考え あぐね る。 考えあぐねるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

【履歴書】得意科目欄の書き方・例文13コ・アピール方法

考え あぐね る

2013年現在、巷では「就活」ならぬ「終活」がブームになっています。 あらかじめ遺影を用意しておいたり、葬式の準備をしておいたり、 墓の手配をしておいたり、遺書を準備したり。 老子も、その著書の中で死生観について触れている章があります。 彼によれば、 「よく生きながらえる人は十人に三人、ただ死んでいく人が十人に三人、 命を守ろうとして動き回り、かえって死を早めてしまう人が十人に三人」。 さらに老子は、 「命を守ることに優れた人は、陸路の旅で獣に襲われることもなく 軍隊でも武器やよろいを手にしない。 猛獣の角や爪も、敵兵の刃も、 彼を傷つけようとしてもできない。 なぜなら、彼は命に執着することがなく 死への怖れもないからだ」 …と続けています。 つまり、 「命を守ることに優れた人」は、死を恐れないということ。 死も生もありのままに受け入れる、 「無為自然」の人なのです。 このように、その死生観にも「無為自然」が生かされているのが 老子の思想の特徴ですね。 死ぬことを恐れない生き方 「出生入死」 (生に出でて死に入る) 人はこの世に生まれ出て、死の世界へ入る。 …一見、逆説的な表現ですよが、これが老子の死生観。 老子らしいといえば、老子らしいですよね(笑)。 人はみんな、生まれては死んでいきます。 それならなぜ、生まれてくる必要があるのでしょうか。 最初から死ぬことが決まっているのなら、生まれる必要はないのでは? …古くから、私たち人間はそんな疑問にぶち当たり、考えあぐね、 世界中の哲学者たちがあらゆる死生観を展開してきました。 老子の死生観を借りて言うならば、それは、 天地自然の理(自然の摂理)に委ねるしかありません。 人間がああだ、こうだと思いを巡らし、理論づけようとしても それを言葉で説明するのはおこがましいし難しい。 自然がそうだから、そうなのです。 人はただ、自然のあるがままに任せ、「無為自然」に生きるのが理想の姿。 常に、「いつ自分に死が訪れても不思議ではない」と覚悟を決めて、 ことさらに生に執着することなく、その日いちにちを楽しみなさい。 それが、かえって生を長らえることにつながるんだよ。 …と、老子は教えています。 生に執着しない! 老子の死生観によれば、 死は誰にでも訪れるものであって、恐れるものではありません。 それは、「どうせ死ぬんだから、人生なんて諦めろ」 などというネガティブな考え方ではありません。 老子の死生観は、見方によっては非常にポジティブ! 死を怖がって引きこもるのではなく、死をひっくるめて自分の生を肯定し、 「死があるからこそ今が楽しい」と思える境地に至る…それが理想なのです。 命に感謝し、あるがまま、無為自然に生きれば死への怖れも消えていく。 そのような老子の死生観は、 現代の「終活」で得られるものにも通ずるものがあるのではないでしょうか。

次の

「思いあぐねる」と「考えあぐねる」の意味と違いは何でしょうか?また、例文も...

