翔 んで 埼玉 あらすじ。 翔んで埼玉 感想・レビュー|映画の時間

翔んで埼玉(とんでさいたま)のキャスト一覧!出身地は埼玉?

翔 んで 埼玉 あらすじ

魔夜峰央の漫画『翔んで埼玉』の実写映画化が決定。 2019年2月22日 金 より全国ロードショー。 2015年には『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』 宝島社 として30年ぶりに単行本として復刊され、それをきっかけにテレビ番組、SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ、再び反響を呼んだ。 ただし、当の上田清司埼玉県知事からは、「悪名は無名に勝る」と県公認?のお墨付きコメントを得ている。 ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美 だんのうらももみ は、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗 あさみれい と出会う。 互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身だったと知る百美。 そして、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人。 まさに埼玉版「ロミオとジュリエット」とも呼べる愛の逃避行と、その中で埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命の物語である。 2部構成の映画オリジナルストーリー 原作が未完の物語であることから、制作陣は映画化にあたり、「伝説パート」と「現代パート」の2部からなるオリジナルストーリーを構想した。 一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場し、東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大な物語が展開される。 「現代パート」 埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開。 娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。 果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか…。 埼玉県在住のある家族を通して、百美・麗の伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識するパート。 1の呼び声も高い二階堂ふみ。 当初は原作の性別を変更しようという案もあったが、二階堂本人による「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」という提案から、原作の通り、名前も外見も女性っぽいのに実は男性、というキャラクターのまま進められることとなった。 そして、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く、容姿端麗でアメリカ帰り、でも実は埼玉県出身の転校生・麻実麗 あさみれい 役にGACKT。 原作者も交えたキャスティング会議では、満場一致で「なるほど!」となったという、原作者お墨付きの配役だ。 とはいえ、いくらミステリアスな設定といえど、麻実麗は18歳の高校生。 「原作の魔夜さんのご指名なら... 」と引き受けたGACKTが麻実役をどう料理するのかも、本作の見所の1つとなりそうだ。 伊勢谷友介、京本政樹らも出演 「伝説パート」では、百美の父親である東京都知事・壇ノ浦建造の執事・阿久津翔役に伊勢谷友介、伝説の埼玉県人・埼玉デューク役に京本政樹が抜擢。 その他、現東京都知事で百美の父・壇ノ浦建造に中尾彬、百美の母・壇ノ浦恵子に武田久美子、麗の父親・西園寺宗十郎に麿赤兒、神奈川県知事に竹中直人、麗のお手伝いさん・おかよに益若つばさ、埼玉県人の青年に間宮祥太朗、白鵬堂学院の学生・下川信男に加藤諒と、実力派&個性派俳優陣らが集結する。 「現代パート」では、菅原家の父・菅原好海をブラザートム、母・菅原真紀を麻生久美子、娘・菅原愛海を島崎遥香、愛海の婚約者・五十嵐春翔を成田凌が演じる。 役柄は、それぞれの出身県に合わせた設定となっており、出演者が故郷への愛をどのような形で表現するのかも注目だ。

次の

埼玉の人、ごめんなさい 魔夜峰央さん「翔んで埼玉」、まさかの実写映画化|好書好日

翔 んで 埼玉 あらすじ

映画『翔んで埼玉』あらすじ 埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。 その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。 通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、 埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。 東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、 生徒会長として君臨していた。 しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。 麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。 その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。 2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。 東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、 百美と麗は東京に立ち向かう。 tondesaitama. 好きな作品なので期待値大で劇場に行ってきました! 率直に言うと、わたしは前2作の方が好きだった。 独自な世界観で繰り広げる茶番は斬新だったものの、爆笑のパレードというわけでもなく、コメディ映画としても微妙な印象です。 序盤はシュールで面白かったのですが若干途中で飽きたかな。 GACKTと伊勢谷友介がかっこよかったので2人のファンなら満足できる映画なんじゃないでしょうか・・。 物語の核心には触れず、見どころやよかった点などを書いておきます。 二階堂ふみの男装 新たな二階堂ふみを見た。 そこまで大ファンというわけではないので、彼女の出演作を意識して見ていないのですが、 『オオカミ少女と黒王子』『』『』ドラマ 『この世界の片隅に』などを見たことがあります。 全て違った印象で同世代の女優の中では飛び抜けてたイメージでしたが、今作でも改めて思い知った。 なんと二階堂ふみさんの役どころは、 男子生徒!!! 前知識なしに見に行ったのでびっくりしました。 ボーイズラブ展開には驚いたし、まさかの GACKTと伊勢谷友介のキスシーンまでありました! (百美の妄想) 映画やドラマでもボーイズラブを堂々と演出するようになりましたね・・一昔前まではコミカルな感じでは描かれてないイメージなので時代の変化を感じている・・・。 おっさんずラブや家売るオンナなどでも堂々とボーイズラブしているし。 ともあれこの変化はいい変化だと思ってます。

