ワン イシュー 意味。 イシューとは・意味と使い方|イシューからはじめよ/ビジネス

イシューとは・意味と使い方|イシューからはじめよ/ビジネス

ワン イシュー 意味

「ワンイシュー」は平成17(2005)年8月の「郵政解散」で流行語になった。 イシューとは論点の意味で「シングルイシュー」とも言う。 結果は自民党が圧勝した。 橋下徹市長は立候補しないが、どちらも維新VS非維新の対決の構図になりそうだ。 維新側は5月の大阪市での住民投票で否決された大阪都構想の再挑戦を掲げる。 一方、非維新の各党・会派は「維新政治にピリオドを」で足並みをそろえる。 これもワンイシューの選挙と言えそうだ。 そして勝敗のカギを握りそうなのが共産党である。 国政レベルでは、共産党は先月に成立したばかりの安全保障関連法(共産党は「戦争法」と呼ぶ)の廃止を訴えて、「国民連合政府」の実現を他の野党に呼びかけている。 思想も、政策も、政治手法も異なるが、従来の主張を棚上げしても共闘をというのだから、ずいぶん柔軟になったものだ。 表だって共産党とは名乗っていなかったが、街で練り歩き、チラシを配る婦人部隊をよく見かけた。

次の

編集長コラム「飛耳長目」~「ワンイシュー」批判から見える逆の危うさ

ワン イシュー 意味

みなさんは「イシュー」という言葉を知っていますか。 会社やテレビ、本などで見聞きしたことがあるという方もいるでしょう。 今回は、そんな「イシュー」について詳しく説明していきます。 ここではまず最初に、「イシューとは、どのような意味を持った言葉なのかについて説明します。 イシューの意味は? イシューとはどのような意味の言葉なのかについて説明していきます。 実は「イシュー」の意味は一つだけではなく、大きく分けてふたつの意味があります。 ここでは、「イシュー」のふたつの意味についてそれぞれ詳しく説明していきます。 「イシュー」のひとつめの意味は? 「イシュー」のひとつめの意味について説明していきます。 ひとつめの意味として、イシューとは、「発行することや公布すること」あるいは「発行した物や刊行した物」のことを表します。 ちなみに、「発行」や「刊行」の意味を簡単に言うと、「本、新聞、記事などを印刷して世の中に向けて出すこと」です。 「イシュー」のふたつめの意味は? 二つ目のイシュー意味について説明します。 ふたつめの意味としてのイシューとは、「問題や論争の中心となる点や核心に触れる部分」を表しています。 つまり、イシューとは、物事を考えたり話し合ったりするときに一番大事な部分のことを表しています。 「イシューからはじめよ」のイシューとは? 「イシュー」を使った文で、「イシューからはじめよ」という有名なものがあります。 ここでは、「イシューからはじめよ」のもとは何なのかということと「イシューからはじめよ」のイシューとは、何を表しているのかについて説明します。 そもそも「イシューからはじめよ」というのは? ではまず、そもそも「イシューからはじめよ」というのはどこから来たのかについて説明していきます。 「イシューからはじめよ」というのは、安宅和人氏の著書である『イシューからはじめよ-知的生産の「シンプルな本質」』からきています。 興味がある方は、一読してみるのも良いでしょう。 「イシューからはじめよ」のイシューは何を表す? 「イシューからはじめよ」というのは、本のタイトルからきているということが分かりました。 次は、この「イシューからはじめよ」のイシューとは、一体何を表しているのかについて説明していきます。 「イシューからはじめよ」のイシューとは「考えるべき、あるいは解決すべき問題の中心や核心となる点」のことです。 これは、先ほど紹介した「イシュー」の意味のうち、ふたつめの意味に相当します。 したがって、「イシューからはじめよ」というのは、「物事の問題となる部分について、いったいどこが中心、核心にあたるかをしっかりと考えてとらえることからはじめることが重要である」ということを言っていると考えられるでしょう。 クリティカルシンキングでのイシューとは? ここまで、イシューとはどのような意味をもった言葉なのかということや、「イシューからはじめよ」のイシューとは何かといったことについて触れてきました。 次は、クリティカルシンキングでのイシューとは何かについて触れていきます。 ここでは、「クリティカルシンキング」の意味と、クリティカルシンキングでのイシューとは何を表しているのかについて説明していきます。 クリティカルシンキングとは? まずは「クリティカルシンキング」とは何かについて説明します。 「クリティカル」というのは英語で書くと「critical」で、「批評の、批判の」といった意味があり、「シンキング」というのは「考え、思考」といった意味があります。 したがって、「クリティカルシンキング」は「批判的な考え、思考」を表しています。 「イシューからはじめよ」以外にも、「イシュー」を使った文や言葉には、「ワンイシュー」や「ライツイシュー」というものがあります。 まず最初に「ワンイシュー」について説明していきます。 ここではまず、ワンイシューとは何かということと使い方について説明していきます。 ワンイシューの意味は? まずはワンイシューとは何かついて説明します。 「ワンイシュー」は英語で「one issue」となります。 「one」は「1」で、ここでのイシューは「イシューからはじめよ」のイシューやクリティカルシンキングでのイシューと同じように「解決すべき問題」となります。 したがって、ワンイシューとは、「解決すべき問題が、ひとつだけのこと」となります。 ちなみに、「ワンイシュー」は「シングルイシュー」とも言うことができます。 ワンイシューの使い方は? 先ほどは「ワンイシュー」の意味について説明したので、次は「ワンイシュー」の使い方について説明します。 そもそも、「イシュー」というのは英語で、名詞として使う場合と動詞として使う場合があります。 今回紹介してきた「イシュー」は、名詞として使われています。 「ワンイシュー」に関しても同じく、品詞は「名詞」となります。 したがって、「ワンイシュー」は、文中で「名詞」として使用されます。 ライツイシューの意味と使い方は? 「ワンイシュー」についての説明が終わったので、次は「ライツイシュー」について説明していきます。 ここでは、ライツイシューとは何かということや使い方について説明していきます。 ライツイシューの意味は? まずはライツイシューとは何かについて説明します。 「ライツイシュー」の「ライツ」は、英語で「rights」です。 ここでの「rights」は「権利」の事を表しています。 もっと具体的に、何の権利かと言うと「新しい株を買うことができる権利」の事です。 また、この権利のことを「新株予約権」と言います。 つまり、ここでの「ライツ」をひとつの単語で表すと、「新株予約権」となります。 そして、今まで紹介したものに使われていた「イシュー」は、「解決すべき問題」という意味で使われていましたが、ここでの「イシュー」は、今までと違い「発行すること」という意味のニュアンスで使用されます。 また、ここで言う「発行すること」というニュアンスとは、「無償で権利の割り当てをすること」を表しています。 したがって、ライツイシューとは、「新株予約権の無償割り当てをすること」を意味しています。 ライツイシューの使い方は? 次は「ライツイシュー」の使い方について説明します。 「ライツイシュー」は、今まで紹介した内容の中で使われていた「イシュー」や「ワンイシュー」と同じように、品詞は「名詞」です。 したがって、「ライツイシュー」は文中で「名詞」として使用されます。 ビジネスで使われるイシューとは? 次は、ビジネスで使われる「イシュー」は、どのような使い方をするのかについて説明していきます。 「イシュー」がどのような場面で使われるかによってその意味は違ってきますが、たとえば社内でのミーティングやちょっとした話し合いなど、物事にたいしての課題や問題を考えたり議論したりする場面が想定でき、このときは「解決すべき問題や課題」といった意味で使われるでしょう。 したがって、会議やちょっとした話し合いの場で使う場合の「イシュー」は、「解決すべき問題や課題、あるいはそれを議論するうえで中心、核心となる点を何か」といったことをを表していることが多いでしょう。 普段から「イシュー」が何かを考えることが大切!!

