常滑競艇特徴。 常滑競艇場の特徴を見抜いた稼げる方法とは?

ボートレース常滑の特徴と予想! 施設・ 常滑名物グルメも紹介!

常滑競艇特徴

中部国際空港がすぐ側にあるボートレース場です。 伊勢湾に面していますが、前検日の干潮時間に合わせて水門を締めるので、レース中は海水のプール型水面になります。 センターポールを基準にすると1マークを17mとスタンド寄りに振っていますが、1マークとスタンドとの距離が40mもあるので戸田ボートのような狭さはありません。 1マークのバック側が128mもあり、不安なくスピードをつけたターンができます。 1コースが逃げれば本命、1コースと4コースが競れば高配当になります。 季節よって風の影響を受けます。 冬は強い向かい風が吹きます。 防風ネットがあってもスタートラインが2マークにかけて波立ちます。 向かい風が強いとダッシュ勢の出番が増えます。 春は斜め追い風の日が多く、この風が吹くとスタート勘がつかめません。 1コースがスタートで失敗することもあり波乱含みです。 常滑ボートの一般戦では4日間開催が目立っています。 それも準優制でやるわけです。 A級を準優に乗せないとシリーズが盛り上がりません。 初日12Rの予選ドリームは得点を高くしており、ドリーム出場組が準優に乗りやすくしています。 予選最終日になる2日目は初日の予選ドリーム組に1号艇を与えるので1コースの強いレースが増えます。 1コースの1着率は56. 8%と全国平均の54. 3%よりも高めです。 しかし、こうした優遇されたA級レーサーが優勝戦に乗ってもモーターの裏付けがない場合もあり、優勝戦は本命か高配当かの両極端な払戻です。 常滑競艇の周辺マップ.

次の

常滑競艇場の特徴を見抜いた稼げる方法とは?

常滑競艇特徴

海水だが、外海とは 水門で隔てられており、 干満差はない。 水面次第ではあるが、穏やかなら、 イン でも握ってスピード旋回ができるためインが強い。 スタート時の ピットの奥行きが深く、ピット離れで差が付く場合も。 向かい風が吹くと2マークでの順位の入れ替わりが激しくなる。 ボートレース常滑は伊勢湾の東岸に位置しています。 もちろん水質は海水なのですが、外海とは水門で隔てられていて、 流れや水位の変化のないプール型の水面となっています。 そのため 干満差はない特性があります。 また、競争水面自体も比較的広大で、スピード感満点のレースが繰り広げられます。 全国屈指に広い競争水面、特に バックストレッチ幅は広くとられていて 深インをしてもインコースが有利になっているため、 選手は積極的に前付けを狙う傾向があります。 また、常滑競艇場では他場と違って インに優位な企画番組や進入固定戦を組んでいないので、 数字以上にインが強い水面と言えます。 ストップ!!常滑はそんな甘い見通しで勝てる競艇場ではないです!!比較的走りやすい常滑競艇場でも選手にとって一番難しくて、差が付く場面、、つまり 予想のポイントがあるんです~!! ボートレース常滑では、レースの一番最初の場面である、 スタート時で差が付きやすい特徴があります。 その要因として、常滑競艇場は年間を通して伊勢湾からの比較的強い西風が吹き付けるため、スタート地点から見て向かい風を受けることになります。 また、常滑競艇場の本番ピットは通常の競艇場と比べたら3倍くらい長いので、 うまく出走しないとボートが当たってピット離れが遅れます。 これらの常滑の特徴によって、スタートに出遅れたり、フライングしてしまうことが多々起こる傾向になっています。 スタートダッシュをほぼ全速力でスタートラインまでに持ってこれる選手が常滑で活躍します。 また 向かい風が強く吹くと、2ターンマーク付近で白波が発生してターンが回りづらくなります。 その場面は波の特性を理解し、 上手く波に乗れる選手が活躍するのでレース展開が荒れるようになりますが、高配当チャンスのポイントでもあるので、チェックが必要です。 一番最初の勝負の分け目である スタートのピット離れでは、特に 初日は枠なり進入が少なくなる傾向があるんだって! 初めて走る若手選手より常滑を走りなれた地元やベテラン選手のほうがそりゃ有利になるよなー。 まさしく『 百聞は一見に如かず』だな! 常滑競艇場の コース別入着率とコース決まり手 コース 勝率 1着率 2連対率 3連対率 逃げ 差し まくり まくり差し 抜け 恵まれ 1 7. 87 56. 47 12. 19 11. 11 10. 20 6. 20 2. 風速や風向き・選手の能力やモーター性能によって展開や決まり手が変わる常滑らしい傾向になっています。 常滑競艇場の春夏秋冬 引用:BOAT RACE 常滑公式サイト.

