五 か 年 計画。 ベトナムの国土政策の概要

中小企業庁:「事業承継5ヶ年計画」を策定しました

五 か 年 計画

四カ年計画(よんかねんけいかく、Vierjahresplan)は、において計画・実行された。 の第一次四カ年計画は失業の解消とドイツの富国を約したスローガン的なものだったが、の第二次四カ年計画はドイツの国際的自主性の確保とまたそれに伴う戦争に備えて、特に食料と原料を外国に頼ることのないの経済活動(アウタルキー)の確立を目指した。 ナチス政権のNo. しかし軍備充実を図る途上の1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、計画はさらに延長されることになったが、次第に軍需省などに主導権を奪われていった。 第一次四カ年計画 [ ] 1933年1月30日にに任命され政権を獲得したは、2月10日の演説で「ドイツ国民よ、我々に4年の歳月を与えよ、しかる後、我々に審判を下せ! 」と訴えた。 ヒトラーは「ドイツは今後、四年間に失業者が600万人から100万人に減少するであろう。 全国民所得は140億マルクから560億マルクに増加するであろう。 自動車生産は4万5000台から25万台に増加するであろう。 ドイツは人類始まって以来の空前の道路を持つことになるであろう。 及び貿易は未曽有の好景気になるであろう。 幾百万の家屋を有する巨大新家族集団地が帝国各地に出現するであろう。 ドイツは一人のの力も借りずして知的覚醒を経験するであろう。 ドイツの新聞はドイツのためにのみ活動するようになるであろう。 」といった公約をドイツ国民に行った。 これをヒトラーは2月1日に国民へのラジオ放送で「四カ年計画」と呼んだ。 この宣言どおり、ドイツの失業率は1937年には完全雇用が達成される状態となり 、自動車生産台数は1936年の段階で30万台を超えていた。 ただしこの時期、ドイツの経済運営において最も影響力を持っていたのは経済大臣兼総裁のであった。 シャハトの方針は戦争準備のためのアウタルキーよりも対米協調による平和的アウタルキーであり、急激な軍拡を怖れていた。 しかしこの方針は「あらゆる公的な雇用創出措置助成は、ドイツ民族の再武装化にとって必要か否かという観点から判断されるべきであり、この考えが、何時でも何処でも、中心にされねばならない」「すべてを国防軍へということが、今後4~5年間の至上原則であるべきだ」と考えるヒトラーとは相容れないものであった。 また1936年の夏頃には外貨不足と食糧不足によって、ドイツ経済は失速する危機を迎えていた。 第二次四カ年計画 [ ] 1936年8月、ヒトラーは第二次四カ年計画の覚書の作成を開始した。 そして9月9日のにおいて第二次四カ年計画が発表された。 こちらが一般に四カ年計画と呼ばれるものである。 四カ年計画覚書の中でヒトラーは「経済の課題はドイツ民族が自己主張できるようにすること」「ドイツ経済は以降4年間のうちに戦争に耐えうる経済になっていなければならない」「は四年間で戦場に投入可能なレベルになっていなければならない」と書いている。 ・原料生産・貿易統制を推進して自給自足経済の確立を目指す内容そのものであった。 ヒトラーはこの四カ年計画の全権責任者にはおよび政府のNo. 2であるを据えた。 ゲーリングは12月17日の演説で「政治の必要に応じて採算を無視した生産を行わねばならない。 どのくらい費用がかかってもかまわない。 戦争に勝利すれば十分に償いがつくからだ。 」と語り 、ドイツの外国資源への依存を減らし、自給自足経済の確立を急いだ。 以降、1936年から1942年にかけて、ゲーリングはドイツ経済の独裁者とも言える存在になった。 四カ年計画庁による設備投資はドイツ全体の設備投資の50%に達し、1936年から1942年にかけて同様の状態であった。 このため非採算的な、、の生産拡充が行われ 、また軍備支出を大幅に増やしていった。 結果、国家負債は激増し、国民の生活水準の成長率も半減したが、戦争経済体制の構築は進んだ。 この四カ年計画において実質的な実権者はゲーリングと親密な関係にあったの()であった。 計画の役員もIG・ファルベンの社員で占められていた。 そのため計画の全投資の三分の二はIG・ファルベンに割り当てられている。 1938年からは実質的にIG・ファルベン計画となっていた。 1939年1月には軍備費の増大に反対したシャハトらが完全に失脚し、ドイツの軍事経済化は一層進展していった。 四カ年計画は個別においては注目すべき成果もあったが、現実を無視して設定されていたため、全体目標は達せられなかった。 本来ならば多様であるべき生産領域は輸出の制限から更に縮小させてしまった。 軍備増強による国民経済の歪みはナチ党政権が巧妙に国民の目から隠した。 1942年3月、軍需大臣にが就任し、戦争経済は大きく転換されることになった。 特ににおける敗北以降、戦争経済は軍需省を中心としたものに改編されていき、四カ年計画庁の影響力も低下した。 ただしゲーリングは戦争末期まで全権の地位を保ち、計画自体は存続した形となっている。 参考文献 [ ]• リチャード・オウヴァリー著、永井清彦監訳、秀岡尚子訳『ヒトラーと第三帝国』()• 阿部良男著『ヒトラー全記録 20645日の軌跡』(柏書房)• 編 『ファシズムと第二次大戦 世界の歴史15』(、1975年)• 「 」 『信州大学経済学論集』第16号、信州大学経済学部、1980年、 pp. 61-79、。 「 」 『立教経済学研究』58 4 、立教大学、2005年、 pp. 23-43、。 「 」 『金沢大学経済学部論集』26 2 、金沢大学経済学部、2006年、 pp. 57-90、。 中村一浩「 」 『北星学園大学経済学部北星論集』第31号、北星学園大学、1994年、 pp. 1-25,154、。 出典 [ ]• 『ヒトラー全記録 20645日の軌跡』324ページ• , p. , p. , pp. , pp. , pp. リチャード・オウヴァリー著『ヒトラーと第三帝国』(河出書房新社)58ページ• , pp.

