モナリザ の モナ と は 何 の こと。 モナリザの謎と秘密まとめ!レオナルドダヴィンチの名画に関する不思議

「モナ・リザ」ってどういう意味? 「ミケランジェロ」が由来となった言葉とは?

モナリザ の モナ と は 何 の こと

モナリザはこちらを見ていなかった ドイツのビーレフェルト大学の2人の研究者は、モナリザはこちらを見ているのではなく、 見ている人の右肩上方に視線を向けていることを突き止めました。 眼球運動と注意力についての専門家であるGernot Horstmann氏と、彼の研究助手であるSebastian Loth氏は実験のために24人の参加者を集めました。 参加者はスクリーンに表示されたモナリザを見ることになりますが、彼らの視線はスクリーンの間に設置された定規によって固定されます。 参加者は画面に対して常に水平を保つ一方、画面のモナリザは縮尺を変えたり、左右に移動させたり、また目や鼻の部分をクローズアップさせたりするなどの変化が加えられました。 そのうえで参加者に、モナリザの視線がこちらに向いていたのかどうかを確認することにしました。 2人の研究者は、データを少しずつ変えながら2,000以上の測定値を収集しました。 その結果モナリザはこちらを見ているのではなく、見ている者の 右上15. 4度あたりを見ていることが判明しました。 モナリザ効果と呼ばれる現象については、モナリザだけではなく他の絵画や芸術作品、写真などにもみられるものです。 それは 対象の視角が左右5度未満であることが条件の一つとされています。 今回の研究結果は、モナリザ効果の名前の由来となったモナリザそのものがこちらを見ていないことを明らかにしました。 ではなぜ絵画を鑑賞した人の多くが、モナリザが自分を見つめていると感じてしまうのでしょうか。 モナリザ効果は他の人の注目の的になりたいという強い願望を示しています。 たとえあなたが相手を知らなくても起こることなのです。 気になる相手と目があって舞い上がってしまったような経験は誰しも持っているものですが、それはこちらがそのように思っているだけだった、という可能性が高いということです。 人間とはなんとポジティブなのでしょう! Horstmann氏は、モナリザにはモナリザ効果が認められないとしながらも、効果そのものの否定には至らないと述べています。 つまり対象の視角5度以内にこちらがいれば、向こうがこちらを見ているように感じる可能性が常にあります。 相手がこちらを見ているように感じるのは、ほとんどの場合錯覚です。 ……しかし人はとかく都合のいい生き物です。 ですからもし視線に対し衝動的な行動に移ろうとしている自分に気づいたならば、このモナリザ効果のことを思い出すべきです。 研究結果からモナリザがこちらを見ていないことが判明しました。 といってもやはりずっと見ていると視線を感じてしまうのはただの錯覚なのか、それともダ・ヴィンチの腕のなせる業なのか……いずれにしても不思議な絵であることにかわりはないようです。

次の

モナリザ、「モナ」とは何のこと?意味【ことば検定】 答え林修

モナリザ の モナ と は 何 の こと

現代絵師さんの先駆けはすごいですね(笑)さすが天才ですね。 考えが未来をいっていますよね。 スランプに追い込まれて自害を?!そうだったんですね……画家さん達は命をかけているんですね。 絵に対して本当に真剣に取り組んでいるんですね。 ダ・ヴィンチが精神的に追い込まれていたと聞いた時は、そこまで?!と思いましたが、お話を聞いて納得しました。 本人的には隠していたので、まさか世に出ているとは!って感じですよね。 オルアエルさんは絵がとても好きになりましたよ!アクアマリンさんの絵をいつも見ているそうです。 自分の家にいる時は、絵を見たり、地球の置物とかを見ているそうです。 メラムさんも、いただいたイラストをとても気に入っていますよ! ありがとうございます。 宇宙人に話し掛けられ説はボツでしたね 笑 ただの天才だった 笑 しかもなんと性転換というか女装というかそういう自画像だったとは! とてつもない探求心からくる興味なのか、単に女性になりたかったのか… 確かに一番身近にいても体の作りが違ったり思考が違ったり、よく分からないのが異性ですよね。 私は同性でもわからない時が多いけど 笑 表情もただの無表情 笑 眉毛も気にくわなくて癇癪起こして消した 笑 髪型も服装も背景も迷走 笑 しまいにはメモも落として最終的には自分自身に追い込まれてる 笑 オルアエルさんの「こだわりすぎじゃない?」の一言の破壊力 笑 ちょっとおもしろく書きましたが、でもこだわりがあるからこそ、芸術家なんですよね。 ひとつの事を突き詰めるという能力というか才能。 これがないと芸術家だけじゃなく優秀な学者も生まれないし、後生に残る発明も生まれない。 天才が描く絵だからみんな複雑に考えてしまう…これはダ・ヴィンチが残したトリックになってしまいました 笑 今も昔も絵で食べていけるのは一握りなので、弟子は貧しくてお金に困ってこの絵を売ったのかもしれないですね。 ある意味、この絵が弟子の命を救ったのかも。 瞳の文字や背景色の文字にはシンプルな意味だったんですね。 ダ・ヴィンチにとっては、生涯で一番大事な絵だったんだろうなと感じます。 そして生涯で一番の秘密。

