エタノール。 エタノールとは何? Weblio辞書

万能!無水エタノールで普段できない掃除!使い方から注意点まで解説

エタノール

無水エタノールとは? 皆さんが良く知っているエタノールは、手の除菌などで使う「消毒用エタノール」ではないでしょうか。 消毒用エタノールは、水分を20%含んでおり、「無水エタノール」はその名の通り、水分を含んでいません。 電化製品にも そのため、無水エタノールは、 水厳禁のパソコンなどの精密機器や電化製品に使用することが出来ます。 また、揮発性も高くすぐに乾くため、ディスプレイや窓などを拭き掃除しても水滴が残りません。 キッチンにも 油汚れにも強いため、キッチンに使用することも出来ます。 特に電子レンジの内部、換気扇、ガスレンジなどの汚れにも効果を発揮します。 シールのベタベタにも また、シールをはがしてベタベタした場所も 布に無水エタノールをしみこませ、拭くことでベタつきを解消できます。 更に水で薄めることで、消毒液としても使用することが出来るので、掃除をして見えない雑菌もきれいにすることができるのです。 掃除に必要なもの 無水エタノール ドラッグストアなどで販売しています。 インターネットでも簡単に購入することができます。 布 無水エタノールを染み込ませて、拭くための布です。 スプレー 無水エタノールを入れてスプレーするためのものです。 ビニール手袋 無水エタノールは性質上、脂質を溶かしたり、水分を蒸発させたりします。 そのため、肌が弱い人に限らず掃除をする際は、手袋を使用してください。 電化製品の掃除方法• 電化製品の電源を必ずオフにします。 布に無水エタノールをしみこませて、汚れを落としたい部分を中心に拭き掃除をします。 パソコンのキーボードや、テレビのリモコンなどの 細かい部分は綿棒に無水エタノールをしみこませて拭き掃除をします。 綿棒でも入りづらい場所は歯ブラシなどに無水エタノールをしみこませて拭いてください。 掃除が終わったら、完全に無水エタノールが揮発してから、電源を入れます。 パソコン掃除方法 エアダスターを使った掃除だけでは、細かなチリやホコリを取り除くことはできても、皮脂などの汚れまで落としきるのは難しいもの。 また、 市販の洗剤を用いてしまうと成分に水を含んでいるため、故障の原因となってしまうおそれがあります。 そんなとき、 無水エタノールを使った掃除なら、パソコンでも安心です。 高純度エタノールを主成分とする無水エタノールは通電の危険がなく、すぐに蒸発してしまう性質を持っています。 さらに 皮脂などの油汚れに強いのも、パソコン掃除に向いている理由の一つです。 無水エタノールを使ってパソコン掃除をするときには、前述のものに加え、 綿棒があると便利です。 綿棒に適量の無水エタノールを含ませることで、キーボードの隙間などの細かい部分を掃除することができます。 無水エタノールは揮発性が非常に高く、素手で作業をしたのでは皮膚の水分を失ってしまいかねません。 もちろん、無水エタノールはアルコールの仲間ですので、火気には十分に気をつけたいものです。 キッチンの掃除方法 電子レンジ 無水エタノールをしみこませた布で電子レンジ内部をふき取ります。 油汚れなどのべたつきがある場合は、多めにエタノールをしみこませ、汚れに直接あてしばらく置きます。 その後ふき取ってください。 換気扇 スプレーボトルに無水エタノールを入れ、換気扇の汚れに直接吹きかけます。 その時、目や皮膚に付かないように注意してください。 その後乾いた布でふき取ります。 ガスレンジ スプレーボトルに無水エタノールを入れ、油汚れに直接吹きかけます。 その後、乾いた布でふき取りましょう。 また、無水エタノールと水を8:2で割ったものを消毒用エタノールとして使用できます。 キッチンの汚れの気になるところや消毒したい場所に吹きかけて掃除することも出来ます。 シールはがし シールのはがしたあとがベタベタして・・・と困ったことはありませんか? そのベタつきも無水エタノールで解消できます。 無水エタノールをベタ付きが気になる場所に直接垂らします。 