異 世界 の 主役 は 我々 だ。 異世界の主役は我々だ! 1 (MFC)

#1 異世界の主役は我々だ! 第一章完結 時点においての疑問と考察、結末予想 (2020/1/19現在)

異 世界 の 主役 は 我々 だ

異世界の主役は我々だ! とは、集団を率いるがで開している()、及びそれをとしたフラッパーで連載中のジの(詳細は後述)である。 異世界主役版と同掲載誌・同ののはすべてを解決する!! 、及び大先生の日常などのについても本項で記述する。 概要 本作は、の開始とともに開された。 で王の途中までされた後が停滞したが、にこんにちはを加えてに新導入・大幅の大規模が行われた。 その後再びが停滞したもののより1回で再開。 本作品のは「思想」である。 では的な問いがなされ、を進めていくうちに功利義によって王を統治する、を信仰する枢機卿らの人々など、何らかの思想を持った個人・集団が登場しが展開されていく。 また、他にも本棚の思想書など随所に思想の要素が詰め込れている。 また、のをはじめ、をにしたが要登場人物となっている。 序盤にだけ登場し、のに未だ関わってきていないもおり、今後の本格登場が予想される。 の回数でした。 同名の登場のになったとによる ストーリー 劣悪な生活で低の生活を送る は友人にをつき借を重ねる生活を送っていた。 そんなある日、は に更生を誓い行動を共にするが、所業は相変わらずでを怒らせる。 その時が使用され、 ッの手配により、2人はでに入る。 やがてを覚ましたがにしたのは荒れ果てた大地と変わり果てたであった。 はとなり、を率いて軍を編成する• 最数はそれぞれのが持つ揮の値で、で成長する• には固有の値・戦術が設定されている• の値はにより成長する• は種類ごとに値が設定されているが成長はせず、のにより補正がかかる• にを使うことにより、一定で敵をにできる• 強いほどを削らないとになりにくい• では各軍のがで一体ずつ場に出て戦う• たちはやられると戦線離脱し、自動で次のに交代する• 戦線離脱したは以下の方法で復帰できる• 村やに帰る• 呼び戻しのを使う• 回復に触れる• は以下の4つのの使用との使用切り替えができる• :敵をにできる。 消費あり• 行動開始:が自動で行動する。 消費あり• 戦術:闘志を消費し、のを使う。 消費なし• 闘志はにたまっていく• 最大値は闘志のかけらを集めることで上昇• 逃走:から逃走する• 敵を倒すことにより、・が手に入る• 換はお店で売却できる• 敵をで倒した時は入手できない 登場キャラクター 大先生とその友人 鬱大先生 本作の。 、とも。 汚いに住みを食すの生活を送る。 友人にをつき借を重ねる、複数人いるに貢ぐなど正正銘の。 のが好物。 核の勃発にあたりに入りするが、覚めるとは変わり果てていた。 と再会しやオイテに襲われつつも、グにたどり着き王の賓として迎えられる。 装備:9. ッから貰った。 に使用することで敵(除く)をにできる コネシマ の親友の功利義者。 な所業を繰り返すを一度は見放すが、核の災禍が迫るや一転して媚びはじめ、共にに入ることに成功する。 より先にから覚め、のを借りながら王を築き上げる。 との対立化に際し、一度はへの謝罪と制導入を決断するも、の扇動により少数の犠牲が出ても多数を救えればよいと悟る。 それにより軍義独裁に転じ、民皆兵を敷き対全面攻撃を展開した。 値:素さ・攻撃に長けるが攻撃・防御が劣る。 戦術:大衆扇動• 消費闘志:16• 味方全体の攻撃を1段階上げる ロボロ の友人。 のを信じてを貸すお人好し。 永年の夢をえ自分の店を構えるが、その矢先に核が勃発。 から入りの誘いを受けるも断り、自分の店に留まるを選ぶ。 