なす の お 浸し。 なす

ナス・茄子・なす:旬の野菜百科

なす の お 浸し

日本国内だけでも200近い種類があるというなす。 現在、主流となっているのは「中長なす」で、「長卵形なす」ともよばれています。 扱いやすいサイズで料理の種類を選ばず、オールマイティーに活用できます。 これに対し、20~30センチにもなる「長なす」は、やわらかいのが特徴で、炒め物や焼きなすにおすすめ。 また、「賀茂なす」で有名な「丸なす」は、肉質がしまっていてなめらかで、田楽や煮もの、揚げ物に向いています。 もともと水分が多いなすは、持ったときにずっしりと重みがあるものがおすすめなんです。 表面はツヤとハリがあり、傷や色むらがなく、濃い紫色のなすを選んで下さいね。 また、へたのトゲが鋭くチクチクしているものが新鮮です。 和食や洋食、中華を問わず、幅広い料理に使える「なす」。 油やだし汁を吸って、ジューシーでおいしいですよね。 とはいえ、悩ましいのが油を吸い過ぎてしまうこと。 ベチャッとした食感になってしまうばかりか、カロリーも気になるところです。 なすの油吸い対策で注目したいのが、なすの水分量。 食材に含まれる水分が多いと、加熱してその水分が外に出たとき、入れ替わりで油を多く吸ってしまうんです。 反対に、水分が少ないと油の吸収も少なくて済む、というわけ。 なすは、90%以上が水分できているため、そのまま調理してしまうと多くの油を吸収しがち。 つまり、事前になすの余分な水分を出しておけばいい、ということになります。 なすをカットし、断面に塩をふりかけて10分ほど置いておけば水分が出てきます。 あとはそれをキッチンペーパーで拭き取るだけ。 油の吸い過ぎを抑えられるばかりか、水分と一緒に出るアクをとることができるメリットもあるんです!.

次の

フライパンで!なすの焼浸し♡ レシピ・作り方 by *kuuuma*|楽天レシピ

なす の お 浸し

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

なす の お 浸し

日本国内だけでも200近い種類があるというなす。 現在、主流となっているのは「中長なす」で、「長卵形なす」ともよばれています。 扱いやすいサイズで料理の種類を選ばず、オールマイティーに活用できます。 これに対し、20~30センチにもなる「長なす」は、やわらかいのが特徴で、炒め物や焼きなすにおすすめ。 また、「賀茂なす」で有名な「丸なす」は、肉質がしまっていてなめらかで、田楽や煮もの、揚げ物に向いています。 もともと水分が多いなすは、持ったときにずっしりと重みがあるものがおすすめなんです。 表面はツヤとハリがあり、傷や色むらがなく、濃い紫色のなすを選んで下さいね。 また、へたのトゲが鋭くチクチクしているものが新鮮です。 和食や洋食、中華を問わず、幅広い料理に使える「なす」。 油やだし汁を吸って、ジューシーでおいしいですよね。 とはいえ、悩ましいのが油を吸い過ぎてしまうこと。 ベチャッとした食感になってしまうばかりか、カロリーも気になるところです。 なすの油吸い対策で注目したいのが、なすの水分量。 食材に含まれる水分が多いと、加熱してその水分が外に出たとき、入れ替わりで油を多く吸ってしまうんです。 反対に、水分が少ないと油の吸収も少なくて済む、というわけ。 なすは、90%以上が水分できているため、そのまま調理してしまうと多くの油を吸収しがち。 つまり、事前になすの余分な水分を出しておけばいい、ということになります。 なすをカットし、断面に塩をふりかけて10分ほど置いておけば水分が出てきます。 あとはそれをキッチンペーパーで拭き取るだけ。 油の吸い過ぎを抑えられるばかりか、水分と一緒に出るアクをとることができるメリットもあるんです!.

次の