水野雄太 医師。 泌尿器科

ドクター紹介

水野雄太 医師

Uchida H, Sakamoto S, Fukuda A, Sasaki K, Shigeta T, Nosaka S, Kubota M, Nakazawa A, Nakagawa S, Kasahara M. Sequential analysis of variable markers for predicting outcomes in pediatric patients with acute liver failure. Hepatol Res 2017 Nov; 47 12 :1241-1251. Nomura O, Mishina H, Jasti H, Sakai H, Ishiguro A: Pediatric residents' perceptions of shift work in ward rotations. Pediatr Int 2017 Oct; 59 10 : 1119—1122. Brain Dev. 2017 Oct; 9 9 : 83-790. Pediatr Int 2017 Jul; 59 7 : 816-820. Nishimura N, Kasahara M, Ishikura K, Nakagawa S: Current status of pediatric transplantation in Japan. J Intensive Care 2017 Jul; 5:48. Yotani N, Kizawa Y, Shintaku H: Differences between pediatricians and internists in advance care planning for adolescents with cancer. J Pediatr 2017 May ; 82: 56-362. Ueda R, Nomura O, Maekawa T, Sakai H, Nakagawa S, Ishiguro A: Independent risk factors for recurrence of apparent life-threatening events in infants. Eur J Pediatr, 2017 Apr;176 4 :443-448. Ide K, Uematsu S, Tetsuhara K, Yoshimura S, Kato T, Kobayashi T : External validation of the PECARN head trauma prediction rules in Japan. Acad Emerg Med 2017 Mar; 24 3 : 308-314. Marshall JC, Bosco L, Adhikari NK, Connolly B, Diaz JV, Dorman T, Fowler RA, Meyfroidt G, Nakagawa S, Pelosi P, Vincent JL, Vollman K, Zimmerman J: What is an intensive care unit? A report of the task force of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine. J Crit Care 2017 Feb; 37:270-276. Vasomed 2017 Jan: 29: 39-40. Yotani N, Kizawa Y, Shintaku H. Advance care planning for adolescent patients with life-threatening neurological conditions: a survey of Japanese paediatric neurologists BMJ Paediatrics Open 2017;1:e000102. Ishiguro A, Sasaki H, Yahagi N, Kure S, Kato H, Mori R: Needs assessment for collaborative network in pediatric clinical research and education. Pediatr Int 2017 Jan; 59 1 : 74-79. Ishiguro A, Ezinne CC, Michihata N, Nakadate H, Manabe A, Taki M, Shima M: Pediatric thromboembolism: A national survey in Japan. Int J Hematol 2017 Jan; 105 1 :52-58. Shime N, Kawasaki T, Nakagawa S: Proposal of a new sequential organ failure assessment score for possible validation. Pediatr Crit Care Med 2017 Jan; 18:98-99. Nakagawa S, Ueda R, Nomura O. Lower risk group of brief resolved unexplained events is minority of infants with apparent life-threatening events [comment]. Arch Dis Child Educ Pract Ed 2017; December 25; Epub ahead of print. bmj. responses• 室伏佑香,浦田 晋,阪下和美,植松悟子,中舘尚也, 石黒 精:持続する嘔吐で診断された軽症頭部外傷後の小児脳静脈洞血栓症.