ディスタンス。 フィジカルディスタンス

中村倫也「美食探偵」再開! アイドルとファンの「ディスタンス!」7話

ディスタンス

ディスタンスとは ディスタンスは、ディスクの飛距離を競う競技です。 間隔をおいて設けた複数のスローイングサイトから2分30秒以内に5回スローを行い、飛距離を計測します(ファウルラインの中心から、地面に落ちた地点でのディスクの中心までを計測)。 スローイングの際は、投げ方に制限はありませんが、バックハンドスローが一般的です。 現在の世界記録は、2016年3月28日にアメリカのネバダ州プリムで開催された「Fall Desert Wind Open Distance event」にてアメリカのDavid Wiggins, Jr. 選手が記録した「338. 00 m」です。 また、現在の日本記録は、2009年12月31日に山口県山口市で開催された「日本テレビ ズームイン・チャレンジディスタンス大会」にて大内勝利選手が記録した「178. 03m」です。 ディスタンスの記録は年齢区分別に扱われ、男性75歳以上の日本記録は77. 女性の日本記録は、2010年に福島県南相馬市で開催された第22回日本選手権ディスクゴルフトーナメント記録会にて野中麻由選手が記録した「134. 96m」で、最年長記録は藤本俊選手が101歳の時に打ち出した(7. 飛距離を競うこの種目の特性上、様々な形で記録が残っており、 車いすディスタンスの記録は51. 世界記録(男子):263.

次の

【シミュレーション】会話時、運動時の適切な「社会的距離」は?

ディスタンス

distance. まだもう少し進歩の余地がある• 4 〔単数形で〕(精神的な)隔たり,気がね,よそよそしさ;(身分・階級・血縁の)隔たり• 5 C《音楽》音程;《数学》距離(関数) distanceの慣用句・イディオム• be within striking distance of A• 1 A(場所)のすぐ近くにいる• 2 もうすこしでAが達成できる• go [last] the full distance• 最後までやり抜く;《ボクシング》最終ラウンドまで戦う;《野球》〈投手が〉完投する;《アメフト》タッチダウンする• keep A at a distance• A(人)となれなれしくしない,A(人)によそよそしくする,を敬遠する• keep one's distance• put some distance between A and B• A(人・物)とB(人・物)の間に(物理的・心理的な)距離を置く• with striking distance• 攻撃できる距離に;射程内で;あと一息で.

次の

ソーシャルディスタンスではなく、フィジカルディスタンス

ディスタンス

ソーシャルディスタンスの意味とは ソーシャルディスタンスとは「社会的距離」という意味の言葉となります。 この意味だけではわかりにくいので、今回新型コロナウイルスにおいてのソーシャルディスタンスについて、わかりやすく説明をすると、新型コロナウイルスの様な感染症の拡大を防ぐために人と人と距離のことを指しており、具体的にその距離は2Mとされています。 一定以上の距離が保たれることでの状況を回避して、の発生を防ぐ狙いもあります。 このソーシャルディスタンスを保つ目的は感染者と非感染者の接触の可能性を軽減させて、病気の感染数、率と最終的には死亡者数を減らし、感染者を根絶させることにあります。 医薬品・医療品を使わず感染証の拡散の速度を下げる方法であり、今回の新型コロナウイルスのような、をする感染症においては非常に有効とされています。 【2020年5月14日追記】 安倍首相が会見を本日夜行い、4月7日に出された5月6日までの 後に5月14日まで延長 については、北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県の8都道府県以外の39県についてはが解除されました。 残る8都道府県は現在の所、5月末まで延長されました。 その理由としては、安倍首相は「東京や大阪ではピーク時の6割程度まで重症患者が減っているものの、まだリスクが残っているため」と話しています。 また1週間後の5月21日にを目途に再度専門家会議を開き、今回解除基準となった 1 感染の状況 2 医療提供体制 3 監視体制の3つに照らし合わせて再度判断するとしています。 もちろん8都道府県は早期解除の可能性もありますが、それ以外の39県についても、が解除されたからと言って、警戒を解いた生活をしてしまえば、「感染者の増加スピードが高まってくれば残念ながら2度目のもあり得る」と言っている様に、こういった時にこそソーシャルディスタンスを正しく保ち、正しい衛生策を取り続けていく国民の意識が問われているのです。 ソーシャルディスタンスの由来 ソーシャルディスタンスの由来は「ソーシャルディスタンシング」とも呼ばれ語源である英単語「social distance」または「social distancing」から来ています。 元々は社会学用語であり、別の意味をもつ言葉ですが、大きく社会に認知をされたのは、新型コロナウイルスの影響によるものではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、この「ソーシャルディスタンス」を取り入れている場所や人の意識が大きく変わりました。 例えばスーパーやコンビニなどでも、2M以上の距離を持ってレジを待つように指示がされていますし、電車やバスなどでも一定以上の距離をあけて乗客が乗っています。 この内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から発表をされている内容をよく読み、正しい行動を心がけていきましょう。 ソーシャルディスタンスの文章・例文 例文1. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、電車でも乗客は意識的に隣の席との間隔を1席以上空けるといったソーシャルディスタンスが保たれている。 例文2. 最近では電車やバスでも利用者それぞれがソーシャルディスタンスを意識しているようで、座席に余裕があっても詰めて座る人が少なくなった。 例文3. 狭い空間ではソーシャルディスタンスを保つことが難しいため、適度に換気などを行う必要がある。 例文4. ソーシャルディスタンスを実施することは、感染症の拡大防止対策になる。 例文5. 買い物をする際、レジに並んだらソーシャルディスタンスが実施されていた。 ソーシャルディスタンスを保つことでを回避して、それが新型コロナウイルスの感染拡大につながるのです。 ソーシャルディスタンスの類義語 「ソーシャルディスタンス」と関連する言葉には「」「」「」「」などがあります。 ソーシャルディスタンスまとめ 今回は「ソーシャルディスタンス」について詳しくご紹介していきました。 ソーシャルディスタンスを正しく保つ事は自分自身が感染しない事ももちろんですが、万が一感染していて症状が出ていなかった場合でも、周りへの感染を防ぐ意味もあるのです。 1人の軽々な行動が大事な人を苦しめたり、命の危機に晒すという事はあってはなりません。 の方々も命をかけて治療にあたってくれています。 そういった点もよく考えて行動することが、今求められているのではないでしょうか。

次の