冷めても美味しいお弁当。 「冷めても美味しい」お弁当の人気おかずレシピ24選!誰でも試せる簡単ポイントは?

人気の冷めても美味しいおかず30選!時短レシピでお弁当や作り置きに

冷めても美味しいお弁当

もくじ 1. 手軽に冷めても旨い炒飯のポイント2つ お弁当とは、調理から時間をおいて食べることを前提にするため、「冷めること」「時間が経つこと」を意識する必要があります。 お弁当用に炒飯を作る際、私がポイントだと思うことは以下の2つです。 1.弱〜中火で、炒めすぎない 「炒飯と言えば高温でがっつり炒める!」というイメージがありますが、お弁当にする場合、高温から冷めていく過程が長いと水分どんどん蒸発してしまいます。 よって パサパサになってしまうことを防ぐため、弱〜中火で、かつ短時間で加熱をやめます。 具の部分を色々とアレンジするれば無数のアレンジ炒飯ができると思います。 2・塩気のある食材を使う 基本的に、人間の舌は温度が低い状態ほど塩辛く感じます。 味噌汁が冷めるとしょっぱく感じるあれです しかし逆の作用として、食材を調理した後、時間経過等により調味料が食材の内部へ浸透し、塩分量の割にしょっぱさを感じにくくなる場合もあります。 炊き込みご飯、おでんの大根などがそれにあたります。 食材の表面に調味料が付いていると味をダイレクトに感じますが、食材に染み込んだ場合、塩分の濃淡が均一になり、かつ食材の味と調和するため塩気がマイルドになるためのようです) よって、炒飯の場合も同様に、調理後しばらく時間を置くとごはん表面についた調味料が内部へ浸透します。 では実際にお弁当を作って食べる際、調理した直後に対して、塩辛さはどう変化するのでしょうか? 私個人の感想としては「 お弁当にした炒飯は少し塩気が足りなく感じる」気がします。 そこで私がお勧めしたいのは、塩気のある具を使って炒飯を作ることです。 いつもの味付け+塩気のある食材を使って調理することで、ちょうどいい塩加減の炒飯になるように思います。 (塩気のある食材:鮭フレーク、梅干し、ベーコン、漬物などのご飯に合う系の具がおすすめです) 補足 卵にはしっかり火を通す「弱〜中火で、炒めすぎない」で炒飯を作るのがコツであると書きましたが、卵はしっかり火を通しましょう。 卵の殻に付着しているサルモネラ菌を加熱により殺菌し、食中毒のリスクを減らすためです。 また炒飯の具には水分が少ない食材を選びましょう。 液体は菌が繁殖しやすいため、水分の多い食材だと食中毒のリスクが高まるからです。 弁当用炒飯のレシピ それではレシピです。 私は一人暮らしなので1人前分の食材を使用していますが、作る人数に合わせて食材を倍にして頂ければOKです。 また具について、以下の食材は冷凍して保存しておいたやつを解凍したものです。 皆さんの冷蔵庫にある適当なもの 水分が少なめの食材がおすすめ を炒飯にしてしまいましょう! (写真では醤油ベースの香味ペーストを使用していますが、個人的に炒飯には塩ベースの香味ペーストの方が合うように思います。 バリエーションの増やし方 炒飯は具材を変えるだけでバリエーションを増やしやすくて便利ですよね。 以下2点を意識すると、お弁当の炒飯がよりおいしくなると思います。 1.水分少なめの食材(べちゃべちゃにしないため) ・しらす ・ネギ ・ごま ・ピーマン などなど… 2.塩気のある具材 ・漬物 ・サケフレーク ・梅干し ・ベーコン などなど… ーーーー 以上がお弁当用炒飯のレシピでした。 今後もより美味しく手軽なお弁当用炒飯の作り方を考えていきたいと思います。 最後まで読んで下さりありがとうございました!! —————————— 【お店の炒飯を目指した記事:リンク】 スポンサーリンク.