日小児救急医会誌,2017;16 3 , 446-450. 大和田淳也,松井 鋭,植松 悟子,辻 聡,窪田 満, 石黒 精:小児嘔吐・下痢症における外来での経口補水療法の成否に影響する要因.外来小児科,2017;20 3 :283-290. 村上瑛梨,水口浩一,辻 聡,植松悟子,窪田 満, 石黒 精:軽症胃腸炎関連けいれんに対する抗けいれん薬の選択についての検討.日小児救急医会誌,2017;16 1 , 29-33. 益田博司,小野 博,阿部 淳,小穴愼二,土田 尚,小林 徹, 石黒 精,今留謙一,伊藤秀一,賀藤 均:大量ガンマグロブリン療法不応の川崎病に対するインフリキシマブ療法: a single institute study. 日小児循環器会誌,2017; 33 1 : 43-49. 後藤 保,松本正太朗, 中川 聡.気管支鏡を用いた新たな気管吸引法:気管支鏡ガイド下吸引Bronchoscope-guided bronchial suctioning BGS .日小児救急医会誌2017;16:76-77. 症例報告(査読付)• Kugai T, Nakagawa H: Evolution of purpura fulminans. N Engl J Med. 2017 Jun 1;376 22 :2182. Abe M, Ide K, Nishimura N, Nakagawa S, Fukuda A, Sakamoto S, Kasahara M. Successful venoarterial extracorporeal membrane oxygenation for postoperative septic shock in a child with lievr transplantation, a case report. Pediatr Transplant 2017 Dec; 21 8 : e13063. Nozawa H, Shoji K, Uda K, Nakamura T, Kubota M, Ishiguro A, Miyairi I: Pertussis without apparent cough in a disabled girl with a tracheostomy. J Infect Chemother 2017 Nov; 23 11 : 782-784. Ito A, Fujinaga H, Matsui S, Tago K, Iwasaki Y, Fujino S, Nagasawa J, Amari S, Kaneshige M, Wada Y, Takahashi S, Tsukamoto K, Miyazaki O, Yoshioka T, Ishiguro A, Ito Y: A case of fatal pulmonary hypoplasia with congenital diaphragmatic hernia, thoracic myelomeningocele and thoracic dysplasia. AJP Rep 2017 Oct; 7 4 : e234—e237. Noguchi J, Kanno H, Chiba Y, Ito E, Ishiguro A: Discrimination of Diamond-Blackfan anemia from parvovirus B19 infection by RBC glutathione. Pediatr Int 2017 Jul; 59 7 : 838-840. Kawai M, Miyairi I, Ono H, Miyazaki O, Ishiguro A: Mycotic aneurysm of the ductal arteriosus in a previously healthy infant. Indian J Pediatr 2017 Jun;84 6 :492-493. Nagai K, Shima H, Kamimura M, Kanno J, Suzuki E, Ishiguro A, Narumi S, Kure S, Fujiwara I, Fukami M: Xp22. 31 microdeletion due to microhomology-mediated break-induced replication in a boy with contiguous gene deletion syndrome. Cytogenet Genome Res 2017 Jun; 151 1 :1-4. Nakao H, Ishiguro A, Ikoma N, Nishi K, Su C, Nakadate H, Kubota M, Hayakawa M, Matsumoto M: Acquired idiopathic thrombotic thrombocytopenic purpura successfully treated with intravenous immunoglobulin and glucocorticoid: a case report. Medicine Baltimore 2017 Apr; 96 14 : e6547. Tsuboi N, Nozaki H, Ishida Y, Kanazawa I, Inamoto M, Hayashi K, Nishimura N, Nakagawa S, Kasahara M, Kamikubo T. Early rehabilitation after pediatric liver transplantation. J Pediatr Intensive Care 2017; 06 03 : 199-205. Tetsuhara K, Tsuji S, Uematsu S, Kamei K: Pulmonary embolism mimicking infectious pleuritis. Pediatr Emerg Care 2017 Mar 27. doi: 10. 