電化製品に使用する際は無水エタノールがこぼれて細部に浸透していかないように、ベタ付きの部分に布をあて、その上からしみこませると余計な場所までこぼれなくてすみます。 しばらく浸透させてから、ゆっくりとふき取ります。 完全に乾く前にふき取りましょう。 これを数回繰り返します。 それでもキレイにならない時は、歯ブラシに無水エタノールをしみこませてベタ付きの上からこすると、シールがはがれていきます。 窓ガラスの掃除方法 水分を含まないのが特徴の無水エタノールは、窓ガラスのクリーニングにもうってつけです。 すぐに揮発するので水拭きとは違って、水滴の痕跡が残りにくく、綺麗に仕上がります。 拭き跡や繊維くずが残りにくい布と組み合わせることで、更に効果的。 基本的には無水エタノールを布に含ませて拭いていきますが、 二度拭きの必要が無いので手軽です。 汚れが気になる箇所は先に、無水エタノールをスプレーしておくと良いでしょう。 いたずら書きや落書きを消す 無水エタノールは油性インクはもちろん、アクリル塗料なども溶解してしまう洗浄力が高い液体です。 このためにお子さんが家具や壁にいたずら書きをしてしまった時にも、役立ってくれます。 サインペンやボールペンで書かれていても、割りと簡単に消すことが可能です。 しかし、このエタノールは洗浄力は強すぎますから、デリケートな素材には不向き。 ラッカーやニス仕上げのような家具、フローリングなどでは、ダメージが残る可能性があります。 トイレ・お風呂掃除 無水エタノールはカビ対策にも役立ってくれるので、トイレやお風呂にも活用していきましょう。 まず浴室ですが、赤いヌメヌメしたものが、壁やシャンプーの容器に付着しているのを見かけた方は多いかと思います。 これはロドトルラと呼ばれる菌が繁殖したものです。 この菌は水分だけで増殖できると考えられているので、お風呂場では少しメンテナンスを怠ると、あちこちに発生してきます。 これは見た目にも気持ち悪いですが、この菌が発生すると黒カビの発生にも繋がってしまうので注意が必要です。 掃除手順 掃除方法は簡単で、無水エタノールを希釈してスプレーを作り、定期的に浴槽や床、ボトル類などに噴霧していくだけです。 揮発するので拭き取る必要もなく、日頃からできる手軽で効果的な対策となります。 希釈する割合は80%にすると良いでしょう。 100%のエタノールよりも、少し濃度が低いほうが殺菌効果は高いと言う研究結果があります。 このスプレーはトイレの除菌にも利用可能ですから、便座や床、ノブなどを清潔に保ちたい場合にも役立てていきましょう。 辛い花粉症対策にも有効 花粉症の症状を和らげるのにも、無水エタノールは役立ちます。 精油や精製水と組み合わせてルームスプレーを作っていきますが、鼻づまりに効果のあるエッセンシャルオイルを組み合わせると良いでしょう。 精油はユーカリやラベンダーオイルには 抗炎症作用や鼻づまりを抑制する作用があるとされます。 爽やかな清涼感があるペパーミントも、鼻づまりを抑える効果が強いです。 ルームスプレーの作り方 ルームスプレーの作り方は簡単で、まずはエタノール10mlを精製水50mlで薄めます。 次にエッセンシャルオイルを数滴加えますが、匂いがキツイと刺激になるので、様子を見ながら加えていくのが安全です。 部屋が乾燥した時やリラックスしたいとき等に利用していきましょう。 マスクに噴霧すると言う使い方もできるので、職場などでも利用できます。 虫除けにも有効 無水エタノールには精油の成分を溶かす性質を持っているため、オリジナルの虫除けスプレーを作る際にも好適です。 もちろん、市販の虫除けスプレーを利用することもできますが、含有成分に不安を感じる人や手作りで作ってみたい人はチャレンジしてみるのも一つの手です。 中でも、虫除け効果のあるハッカ油を用いたスプレーは、手軽に作ることができることで人気を集めています。 ハッカ油スプレーの作り方 その作り方は、無水エタノールにハッカ油を適量混ぜてよくかき混ぜ、その後精製水を加えた上でスプレーボトルに入れるだけです。 ハッカ油の代わりに、レモングラスやゼラニウムなどの防虫効果の期待できる精油を使用する人もいます。 ただし、作成した虫除けスプレーを使用する際には、 火気厳禁です。 