う度合いが高くなります。 目上の人に体調を尋ねる際、「お加減はいかがでしょうか?」という、尊敬語を用いるのが一般的です。 同じような言い回しで「お加減はどうですか?」という表現がありますが、こちらは丁寧語ではあるものの、目上の人に使うにはやや丁寧さに欠ける表現になります。 その代わり、少し気軽な相手にも使うことができます。 「〇〇さん、ご無沙汰致しております。 暑い日が続いておりますが、お加減はいかがでしょうか?近いうちにお会いしたいです。 」といったような使い方です。 手術の後にも使える 休職中の上司のお見舞いに行けない時や、お見舞いに行くほど重篤な状態ではない場合などは、メールで心配の気持ちを伝えるのも良いでしょう。 相手に余計な気遣いをさせる心配もありません。 できればメールの件名で、内容と差出人が判るようにしておきましょう。 書き始めの文章は体調を尋ねるものにし、締めくくりは相手を思いやり、回復を願っていることを伝えましょう。 【文例】• 使い方に気を付けて慎重に言葉を選ぶようにしましょう。 体調を崩していた場合• 【入院の場合】〇〇様 この度はご入院されたと伺い、大変驚いております。 その後、お加減はいかがでしょうか?お見舞いが遅れましたこと深謝申し上げます。 これを機に、焦ることなく治療され、一日も早く全快されますことをお祈りしております。 取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。 【自宅療養の場合】〇〇様 突然のご病気との報に接し、大変驚いております。 その後のお加減はいかがでしょうか?どうかご無理なさいませんよう、充分ご静養なさってくださいませ。 取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます。 入院されている場合と自宅療養されている場合の2パターンを見てみましょう。 相手の状態が軽度かどうかハッキリしない場合は、リサーチした上で文面を考えましょう。 怪我の場合• 【入院の場合】〇〇様 突然のご入院と承り、心よりお見舞い申し上げます。 骨折の経過は良好とのことですが、その後、お加減はいかがでしょうか?お仕事のことなど何かと気がかりでしょうが、どうかゆっくりとご静養くださいませ。 まずは取り急ぎお見舞いまで。 【自宅療養の場合】〇〇様 その後、お加減はいかがでしょうか?お見舞いに伺いたいと思いながら、なかなか伺えずお許しください。 一日も早いご全快をお祈り申し上げております。 おそらく、「手術は終わったけれど、これからリハビリが大変だ」「いつ仕事復帰できるだろう」などといった不安があるでしょう。 全ての不安が取り除かれたわけではないというところをおさえておきましょう。 術後の場合• 〇〇様 この度は手術が無事成功されたとの事、誠におめでとうございます。 また、術後の経過も順調との事で安堵致しました。 まだご不自由な部分もおありかとお察し致しますが、しばらくは治療に専念し、充分ご静養ください。 一日も早く元気なお姿を拝見できますことを願っております。 」「お体を大切になさってください。 」と声をかけるのが良いでしょう。 自宅療養している場合には、ツールとしては手紙よりもメールがおススメです。 もし相手がメールを扱えない場合はハガキやメッセージカードを添えてお見舞いの品を送るのも良いでしょう。 なるべく簡潔に、重たい文章にならないようにしましょう。 症状が軽い場合• 〇〇様 体調を崩されたとお聞きし、大変驚きました。 その後、お加減はいかがでしょうか?一日も早くご回復されて、お目にかかれます日を楽しみにしております。 例えば「のーは悪くありませんか?」や「お体はえらくないでしょうか?」というように、方言によって敬語が変わってくるので、自分の生活圏内や人間関係の中でどのような使い方があるのかを知るのも、コミュニケーションスキルアップに繋がります。 「お加減はいかがでしょうか?」という意味を知って敬語を正しく使おう! 目上の相手に体調を尋ねるシーンや、体調以外の具合を尋ねるシーンで使われる「お加減」という言葉です。 「お加減はいかがでしょうか?」という風に用い、類語としては「体調」や「具合」が当てはまります。 「お体の具合は?」といった砕け方もできます。 「お加減はいかがでしょうか?」は相手を気遣う言葉ですが、健康な方へは失礼にあたる言葉です。 また、相手のお体の具合にもよりますので、状況に応じて使うようにしましょう。 昔とは少しずつ使い方が変ってきている敬語です。 様々な場面で敬語は必須スキルとなります。 他にもシーン別で使える敬語はたくさんあります。 下記の記事も参考にしてみてください。

次の

体調はいかがでしょうかって英語でなんて言うの?

