クロームブック デメリット。 Chromebookクロームブック(Acer C720)を4年使い倒して分かったメリット・デメリット|なわとび1本で何でもできるのだ

デメリットは?Chromebook歴2年の私が感じる5つのマイナス点 | www.worldfranchising.com

クロームブック デメリット

東急ハンズが、Windowsを止めて、Chromebookを採用するようです。 Chromebookを選択する理由は「安いから」(長谷川執行役員)。 同社の要件に合うWindows 10搭載のノートPCは10万円台前半なのに対し、Chromebookならその半額ほどで済む。 安いからという理由で、Chromebookを選択するのは、正直どうかと思います。 数年後に「Windowsに戻しました」なんてことになってるかもしれません。 Chromebookは、「安い」「速い」「セキュリティが高い」の三拍子が揃っておりますが、いかんせんITリテラシーが高くないと、使いこなせません。 IT系のSOHO、スタートアップで使うのなら何の問題もありませんが、東急ハンズのような大企業で導入すると、様々な問題が出てくる可能性が高いです。 社内のPCの9割をChromebookに入れ替えるって、かなり冒険してる感じがします。 今までWindowsで当たり前に出来たことが、Chromebookだとできませんので。 この記事では、Chromebookのメリットとデメリットについてお伝えします。 Chromebookのメリット まずはChromebookのメリットから見ていきます。 本体価格が安い• 起動が爆速• Chrome OSは、スペックが低くてもサクサク動く• クラウドで仕事を共有• 2段階認証をかければ、データ流出の可能性が低い• ウィルスにかかる心配がない• G Suiteに加入すればGoogleの電話サポートが付く 本体価格が安い 2万円くらいでそこそこのスペックのChromebookが購入可能です。 3万円も出せば、かなりスペックの高いものをゲットできます。 起動が爆速 起動はものすごく高速です。 パスワード入力まで入れても7秒くらいで起動します。 Chrome OSは、スペックが低くてもサクサク動く Chrome OSはブラウザだけなので、CPUのスペックが低くてもサクサク動きます。 CPUのスペックは低くても、メモリが4GBあれば快適に動作します。 メモリの増設はできないので、間違ってもメモリ2GBモデルを選ばないでください。 クラウドで仕事を共有 作成したデータは、Chromebook本体に保存せず、クラウドのGoogleドライブへ保存します。 なので、上司はアクセス権を設定しておけば、部下の仕事をチェックすることができます。 また、社員が退職したときも、ファイルはGoogleドライブに保存されているので安心です。 2段階認証をかければ、データ流出の可能性が低い ChromebookはGoogleアカウントでログインして使います。 Gogoleアカウントに2段階認証をかけておけば、Chromebookが盗まれたとしても、データ流出の可能性はほとんどありません。 Chromebookのデメリット Chromebookのデメリットを見ていきます。 ネットに繋がってないと使えない• Microsoft Officeが使えない• データをデスクトップに保存できない• インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけ• IPアドレスを指定してプリンターを接続 ネットに繋がってないと使えない Chromebookは、ネットに繋がってないと何もできません。 外出先はテザリングで使うことになります。 Microsoft Officeが使えない Microsoft Officeが使えません。 Word・Excelのファイルを社外とやり取りする場合は、かなり面倒。 Googleドキュメントを使って、共有すればいいだけの話なんだけど、社外の人と、Googleドキュメントで共有するって、敷居が高いですよね? データをデスクトップに保存できない データの保存先はGoogleドライブになります。 データをデスクトップに保存するという仕組みにはなっていません。 Googleドライブに保存するということは、ネットに繋がってないと使えないということなのです。 一応、ネットに繋がっていない場合には、ダウンロードフォルダ・microSDに、データを保存することが可能です。 でもね、現実的に使うことは全くありません。 だって、Googleドライブにアクセス出来ないと、元のデータを参照できないですからね。 インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけ インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけです。 Check! Chromebookの機種によっては、Androidアプリをインストールすることも可能です。 Check! IPアドレスを指定してプリンターを接続 Chromebookは同じWi-Fiもしくは有線ネットワークに接続しているプリンタで印刷できます。 WindowsやMacのようにプリンタドライバをインストールしてプリンタに接続するわけではないので、この辺の仕組みが分からないと、デメリットになると思います。 まとめ Chromebookのメリットとデメリットについてお伝えしました。 Chromebookは、Windows・Macと基本的なシステムが異なります。 WindowsやMacとの最大の違いは、「デスクトップにファイルを保存できない」「アプリケーションがインストールできない」ことだろうね。 このシステムの違いが分からない人が、Chromebookを使うとストレス溜まるかも。 あとね、さくっとネットで調べられるユーザーならば、Chromebookのメリットの恩恵を受けられますが、そうでないユーザーにとってはChromebookのデメリットの方が大きいかもしれません。

次の

What Is a Chromebook?