次の

冷めても美味しい5つ星弁当!|楽天の高級デリバリー料理8選

冷めても美味しいお弁当

脂身の少ないお肉を使う 脂身の多いベーコンや豚バラ肉は旨味があって、できたての温かい状態ではジューシーでおいしいのですが、冷めると白い脂が固まって見た目だけでなく舌触りも悪くなりがちです。 冷めてから食べることを想定したおかずを作る場合には、できれば 脂肪分の少ないささみやヒレ肉などを使うことをおすすめします。 またひき肉で作るそぼろも冷めると油っぽく感じたりすることがあるので、サッと下茹でして余分な脂を落としてから調理すると冷めても美味しいおかずに仕上がります。 冷ますことで味が入る! ダイコンやサトイモなど根菜類の煮ころがしや、小松菜や白菜の煮びたしなどの煮物類は、 冷めるときに味がしみこむと言われています。 作りたてのアツアツは、味が分かりづらくてつい調味料を足しすぎてしまいます。 冷めた時に塩辛く感じたりすることもあるので、冷めても美味しいおかずにするには味付けを濃くしすぎないように気をつけましょう。 保存容器はしっかり乾燥&消毒を せっかく作った冷めても美味しいおかずを、食べ切る前に腐らせてしまうのは残念なことです。 作り置きを長期間楽しむために、保存容器の乾燥と消毒をしましょう。 水分は腐敗の元になります。 容器は乾燥させるか、しっかり水滴を拭き取って下さい。 さらにアルコールやエタノールなどで消毒しておくとより安心です。 完全に冷めてから冷蔵庫に入れよう 保存容器に入れた作り置きは、完全に冷めた状態にしてから蓋をしましょう。 熱いまま蓋をすると裏に水滴がつき、腐敗の原因につながります。 また冷蔵庫に入れる時も同様です。 熱い容器を入れると冷蔵庫の温度が一気に上がり、中の食材が傷みやすくなってしまいます。 冷めても美味しいおかずを作るには、温度管理にも注意しましょう! 冷めても美味しい食卓にある定番のおかず6選 定番でホッとできる味付けのものは、常備菜として食卓にいつもあるとうれしいですね。 多めに作り置きしておきましょう。 お弁当に入っているとうれしいですね。 定番レシピをマスターしたら、 お好みでアレンジしていきましょう。 ぜひ「我が家の味」を見つけて下さい! 根菜たっぷり筑前煮 干ししいたけ、レンコン、ニンジンなどの野菜にこんにゃくを加えた筑前煮は、肉類が入っていないため、冷ましても脂が固まることがありません。 冷めても美味しいおかずとして毎日の食卓にあると嬉しい1品です。 味がしみやすく、食べやすい大きさを揃えた野菜をしっかりいためてから調味料を加えて煮ます。 時間が経つほどに味が馴染んで美味しくなりますね。 白だし使いで上品な出汁巻き卵 お弁当のナンバー1人気のおかずといえば卵焼きですよね。 冷めても美味しいおかずとしてどんな料理とも相性が良いので食卓にあると安心です。 こちらのレシピは、白だしを使った優しい味わいの出汁巻き卵で、甘さ控えめでふんわりとした食感に仕上がっています。 冷まして味付け!カボチャの煮物 ほっこり和食の1品として人気のカボチャの煮物は、冷めても美味しいおかずとして仕出し弁当などにもよく上品に添えられていますね。 こちらの旨煮は、カボチャの味わいを生かした少し薄味ですが、 冷める際に味が入って食べるころにおいしく仕上がっています。 あると嬉しい!甘辛い牛肉の佃煮 しょうがをきかせた牛肉とゴボウの佃煮は、箸休めの1品として食卓にあるとご飯がすすみますね。 ゴボウはささがきにしておくことで短時間でも火が入りやすく味が濃くなりすぎずに作ることができます。 また、牛肉は赤身を使うと脂が固まらず、 しっとりと冷めても美味しいおかずになります。 ホッとする味 簡単煮びたし おいしい出汁が染みた薄揚げと小松菜の煮びたしは、アクがないので他の料理とも相性がよく、冷たく冷やした小鉢の1品としてあるとホッとしますね。 サッと煮るだけで後は冷まして味を入れて仕上げます。 こちらの記事も読まれています.

次の

お弁当パスタレシピ11選|冷めても美味しいくっつかないスパゲッティは?