次の

埼玉の人、ごめんなさい 魔夜峰央さん「翔んで埼玉」、まさかの実写映画化|好書好日

翔 んで 埼玉 あらすじ

CONTENTS• 映画『翔んで埼玉』の作品情報 C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 【公開】 2019年2月22日(日本映画) 【原作】 魔夜峰央 【監督】 武内英樹 【脚本】 徳永友一 【キャスト】 二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、京本政樹、JAGUAR 【作品概要】 『パタリロ!』で知られる魔夜峰央の原作を、『のだめカンタービレ』シリーズや『テルマエ・ロマエ』シリーズの、武内英樹監督が映画化。 アメリカ帰りの隠れ埼玉県民、麻実麗の、東京都民に迫害を受ける埼玉県民を救う為の戦いを描くコメディ映画。 メインキャラクターの麻実麗にGACKT、壇ノ浦百美を二階堂ふみが演じ、伊勢谷友介や中尾彬、京本政樹などの実力派キャストが顔を揃えました。 映画『翔んで埼玉』あらすじ C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 埼玉で生まれ育った菅原愛海は、何も無い埼玉を毛嫌いしており、恋人の春翔と結婚して東京に引っ越すことを楽しみにしていました。 愛海と春翔の結納の日、愛海は両親が運転するワンボックスカーで、春翔の元へ向かいます。 BGM代わりに聞いていたカーラジオ、そこからは、埼玉にまつわる都市伝説が流れます。 19XX年。 東京都民から、迫害を受けていた埼玉県民。 繁栄している東京都とは対象的に、埼玉県は荒廃した地域となっています。 東京へ渡るには通行手形が必要となり、通行手形を持てない身分の埼玉県民は、ヒッソリと暮らしていくしか道がありませんでした。 アメリカから帰国してきた麻実麗は、そんな東京にある超名門校、白鵬堂学院へ入学します。 白鵬堂学院では出身地でランク付けされており、親の転勤で東京へ移住した埼玉県民は、Zクラス。 Zクラスは掘っ建て小屋の中で毎日自習をするしかない、辛い環境に追いやられていました。 白鵬堂学院の酷い実態を目の当たりにした麗。 麗は、白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美に気に入られますが、埼玉県民を馬鹿にする百美に麗は挑戦的な態度を取ります。 激怒した百美は、麗を白鵬堂学院から追い出す為に、瓶に入れられた空気だけで東京の地名を当てる「東京テイスティング」を挑みますが惨敗。 これまで完璧を貫いてきた百美は、ショックで意識が朦朧とします。 麗に助けられ、百美は保健室へ運ばれます。 そして、麗から「挨拶代わり」のキスをされた百美は、麗に特別な感情を抱くようになりました。 百美に自宅へ招待された麗は、東京都知事で百美の父親である、壇ノ浦建造と対面します。 麗はトイレに行くふりをして、東京都知事室に入ろうとしますが、壇ノ浦家の執事、阿久津翔に止められます。 そして、阿久津は麗に「貴様、埼玉だな?」と探りを入れますが、麗は聞き流して立ち去ります。 麗と百美は、2人で買い物に出かけますが、そこで突然「埼玉警報」が発令。 麗の屋敷の家政婦、おかよが、強制送還部隊に追われていました。 おかよを助けようとした麗も埼玉出身疑惑をかけられ、その証明に草加せんべいを踏む事を強要されますが、麗は体が動きません。 おかよはその間に逃げようとしますが、強制送還部隊に捕まってしまいます。 麗は百美に助けられ、その場を立ち去りました。 実は、麗は埼玉出身であり、父親の意向で次の東京都知事になる為、一度アメリカへ渡り埼玉臭さを消し去って東京へ戻って来た、埼玉を救う事を託された者でした。 麗の正体に百美はショックを受けますが、麗と一緒に逃げる事を選択します。 2人は追われる立場となってしまいました。 麗と百美は埼玉県へ逃げようとしますが、途中で通った千葉県で、阿久津に捕まってしまいます。 阿久津の正体は千葉解放戦線の構成員で、麗が所属する埼玉解放戦線とは東京都への手形を撤廃する為の争いをしており、敵対関係にありました。 