次の

少食でも太る!?モナリザ症候群とは? 原因・改善方法について

モナリザ の モナ と は 何 の こと

「モナ・リザ」の3つの謎 「モナ・リザ」には多くの謎があり、その芸術的素晴らしさはもちろんですが、絵が秘めている謎も大きな魅力の一つとなっています。 モナ・リザの謎は大きく分類すると以下の3つになります。 1)制作年はいつなのか? 2)モデルはだれなのか? 3)1)と2)を踏まえた上で、2枚目のモナ・リザは存在するのか? モナ・リザはいつ描かれたのか? モナ・リザの制作年については 1503〜1506年とする説と 1513年以降とする説の2つがあります。 一般的には1503年説が採用されています。 1503年説 制作年を1503年とする根拠は3つあります。 1)美術評論家の ジョルジョ・ヴァザーリが「 1503年にフランチェスコ・デル・ジョコンドの依頼で妻mona Lisaを描いた絵画がある」と彼の著作である 「芸術家列伝」に記していること。 2)1503年に アゴスティーノ・ヴェスプッチがキケロ全集に「レオナルドがリザ・デル・ジョコンドの肖像画を制作している」とメモ書きしていること。 3)ラファエロ・サンティが 1504年に描いたとされるモナ・リザのスケッチが存在すること。 このスケッチは、当時短期間ダ・ヴィンチに弟子入りしていたラファエロが、モナ・リザを見て描いたものだとされています。 ヴァザーリもラファエロがモナ・リザを模写したことを書き残しています。 1513年以降説 一方、制作年を1513年以降とする説の根拠は2つあります。 1)1517年、Luigi d'Aragon枢機卿の秘書官だった Antonio de Beatisの日記に「レオナルドはジュリアーノ・デ・ロレンツォ・メディチの依頼でフィレンツェの女性の肖像画を制作しいている」との記載があること。 Antonio de Beatisの日記だけでは「女性の肖像画」が何を指すのかわかりません。 しかし、2年後、レオナルドが亡くなった時の遺品リストには、女性の肖像画は「モナ・リザ」しかなかったのです。 もし、ダヴィンチが死ぬ前に「女性の肖像画」をメディチ家に納品していたらこの推理は成り立ちません。 でも、実は依頼主のジュリアーノは1516年に突然死しており、納品はしなかった可能性が高いのです。 2)モナ・リザの スフマートはレオナルドの後期( 1513年以降)のものであり、1503年はあり得ないという専門家の鑑定結果が出ていること。 しかし、描き始めたのが1503年でも、その後ずっと描き加えていたとしたら後期のスフマートが使われていてもいいのでは?と言うことで、これは、1513年説を支持する根拠にはなり得ないでしょう。 まとめ 以上のことから、軍配は 1503年説に上がっています。 しかし、1503年と1513年以降に制作した2枚のモナ・リザが存在する可能性もあります。 その根拠の一つは、1504年のラファエロのスケッチが私たちの知るモナリザと多くの点で違っていることです。 ラファエロ・スケッチでは、モナ・リザの背後の壁が上部にあります。 背景も違いますし、肩に髪がかかっていません。 服も胸の上まで来ています。 顔もまったく似ていません。 さらに、スケッチでは両側に柱があります。 もしかしたら、1503年に描かれたモナ・リザは、私たちの知るモナ・リザではないのかもしれません。 モナ・リザのモデルはだれか? モナ・リザのモデルの候補は二人います。 一人目は 裕福な絹商人であったフランチェスコ・デル・ジョコンドの妻、 リザ・デル・ジョコンド(24歳)で、一般的には彼女がモデルであるとされています。 二人目は、フェッラーラのデステ家出身でマントヴァのゴンザーガ家に嫁いだルネサンスきっての才女で芸術愛好家の イザベラ・デステ(29歳)です。 リザ・デル・ジョコンド説 モナ・リザのモデルがリザ・デル・ジョコンドであることを支持する主な証拠は以下の3点です。 1)美術評論家のジョルジョ・ヴァザーリが「1503年にフランチェスコ・デル・ジョコンドの依頼で妻 mona Lisaを描いた絵画がある」と彼の著作である「芸術家列伝」に記していること。 