石巻 貝。 石巻貝は水槽のコケを取る効果が高くてオススメ

石巻貝の飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【コケ取りにおすすめ】

石巻 貝

石巻貝の寿命 石巻貝の寿命は水槽飼育下では1年程度と言われています。 さらに購入時の石巻貝の大きさ 孵化してからの経過月日 によってはもっと短くなってしまうことさえあります。 石巻貝の寿命を初めて知る人にとってみれば1年は意外と短い期間かもしれません。 水槽飼育下では繁殖が難しいため増やして子孫繁栄させていくこともできません。 要するに考え方によっては石巻貝は短期間の使い捨てコケ取り生体と言われても仕方のない存在なのです。 石巻貝を購入する際には、短命な石巻貝とどのように付き合っていくかを考えて購入する必要があるでしょう。 石巻貝を水槽で飼育していると短期間で全滅してしまったり、まとまって数匹死んでしまうようなことがありますが、そのような時は寿命よりも飼育環境を疑うべきです。 寿命というものは個体差が必ずありますのでまとまって全滅などということはありえません。 他の石巻貝は元気に動いているのに1匹だけ死んでしまったなんていう時は寿命の可能性もあるでしょう。 石巻貝は死んだらどうなる 寿命であれ、飼育環境の問題であれ、石巻貝は死ぬとどうなるのでしょうか。 熱帯魚などと違い石巻貝は殻にこもってしまうこともありますし、一時的に動かなくなることもありますので死んでいるかどうか見極めるのも少々困難な時もあります。 いつまでも動かず怪しいと感じたら一度水槽から取り出してみましょう。 石巻貝を水槽から取り出して鼻を近づけてみると腐敗臭がしていたら死んでいます。 健康な石巻貝は腐ったような臭いを放つことはありません。 死んでしまったことに気がつかず放置しておくと腐敗が進み、水質の悪化を招きますのですぐに水槽から取り出さなければなりません。 よって常日頃から石巻貝の様子をチェックしておくようにしましょう。 石巻貝が動かない原因 石巻貝は死んでしまったらもちろん動きませんが、「動かない=死んでいる」わけではありません。 石巻貝が全く動かない時には石巻貝が動かない理由が必ずありますのでその理由が石巻貝にとって良くないことでしたら対策をしてあげる必要があります。 石巻貝は水質が合わないと動きが鈍くなり、殻にこもってしまうことがありますので石巻貝が好む水質を把握し、維持してあげるようにしましょう。 石巻貝が好む水質とは硬度が高めな弱アルカリ性の水質になります。 水槽内が水質の悪化により酸性に傾きすぎると調子を崩したり、最悪の場合殻がもろくなってしまうこともあります。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2019. 19 石巻貝飼育で気になる餌不足・水合わせ・ひっくり返る 石巻貝はコケを食べる生体だけど水槽内では餌不足にならないのか。 熱帯魚やメダカなどと同じように水槽投[…]• 2019. 10 タニシ?水草水槽に小さな貝 スネール が大量発生 増える理由とスネール駆除 水草水槽にいつの間にか自然と現れる小さな貝 snail。 スネールやスネイ[…]• 2019. 19 本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い 水槽やビオトープに突如現れる巻貝。 子供の頃に用水路などで見かけたタニシに似ているけれどタニシなのか?日本[…]• 2019. 19 タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵? ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけま[…].

次の

石巻貝の繁殖に成功してしまいました!!というか、、放置してた水槽に糸状...