頑固なカビにも効く 結露の起きやすい部分の壁紙やお風呂場など、湿気の多い場所に発生しやすいカビに悩まされている人はいませんか。 そんな悩みを抱えている人にも、無水エタノールはその威力を発揮してくれます。 カビを見つけたときに歯ブラシや雑巾ですぐにこすって落とそうとするのは、かえって逆効果になりかねません。 無水エタノールを用いた除菌スプレー そこで、おすすめしたいのが水で希釈した無水エタノールを使った除菌スプレーです。 そのままではすぐに蒸発してしまうため十分な効果を得られないこともありますが、水を加えることにより効果を高めることができます。 希釈する比率は、無水エタノール8に対して水2を目安にするといいでしょう。 これをスプレーボトルに入れて気になる箇所に吹きかけておけば、カビを分解してしまうことができます。 15分ほど放置したら、その後はスプレーをキッチンペーパーに吹きかけ、隅々まで拭いておけばカビの再発を防ぐことも可能です。 畳のカビ取り 畳にカビが生じてしまった時、カビ菌は多湿環境を好むので、水拭きをするのはリスクが高いです。 目に見えてカビが生じている時もありますが、変な臭いがする時も隠れて発生している場合があります。 このような場合には、安全性と効果を考え、無水エタノールを活用していきましょう。 まずはスプレー容器に、濃度80%程度のエタノールを作ります。 次に畳のカビが生じている部分にスプレーします。 スプレーしたところを、たわしやハブラシで優しくこすり落とします。 その後、畳の目に沿って掃除機でクリーニングして下さい。 作ったスプレーは保存しておいて、クリーニング後の定期メンテナンスに利用できます。 気になる箇所などに時々スプレーしていくことで、しっかり除菌して清潔感を保つことが可能です。 無水エタノールを使う際の注意点 様々な場所に使用できる無水エタノールですが、使用する際に注意しなければならない点があります。 換気を行う 揮発性が高く、アルコール成分も濃いため気分が悪くなる人もいます。 使用してるときは必ず換気をしましょう。 火気厳禁 引火性が高いため、周囲で火を使用するのはやめましょう。 特にガスレンジを掃除した後は完全に乾燥しているか確認してから使用してください。 目に入らないようにする 目などの粘膜に触れると危険ですので、自分より高い場所の掃除は掃除するものを下に下ろしたり、しみこませた布を使用したりしましょう。 ニス、発泡スチロール、皮革製品には使用しない 変性や変色の恐れがあるので使用しないようにしましょう。 消毒用に使う場合は比率に注意 無水エタノールはお掃除には万能なのですが、実は消毒効果はほどんどないと言われています。 消毒用アルコールと言われているものは、 濃度が80パーセントであり、この濃度が一番消毒効果が高いのです。 原因としては、濃度が高すぎるとすぐに揮発してしまうため、充分な効果が出る前に揮発してしまうことと、水分がないため、細胞内に浸透しづらく充分な効果を発揮できないためと言われています。 そのため、おうちで消毒用として利用する際は、無水エタノールが80パーセントになるように無水エタノールと水を8:2で割りましょう。 その後スプレーボトルにつめて利用してください。 掃除のプロにおまかせする方法もある 無水エタノールでできることを紹介してきましたが、無水エタノールで掃除をしても落ちない頑固な汚れがある。 なかなか掃除の時間が取れない、掃除をするのが面倒くさい、という方にはプロのクリーニングに掃除をおまかせする方法もあります。 様々なプランがあり、キッチンのみを頼むこともできますし、まとめて家中ピカピカにしてしまうこともできます。

次の

万能!無水エタノールで普段できない掃除!使い方から注意点まで解説

エタノール

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の

無水エタノールと消毒用エタノール、どこが違うの?|無水エタノール|健栄製薬

エタノール

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の