お体の具合はいかがですか

番号 用途 文例 HE01 入院 お体の具合はいかがでしょうか。 心よりお見舞い申し上げます。 一日も早いご回復をお祈りしております。 HE02 入院 体調不良にて休暇をとられているとのことですが その後のご病状はいかがでしょうか。 十分のご加療とご静養で、 全快されますよう心よりお祈り申し上げます。 HE03 入院 お体の具合はその後いかがでしょうか。 遠方ゆえお見舞いに伺えませんから、ほんの気持ちですが 別便にてお見舞いの品を送りました。 早く元気になってください。 HE04 入院 ご容態はいかがでしょうか。 遠方のためお見舞いに伺えず申し訳ありません。 この機会に十分ご静養なさって、 一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。 HE05 入院 入院されたと聞き、 突然のことに大変驚いております。 その後のご病状はいかがでしょうか。 心からお見舞い申し上げます。 HE06 入院 入院の報告を聞き、とても驚いております。 その後のお加減はいかがでしょうか。 十分にご静養ください。 HE07 入院 入院されたと聞き、案じております。 徹底した検査を受けられ、十分なご養生をなさってください。 一日も早いご回復を心からお祈りしております。 HE08 入院 この度入院されたことを伺い、大変驚いております。 ご多忙の御身でしょうが、十分にご加療なさいまして、 一日も早い全快を心からお祈り申し上げております。 HE09 入院 お体の具合はいかがでしょうか。 入院されたことを伺い、大変驚いております。 気がかりなことも多いかと存じますが、十分に養生され、 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 HE10 入院 この度入院されたとのこと、大変驚いております。 突然のことで、さぞお辛いことでしょう。 また、ご家族の皆様の心痛はいかばかりかとご拝察いたします。 しばらくは治療に専念され、 一日も早く全快なさることを心よりお祈り申し上げます。 HE11 入院 入院されたと伺い、驚いております。 お仕事のことなど気がかりも多いでしょうけれど、 休息の好機とお考えになって 十分なご静養をとられますよう願っています。 HE12 入院 事故のお知らせに、とても驚いています。 お怪我はいかがですか。 一日も早く、元気なお顔を拝見したいと願っております。

次の

「いかがでしょうか」の意味と使い方、例文、類語を解説!

お体の具合はいかがですか

長期で療養をしている相手には、季節の挨拶を兼ねて、年賀状や暑中見舞いハガキなどを送りに、短めのメッセージを付け加えるといいでしょう。 療養中の人には、封書の手紙を受け取ることは、嬉しいけれど、負担になることもあります。 ハガキは気軽さがあるので、おすすめです。 メッセージの内容で気をつける点は、「全快の希望を損なわない」「過大な同情の表現をしない」「暗い印象を与えるようない」「長すぎない」などです。 メッセージ例として、「お加減はいかがでしょうか。 一日も早いご回復をお祈り申し上げます。 」や「お怪我の具合はいかがでしょうか。 年の改まりますのと共にお加減も快方へ向かわれることと信じております。 」季節のご挨拶に添えてみましょう。 メール 休職中の上司にのお見舞いに会いにいけない時や、お見舞いするほど重篤な状態でない場合などは、メールで気持ちを伝えることがいいでしょう。 相手に余計な気遣いをさせず、気楽に受け取ることができます。 <締めくくり>寒い日が続きますが、くれぐれもお大事になさってください。 書き始めの文章は、体調をたずねるものにし、締めくくりは、相手を思いやっている、回復を願っていることを伝えます。 なるべく簡潔な文章にし、相手の負担になることは書かないようき、配慮をしましょう。 病気による入院の場合は、こちらからは、病状の全てを把握できない場合が多く、重篤な状態もあります。 慎重に言葉を選びましょう。 自宅療養中の場合も、同じです。 その後のお加減はいかがでしょうか。 ご無沙汰ばかりでお見舞いが遅れてしまいましたこと深謝申し上げます。 この機会に、焦る事無く十分に治療され一日も早く全快されますよう心からお祈りしております。 機会をみてお見舞いに伺いたいと存じますが、取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。 その後のお加減はいかがでしょうか。 どうかご無理をなさいませんよう、この機会に十分ご静養されてください。 取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます。 軽い風邪で、相手が出勤していれば、「お加減はいかがでしょうか。 ご無理なさらないようにしてください。 」、と声をかけるのがいいでしょう。 まれに、念のための入院することもありますが、多くは自宅療養をします。 ツールは手紙よりメールがおすすめですが、相手がメールを扱えない場合は、ハガキやお見舞いの品に添えるメッセージカードでもいいでしょう。 その後、お加減はいかがでしょうか。 一日も早くご回復されて、お会いできます日を楽しみにしております。 いろいろ使える「お加減はいかがでしょうか」.

次の