石巻 貝

石巻貝の寿命 石巻貝の寿命は水槽飼育下では1年程度と言われています。 さらに購入時の石巻貝の大きさ 孵化してからの経過月日 によってはもっと短くなってしまうことさえあります。 石巻貝の寿命を初めて知る人にとってみれば1年は意外と短い期間かもしれません。 水槽飼育下では繁殖が難しいため増やして子孫繁栄させていくこともできません。 要するに考え方によっては石巻貝は短期間の使い捨てコケ取り生体と言われても仕方のない存在なのです。 石巻貝を購入する際には、短命な石巻貝とどのように付き合っていくかを考えて購入する必要があるでしょう。 石巻貝を水槽で飼育していると短期間で全滅してしまったり、まとまって数匹死んでしまうようなことがありますが、そのような時は寿命よりも飼育環境を疑うべきです。 寿命というものは個体差が必ずありますのでまとまって全滅などということはありえません。 他の石巻貝は元気に動いているのに1匹だけ死んでしまったなんていう時は寿命の可能性もあるでしょう。 石巻貝は死んだらどうなる 寿命であれ、飼育環境の問題であれ、石巻貝は死ぬとどうなるのでしょうか。 熱帯魚などと違い石巻貝は殻にこもってしまうこともありますし、一時的に動かなくなることもありますので死んでいるかどうか見極めるのも少々困難な時もあります。 いつまでも動かず怪しいと感じたら一度水槽から取り出してみましょう。 石巻貝を水槽から取り出して鼻を近づけてみると腐敗臭がしていたら死んでいます。 健康な石巻貝は腐ったような臭いを放つことはありません。 死んでしまったことに気がつかず放置しておくと腐敗が進み、水質の悪化を招きますのですぐに水槽から取り出さなければなりません。 よって常日頃から石巻貝の様子をチェックしておくようにしましょう。 石巻貝が動かない原因 石巻貝は死んでしまったらもちろん動きませんが、「動かない=死んでいる」わけではありません。 石巻貝が全く動かない時には石巻貝が動かない理由が必ずありますのでその理由が石巻貝にとって良くないことでしたら対策をしてあげる必要があります。 石巻貝は水質が合わないと動きが鈍くなり、殻にこもってしまうことがありますので石巻貝が好む水質を把握し、維持してあげるようにしましょう。 石巻貝が好む水質とは硬度が高めな弱アルカリ性の水質になります。 水槽内が水質の悪化により酸性に傾きすぎると調子を崩したり、最悪の場合殻がもろくなってしまうこともあります。 Advertisement 関連する記事• 2019. 2019. 19 石巻貝飼育で気になる餌不足・水合わせ・ひっくり返る 石巻貝はコケを食べる生体だけど水槽内では餌不足にならないのか。 熱帯魚やメダカなどと同じように水槽投[…]• 2019. 10 タニシ?水草水槽に小さな貝 スネール が大量発生 増える理由とスネール駆除 水草水槽にいつの間にか自然と現れる小さな貝 snail。 スネールやスネイ[…]• 2019. 19 本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い 水槽やビオトープに突如現れる巻貝。 子供の頃に用水路などで見かけたタニシに似ているけれどタニシなのか?日本[…]• 2019. 19 タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵? ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけま[…].

次の

石巻貝の生態と飼育時の注意点を知ろう

石巻 貝

こちらの商品のおまけ分は死着保証の対象外となります。 死着の際には残り匹数をご確認の上、おまけ分を除いた匹数より少ない場合のみ死着保証の対象とさせて頂きます。 おまけ分を除いた匹数よりも少なくなっていた場合につきましては、死着画像を添付の上メールでお送りください。 万が一、おまけ分が不足していた場合についてもご購入匹数入っていた場合は保証の対象とはなりませんので ご了承の上お買い求めください。 水槽壁面のコケ取りとして非常に有効です。 水草の食害もなく、淡水で殖えることもありません。 若干の殻欠けはご了承ください。 個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。 必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。 種類詳細 本州中部以南、中国南部の汽水〜淡水に生息する巻貝です。 コケ取り能力が高いことから古くから人気の種で、水槽壁面のコケをブルドーザーのように削って食べてくれます。 カノコ貝の中でも淡水への順応性が高く、他のカノコ貝に比べ低いpHにも耐えることが出来、派手な色彩を持たないためレイアウト水槽では美観を損なわないのが本種の大きなメリットと言えます。 淡水では繁殖できないため、水槽内で殖えすぎて困る事もありません。 水槽に入れておくとコケ予防に非常に高い効果を発揮してくれます。 飼育のポイント 水質、水温に対する適応能力が高く非常に丈夫な貝です。 特別に餌を与えなくても水槽内で発生するコケや有機物を食べて生きることができますが、立ち上げ直後や貝を投入して綺麗になった水槽等では、コケや有機物が足りずエサ不足になってしまいます。 成長すると殻の頂部が浸食されますが、飼育にはまったく問題ありません。 本来汽水に生息する貝なので極端にpHが低い水は好みません。 またひっくり返ると起き上がれずにそのまま死んでしまうことがあります。 水槽壁面から落下したときなどは戻してあげる必要があります。 カノコガイの仲間は夜行性が強く、活発に活動しているときは水槽上面まで登ることがあるので、脱走に注意が必要です。 ヒーターに直接貼りつくと火傷により死亡することがあります。 ヒーターカバーを用いると良いでしょう。 成長した大型個体では殻の頂部が浸食されますが、飼育にはまったく問題ありません。 混泳の注意点 どんな魚と混泳させても特に問題はありませんが、一部の貝食性を持つ大型フグ等は殻ごと食べられてしまいます。 繁殖 水槽内でも1mm〜2mm程の卵嚢を水槽壁面や流木などの基質に産みつけますが、孵化した幼生は川を降りて海で浮遊生活を送った後、幼貝になって川に遡上するという生態を持ち、水槽内での繁殖はほぼ不可能です。 水槽壁面などについた卵嚢が観賞価値を低下させる場合はスクレーパーなどで取り除くと良いでしょう。

次の