2)1503年にアゴスティーノ・ヴェスプッチがキケロ全集に「レオナルドが リザ・デル・ジョコンドの肖像画を制作している」とメモ書きしていること。 3)ダ・ヴィンチの死後、遺品の中にモナ・リザが含まれており、遺品リストに 「La Gioconda」と記載があること。 イザベラ・デステ説 モデルがイザベルであることを支持する証拠は以下の二つになります。 1)イザベラのダ・ヴィンチによるスケッチ(1500年制作)がモナ・リザに酷似していること。 2)ダ・ヴィンチに宛てたイザベルの書簡(1501〜6年)の中に肖像画を依頼した文章があること。 まとめ これらの証拠を勘案して、確実とは言えないものの、現在では リザ・デル・ジョコンドがモデルであると言われています。 しかし、イザベラ説も完全に否定はできません。 イザベラの書簡では、ダ・ヴィンチは肖像画を描くことを承諾しています。 もしかしたら、デル・ジョコンドとイザベラ・デステをモデルとした2枚のモナ・リザが存在したのかもしれません。 モナ・リザは2枚存在するのか? これらの事実から、多くの専門家は 「モナ・リザは2枚ある」と考えてきました。 「モナ・リザ2枚ある説」の根拠 特に、ラファエロのスケッチは「モナ・リザ2枚ある説」の大きな根拠となっています。 先述した通り、ラファエロのスケッチでは、モナ・リザの絵の両側に柱が描かれています。 しかしながら、ルーヴルにあるモナ・リザを見ると柱の台座の一部は描かれているものの、柱の全体は描かれていません。 このため、ルーブルのモナ・リザにも最初は柱があったのにその後両側を裁断したのではないか?との説が浮上しました。 しかし、実際にはモナ・リザの両側には余白があり、裁断された痕跡も確認できなかったのです。 このことから、ルーヴルのモナ・リザには最初から柱がなかったと考えられています。 アイスワースのモナ・リザ そんな中、1913年に「柱のあるモナ・リザ」がイングランド・サマーセットの貴族の邸宅から見つかったのです。 これを 「アイスワースのモナ・リザ」(下図)と言います。 「アイスワースのモナ・リザ」は一部の専門家の鑑定の結果、ダ・ヴィンチの作品であるとの結論に達しています。 しかし、ダ・ヴィンチ鑑定の権威はキャンバスに描かれているところが怪しいと考えています。 確かに、ダ・ヴィンチは板に油彩で描いており、キャンバスは使っていません。 このアイスワースのモナ・リザは一般に公開されていないため、現在でも真贋の程は不明です(匿名の組織が買い取って、金庫に保管しています)。 しかしながら、柱があることを除けばラファエロのスケッチとはかなりの食い違いがあります。 私はアイスワースのモナ・リザは真作ではないと思っています。 でも、さらにほかの疑問もあります。 たとえば、ダ・ヴィンチが、モナ・リザをずっと手元に持っていたのはなぜでしょう?依頼品なら描き上げたら依頼主に手渡すのが当然です。 依頼品を画家がずっと持っているなんて変な話です。 しかし、同じ作品が2枚あればそれも納得できます。 1枚を依頼主に渡せばいいにですから。 その後、ダヴィンチはモナ・リザをお世話になったフランス王 フランソワ1世に献上したと考えられています。 実際に1518年のフランスの財産目録にはモナ・リザが含まれています。 ところが、弟子の メルツィが相続したダヴィンチの遺品リスト(1525年)にもモナ・リザがあるのです。 リスト上も2枚のモナリザが存在するのです。 これらを勘案すると、やはりモナ・リザは2枚あったのかもしれません。 美しさは主観です。 したがって、美しいと思う絵画は人によって異なります。 一方、名画と言われるものにはある程度客観的な理由があります。 その理由の多くはマレーヴィチやデュシャンを見れば明らかなように美しさではなく革新性です。 したがって、名画を理解するには、ほかの画家の作品や時代背景をある程度知っている必要があるのです。 そうでないとどこが革新的なのかわかりません。 このブログは、名画を理解するための情報を提供することを目的としています。 名画は一枚では成り立ちません。 ほかの絵画や時代背景との関連性の上に成り立つものです。 メールでのお問い合わせ。 連絡先:noranokaiga gmail. com 新記事掲載はtwitterでお知らせします。

次の