阿久津は警察に麗と百美を引き渡そうとしますが、そこへ白馬に乗った男が現れ、麗と百美を救出します。 その男は埼玉解放戦線の伝説、埼玉デュークでした。 埼玉デュークは、阿久津の父親で千葉解放戦線のトップだった男、エンペラー千葉との戦いで片目を負傷。 姿を消しながらも、埼玉開放の為に影で動いていました。 麗と百美は埼玉デュークから、東京都知事が裏通行手形を発行させ賄賂を得ており、その金塊を何処かに隠している事を教えられます。 その賄賂がある限り、手形制度は永遠に無くなりません。 麗と百美は真相を暴き出す事を決意しますが、百美が突然、高熱を出して倒れます。 百美は埼玉県特有の病気「サイタマラリア」に感染し、治療が遅れると重症化してしまう危険な状況となっていました。 一刻を争う事態ですが、埼玉県に医者がいるはずもなく、祈祷師しかいません。 埼玉デュークが百美を東京に連れて行き、病院で治療をさせる事になります。 山道を馬で疾走する埼玉デュークですが、何者かの銃弾に倒れます。 百美は悪夢にうなされ目を覚ますと、自宅のベッドで寝ていました。 埼玉デュークからの情報を元に、屋敷内に隠されている賄賂の金塊を探す百美は、隠し扉を探し出し、ある地図を見つけます。 地図に示された場所は、謎の巨大生物が生息する、関東の秘境である群馬県赤城山でした。 一方、麗は百美が無事に自宅へ送り届けられた事と、埼玉デュークが狙撃され倒れたという情報を聞かされます。 更に、このタイミングで千葉解放戦線が埼玉に攻め込んで来るという情報も得ます。 絶対絶命の事態ですが、麗は父親からビデオメッセージで、自身が埼玉デュークの子どもである事を聞かされます。 父である埼玉デュークの後継者として、千葉解放戦線との全面戦争に向け、麗はバラバラの埼玉県民をまとめ上げます。 阿久津もまた、埼玉解放戦線を殲滅させようと気合をいれますが、阿久津の前にある男が現れます。 翌日、千葉解放戦線と埼玉解放戦線は全面戦争を開始、壇ノ浦建造は神奈川県知事とその様子を笑いながら見ていました。 東京都と癒着関係にある神奈川県は、埼玉デュークの動きを察知し、銃撃していました。 そこへ、群馬県から戻って来た百美が現れます。 群馬県は、東京都から金を受け取り、県民総出で秘境を演出、都知事が隠していた金塊を守っていました。 この事実を世間に公表としようとする百美。 ですが建造は、百美個人の力ではどうする事もできないと鼻で笑います。 しかし、建造の予想を超えた事態が起きます。 争っていたはずの千葉解放戦線と埼玉解放戦線が同盟を組み、都庁に押しかけて来ました。 実は、埼玉デュークは生きており、阿久津にも裏通行手形の情報を流し、麗と阿久津は休戦協定を結ぼうとしていました。 そこへ群馬県に眠る金塊の謎を解いた百美が現れ、都知事である自分の父親の不正を公表する為に、一連の計画を考えたのです。 都庁に押しかける、千葉と埼玉同盟軍。 マスコミや民衆が押しかけ、大騒ぎになっている所に、百美は都知事の一連の不正を告発する文書をばらまきます。 不正が暴かれ、連行される建造。 そして、騒動の首謀者である麗と阿久津、埼玉デュークも連行されます。 埼玉デュークは、百美に新たな計画の文書を渡します。 そこには「日本全国埼玉化」計画の詳細が記されていました。 カーラジオで都市伝説を聞いていた愛海の両親は号泣。 呆れた愛海は春翔に会いますが、春翔も同じカーラジオを聞いて感動しており、東京ではなく春日部に住む事を決断。 愛海の東京への夢は儚く消え去ってしまいました。 映画『翔んで埼玉』の感想と評価 C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 原作は1982年に刊行された漫画ですが、2015年に復刊された際に、 埼玉県のディスり具合が話題になり、口コミで評判が広がった作品です。 ここでは、原作と映画を比較しながら、見どころを紹介していきます。 原作は未完結 C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 『翔んで埼玉』の 原作は完結しておらず、麗と百美が伝説の男、埼玉デュークを探しに行く場面で終了します。 