次の

ビジネス用語「イシュー」の意味と使い方

ワン イシュー 意味

「イシュー」の意味とは 「イシュー」とは「課題」「問題」「論争点」などを意味する英語「issue」から来たビジネス用語。 ビジネス用語として使う「イシュー」には、「論じ、考えるべきテーマ」という意味があります。 ビジネスには多かれ少なかれ問題や失敗がつきものです。 ビジネスでの失敗を払しょくし、成功させるために「イシュー」という概念が非常に重要です。 なんとなく理解しているようでも、実は正しい意味をわからずに使っている場合もあるビジネス用語。 「イシュー」には、ビジネスを成功させるうえでの深い意味が込められています。 本当の意味がわかっていないと、大きな失敗に発展する可能性も。 「イシュー」の意味や使い方を理解するために、例文を交えてわかりやすく解説します。 「イシュー」も「プロブレム」も「問題」と訳せますが、ニュアンスや使い方は異なります。 「プロブレム」は直接的に害のある問題として使用され、「イシュー」は向上する余地がある問題を意味しています。 たとえば、水道管に亀裂が見つかり破裂しそうだから直さなければならないという問題は「プロブレム」、水道管をより長持ちさせるためにはどうすればいいのかという問題は「イシュー」であると考えることができます。 営業方針を定める社内ミーティングの場面などで「イシューを特定する」と、いった使い方をすることがあります。

次の