ノーサイドゲーム 七尾圭太。 『ノーサイド・ゲーム』8話のネタバレ感想!浜畑から七尾へ!引き継がれる思いに感動!

ノーサイドゲームの七尾圭太は眞栄田郷敦!英語と体重15kg増の役

ノーサイドゲーム 七尾圭太

ノーサイドゲームで七尾を演じる眞栄田郷敦とは 本日発表になりました新キャストの さん。 トキワ自動車本社海外事業部所属の帰国子女・七尾圭太を演じます。 名前の読み方はごうどんで、本名も同じ読み方です。 実は眞栄田郷敦さんはイケメン若手俳優として人気の 新田真剣佑さんの 弟なのです! つまり、 千葉真一さんの 子供というわけです。 名前…読めません。 — grape grapeejp 眞栄田郷敦さんは2018年にモデルとして芸能界デビューしたばかりで、 今回の ノーサイドゲームでドラマデビューを飾るのです。 ちなみに2018年にモデルとして初お披露目されたのは 2018年10月に開催された東京ガールズコレクション北九州でした。 180㎝の高身長を活かした動きが好評でした。 眞栄田郷敦の出身高校や家族関係について 千葉真一さんの息子であり、 新田真剣佑さんの弟である眞栄田郷敦さん。 出身高校は岡山県の 明誠学院高等学校であり、 吹奏楽部の部長として2017年の全日本吹奏楽コンクール銅賞を獲得しています。 BS朝日の「響け!吹奏楽の甲子園」ではインタビューを受ける高校生の眞栄田郷敦さんが写っていました。 実は、 2人は兄弟ですが親権が異なるのです。 千葉真一さんはこれまで2人の女性と結婚し、離婚しています。 1人目:野際陽子(女優)• 2人目:玉美(元舞妓) 野際陽子さんとは1972年に結婚し、1994年に離婚しました。 子供は女優の真瀬樹里さんです。 ちなみに28歳差婚でした。 新田真剣佑さんと眞栄田郷敦さんはこの玉美さんとの間の子供になります。 離婚した後、 親権は 千葉真一さんが新田真剣佑さんの、 玉美さんが眞栄田郷敦さんの親権を持つことになったのです。 ちなみに、2012年にはすでに千葉さんと玉美さんは別居し、 眞栄田郷敦さんは玉美さんと実家の京都に住んでいたとか。 以上のように、両親が離婚したことで 新田真剣佑さんと弟である眞栄田郷敦さんは別々に生活していたことがおわかりいただけたかと思います。 同じ俳優として、 新田真剣佑さんと同様に眞栄田郷敦さんの活躍が期待されますが、 兄弟共演も近いことでしょうね! 眞栄田郷敦の出演ドラマ・映画 ノーサイドゲームが初めてのドラマ出演となる眞栄田郷敦さんさんですが、 映画には2作出演しています。 俳優デビューを飾った映画は、 2019年5月に公開された「 小さな恋のうた」で、 ギターの譜久村慎司役で出演しました。 トキワ自動車本社の海外事業部に勤務する社員です。 大学まではニュージーランドに住んでいた帰国子女で、 実はラグビー大国のニュージーランドでずっとラグビーを続けていました。 しかし、大学2年の頃、大怪我をしてラグビーをやめたのです。 そんな七尾は、主人公の君嶋(大泉洋)と出会うことで人生が大きく変わっていくのです… 眞栄田郷敦さんはこの七尾役をオーディションで獲得し、 役作りのため 3か月で15㎏も増量したとか。 はじめてのドラマ出演に気合も十分といった感じですね! 新田真剣佑さんの弟とはいえ、まだ無名に近い眞栄田郷敦さん。 日曜劇場に無名に近い若手俳優が出演すると聞き思い出すのは、 2015年放送の阿部寛さん主演の「 下町ロケット」です。 下町ロケットでは、若手社員役でまだブレイク前の竹内涼真さんが出演し、 放送後に人気が爆発しました。 今回の眞栄田郷敦さんも竹内涼真さんに負けず劣らずなイケメンさん。 しかも新田真剣佑さんの弟とわかればさらに興味を持たれることでしょう。

次の

【ノーサイドゲーム】ネタバレと原作の結末あらすじ。黒幕はまさかのあの人!