なので、映画で京本政樹が演じた埼玉デュークは、原作では登場しません。 1982年に開始された『翔んで埼玉』は、何故未完結なのでしょうか? そもそも『翔んで埼玉』が生まれたキッカケは、原作者の魔夜峰央が、当時お世話になっていた編集長の勧めで所沢に住んだ事にあります。 その後、編集長による監視体制に置かれた魔夜峰央は、 埼玉に閉じ込められたことへのリベンジとして、『翔んで埼玉』を執筆しました。 ですが、4年後に埼玉から脱出した魔夜峰央。 横浜へ引っ越した事で、 横浜から所沢をバカにしたら、本当のいじめになると感じ、あえて続きを描きませんでした。 映画『翔んで埼玉』が、原作の続きとなっており、魔夜峰央も 「これで漫画も完結」と作品に対する賛辞を送っています。 漫画原作の映画として、この形はなかなか珍しいのではないでしょうか。 武内監督の郷土愛が炸裂 C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 原作の『翔んで埼玉』には、映画版で重要な役割を担う組織、千葉解放戦線は登場しません。 これは、コメディ映画の原作を探していて『翔んで埼玉』の原作を読んだ、千葉県出身の武内英樹監督が 「埼玉だけこんなにいじられて、悔しい!」と感じた事から生まれた、オリジナルのアイデアです。 また、東京都と神奈川県の癒着関係や、秘境である群馬県での展開も映画オリジナルとなっています。 これらのオリジナル要素により、『翔んで埼玉』の世界観は間違いなく広がりましたね。 豪華俳優による怪演 C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 独特の世界観が展開する『翔んで埼玉』、この世界が成立したのは、主演のGACKTの存在が大きいです。 武内監督は、 GACKTを「人間と言うよりCG」と表現しており、GACKTが麗を演じる事で「虚構の世界である」と、観客に伝える事を狙いました。 作品内では、GACKTが無敗を誇る番組の企画「格付けチェック」を連想させる場面や、2007年に放送された大河ドラマ『風林火山』で、GACKTが演じた上杉謙信の出陣シーンを連想させるような、 セルフパロディー的な場面もあり、武内監督がGACKTという虚構の存在を楽しんでいる事が伝わりますね。 また、俳優や映画監督として幅広い活躍を見せる伊勢谷友介が、千葉解放戦線を率いる阿久津を喜々として演じ、麿赤兒も本業である舞踏家のメイクで出演するなど、 どうやって出演交渉したのかが気になるぐらいの、豪華俳優による怪演も見どころです。 しっかりと語られるテーマ C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 コメディ映画として、かなり振り切っている本作ですが、 作品にしっかりとテーマも盛り込まれており、それは百美の作品内での成長と、語られるセリフに込められています。 ここで感動する人もいるかもしれませんが、その後の展開で全て帳消しにしてくる為、本作はとにかく、 最初から最後まで笑って楽しめる、エンターテインメント作品と言えるでしょう。 まとめ C 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会 武内英樹監督の漫画原作コメディと言えば、阿部寛主演で映画化した「テルマエ・ロマエ」シリーズが有名ですね。 ただ、「テルマエ・ロマエ」シリーズは、後半がいきなりシリアスな展開となり、作品全体として若干のアンバランスさを感じていました。 ですが『翔んで埼玉』は、 終始コメディに徹底しており、その中で感動的なシーンを隠し味のように入れています。 現在の日本映画で、コメディ映画を成立させる監督は少ない印象なので、貴重な才能だと思います。 武内監督は、コメディだけでなく、2018年には『今夜、ロマンス劇場で』という恋愛ファンタジー映画も製作しているので、 次はどんなジャンルで何を題材にするかが、非常に楽しみですね。

次の