0000000000001104. [Epub ahead of print]• 成相諒子,小林 徹,益田博司,小野 博,今留謙一,窪田 満,伊藤秀一, 石黒 精:川崎病急性期にループスアンチコアグラントが一過性に陽性となった1例.日臨免疫会誌,2017; 40 6 :460-466. 伊東 藍, 中尾 寛, 石黒 精,石毛信行,窪田 満:C5-DC上昇が腎機能障害による偽陽性と考えられた2例.日マス・スクリーニング会誌,2017;27 3 :43-48. 安河内悠,小野博, 石黒 精:研修医のためのクリニカルクイズ,症例1歳,女児,主訴 咳嗽,喘鳴.小児内科,2017; ; 49 11 : 1569-1571. 久貝太麻衣,中舘尚也,窪田 満, 石黒 精:体重増加不良で発見された先天性尿路奇形を伴う乳児続発性偽性低アルドステロン症.小児科臨床,2017; 70 9 :1441-1446. 津村悠介,植松悟子,松井 鋭,窪田 満, 石黒 精:初診時に診断に至らなかった下顎骨骨折の2例.小児科臨床,2017; 70 9 :1453-1453. 有里裕生,榎本瑞生,白井崇準,板垣成孝,小嶋絹子,和田雅樹,鈴木 博, 石黒 精,窪田 満:神経症状を伴う急性巣状細菌性腎炎.小児内科,2017; 49 7 :1058-1062. 吉村 聡,大隅朋生,清谷知賀子,吉田仁典,谷口真紀,塩田曜子,寺島慶太, 石黒 精,石森真吾,西村奈穂,義岡孝子,宮嵜 治,加藤元博,富澤大輔,松本公一:高度腎障害を合併したバーキットリンパ腫に対するrituximab併用化学療法.日小血がん誌,2017; 54 2 :138-142. 黒川愛恵,益田博司,小林 徹,小野 博,賀藤 均,今留謙一,阿部 淳,阿部裕一,伊藤秀一, 石黒 精:インフリキシマブが著効した可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症を合併した川崎病の幼児例.日臨免疫会誌,2017;40 3 :190-195. 大和田淳也, 安藤友久,中舘尚也,野崎 誠,新関寛徳,義岡孝子,中澤温子, 石黒 精:vincristine が奏効したKasabach-Merritt 現象の3 例.小児科診療,2017;80 5 , 641-644. 成田正明,江藤みちる,大河原剛, 中川 聡,成田奈緒子:遺伝と乳幼児突然死症候群,ALTEの新概念BRUEも含め.小児科臨床2017; 70:159-166. 中川 聡:乳児におけるnasal high-flow therapyの適応と臨床効果:人工呼吸2017;30:20-23. 中川 聡:世界敗血症デー.救急医学2017;41:1492-93. 余谷暢之:小児緩和ケア,週間日本医事新報,2017. 19;4869:56.• 余谷暢之:緩和ケアのチームアプローチ,小児の精神と神経,2017;57:100-102. 著書• 矢内 俊,伊藤友弥, 石黒 精:注射.小児科診断・治療指針(第2版).鈴木康之,近藤良明, 石黒 精など 編 ,p48-50,中山書店,東京,2017. 奥田美津子, 石黒 精:診察技法・処置法,輸血.小児科診断・治療指針(第2版).鈴木康之,近藤良明, 石黒 精など 編 ,p63-65,中山書店,東京,2017. 日本集中治療医学会・日本救急医学会合同 日本版敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会(西田修,小倉裕司,井上茂亮,射場敏明,今泉均,江木盛時,垣花泰之,久志本茂樹,小谷穣治,貞弘智仁,志馬伸朗, 中川 聡,ほか).日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)ダイジェスト版.東京.真興交易医書出版部.2017.• 中川 聡.先天性横隔膜ヘルニア.In小原崇一郎・釜田峰都編.ポイントで学ぶ小児麻酔50症例.東京.克誠堂出版.2017;206-211. 中川 聡.小児の敗血症と敗血症性ショック,その定義と病態生理.In日本小児集中治療研究会編.小児救命救急・ICUピックアップ1「ショック」.東京.メディカル・サイエンス・インターナショナル.2017;9-13. ガイドライン,報告書 学会発表(シンポジウムも含む)• Nakagawa S: Performance indicators in PICU; Experience from a developed country. Nakagawa S: Round Table: What research questions should we ask for Pediatric ECLS. Asia-Pacific ELSO Conference 2017, Gold Coast, QLD, Australia, 2017. Nakagawa S: Regional experiences: Lessons learnt and keys to success. Asia-Pacific ELSO Conference 2017, Gold Coast, QLD, Australia, 2017. The 13th Congress of Asian Pacific for Pediatric Research, Hong Kong, 2017. Nakagawa S: High-frequency oscillatory ventilation in children with severe respiratory failure. 