で櫃を巡るをしていたところ、と再会して一時行動を共にするが、その悪行をの当たりいに見放す。 値:素さに長けているが攻撃でやや劣る。 戦術:丹• 消費闘志:12• とをに導きを渡した後、民を守るため核中の地上へ戻る。 ??? 姿形は見えないが、口と輪は 例のあの人に似ている。 (でははっきりと描かれている)に入った後の幕間に登場し、何らかの権 (ゾチ?)でを行っている。 先鋭的で独断専行気味であるが反感を買っているようだ。 シャオロン 北のにいる。。 核勃発後のに惑わされ右往左往する様を見せから見放される。 コネシマ王国 オスマン 当初はで解説を行う者として登場、意思決定をに委ねることを唱えていた。 では枢機卿として登場、櫃に従いを唱え旧技術を排することを説く。 レノ でが最初に出会った人物。 何者かに追われているらしい。 の格好をしており(では)、に囲まれたとをで救った後、どこかへ去っていった。 グのでとオイテがに際に再登場。 再び二人をで救う。 オプロイテ 炎使いの。 とをゾチの人物と誤認して襲いかかるが、後に誤解を解く。 人類で一炎を扱う「クトグァ」を扱えるの。 ではだいぶ可くされている。 値:攻撃と攻撃に長けているが素さで少し劣る• 戦術:クトグァ• 消費闘志:• 敵全体に火の小を与える スパルタクス 親衛隊。 貧しい農村出身の将校 という2. 26事件を彷彿とさせる経歴の持ち。 に的才を見出されて頭を現した。 かつてはとの協を志向していたが、にの有用性を説かれてから旧技術復活・排撃を唱えるようになった。 益のためなら部下の犠牲も厭わない。 値:攻撃・最大に長けるが防御で劣る• 戦術:実、勇敢、忠実• 消費闘志:• 自軍のを犠牲にし、大を与える 21世紀 ??? のを着た によく似た人物。 の店でからスリを働き、をくらました。 ??? い姿の のような人物。 でを読んでいたが、核が着弾すると姿をくらました。 登場国家・都市 コネシマ王国 でが築き上げた王。 より上位にあるを制定しており、を是とする。 の協もあり5年ほどかけ産業が整備されてきたが、ゾチとの戦いに苦戦している上、商人が逃亡しが横行するという症状を呈してきている。 コネシマグラード 王の。 のほか、・・寺子屋・がある。 ゾチ帝国 王の東にある。 旧技術を用い周辺諸にをしてする。 ゾチの攻撃により教皇は囚われ、枢機卿団はされてしまい、は残った枢機卿が導している。 オイテらを用いることが出来るを擁している。 ヒトランブルク グの北にある。 トントンタウン グの西にある町。 レーテ王 による全面攻撃に直面し、枢機卿が助けをめた。 用語 原則登場順。 功利主義 を旨とする思想。 なはと・スチュアート・。 神 技術の発展により人類はに到達した。 しかし、その扱いをめぐり核が勃発し、は燼に帰してしまう。 核の後、技術を放棄させ人類とのを。 櫃を通して意思を伝え、人々の信仰を受けている。 核戦争 をめぐって起こった。 への従を決定したと、への遮断・攻撃を行う・ら世俗との間で起こった。 ・ワワ・など各地で核が用いられ、は壊滅、人類は地下に潜るに突入する。 奇跡 の代わりにが授けた。 一般的にはとも呼ばれる。 虚から流を出す、怪を治癒するなど様々な種類がある。 オイテのクトグァもその一種。 騎士 の信徒を俗世の勢から守る実組織。 にを与えられた者たちで構成される。 の防衛と旧技術の殺を使命とする。 聖櫃 の信徒が崇める。 のを聞くことが出来るらしい。 グではにあるが、他にものあちこちにあるようだ。 ものを秘めているという。 魔樹(ザックーム) 王のあちこちに生えている木。 ゾチが教皇から胞子を飛ばしている。 成長すると異臭を放ち、土地を腐らせ殺してしまう。 