ノーサイドゲーム 七尾圭太

俳優の大泉洋さんが、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で主演を務める連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」で、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」の期待の新人、七尾圭太を好演している眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さん。 8月18日放送の第6話で描かれた紅白戦で、七尾役としてキックパスやドロップゴールを3連続で決めるなど、華麗なプレーを連発。 SNSでは「カッコよすぎ!」「期待の新人登場」という興奮の声が多く上がった。 俳優の千葉真一さんを父、新田真剣佑さんを兄に持つ眞栄田さんとはどんな人物なのか……。 身長は183センチ。 特技はバスケットボール、空手、サックス演奏など。 2018年に芸能界入りをした。 眞栄田さんは、俳優デビュー作となった今年5月に公開された映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督)の完成報告記者会見で、新田さんから、俳優への挑戦について「『一回、やってみな。 それで決めな』って。 背中を押していただいた」と明かした。 劇中では、バンドのメンバーを演じた眞栄田さん。 他キャストと同様に楽器演奏は未経験からのチャレンジで、眞栄田さんは担当のギターをクランクインの半年前から練習したという。 「みんな同じスタートラインなので、『そこだけは負けたくない』という気持ちで臨んでいました」と負けず嫌いな一面ものぞかせていた。 俳優としての目標を聞かれたインタビューでは「役者としてというより、人として大事なことはずっと守っていきたいなと思います。 役者としては、『なんでもできる、なんでもやれる、やるために努力する人間』になりたい」と回答していた。 七尾を演じるために約3カ月で15キロも体重を増やし、3回ほどのオーディションを経てこの役を射止めた眞栄田さんは「この作品に携わりたい!という気持ちが強くて、体作りやお芝居で自分をこの役に近づけられるよう精いっぱい努力した」とコメント。 「七尾は物語全体を動かす役どころ」として、「『この作品で日本中を元気にする!』という熱い思いをもって役を演じていきたい」と意気込みを語っていた。 池井戸さん原作の「日曜劇場」で企業とスポーツが題材とくれば「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014年)、「陸王」(2017年)などが思い浮かぶ。 中でも「ルーズヴェルト・ゲーム」では、当時まだ知名度の低かった俳優の工藤阿須加さんが、約100人の応募者からオーディションで社会人野球チームのピッチャー沖原和也役を射止め、熱演して大きな反響を呼んだ。 ドラマのキーパーソンとなる七尾役の眞栄田さんにも、視聴者から「頑張って!」「将来が期待の俳優」「演技次第では兄を越える逸材」といった声が上がっている。 努力家の眞栄田さんも、工藤さん同様に「日曜劇場」で一回り大きな俳優になることができるのか、注目だ。

