君のいない日々生活毎日。 「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

いつも何かが足りないと思いながら過ごしている君へ。

君のいない日々生活毎日

人生の名言・格言は、全15ページございます。 人生の名言・格言(1) 名言・格言・ことわざ 自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、生きる道が見えてくる。 人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。 ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。 - バーバラ・ブラハム - (米国の女性ビジネスコンサルタント) 名言・格言・ことわざ 運がいい人も、運が悪い人もいない。 運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。 人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。 しかし実際には種なのだ。 起こった結果が「果」です。 因果応報というように、必ず結果は来るのです。 とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。 従って信念なき人生は、ちょうど長途の航海の出来ないボロ船のようなものである。 このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。 ああもなりたい、こうもなりたい、こういうふうに出世したい、という欲望から迷いがでてくる。 それを捨て去れば問題はなくなる。 現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。 危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。 人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。 倒れないようにするには走らなければならない。 永遠に生きるかのように学べ。

次の

日々の生活に満足感を得る方法【結論は出費を下げること】

君のいない日々生活毎日

嫌なことばかりで気持ちが落ち込む• 何故か立て続けに上手くいかない連鎖反応• 人間関係がこじれて距離が出来るばかり 他にもあるかもしれませんが、 嫌と感じることが気になりますよね。 そんな状況で毎日を楽しく過ごすなんて、 なかなか難しいことかもしれません。 けど楽しく過ごすにはコツがあって、 それは今のネガティブに感じる出来事に、 あなた自身が どのような意味付けをするか? 物事の解釈の仕方が深く関係するんですね。 つまりポジティブに捉えていくことです。 だけどそんなことは百もご承知だと思います。 ただポジティブに捉えていくにはコツがあって、 そのコツを知れば意外と簡単に感じるんですね。 「意味付け」を変えるには「気付き」が必要 何が問題なのか、どこを改善すると良いのか、 退屈な日々って原因が分からないものですね。 だけど、それを見つけるには、 ポイントとなるところが必ずあるんです。 そこに気付くことが重要なポイントなんです。 ではどうすればいいかと言うと、 ネガティブな方向へ自ら行ってみるのです。 これはネガティブなことをやるんじゃなくて、 ネガティブに感じる感覚を味わうことです。 何故そんな面倒なことをするかと言うと、 僕達は病気になると原因を知ろうとしますね? そうでなければ対処のしようがありません。 ネットで調べて市販の薬を買うか、 或いは病院に行って治療をしてもらうか、 原因を分からなければ判断が出来ないことです。 自分で原因が分からないなら、 病院の先生に原因を確かめてもらう訳だし、 とにかく原因を突き止めることが大切です。 原因さえ分かれば簡単に変えられる こんな感じで日々退屈に感じることでも、 そこにネガティブな原因がどこにあるのか? 手掛かりを見つけることがポイントなんです。 それにはネガティブな感覚から得るのが最もで、 だからこそ意識的に味わうことをするんです。 それはどんな状況でどんな場面でも構いません。 とにかくネガティブに感じる瞬間が訪れたら、• どうして今ネガティブに感じるんだろう?• この感覚は身体の何処から出てるんだろう?• 何と比較してこの感覚は出てくるんだろう?• この感覚って本当にネガティブなのかな? こんな感じで見つめていきます。 これって鏡の自分をずっと見てると、 自分が不思議に感じる現象と同じなんです。 鏡の自分をしばらくジッと見てると、 「この人誰だろう?」 「自分って何だろう?」 みたいな感じで感覚が変になってきます。 特に「お前は誰だ?」て言いながら見ていると、 余計に訳が分からない感じになるんですね。 これは心理学では「ゲシュタルト崩壊」と言って、 自分の今までの認識が崩れる現象なんですね。 例えば今まで箸だと当たり前に認識してたのが、 ゲシュタルト崩壊によって認識出来なくなり、 それによって箸が使えなくなるという感じです。 このように脳の認識を上手く誤作動させて、 ネガティブに感じる認識を変えていくんですね。 それが毎日を楽しく過ごすヒントになります。 それでは次の項目からは、 退屈な毎日を抜け出す方法を紹介します。 1、見る・触れる・付き合う人に違う見方をする 毎日を楽しく過ごすには、 今までと同じ感じ方では楽しくなりません。 意識的に物事の見方を変えることです。 そうすることで新鮮な感覚になれるんですね。 例えば仕事で気に入らない人がいるとすれば、 その人の視点になってみるということです。 他人の視点なんて難しいかもしれませんが、 あなたの出来る範囲のことで十分です。 要は視点を変える意識を持つことなんですね。 このように違う見方をすることが大切です。 物事に対する認識するなんて曖昧なもの 違う見方が出来れば認識も変わります。 例えば今まで完璧に仕事こなす超真面目な人が、 会議の時に居眠りをして上司に叱られたとしたら、 固いイメージが少し緩んでくるように感じませんか? 人ってちょっとしたキッカケで見方が変わり、 それによって今までの認識ががらりと変わります。 固いイメージの人が可愛くも感じられるんですね。 僕は今まで納豆が好きで毎日食べてたのが、 ある時風邪を引いてもの凄く酸っぱく感じました。 それによって納豆が不味く感じてしまったんです。 