クロームブック デメリット

by 私は日々Chromebookを絶賛しているわけですが、熱心な読者様においてはこんな疑問を持たれることでしょう。 Chromebookが良いものなのはわかったけど、不便な点もあるんじゃないの? たしかにメリットばかりをお伝えするのは少し卑怯かもしれませんね。 正直なところ、Chromebookを2年使ってみて、ここはデメリットかもしれないと感じる点もいくつかございます。 デメリットは?Chromebook歴2年の私が感じる5つのマイナス点 Web上に情報が少ない Chromebook使用者の一番の悩みは、Web上の情報が少ないことでしょう。 まだ登場して10年も経っていない非常に新しいパソコンなので、操作方法で困ったときにググってもすぐには情報が出てきません。 ときにはメーカーに問い合わせたり、海外の英語サイトで質問をしてみたり、何かと調べるのに時間が掛かったりします。 私にとってはそれが楽しくもあるのですが、面倒くさく感じてしまう人も多いかもしれませんね。 アプリを探したり慣れるまでに時間がかかる Chromebookでは、文書作成はWordではなくGoogleドキュメント、表計算はExcelではなくGoogleスプレッドシートなど、WindowsやMacbookとは異なるアプリケーションを使って作業をします。 そのため、はじめてChromebookを使う人は、独自のアプリに慣れるまでに少し時間が掛かるかもしれません。 GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートはWord・Excelとほとんど同じ操作で使うことができますし、アプリの対応もどんどん進んでいます。 ただし、たとえば画像編集ではPhotoshopの代わりにPixelr Editorというアプリを使ったり、EvertoteがWeb版のアプリにしか対応していなかったり、現状はほかのPCとまったく同じように使うというのは難しいですね。 ほとんどのアプリケーションはインターネットに繋がっていない環境でも動きますし、データは一時的にローカル(本体)に保存されます。 だから決してオフラインで使えないということはありませんが、やはりオンラインに比べるとできることは制限されます。 私に言わせれば「Chromebookはオンラインで使うためのパソコンなんだから当たり前じゃないか!」と思うわけですが、「オレはインターネットなんか使わないんじゃ!」という硬派なあなたにはChromebookは向かないかもしれませんね。 3Dゲームや長時間の動画編集には向かない Chromebookというのは、軽量級のスプリンターなんです。 とにかく身軽なので、通常の作業であれば高速でサクサク動きます。 でもパワーを必要とする種目はちょっと苦手。 たとえば3Dゲームだったり、長時間の動画編集のような作業には向いていません。 逆にいえば、Chromebookが進化して重たい作業もこなせるようになれば、穴のない最強のパソコンになることでしょう。 実機を置いている店舗が少ない Chromebookを購入する前に実機を触ってみたいというのは当然の悩みでしょう。 Amazonや楽天などのオンラインショップでは手軽に買うことができますが、Chromebookは実店舗ではなかなかお目にかかれません。 都内であればビックカメラ池袋本店のパソコン館などはChromebookやChromeboxも充実しているのですが、地方だと実機を置いている店舗を見つけるのはなかなか大変かもしれませんね。 というわけで、Chromebook歴2年の私が感じるChromebookのデメリットを5つご紹介いたしました。 どんなモノにでもデメリットはつきものですが、そんなデメリットをはるかに上回るだけの魅力がChromebookには詰まっています。 一度手にとっていただければ、きっとあなたにもその魅力が伝わるはず。 最後までお読み頂きありがとうございました。 またのお越しをお待ちしております。

次の

【実際どうなの?】Chromebook のメリットとデメリットについて調べてみた。

クロームブック デメリット