次の

国土計画:国土計画の歩みに関する資料

五 か 年 計画

環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府の環境の保全に関する総合的かつ長期的な施策の大綱等を定めるものです。 中央環境審議会の答申を受け、第五次環境基本計画を平成30年4月17日(火)に閣議決定しました。 1.経緯 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境保全施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、総合的かつ長期的な施策の大綱などを定めるものです。 第四次環境基本計画は、平成24年4月に策定されており、その中で内外の社会経済の変化等に柔軟かつ適切に対応して、5年後程度が経過した時点を目途に見直す旨が記載されています。 この環境基本計画の見直しについて、平成29年2月に環境大臣から中央環境審議会に対し諮問が行われ、これを受けて中央環境審議会総合政策部会において約1年間にわたり審議が行われてきました。 平成30年4月9日(月)に中央環境審議会から環境大臣に対して答申が行われ、これを踏まえ、第五次環境基本計画を閣議決定しました。 2.第五次環境基本計画のポイント (1)本計画は、SDGs、パリ協定採択後に初めて策定される環境基本計画です。 SDGsの考え方も活用しながら、分野横断的な6つの「重点戦略」を設定し、環境政策による経済社会システム、ライフスタイル、技術などあらゆる観点からのイノベーションの創出や、経済・社会的課題の「同時解決」を実現し、将来に渡って質の高い生活をもたらす「新たな成長」につなげていくこととしています。 (2)その中で、地域の活力を最大限に発揮する「地域循環共生圏」の考え方を新たに提唱し、各地域が自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合う取組を推進していくこととしています。 第五次環境基本計画の概要については別添資料を御参照ください。 (参考)中央環境審議会総合政策部会における審議資料等 添付資料•

次の

中小企業庁:「事業承継5ヶ年計画」を策定しました

五 か 年 計画

「事業承継5ヶ年計画」を策定しました 平成29年7月7日 中小企業庁は、中小企業経営者の高齢化の進展等を踏まえ、地域の事業を次世代にしっかりと引き継ぐとともに、事業承継を契機に後継者がベンチャー型事業承継などの経営革新等に積極的にチャレンジしやすい環境を整備するため、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定しました。 背景・経緯 中小企業経営者の高齢化が進み、数十万者の中小企業が事業承継のタイミングを迎えようとしています。 しかし、今後5年間で30万以上の経営者が70歳になるにもかかわらず、6割が後継者未定であり、70代の経営者でも、事業承継に向けた準備を行っている経営者は半数にとどまります。 また、経営者の高齢化が進むと、企業の業績が停滞する可能性も高くなります。 中小企業庁はこうした現状を踏まえ、地域の事業を次世代にしっかりと引き継ぐとともに、事業承継を契機に後継者がベンチャー型事業承継などの経営革新等に積極的にチャレンジしやすい環境を整備すべく、今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間と定め、支援のあり方についてまとめた「事業承継5ヶ年計画」を策定しました。 事業承継5ヶ年計画の概要 今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とし、以下の観点から、支援体制、支援施策を抜本的に強化します。 経営者の「気付き」の提供 地域毎に、それぞれの支援機関がつながる事業承継プラットフォームを立ち上げ、事業承継診断等によるプッシュ型の支援を行い、事業承継ニーズを掘り起こします。 後継者が継ぎたくなるような環境を整備 資金繰り・採算管理等の早期段階からの経営改善の取組を支援します。 また、早期承継のインセンティブを強化し、後継者や経営者による経営の合理化やビジネスモデルの転換など成長への挑戦を支援します。 事業からの退出や事業統合等をしやすい環境の整備 サプライチェーンや地域における事業承継、事業再編・統合を促進し、中小企業の経営力強化を後押しします。 経営人材の活用 次期経営者候補やアドバイザーとして、経営スキルの高い外部人材を活用しやすい環境を整備します。 参考 詳細は、以下の資料をご覧ください。 PDF形式:1,990KB 本発表のお問い合わせ先 中小企業庁事業環境部財務課長 吉村 担当者:佐藤 二 、高橋、田沢 電話:03-3501-1511 内線5281〜4 03-3501-5803 直通 FAX:03-3501-6868.

次の