冷めても美味しいお弁当

4月になり、徐々に春らしい暖かな季節がやってきました。 またこの時季は、新生活や新学期がスタートし、お弁当を持っていく機会も増えますよね。 お弁当はもともと冷めた状態で食べるものではありますが、あまりにもごはんが硬くなってしまったり、お肉がパサパサになってしまったりすると、ちょっと味気なくなってしまいますよね。 せっかく作ったお弁当ですから、お子さんや旦那さんに喜んでもらいたいものです。 そこで今回は料理講師の三井愛さんに協力していただき、冷めても美味しいお弁当を作るテクニックを教えてもらいました。 【アンケート】あなたが気になる「冷めているお弁当」の悩みは? 「ほほえみごはん編集部」では、3月にお弁当が冷めている時の悩みについてアンケート調査を行いました。 選択肢は「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」「お肉の脂が固まってしまう」「その他」の4つ。 その結果がこちらです! アンケートに100名以上の回答が集まる中、当初票が集まると予想していた「ごはんが硬くなる」「揚げ物がベタつく」を大きく引き離し、「お肉の脂が固まってしまう」が約6割の票を獲得しました。 「お肉の脂が固まってしまう」ことは、聞くことが多い悩みの1つです。 お昼のお弁当を楽しみにしていたのにふたを開けた時に脂が白くなっていると、少し残念な気持ちになりますよね……。 お肉の脂が白く固まっている 2. ごはんが硬い 3. 揚げ物がベタついている 4. お肉がパサつく 5. 冷えた脂の食感はどろっとしていて、見た目もよくありません。 解決するための一つの方法として、脂の少ないお肉の部位を選びましょう。 脂の少ない部位は、以下のものがあります。 牛:ヒレ 鶏:ささみ、むね 豚:ヒレ、ロース これらの部位を選ぶほかに、 ・肉を湯通しすることで余分な脂を落としてから調理する ・加熱後にペーパータオルなどで脂を取り除く なども実践するとよいでしょう。 箸でごはんを食べようとすると……カチカチで食べづらい!という経験はありませんか? お米は浸水時間を長くすることでデンプンが分解され、ふっくらと炊き上がります。 夏・秋は40~70分ほど、冬・春は70~130分ほどを目安に浸水させれば、冷えても美味しいごはんが炊けるでしょう。 また、冷めても硬くなりにくいと言われている品種のお米に変えるのもテクニックのひとつ。 例えば「ミルキークイーン」や「ゆめぴりか」 などがおすすめです。 そのほか、お弁当箱に盛り付けたり、おにぎりにしたりするときは、あまりぎゅうぎゅうと固めすぎないのもポイントです。 揚げ物のベタつきを防ぐテクニックは、衣に片栗粉を混ぜること。 片栗粉を混ぜると、時間が経ってもカリッとした揚げ物に仕上がります。 割合は、小麦粉40gに対して片栗粉10g程度がおすすめです! また、揚げた後にペーパータオルでしっかりと油をとってあげるとベタつきを防ぐことができるでしょう。 唐揚げの場合は二度揚げをすることで肉汁が逃げず、カラッと仕上がります。 1度目は中火で揚げ、2度目は強火で揚げるとお肉の肉汁を逃がさないので、ジューシーな唐揚げが完成します。 パサつきを防ぐためには、 ・蒸し焼きにして肉汁を逃がさない ・肉の表面に小麦粉をまぶして焼く などの一手間をかけると良いでしょう。 ハンバーグを作るときは、つなぎのパン粉を食卓で食べる用に作るときよりもやや多めに入れると、パン粉が肉汁を吸うのでジューシーになります。 また、焼きあがったハンバーグにソースを絡めてから詰めると、表面に膜ができて水分が飛ばないため、同様にパサつきを防げるでしょう。 そこで香味野菜(ねぎ、生姜、大葉など)を使ってみましょう!香りの強い香味野菜を使ったおかずは冷めていても食欲を刺激してくれるはず。 また、冷めたおかずは味も弱く感じがちなので、少し濃いめの味付けを心がけましょう。 おかず用の食材に下味をつけるときは、表面の水分をペーパータオルでしっかりとふき取っておくと味のなじみが良くなります。 下味をつけるほかにも、桜えび、かつおぶし、青のりなど香りを楽しめる食材を使うと冷めても美味しいおかずに仕上がるはずです。 冷めても美味しい!4つの定番おかずの作り方 お弁当のおかずとして登場することの多い「唐揚げ」「厚焼き卵」「照り焼きチキン」「生姜焼き」。 ほほえみごはん編集部でも、これらのおかずが入っていると「嬉しい!」と話すメンバーが多い人気のおかずです。 次は、これらの定番おかずの「冷めても美味しい作り方」をご紹介します。 冷めてもふっくらとして美味しい厚焼き卵を作るためには、卵1個に対して小さじ1杯の砂糖を入れて焼くのがおすすめ。 砂糖を入れることで保水性が高まりしっとりとした仕上がりになり、暖かくても冷めてもおいしい厚焼き卵になります。 これを防ぐには、作る際に鶏肉を細かく切らず、できれば一枚肉の状態で加熱することがポイント。 そうすることで、切り口からうま味や肉汁が逃げるのを防ぐことができます。 また、フライパンで加熱する前に電子レンジで加熱してから調理すると、仕上がりがやわらかいものに。 また、焼く直前に、表面に片栗粉を薄くつけてから焼くと片栗粉でとろみがつくので、味もしっかりと絡まります。 作ってから数時間たってから食べるので、冷めることが前提のお弁当ではありますが、たとえ冷めてしまっても美味しいお弁当を作るための工夫はたくさんあるのです! 次回お弁当を作る際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 空のお弁当箱といっしょに、お子さんや旦那さんの「今日のお弁当、美味しかったよ!」という声がきっとみなさんに届くはずですよ!.

次の