Chrome OSを搭載したノートパソコンはChromebookですが、デスクトップやモニタ一体型のパソコンもあって、それぞれChromebox、Chromebaseと呼ばれています。 もちろんタブレット端末もありますが、こちらはChromebookタブレットとそのまま呼ばれています。 Googleが開発したOSといえば、スマホでもお馴染みのAndroidがありますが、 最近のChromebookでは、スマホと同じようにAndroidのアプリを使うこともできるようになっています。 さらにLinuxアプリを使うこともできるようになりましたが、ここは追々。 Chromebook の特長• セットアップや起動が早い• 常に最新の状態にアップデートされる• セキュリティソフトが不要• データはクラウドに保存される• バッテリー駆動時間が比較的長い• AndroidやLinuxアプリも使える• 導入コストを抑えられる• シンプルである ざっとまとめればChromebookにこのような特長があると思います。 Googleが開発したOSですので、Googleサービスと相性が良いのはもちろんですが、使うためには複雑な操作は必要なく、Googleアカウントがあれば簡単に使えてしまうのが魅力だと思います。 また、Googleアカウントを通じて、スマホやタブレットなどとデータを簡単に共有できますし、バックアップや復旧、再セットアップも簡単です。 Chromebook のメリット では、Chromebookの特長の詳細を紹介しつつ、使うことのメリットをまとめていきます。 立ち上がりが早い Chrome OS自体の動作が軽いため、 電源を入れてから操作可能になるまで10秒ほどと立ち上がりが早く、ストレスを感じません。 初期設定をする手順も簡単で、電源を入れて言語を選び、インターネットに接続してGoogleアカウントのIDとパスワードを入力するだけと複雑な手順はなく簡単に完了します。 突然のアップデートがないというのもメリットだと思います。 アップデートの時間も総じて短く、立ち上がりをまだかと待つ必要がありません。 動作も軽く、読み込みも早い Chromebookは、Windowsノートパソコンに比べて低スペックであることを良く指摘されますが、 OS自体が軽量なこともあってWindowsの同性能機と比べても動作は軽く、日常使いなら不満はでにくいと思います。 そのため、古いモデルであっても十分使うことはできますし、低価格のモデルであっても問題なく動作します。 もちろん学校やビジネスで使う場合も同様ですが、重い画像や動画の編集、開発用途などの作業ではさすがに苦しいところは出てきます。 データはクラウドで データの保存や管理は、そのほとんどをクラウドで行う前提となっています。 そのためChromebookが想定しているクラウドを利用するといった一般的な使い方であれば、本体のデータ保存容量が少なくても大きな問題はありません。 さらに言えば、 ほとんどの作業もクラウドで行ってしまうため、Chromebookの性能が低かろうと影響は受けにくいということになります。 Chromebookが低スペックでも十分軽いという理由がここにあるわけですね。 Chromebookは、Googleサービスをはじめとする様々なクラウドサービスを利用するための窓口であると思って頂くとわかりやすいかもしれません。 さらに言えば、Googleドライブを使ったファイル等の共有も簡単にできますし、リアルタイムで共同編集ができるため、作業効率を向上させることもできます。 これによって、機種がいつまで最新の状態を保っていられるのかということを把握でき、導入のタイミングを決定することに役立ちますので、無駄なく機種を選ぶことができるのもメリットですね。 バッテリーの駆動時間が比較的長い 様々な作業をクラウドで行っていることもあって、本体への負担が少ないのがChromebookのメリットです。 そのため、 Chromebookはバッテリー駆動時間が長いモデルが多く、平均的なモデルでも5〜6時間、長いもので10時間近く持つモデルもあります。 家庭や会社、学校内で使うには十分ですし、外出や出張で持って行くノートパソコンとしては十分なものだと思います。 しかも低価格モデルから高価格モデルまで一貫しての特長になるため、バッテリーの問題を心配しなくて良いのもChromebookならではですね。 AndroidアプリやLinuxアプリも使える ここ1〜2年で発売されたモデルのほとんどは、 スマホやタブレットでもお馴染みなAndroidアプリを使えるだけでなく、Linuxアプリも使うことができるようになりました。 そのため、仕事でもゲームでも幅広い活用がChromebookでもできるようになっています。 しかし、それら全てが問題なく使えるかと言えばそうではなく、 アプリ側やChrome OS側の問題もあって、一部使えないものや動作が極端に遅くなったりするものがあるのが事実です。 少しずつ改善はしていますが、 AndroidアプリやLinuxアプリを前提にして考えてしまうと、Chromebookは違うと感じてしまうかもしれません。 