1st Asian Pediatric Mechanical Ventilation Forum, Kuala Lumpur, Malaysia, 2017. Nakagawa S: Acute liver failure and artificial liver support in pediatrics. Annual Scientific Meeting of Malaysian Society of Intensive Care ASMIC 2017, Kuala Lumpur, Malaysia, 2017. Yanagi K, Amari S, Iso M, Minatogawa M, Kuroki Y, Okamura K, Nakabayashi K, Hata K, Matsubar Y, Ishiguro A, Kaname T, Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases in Pediatrics IRUD-P : A novel variant of the IFIH1 gene in a Japanese female infant with cerebral calcification, thrombocytopenia, hepatosplenomegaly and severe inflammation. Human Genome Variation Society Meeting, Copenhagen, Denmark, 2017. Kanamori K, Kinoshita N, Shoji K, Kubita M, Ishiguro A, Miyairi I: The initial site of vesicular rash is associated with complications of herpes zoster in immunocompetent children. European Society for Paediatric Infectious Diseases, Madrid, Spain, 2017. Yotani N, Kizawa Y, Shintaku H : Development and evaluation of training program to assist medical staff in supporting medically complex children at home. 14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology, 2017. Ohga S, Ichiyama M, Ishimura M, Ochiai M, Ishiguro A, Nishikido T, Shima M, Suenobu S, Yamada T, Uchiumi K, Kang D: Heritable protein C deficiency in pediatric stroke and thrombosis. 14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology, Hakata, Japan, 2017. Nakagawa S: Fluid management before and during CRRT. Nakagawa S: Dosing of CRRT. Nakagawa S: Pediatric Sepsis Definition; Are We Comfortable with it? 1st Congress of the Korean Society of Pediatric Critical Care Medicine, Seoul, South Korea, 2017. 中川 聡:先達が教えるこどもの呼吸. 第25回日本小児集中治療ワークショップ, 東京, 2017. 山崎成敏,福原康之,藤直子,開山麻美,徐朱玹,神岡哲治,津島智子,小須賀基通,窪田 満, 石黒 精,奧山虎之:当センターで解析したポンペ病38症例の遺伝子型の検討.日本人類遺伝学会 第62回大会,神戸,2017. 余谷暢之,木澤義之:わが国における小児がん患者の緩和ケア病棟入院に関する実態調査.第59回日本小児血液・がん学会学術集会,松山,2017. 高橋幸博, 石黒 精,小林尚明,國島伸治,笹原洋二,前田尚子,今泉益栄,東川正宗,宮川義隆,中舘尚也,白幡 聡,別所文雄:小児難治性ITP治療ガイドライン2017(案).第59回 日本小児血液・がん学会学術集会,松山,2017. 里井文香, 余谷暢之,斎賀佳穂,粟野宏之,早川 晶,河野誠司:長期入院患児への学生ボランティアの関わり~まんがサンタ企画を通して見えてきたこと~.第59回 日本小児血液・がん学会学術集会,松山,2017. 滝川裕香,萱野いづみ,樫埜純子,羽鳥裕子,鍋谷まこと, 余谷暢之:こどもホスピスでの思春期における終末期ケアと看取り,第59回日本小児血液・がん学会学術集会,松山,2017. Takezawa Y, Nakao H, Koyama C, Yoshimura S, Masuda H, Nakadate H, Miyairi I, Kubota M, Ishiguro A: The first case of paroxysmal cold hemoglobinuria with RSV infection in Japan. The 59th Annual Meeting of the Japanse Society of Pediatric Hematorogy and Oncology, Matsuyama, 2017. 