次の

ボートレース常滑(常滑競艇場)

常滑競艇特徴

分かってる。 だから今から俺が説明してやるんだ。 しっかり聞いてくれよな。 常滑競艇は愛知県常滑市に構える競艇場だ。 会場の見取り図はこんな感じ。 一見すると、ホームストレッチ側は1マークからスタンドまでが40Mとやや狭い印象を受ける。 待機行動では、インから順に位置取りをするのが定番な競艇においては1号艇が圧迫されたスタートとなる。 だが、 第1ターンマークからバックストレッチまでの幅は128Mとなっている。 いくら圧迫したスタートだとしても、1マークからバックストレッチ側へのスペースが広ければ、思い切った旋回ができる。 そうなれば、インであり優位な進入ができる1号艇はスタートから攻めてくるだろう。 であれば、スタートダッシュさえ決まれば1号艇が逃げ切る展開は容易に実現できる。 と、ここまでが常滑競艇で1号艇が強い理由だ。 慌てなくてもしっかり説明するから心配するな。 常滑競艇は伊勢湾に面した立地のため水質は海水となっているが、レース時は水門が閉じているため干満差はそれほど感じられない。 とはいえ、付近に海が存在するということはあるモノが頻発に発生する。 そのあるモノとは・・・・ 海風だ。 常滑競艇は、冬に海風が頻発して吹くのが特徴な競艇場でもある。 だが、海風程度なら然程問題ないと思うよな。 無論、問題なのは風の吹く頻度ではなく吹く方向にあるのだ。 常滑競艇に吹き付ける海風は、スタート位置に向かって吹く特徴がある為、選手達にしてみれば向かい風からのスタートとなってしまう。 ココからはどこの競艇場でも当てはまることだが、向かい風となればダッシュ勢が有利となるよな。 有利な状態でスタートが切れれば、1マークへの進入も内に寄せての旋回体勢が可能になる。 結果、風が吹いたタイミングでのスタート時はインコースよりアウトコースの入着率が高くなると言えるのだ。 そうなんだ。 特徴を知っても的中しないんだよ。 でもわかったんだ!常滑競艇場で的中する方法を! 常滑競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで常滑競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人で風の風量や角度、選手の思考やスタートタイミングを予想するのは不可能に近いと判断した。 その理由は・・・個人で予想しても得られる情報量には限界があるし、自然の摂理である風を予測するなど至難の技と言えるからだ。 要は、個人で予想するには限界があるってことだな。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる常滑競艇でいともあっさり的中することができるのか。 安心してくれ。 その答えもしっかり用意してある。 ズバリ! 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 であれば、風の吹くタイミングなども気象予報士と並ぶレベルの実力があるってことだ。 加えて、何百・何千という競艇予想を提供し続けていることを加味すれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 要は、常滑競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ぶってこと。 では、ココからが本題。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、常滑競艇にめっぽう強いサイトを紹介しよう。 常滑競艇といえば・・・ トリプルタイムには検証目的で数多くの予想に参加した。 その中で常滑競艇の予想も提供したのだが結果は共に2戦2勝。 的中率は100%を叩き出している。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、これ以上の結果を残している競艇予想サイトを他には知らない。 むしろ、トリプルタイム以上に結果を残している競艇予想サイトを知っているなら俺が教えて欲しいくらいだ。 参加するのは個人の自由だが、常滑競艇で稼げる予想を手に入れたいなら試しに参加してみることをオススメする。

次の