乗り換えや初期化が簡単 セットアップが早いということに繋がりますが、Chrome OSはGoogleアカウントと紐付いているため、一度Chromebookをセットアップしてバックアップが保存されてしまえば、初期化したり新しいChromebookに乗り換えても、すぐに今まで使っていた環境に戻すことができます。 また、自分以外のChromebookであっても、自分のアカウントでログインするだけでいつもどおりの環境がすぐ整いますし、使ったあとはChromebookを初期化したりユーザーを削除すれば問題はありません。 Googleアカウントひとつあれば、 いつでもどこでも自分の環境で作業ができるため、端末も選ばずを気軽に使うことができるというのが他のOSにはない、Chromebookだけの大きな大きなメリットだと思います。 学校でも会社でも、例えば共有のChromebookをそれぞれのアカウントでログインすれば、それぞれの環境がすぐ取り戻せて作業ができますし、ログアウトすれば次に使う人も自分のアカウントで入れば…と手軽に本体を共有することができます。 またGsuiteを利用することで、端末をネットワーク上で一括管理できるなどの機能もあるため、個人だけでなく学校、法人にもChromebookは有用だと思います。 Chromebook のデメリット では続いてChromebookのデメリットについてです。 既存のソフトウェアを使えない 非クラウド Chromebookは、 ウェブブラウザ上で行えることは何でもできますが、当然ながらWindowsやMacと全く同じソフトを利用することができないのが最大のデメリットです。 使いたいソフトにWeb版 クラウド版 やAndroid、Linuxソフトなどが用意されていたり、他のアプリやクラウドサービスに乗り換えることができるのであればまだ良いのですが、例えば仕事で使う基幹業務システムがWindowsのみ…なんて場合には、悩ましいところだと思います。 しかし、Chromebookにはリモート接続という機能もありますので、リモートが使えるのであれば手段がないわけではありません。 印刷まわりが苦手 これもクラウドベースということで仕方ないですが、Chromebookは印刷周りが少し苦手です。 基本的にネットワーク接続による印刷しかできないため、USBポートなどを使って接続…ということができません。 最近ではWi-Fi対応のプリンターも増えてきましたが、まだ対応していない場合やどうしても繋げられないということもあると思います。 ただ、コンビニなどのプリントサービスを利用したり、別の方法を取ることは可能です。 家庭で印刷できないトラブルでよくあるのは、年賀状印刷でしょうか。 差し込み印刷など一部の高度な機能が使えないなどの問題もありますし、アプリが対応していないということもあります。 このようなハガキ系の印刷物であれば、郵便局の総合印刷サービスなどのクラウドサービスを使うという方法が手っ取り早い気がします。 Chromebook でできること Chromebookでできることは何かと言えば、おそらくパソコンでできるほとんどのことができると思います。 しかしデメリットでも書いたとおり、WindowsやMacと全てが同じようにできるということではなく、一部で機能が制限されたり異なる方法を取る必要がありますが、特殊な用途以外では困ることはほとんどありません。 ネット、メール、音楽・動画再生 これは言うまでもなく、Chromebookでもちゃんと使うことができます。 このあたりはさんざん書かれていることですので、割愛しちゃいます。 文書や表計算、スライドの作成 例えば、文章作成や表計算といったものであれば、Googleのドキュメントやスプレッドシート、スライドというサービスがありますし、マイクロソフトのオフィスも一部の機能制限があるOffice OnlineかAndroid版ですが、使うことができます。 Gsuite• AndroidとWeb版 MSオフィス 基本的な関数なども使えますので、学校の提出物や事務的な書類、町内会の案内などであれば十分なはずです。 しかし、マクロや差し込み印刷など高度な機能が使えませんので、いまこれらの機能を使っている場合には、少し方法を考える必要があると思います。 すでにGoogleアカウントをお持ちであれば、無料でGsuite ドキュメント、スプレッドシート、スライドなど を試すことができますので、気になる方は一度試してみると良いと思います。 ファイルの共有や共同編集 Gsuiteと呼ばれるGoogleのサービスを利用することで、友達やチーム同士でひとつのファイルをリアルタイムに同時編集したり、ファイルを共有することが可能です。 