このために農村は農作物が育たなくなり、グでも繁殖したために土ごと取り除かれている場所がある。 逆立場的アドバンテージ の得意技。 弱者のふりをして同情を誘い、利益を引き出そうとする。 知恵の実 のの第3章、いわゆるの話に出てくる。 に居たとは、に食用を禁じられていた知恵の実を、の教唆により食べてしまう。 これにより善悪を知った二人は、自分たちが裸であることに気づき恥じての葉をに巻いた。 やがてがこのことを知ると、対しては子を産む苦しみを増幅させ、に対しては苦しんで働かないと食料を得られないようにした上で二人を追放する。 後にこの話を題材に・が叙事『』を作った。 教会 を信仰する場。 中にたくさんあるが、グのものは教皇に近いため較的大きいらしい。 旧科学技術 が燼に帰す以前の技術。 核後のに人類が地下に込んだためにの人々は表向きには、知恵の実による原罪の産物であり、核の起きた元であるとして絶を訴えている。 しかし、の管理下でを運用するよう動いている。 ヒトラン国際条約 全ての技術の破棄を義務付けた際条約。 ランブルクで結ばれたと思われる。 コネシマ親衛隊 王直属の組織で、はスパルタクス。 ゾチに対抗するため、勢・王を排除するを実施し、秘密裏に開発している技術を復活させることを論む。 功利義を信奉し、実施に反対している。 サタン 櫃が予言する。 予言によると「を自分勝手に滅ぼす巨悪」だという。 オイテとはがでないかと疑っている。 ナノマシン 核後、地下に潜った人類が体内に注入していた。 世紀でののような感覚で用いられていたらしい。 は密かにその技術をし、から生き残っているにしてを用いることをもくろんでいる。 コネシマ゠教会条約 グへのゾチ侵攻という自体に際してと、それととの間で締結された条約。 内容は王が農村への食糧援助を行う代わりに、が王都に侵入した化物を追い払うというもの。 これを破ることはすなわちとのを破ることになる。 本 本棚を調べると出て来る書名。 中の思想などと関連していると思われる。 大先生宅• 『純』• 『実践』• 『判断』• ・ジック『アナー・・』• ルズ『論』• 『および立法の諸原理序説』• ・スチュアート・『論』• 『富論』• ・『的な、あまりに的な』 ロボロの店• ・ボー『論』• ・ホッ『』• ・『二論』• 『および立法の諸原理序説』(が購入) コネシマグラードの教会• アウグス『?』 コネシマグラードの図書館• ・『悦ばしき知識』• ヘー『講義』• がに解説したの本• 絵:せらみかる• (一部):ケイG• ・修正:こんにちは プラグイン素材• 音楽素材• 漫画版 ジにより化され、フラッパー号より連載されている。 単行本は6巻まで刊行。 政治思想の主役は我々だ! フラッパー号から同号まで版異世界の主役は我々だ!の後に掲載されていたム。 担当のが思想書の書評を執筆した。 回 担当 思想書 第1回 ・『的な、あまりに的な』 第2回 健郎『「甘え」の構造』 ・キム『新版 現代』 ヘルドクターくられの科学はすべてを解決する!! にされていたとうつくんのが仕立てとなりされ、フラッパー号より連載開始。 担当は異世界主役と同じくジ、監修は。 単行本は1巻が刊行済で、2巻は発売予定。 大先生の日常 異世界主役と同じくがで作成した。 異世界主役の序盤(入りまで)の原となっている。 これにをつけたが異世界主役を依頼したらしい。 下記でされており、後に開されるとされていたが、 異世界主役のを誤魔化すために図られた事はあったが、未だに実現していない。 我々だメンバー制作RPG から1年間、1回でのがにされていた。 有料会員のみ可。 多忙の合間を縫ってされているので作りが粗いところにはを瞑ろう。 は異世界主役と同じくせらみかる。