考え あぐね る

「得意科目」を履歴書で書く際に、手が止まることって多いですよね。 パートの面接受ける時、履歴書に趣味を書く欄があったんだけど、音楽鑑賞も全然してないし映画鑑賞も以前より比べて全然見れてないし…私の趣味って何?と思った。 で、考えあぐねて結局好きなのはスーパー戦隊と仮面ライダーという結論だった。 履歴書には「映画鑑賞」って書いたけど。。。 得意科目ってただ書くだけでいいの?• よく使われる得意科目って何?• 他の人ってどう書いているの? という疑問を解決します。 この記事を読んで、採用担当者に「この人と仕事をしてみたい」「もっと質問したい」と思わせる履歴書を創りましょう。 「国語」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は国語です。 常に筆者の立場になっての作品理解を心がけています。 文章を書く時も、文法に誤りがないように気を付けています。 また本をたくさん読むことで、読解力がついたと思います。 この経験から、仕事においても、相手の立場を理解して、コミュニケーションをとりながら進めていきたいと思います。 「地理」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は地理です。 私は世界地図を携帯し、時間があれば見るようにしています。 世界にはいろんな地形や気候があり、地球の偉大さに改めて驚かされます。 地図をよく見ることで観察力がついたと感じています。 私はこの経験から、仕事においても、新しい発見がないか注意しながら進めて、よりよい成果があげられるよう努力して参ります。 「家庭科」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は家庭科です。 家庭科は一見地味な科目のように思われがちですが、生活に密着した大切な科目です。 私は授業で習ったことは家庭でも実践することにしていました。 この経験を仕事にも活かし、習得と実践を大切にして、小さなことでも手を抜かず、確実に仕上げていけるように努力をしていきたいと思います。 「数学」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は数学です。 途中で計算ミスがないように気を付けています。 複雑な計算式でも最後には答えが出るところが好きです。 数学を勉強することで、論理的な思考力がついたと自負しております。 この経験を仕事にも活かし、物事を筋道立てて考え、段階的にステップを踏むことで、結果が得られるように、考えて行動してきたいと思います。 「理科」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は理科です。 自然界には不思議なことがたくさんあり、学生時代には気になる現象があると、許可を得て理科室で実験していました。 この経験から探求心が深まったと感じています。 この経験を仕事にも活かし、常に探求心を忘れず、何か良い方法がないかを考えながら仕事をしていこうと思います。 「生物」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の好きな学科は生物です。 生物学にもまだまだ謎が多く、興味は尽きません。 私は特に遺伝に興味があり勉強してきました。 このことから系統立てて考える力が付きました。 仕事においてもこの経験を活かし、物事には何等かの法則があるのではと、一度は疑ってみることを大切にし、スムーズに仕事ができるように努力してきたいと思います。 「経済」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の好きな学科は経済です。 景気の動向や税金など、生活に直接関わる学問なので興味があります。 政府や日本銀行の景気対策は特に勉強しました。 お金の流れと、人間の行動との関係性を考えることから、洞察力がついたと感じています。 このことから、仕事においても次の展開を見据えた行動がとれるようにしてきたいと思います。 「美術」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は美術です。 美術の時間では人物画を中心描いていました。 人物の特徴をうまく表現しなくてはいけないので、素早くその人の特徴を掴むことができるようになりました。 この経験を仕事においても活かし、物事の要点を素早くつかみ、的を射た対応ができるようにしてきたいと思います。 「音楽」を好きな科目・学科欄に書く例文 私の得意な科目は音楽です。 音楽の3要素である、リズム、メロディー、ハーモニーは一つでも書けると音楽として完成しません。 私は音楽から協調性の大切さを学びました。 このことから、仕事においても、コミュニケーションや協調性を大切にして、成果を上げるのはもちろん、仕事がしやすい環境作りにも励んでいきたいと思います。

次の

「考えあぐねる」の意味とは?類語、英語や使い方、例文を紹介!

考え あぐね る

筆者のような無能が必死になって頭脳という頭脳を総動員してフル回転で考えたところで、赤ちゃんレベルの結果しか得られない日々なのだから、もはや考えることすら不毛なのではないかと思い始めてきた。 今の仕事のこと。 年収のこと。 自分の出納のこと。 これからのライフプランのこと。 転職のこと。 結婚のこと。 友達のこと。 人生のこと。 考えたところで正解は見つかるわけない。 理想なんて挙げればキリがない。 人生は上を見ても下を見てもキリがない。 重要なのは今、その瞬間の現状と起こりうる未来図が納得できるものであるかどうか。 考えたところで解決しない。 考えあぐねど、行動しなければ何も変わらない。 現状打破などできない。 ちょうど今日、転職のカードとなる試験日だったのだが、前日ののライブでのと日頃の勉強不足を理由にサボってしまった。 ああ、こうして今日も 自分は貴重な人生を浪費してしまった。 きちんと考えて、見合う行動をして、結果が伴って初めて変われると構造的に理解できているのに、何故怠惰な筆者は燻ってばかりで蹲る? 人生後悔してからじゃ遅い。 まだなんとかなる。 やり直すのに遅すぎることなんてない。 更生してくれ、自分。 のライブに行けて良かった。 それは後悔してない。 人生初ライブでした、お声掛け感謝してます。 happiclearfile.

次の