また、Chromebookからだけでなくスマホやタブレット、もちろんWindowsやMacからでもブラウザを利用して編集ができるため、相手も自分も環境を選ばずに使うことができます。 Chromebookでは、わざわざ環境を用意せずとも最初から揃っていますので、簡単に共同作業や編集ができるのがとても楽ですね。 写真や画像の編集 こちらもAdobeのLightroomもAndroid版やWeb版ですが使うことができますし、代替の「Polarr Photo Editor」を使うことで、RAW画像の編集も可能です。 AndroidのLightroom また、Photoshopは残念ながら使えませんが、代替の「Pixlr Editor」をはじめベクター画像を扱える「Gravit Designer」、オンラインサービスや「GIMP」、「Inkskape」なども使うことができますので、画像の取扱にはさほど困りません。 Gravit Designer しかし、プロフェッショナルな用途や枚数が50枚以上となる場合には、やや物足りなさや動作感に不満が出てくると思います。 Illustratorが使えないことも人によってはデメリットとなると思いますが、Androidアプリが動作するため、Androidアプリで代替を探すという方法もあります。 オフラインでの作業 巷では、インターネットに繋がっていないと何もできないと言われていますが、実は意外とできることが多いです。 例えば、Androidアプリでも同じだと思いますが、Googleフォトなどを使いダウンロードした写真や映画、音楽は再生できますし、Googleドライブ内のファイルをダウンロードしておけば、オフラインで編集することも可能です。 最近ではLinuxアプリも使えるようになりましたので、オフラインでもできることはどんどん広がっています。 しかし、この場合はローカルストレージを消費してしまいますので、オフラインでの作業が発生する可能性があるなら、ストレージが多めのモデルのほうが安心だと思います。 また、前提としてネットに繋いでおく必要がありますが、この点はChromebookに限ったことではありません。 とは言っても、インターネットに繋がってこそ本領発揮するのがChromebookですので、最初からオフラインでの作業を前提とする場合には、Chromebookは目的に合わない可能性が高いです。 しかし、Linuxアプリの動作はまだbeta版ということもあって、若干動作が不安定なことや重たいプロジェクトなどではやや心配になるのは正直なところです。 ただ最近では、GCPやAWS、Microsoft Azureなどクラウドベースの開発環境やサービスが続々と登場していますし、リモート接続によって開発サーバーやマシンにつないで作業することも可能ですから、それらを利用すればChromebookでも開発用途としては十分ありだと思います。 私は最近、Pixelbook GoでサイトのデザインやdjangoとかGoを使った簡単なアプリ構築とかをしていますが、案外なんとかなります。 しかし、Android Studioを使った開発はマシンパワーが必要ですし、Chromebookでは発展途上という部分もあるので、できないことはない程度な感じです。 Chromebook のできないこと では続いてできないことですが、基本的にはデメリットで紹介したことと同じです。 業務レベルのクリエイティブ作業 前述の写真、画像、動画編集で書いているとおりですが、ライトな作業が中心であれば何も問題ありませんが、業務レベルでの作業ではスペックはもちろんソフト側の対応も追いついていないため、まずできないと思ってください。 また、動画編集だけでなくCADなどのグラフィックス性能が必要な作業は苦手です。 ただ、これらを求める層はChromebookを選ぶことはないと思いますが…過去にいくつかご質問を頂いたことがあったので、あえて記載しておきます。 専門ソフトを利用した作業 これは業務レベルのクリエイティブな作業でも同じですが、例えばWindowsでしか動かないやMacでしか使えないアプリを業務に使っている場合、Chromebook単体でそれをこなすことはできません。 リモートによる作業や基幹業務システムのクラウド化などでこれを可能にすることもできますが、コスト面やセキュリティ面を考慮すると、果たしてそこまでしてChromebookを導入する価値があるのだろうかと思います。 もちろん、これを気にクラウド化して便利かつ効率的にとか、ちょうど見直しのタイミングでという前向きなものであれば良い機会だと思いますが、無理して一気にChromebookを導入する必要はないと思います。 例えば、試しに数台導入して少しずつテストして移行できるものはクラウドへ…と順序立てて行くほうがいざ問題がおきても安心ですからね。 …データ紛失事故も少ないですし 業務中の体験談。 ということで、できないことは主に2つだと思います。 Chromebook に関する疑問にお答え メリットやデメリット、できるできないを踏まえた上で、これまでに何度か頂いたことのある質問とその答えをまとめておきたいと思います。 マイクロソフトのオフィスは使えるの? A. はい、使えます。 使えるんですが、「Microsoft Office Online」もしくはAndroidアプリの「Microsoft Office」に限られてしまいます。 差し込み印刷やマクロ 関数ではありません など一部の高度な機能は使えませんが、文章作成や表計算などの一般的な業務で使用する範囲の作業は問題なく使えます。 Android版だと縦書きも使えるようになりましたので、過度な文字装飾などには向きませんが、十分使えるものと思います。 ちなみにGoogleサービスのドキュメント、スプレッドシート、スライドでもマイクロソフトのオフィスファイルを開くことができますが、装飾している場合はレイアウトが崩れることもしばしばあるのが難点。 AdobeのLightroomやPhotoshopは? A. LightroomはWebアプリかAndroidアプリ、PhotoshopはAndroidアプリであれば使うことができます。 どちらも手持ちのスマホでどんな機能が使えるのかをチェックできると思いますので、気になる方は試してみるとよいと思います。 個人的にLightroomはAndroidアプリの方が使い勝手が良く、簡単な編集なら十分ですし、リサイズやウォーターマークを入れることも可能になりました。 Photoshop Android版 はChromebookであまり使ったことはありませんが、Webアプリに「Pixlr Editor」や「Gravit Designer」、オンラインサービスの「Canva」など代替も多いので、こちらも事前にお持ちのパソコンで試してみると良いと思います。 Illustratorも使うことはできませんが、クラウドベースの代替ソフトなどで対応が可能です。 やや動作が心配ですが、Linuxアプリの「GIMP」や「Inkscape」なども手段としてあります。 Chromebook、高級路線になってない? A. どうしてもイメージが先行していますが、ご安心を、高級路線にはなっていません。 むしろ国内に至っては、今年になってから値段が下がっていますし、モデルによっては海外から輸入するよりも安く上がるものもあります。 個人向けで発表されて目立つのがハイスペックなモデルが多いですし、教育やビジネス向けモデルはしれっと発表されることが多いので、そういった印象を抱いてしまうのは仕方ないことかと思います。 しかし、5万円以下で購入できるモデルもAmazon等で少しずつ増えていますし、今後も投入が期待されているため、ご心配なさらぬよう。 また日本では低価格であることが先行していますが、実際には低価格=価格なりであるということです。 性能が低くてもある程度快適に使えるのがChromebookですが、筐体なりディスプレイなりに低価格の理由があります。 値段が高いものは、もちろんそういうところの完成度に違いが出てきますが、Chromebookは安くてモノが良いということではなく、安くてもちゃんと使えてアップデートなどセキュリティがしっかりしていて安心であるということです。 ハイスペックなモデルは必要なの? A. これも何回かご質問頂きましたが、必要だと思います。 低スペック 低価格 のモデルでも快適に動作するのがChromebookの良いところですが、それをさらに快適にするためには、ハイスペックなモデルが必要です。 また、一部の作業環境ではマシンパワーが必要なこともあります。 例えば開発にChromebookを使う場合で、Linuxを使って行うのであれば、それなりにマシンパワーがないと大量のファイルを捌くのは厳しいですし、Android StudioであればCore iのUシリーズ以上を推奨されるなど、ハイスペックなChromebookが必要なケースは確実に存在しています。 私の場合も、例えば画像を編集しつつChromeのタブを30個近く開いて、音楽聞きながら作業をしたりすることがありますが、m3モデルでも息切れしてしまうので、Core i5以上がほしいなあと思うこともしばしば。 また今後、より高度な動画編集ができるようになるというウワサもありますので、用途によってはハイスペックなモデルが必要になってくると思います。 他のOSでも良いのでは? A. 他でもいいけど、Chromebookでも良いと思います。 