次の

#異世界の主役は我々だ! #wrwrd! Würfel an den Kopf geworfen

異 世界 の 主役 は 我々 だ

「やぁ、エーミール教授。 元気かな?」 「たった今具合悪くなった。 君もしつこい男だな・・・グルッペン」 黒服の来訪者は悪党の笑みを浮かべて、教授の執務室のソファーに腰を下ろした。 その正面に置かれた机でコーヒー豆を挽くのはやたらと背の高い紳士である。 グルッペンは彼の豆を挽く音を好んだ。 初めて出会った時、扉の向こうから微かに聴こえていた歯車と粉に変わっていく豆とのハーモニーが耳から離れないのだと言う。 御世辞にしては下手な部類であるとエーミールは思った。 「いえいえ、御世辞じゃないですよ」 ぎこちなげに敬語を使っていた彼は今やズカズカと人様の部屋に入っては珈琲をせがみ、仕事を妨害するだけの嫌な奴である。 が、結局エーミールは彼を追い出そうとはしない。 出来ない、と言うべきであろうか。 エーミールは教授であると同時に、とあるシンクタンクの理事長でもある。 グルッペンの行為はシンクタンクとの会合を名目としているため断りようがない。 確かにグルッペンの才能は疑う余地がない。 一種の天才とも呼ぶべき男だ。 とことん指導者向きである。 が故に、人の下につく立場には向いていないように思われるのだ。 少なくともこんなところへやって来て教授に御意見を伺いたいなどと述べる役割は似合わないだろう。 一度本人に聞いたことがある。 君の能力を鑑みるに、その気になりさえすれば上に立てるんじゃないのか、と。 返答は至極単純で、 「此処で珈琲を飲んで世間話してサボる方が楽しいからこうしてるんだゾ!」だった。 で、その世間話とやらだが一口で言えば過激そのものだ。 まぁ確かにこんな奴が政治の表に出れば一発レッドカードを喰らいそうではある、とエーミールは考える。 正論ではあってもベクトルが過剰に振れている。 聞くだけなら愉快である。 が、本人は実現したがっている節がある。 というより実現するビジョンを持っているのか。 君が一体どうしたら来なくなるかと考えていたらいつの間にかこんなことに」 「うっわ怖ぁ。 俺エミさんに粉になるまで挽かれるのか」 「いいなそれ。 やってやろうか?」 「勘弁してクレメンス・・・」 [newpage] エーミールは珈琲を淹れるのにサイフォンを好んで使う。 わざわざ自分で豆を挽いた上に、更に手間を加えてようやく一杯。 それだけ時間を掛けて淹れた珈琲はただ電気式のメーカーを使うよりも美味しく感じる、というのはブラシーボに過ぎないのだろうか。 どちらにせよ彼はそういった小さな手間を好む男だ。 言い換えれば若干回りくどい男である。 エーミール自身は否定するだろうが、グルッペンと語らう時の彼の眼の輝きは恐ろしく鋭い。 例えるなら獲物を捉えた狩人、もしくは狙撃手に類するものだ。 話題に対して興味を隠しきれていない。 そういう意味では寧ろグルッペンに獲物として手玉に取られている、とも言えてしまうのは皮肉であろう。 グルッペンがわざわざお伺いをたてる小役人に留まるのは地位よりも何倍も価値のある男を見出だしたことにある。 壮大なる野望への第一歩は、彼を得ることであった。 そして今日、それが叶うか否かの分水嶺となる。 ようやく始まりに漕ぎ着けた魔王は高らかに笑う。 傍らに控えるのは最高の右腕にして相棒、御意見番の男。

次の

#1 異世界の主役は我々だ! 第一章完結 時点においての疑問と考察、結末予想 (2020/1/19現在)

異 世界 の 主役 は 我々 だ

0001」公開。 00011」を更新。 「ver0. 00012」を更新。 00013」を更新。 0002」を更新。 「ver0. 00021」を更新。 00031」を更新。 00032」を更新。 00033」を更新。 バグ対策暫定終了。 8月楽しみにしといてね。 00034」を更新。 さらにバグ修正。 00035」を更新。 バグ修正。 00036」を更新。

次の