スポンサーリンク こうして何かのキッカケで今までの常識が変わり、 そして意外と日常でよく起こっているんですね。 僕達は物事の解釈を、 最初に認識したままだと思いがちですが、 実は無意識に変化しているものなんです。 ということは人の認識なんて曖昧で、 だからこそ自分の都合よく変えることができ、 こうした脳の機能を上手く活用する訳です。 2、自分で自分の人生の舵を取る 退屈な日々は何故訪れるのでしょう。 それは自分の人生を他人に握られてるからです。 その代表が会社で指示された作業をすることです。 これって他人の言われたことに従うことで、 自分でコントロール出来ない状況になるんです。 人って自分のコントロール出来ない状況を嫌うので、 退屈だとか精神的に苦痛に感じたりするんですね。 それにも脳のメカニズム的な理由があって、 自分がコントロール出来ないと危険だからです。 逆に自分がコントロール出来ると 安心出来ます。 例えば初めて行くしらない場所より、 慣れた場所に行く方が安心しませんか? そして、初対面の知らない人と話すより、 身近な友人や家族と話す方が安心しませんか? これは脳が安全だと認識してるからんですね。 慣れた場所なら緊張せず自由に振る舞えるし、 慣れた人なら言いたいことも素直に言えます。 つまり自分のコントロール下にある訳です。 コントロールできる領域を広げるには? 自分の人生の舵をとるとは、 自分のコントロールの領域を広げることです。 ではどうすれば広げられるかと言うと、 シンプルに好きなことをすることです。 退屈な日々って自分の好きなことをしてないので、 その時間が退屈だと感じてしまう訳ですよね? だからその逆の発想が大切だということなんです。 自分の人生の舵を握るとは、 自分でコントロール出来ることをすることです。 ただコントロール出来る範囲を広げる必要があり、 それには大変なことや苦労があるものなんです。 でも嫌いな仕事を我慢して続けるより、 好きなことの方が前向きに取り組めますよね? だから好きなことをすることが大切なんです。 あなたの好きなことは何でしょうか? そして同時に成長できることでしょうか? それは何も仕事である必要はありません。 例えば僕はスノーボードが趣味でやってますが、 上手くなる為に夏のオフトレで練習をしてますが、 その中で成長を実感することでもいいんです。 3、目の前の変化を受け入れる 人間には変化を嫌うという性質があります。 何故なら変化することは安全ではないからです。 脳は生命を維持するのに現状維持を優先するので、 新しい仕事より慣れた仕事の方が良いんです。 好きでもない仕事を我慢してやっていて、 しかもパワハラを受けて精神的苦痛なところに、 上司から部署異動の命じられたら、 「やったー!」 て喜ぶ人は多いと思いますが、 そうでない限りは嫌だと感じると思います。 好きなことは変化を受け入れられる ですが自分が心から好きなことをしていると、 変化に対して大してストレスに感じないんですね。 むしろ変化に対して前向きにすらなっています。 何故なら 成長に繋がるからです。 つまり変化とは成長なんです。 変化を恐れない環境に居る人というのは、 成長する喜びを感じられる環境に居るんですね。 毎日を楽しく過ごすには最も大切な要素です。 成長出来ない仕事は退屈に感じてしまいます。 そもそもが嫌いな仕事をやってるからです。 変化を受け入れられるということは、 成長する喜びを感じている証拠です。 ただし、たとえ好きなことであっても、 変化を怖れて自ら歩みを止めることがあります。 その変については以下の記事で書いてます。 毎日を楽しく過ごすには?~まとめ~ 退屈なことも楽しいことも、 実はどちらも自分で選択しているんです。 そんなことを聞けば、 「退屈なんて選んだ覚えはない!」 なんて思うかもしれません。 けどそれもこれまでに話してきた通り、 脳の機能によるところが大いにあるんです。 そこで大切なのがあなたが人生で、 何を感じたいのか? という視点を持つことなんですね。 何故なら潜在意識は感覚の世界なので、 全てを感覚で判断しているからなんです。 なので人生で何を感じたいかを明確にして、 脳に方向付けをしてあげることが重要なんです。 それは先程の項目2に共通することでもあって、 自分で自分の舵を握ることになるんですね。 それが同時に毎日を楽しく過ごす方法です。 人生の意味付けを変えて、 良い方向へと行けることを祈っています。

次の

節約したければ「いつものを買わない生活」を試すこと [賢く生きる3分間マネーハック] All About

君のいない日々生活毎日

人生の名言・格言は、全15ページございます。 人生の名言・格言(1) 名言・格言・ことわざ 自分自身を信じてみるだけでいい。 きっと、生きる道が見えてくる。 人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。 ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。 - バーバラ・ブラハム - (米国の女性ビジネスコンサルタント) 名言・格言・ことわざ 運がいい人も、運が悪い人もいない。 運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。 人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。 しかし実際には種なのだ。 起こった結果が「果」です。 因果応報というように、必ず結果は来るのです。 とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。 従って信念なき人生は、ちょうど長途の航海の出来ないボロ船のようなものである。 このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。 ああもなりたい、こうもなりたい、こういうふうに出世したい、という欲望から迷いがでてくる。 それを捨て去れば問題はなくなる。 現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。 危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。 人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。 倒れないようにするには走らなければならない。 永遠に生きるかのように学べ。

次の