ここまで来ると、他のOSで良いのでは?と思われるはず。 しかし、常にこの状態が続くとか、もともとそういう作業をしたいのでであればそのとおりだと思いますが、普段はChromebookでも十分できる作業でたまにこういう問題がおきる程度なら、別にハイスペックなChromebookであれば問題はないんですよね。 ただ、ユーザー全員にハイスペックは必須ではないと思いますし、教育現場で使用されることを考えても前述のような高級化路線でハイスペックを極めるようなことはChromebookではないと思います。 変な言い方をすると、普段はChromebookでも良いわけですし、わざわざたまの作業のために他に良いPCにするのはもったいない感じです。 ここも適材適所という考え方がありますが、普段の作業の大半がChromebookで良いならChromebookを、どうしてもだめなら他のPCを使い、2台使うことが許されないなら別のパソコンを選ぶほうが良いと思います。 で、Chromebookっているの? A. 欲しいと思う方はぜひ手にとってみてください。 一番難しい質問なんですが、ChromebookでできることはWindowsでもMacでもできますし、何ならタブレットやスマホでもできます。 ですが、Googleのサービスやクラウドサービスを使うことにかけては、他に負けないほど快適に使えますし、なんなら余計なソフトもなければ無駄なアップデートもないので、オンライン中心であればChromebookがベストだと思います。 もちろん、オフラインで様々なソフトを使ったり、専用ソフトが必要なら別を選択する方がよいでしょう。 とくに制限がなく、ネットやメール、動画とか見れればそれで良い方や簡単なオフィスソフトの利用やクラウドベースのお仕事であるなら、Chromebookを選択する価値はあると思います。 個人的には、Chromebookを1台だけしか持ってはいけないというルールがあるのならとても悩ましいと思いますが、すでに別のマシンを持っているなら併用するだけで解決すると思うんです。 Chromebookが得意なこと、他のOSが得意なことがあるわけなので、自分の使う環境や目的に合わせて柔軟に選択できることこそ現状ではベストだと思います。 何よりもChromebookであれば、Googleドライブを利用した共有やバックアップも手間がかかりませんので、メインでもサブでも活躍できると思います。 どんな人にむいてるの? A. 専門的な作業や制限のない方ならどなたでもお使いいただけます。 ネット、メール、音楽や動画再生、簡単な写真、画像、動画編集、文書作成や表計算、スライド、勉強のためや簡単な開発用途、手書きアプリの利用、学内やチーム、社内で共用や共有したい方、家族との共用、AndroidやLinuxアプリをちょっと使ってみたい、ブラウザゲームなどであれば、おそらくChromebookでも問題なくイケると思います。 私のようなブロガーはもちろん、書類等を共有することが多い仕事や営業、マーケなど専門ソフトが必須ではない職種の方、家庭用途してももちろん大学生になって学校で使うパソコンとしても十分選択肢になるはずです。 おすすめのChromebookは? A. 2020年もしっかりとまとめていますので、下記の記事を御覧ください。 まとめ ということで長々とまとめてみましたが、まだまだ足りない感じがします 笑 最後なので簡単にまとめますと、Chromebookは何か特別なことをするわけでもないですし、これといって変わったことができるわけでもありません。 突然のアップデートやポップアップなどのノイズに邪魔されることなく、目的の作業なりを淡々とこなすことができますし、ファイルが自動でクラウドにバックアップされるので、例えばデスクトップでファイルが乱雑になっていたり、謎のコピーが乱発したりということはなく、整然と使うことができます。 私がChromebookで好きなのは、そういった無駄のないシンプルさだと思います。 できないことがあるからこそ、できることを見つける楽しみもありますし、できることが限られているからこそ、無駄なことはしないですし、何より快適に使えますからね。 それはさておき、昨年後半からいくつかの家電量販店でChromebookの実機を触ることができるようになりましたので、ちょっとでも興味を持たれた方は、ぜひ一度実機を触ってみて検討して頂ければと思います。 これからChromebookユーザーが増えてくれると、界隈の人間としては嬉しいですし、日本でも新しいモデルがどんどん出てくれれば、それだけ楽しみも増えますからね 笑 この記事が、Chromebookに興味を持った方の何かのお役に立てれば幸いです。

次の