ガイ ピアース。 ガイ・ピアース

「道を……知って」いた人 ― ガイ・ピアース

ガイ ピアース

生い立ち [ ] にイギリスの・に生まれる。 3歳のときにのだった父の仕事上、・に移住。 9歳の時に父が飛行機事故により死亡したが 、イギリスには戻らなかった。 10代より劇団に所属し、いくつかの舞台に立った。 またに打ち込み、16歳で大会に出場し優勝している。 キャリア [ ] テレビシリーズ『 』で4年間主演を務めて人気者となり、1990年にオーストラリアの、ジョン・ウォーターズと共演した『 Heaven Tonight』で映画デビューを果たす。 オーストラリア国内で知名度を押し上げたのは1994年に、と共演したロード・ムービーの『』で、同作品では能天気なのを演じた。 同作品は国内外で高評価を得て、ピアース自身もそれがきっかけで1997年公開の『』でハリウッドデビューを飾っている。 同作品は、同じくオーストラリア出身と組んだほか、のハリウッド・デビュー作品でもあった。 作品はにノミネートされ、名だたる共演者たち相手に堂々とした演技を披露したピアース自身も高い評価を得た。 に出演した監督のミステリー『』も彼の代表作品となっている。 それ以来、コンスタントにハリウッド映画に顔を出しており、古典SF映画のリメイク『』や法廷サスペンス『』、主演のファンタジーコメディ『』などにも顔を出している。 に出演した主演の『』では実在したアーティストを演じている。 に出演した監督の『』と、に出演した監督の『』は両方ともを受賞しており、2年連続でアカデミー賞を受賞した作品に出演した。 には主演の人気ヒーロー作品『』に出演するなど、文芸作品からエンターテイメント作品まで、国内外で現在も着実にキャリアを築いている。 2011年にで放送された共演のテレビ・ミニシリーズ『』で・を受賞した。 私生活 [ ] 1997年に心理学者の女性と結婚している。 2015年、妻とすでに離婚していることを認めた。 2016年3月、交際相手の俳優が妊娠していることを公表した。 ピアース、ファン・ハウテンともに第1子となる。 9月に第1子男児誕生が明らかとなる。

次の

ガイ・ピアースとは

ガイ ピアース

生い立ち [編集 ] にイギリスの・に生まれる。 3歳のときにのだった父の仕事上、・に移住。 9歳の時に父が飛行機事故により死亡したが 、イギリスには戻らなかった。 10代より劇団に所属し、いくつかの舞台に立った。 またに打ち込み、16歳で大会に出場し優勝している。 キャリア [編集 ] テレビシリーズ『 』で4年間主演を務めて人気者となり、1990年にオーストラリアの、ジョン・ウォーターズと共演した『 Heaven Tonight』で映画デビューを果たす。 オーストラリア国内で知名度を押し上げたのは1994年に、と共演したロード・ムービーの『』で、同作品では能天気なのを演じた。 同作品は国内外で高評価を得て、ピアース自身もそれがきっかけで1997年公開の『』でハリウッドデビューを飾っている。 同作品は、同じくオーストラリア出身と組んだほか、のハリウッド・デビュー作品でもあった。 作品はにノミネートされ、名だたる共演者たち相手に堂々とした演技を披露したピアース自身も高い評価を得た。 に出演した監督のミステリー『』も彼の代表作品となっている。 それ以来、コンスタントにハリウッド映画に顔を出しており、古典SF映画のリメイク『』や法廷サスペンス『』、主演のファンタジーコメディ『』などにも顔を出している。 に出演した主演の『』では実在したアーティストを演じている。 に出演した監督の『』と、に出演した監督の『』は両方ともを受賞しており、2年連続でアカデミー賞を受賞した作品に出演した。 には主演の人気ヒーロー作品『』に出演するなど、文芸作品からエンターテイメント作品まで、国内外で現在も着実にキャリアを築いている。 2011年にで放送された共演のテレビ・ミニシリーズ『』で・を受賞した。 私生活 [編集 ] 1997年に心理学者の女性と結婚している。 2015年、妻とすでに離婚していることを認めた。 2016年3月、交際相手の俳優が妊娠していることを公表した。 ピアース、ファン・ハウテンともに第1子となる。 9月に第1子男児誕生が明らかとなる。

次の

ガイ・ピアースとは

ガイ ピアース

CONTENTS• 映画『ブリムストーン』とは c 2016 brimstone b. そして彼女を恐怖に陥れる謎の男には、1998年に『L. コ ンフィデンシャル』や、2000年の『メメント』などで知られるオーストラリア出身の俳優ガイ・ピアースが扮し、強烈な存在感であなたを極限の緊張感へと誘います。 また次世代の美少女として脚光を浴びるエミリア・ジョーンズ、オランダの名女優カリス・ファン・ハウテンも出演。 さらにはグザヴィエ・ドラン監督の『The Death and Life of John F. Donovan 原題 』の主演に大抜擢され注目の若手俳優キット・ハリントン、2017年の『ブレードランナー2049』で物語の鍵を握るアナ・ステリン博士を演じたカルラ・ユーリたちによる国際色豊かな豪華キャストが揃っています。 映画『ブリムストーン』のあらすじ c 2016 brimstone b. ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在でした。 夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていました。 しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させてしまいます。 男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師でした。 「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去が甦るのです。 そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが…。 男は何者なのか? やがて 彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。 それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる…。 まとめ c 2016 brimstone b. オランダの名匠として知られるマルティン・コールホーヴェン監督が描いたのは、時代と信仰に翻弄された1人の女性の力強い生き様。 その役を演じたのは、映画『アメリカン・バーニング』、『ランナウェイズ』のダコタ・ファニングです。 「 リアルな暴力が描写されているが、彼自身の役柄こそが暴力そのものだ」と、インタビュー映像でガイ・ピアースが述べたように、時に目を背けたくなるような鮮烈な暴力描写。 しかし、そこで描かれた壮大な叙事詩のその先に、あなたが目にするのは希望か? それとも絶望か? 映画『ブリムストーン』は1月6日より現在公開中です。 今回はガイ・ピアースを中心にご紹介しました。 ぜひ、劇場でご覧ください。

次の