次の

ノーサイドゲームで七尾圭太役の眞栄田郷敦はイケメンで筋肉がヤバイ!画像

ノーサイドゲーム 七尾圭太

在学中は法学部に所属し、法律を学んでいました。 これは将来 国際的なビジネスに関わる仕事がしたいと思っていたからです。 英語メインの生活でしたが、大学卒業後は日本で就職したいと思っていたため、日本語を猛勉強。 努力の末ビジネスシーンでも違和感のない日本語を習得しました。 ラグビーとの出会いは? 七尾は小学校6年生の時にラグビーと出会います。 新田真剣佑の弟の眞栄田郷敦がかっこよすぎる。 面接で志望動機を以下のように語りました。 ニュージーランドでも人気だった国際的メーカー・トキワ自動車にあこがれを持った。 トキワ自動車の社員に直接会い、社風の素晴らしさを感じ取った。 直感的に相性が良いと感じた。 七尾がトキワ自動車を選んだもう一つの理由 七尾がトキワ自動車を選んだ理由はもう一つあります。 それはアストロズの監督・ 柴門琢磨(大谷亮平)からお誘いを受けていたからです。 しかし七尾は大学2年の時に 膝のケガをし、その後のシーズンを棒に振ってしまいます。 プレーの場を失い落胆する七尾でしたが、この間 柴門監督はずっと彼に 激励の手紙を書き続けていました。 七尾は『自分を応援してくれている人がいるんだ』と前向きなれ、それ以来 柴門の事を 『恩師』と崇めることになります。 アストロズの監督に就任した柴門は、七尾にアストロズ入団をオファー。 七尾はトキワ自動車への入社を志すことになりました。 トキワ自動車への入社を決めたのは、ドン底にいた自分を影で支え続けてくれた柴門監督の影響が大きいのです。 ネタバレ:七尾の葛藤 みごとトキワ自動車の採用試験に合格した七尾。 しかし彼には ある葛藤がありました。 これからの人生を会社員として生きるか、それとも夢だったラグビー代表選手を目指すべきか? 七尾は過去に選手生命を絶たれるほどのケガをした経験から、ラグビーだけに人生を委ねることに慎重になっていたのです。 柴門監督は『ゆっくり考えろ』と言ってくれました。 ゆっくり考えまくる七尾…。 彼に未来の道を示してくれたのは、教育係の先輩社員・ 藤島レナ(阿部純子)でした。 七尾圭太と藤島レナの関係 ラグビーの道に進むべきか悩む七尾でしたが、彼の葛藤を吹き飛ばすある転機が訪れます。 先輩社員・ 藤島レナ(阿部純子)との出会いです。 海外事業部の女子社員。 年齢は27歳(原作)。 アストロズの大ファンで、特にベテランのエース・浜畑に夢中。 藤島レナと七尾圭太 藤島レナは最初、海外育ちでのんびり屋の七尾を 『デキないやつ』と見下していました。 仕事のミスを説教しても いつも笑顔でマイペースw 新入社員とは思えないこの余裕はなんなんだ!?レナは 『疲れるわ…』とため息をつく日々をおくります。 アストロズの紅白戦を見に行ったレナ(お目当ては大ファンの浜畑選手)は、グラウンドに七尾の姿を発見したのです。 『なんでアイツが!?』 七尾はこの時、 仮部員としてアストロズの練習に参加していました。 (レナは七尾がラグビーをやってる事すら知らなかった) そして始まった紅白戦。 レナはさらなる衝撃を受けます。 「アイツなんなん!?」 藤島レナが七尾を説得 小馬鹿にしてた七尾にがぜん興味が湧いてきたレナw後日、 『あんた何者よ?』と問い詰めます。 七尾はニュージーランド時代の事、ケガの事などをレナに語りました。 ラグビーへの夢を語る七尾でしたが、 『ケガが本当に治ったのか自信が持てないんです』と不安を口にします。 それでも『ケガをしたおかげで将来を考える時間が出来た』と前向きな笑顔を見せました。 レナは七尾から『ラグビーへの未練』を感じ取り、 『君はアストロズに必要な人間なんだよ。 やらなきゃ後悔するよ!人生は一度きりー!』と力強く説得! 七尾はレナの言葉に背中をガンガン押され、仮部員から正式にアストロズに入部することを決意したのです。 ノーサイドゲーム 七尾のその後 正部員となった七尾は、他を圧倒する活躍を見せつけ、今やアストロズに無くてはならない 絶対的エースとなりました。 君島GM(大泉洋)の指揮のもと、昨年はリーグ3位という好成績を残したアストロズ。 今年の目標はもちろんリーグ優勝です。 七尾の加入により、その夢が現実味を帯びてきました。 その後、様々な試練を乗り越え、アストロズはついに決勝戦の舞台に立ちます。 相手は宿敵・サイクロンズ!企業ラグビー日本一をかけた最後の戦いが今、始まろうとしているのです。 試合前、選手宛にファンからの ビデオレターが届きました。 そこには藤島レナからのメッセージも…。 『ケガしないでね…スタンドで応援してるから…』レナは涙をこらえ、七尾にそうメッセージを贈りました…。 まとめ 以上が『ノーサイドゲーム』七尾圭太の過去とキャラクター紹介になります。 溢れる才能を持ちながらも、過去のトラウマに縛られ、進むべき道に悩む一人の若者…それが七尾圭太という男です。 そんな彼の背中を押してくれた先輩社員・ 藤島レナ。 二人の出会いはアストロズの未来を左右する、運命の出会いだったのです。 ノーサイドゲーム 関連記事 「ノーサイドゲーム」の関連記事一覧です。

次の