関戸雄貴,中舘尚也, 石黒 精,照井君典,土岐 力,伊藤悦朗,吉田健一,小川誠司,小島 勢二:Blackfan-Diamond症候群と鑑別を要したShwachman-Diamond 症候群の姉妹例.第59回 日本小児血液・がん学会学術集会,松山,2017. 藤森健太郎,益田博司,小野 博,吉村 聡,小林 徹, 石黒 精,今留謙一,伊藤秀一,松田 明生,阿部 淳,賀藤 均:川崎病巨大冠動脈瘤後遺症の長期管理に難渋している1例.第37回日本川崎病学会・学術集会,東京,2017. 石黒 精,小林 徹,益田博司,鈴木孝典,小野 博,今留謙一,井上永介,佐地 勉,池田和幸,賀藤 均:川崎病における抗血小板薬治療効果の再評価.第37回日本川崎病学会・学術集会,東京,2017. 福田清香,野村 理,太田えりか,小野 博, 石黒 精,小林 徹:川崎病に対する生物学的製剤の有効性と安全性:系統的レビュー・メタ解析.第37回日本川崎病学会・学術集会,東京,2017. 鈴木孝典,田野島玲大,小林 徹,伊藤秀一, 石黒 精:川崎病に対する抗血小板薬の効果に関する系統的レビュー.第37回 日本川崎病学会・学術集会,東京,2017. 中川 聡:Global Sepsis Alliance GSA の活動と世界敗血症デー. 第45回日本救急医学会学術集会, 大阪, 2017. 谷山禎彦,庄司 健介,若井 智世, 石黒 精,宮入 烈:便培養検査の提出件数の年次推移と 細菌性腸炎の原因菌検出率,検査に要したコストの変化に関する検討.第49回 日本小児感染症学会 総会・学術集会,金沢,2017. 峠 千晶,木下典子,庄司健介,江浦留美子,上岡克彦, 石黒 精,宮入 烈:嫌気性菌が検出された膿腎症の乳児例.第49回 日本小児感染症学会 総会・学術集会,金沢,2017. 谷山禎彦,庄司健介,若井智世, 石黒 精,宮入 烈:細菌検査提出規定が,便培養検査の提出件数の年次推移と原因菌の検出率に与える影響.第49回 日本小児感染症学会 総会・学術集会,金沢,2017. 金森啓太,田村 英一郎,小野寺 雅史,益田博司,中尾 寛,窪田 満, 石黒 精,河合利尚:胸腺に多発性肉芽腫性病変を合併した慢性肉芽腫症腸炎の乳児例.第49回 日本小児感染症学会総会・学術集会,金沢,2017. 中川 聡:小児ECMO管理の実際. 第8回日本小児ECLS研究会, 札幌, 2017. 朝倉真理,福原康之,小須賀基通,奥山虎之:当センターで経験したムコリピドーシス8症例の検討. 第59回 日本先天代謝異常学会総会,埼玉, 2017. 塩谷一恵,形山恭子,樫埜純子,羽鳥裕子,鍋谷まこと, 余谷暢之:短期入所に対する評価と利用前後のこどもと家族の生活の変化 質問紙調査を通して.第43回日本重症心身障害学会学術集会,仙台,2017. 西 健太朗,河合利尚,内山 徹,窪田 滿, 石黒 精,小野寺雅史:肺アスペルギルス症を合併したX連鎖無ガンマグロブリン血症の1例と慢性副鼻腔炎管理の検討.第8回 関東甲信越免疫不全研究会,東京,2017. 山﨑成敏,前川貴伸,小川英輝,宮入 烈,野坂俊介,窪田 満, 石黒 精:繰り返しMRI検査を行い診断に至った仙腸関節炎の小児例.第639回 日本小児科学会東京都地方会,東京,2017. 多門裕貴, 黒神経彦, 住川 英明, 小枝達也:改訂版比喩皮肉文テストの臨床的特徴の検討第53回 日本発達学会研究大会群馬, 2017. 多門裕貴, 小枝達也:アリピプラゾールが著効した急激退行と考えられるダウン症女児例. 第53回 日本発達学会研究大会群馬, 2017. 水野貴基,和田友香,藤野修平,長澤純子,甘利昭一郎,丸山秀彦,藤永英志,塚本桂子,守本倫子,伊藤裕司:新生児における経鼻エアウェイの有効性に関する検討.第53回 日本周産期・新生児医学会,横浜,2017. 三浦真理子:早期発症の黄疸予測マーカーとしての臍帯血ビリルビンの検討.第53回 日本周産期新生児医学会学術集会横浜,2017. 中川 聡:小児心臓手術術後における一酸化窒素吸入療法の現状と役割. 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会,浜松, 2017. 中川 聡:Apparent Life Threatening Events ALTE とBrief Resolved Unexplained Events BRUE. 第31回日本小児救急医学会, 東京, 2017. 諸岡進太郎,伊藤玲子,田尻 仁,松井 陽:新生児期に肝不全を呈しエンチカビルにて治療を行ったHBV母児感染予防不成功の一例.第53回 日本肝臓学会総会,広島,2017. 水野貴基,和田友香,藤野修平,長澤純子,甘利昭一郎,丸山秀彦,藤永英志,塚本桂子,守本倫子,伊藤裕司:新生児における経鼻エアウェイの有効性に関する検討.第12回 日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会,栃木,2017. 田畑 健士郎,小森 学,守本 倫子:診断に難渋した下咽頭梨状陥凹瘻で喉頭直達鏡が診断に有用だった一例.第12回 小児耳鼻咽喉科学会総会,栃木,2017. 安河内 悠,柿本 優,野口 隼, 阪下和美,中村知夫,寺嶋 宙,久保田雅也,中根俊成,窪田 満, 石黒 精:自己免疫性自律神経節障害が 疑われた1例.第637回 日本小児科学会東京都地方会,東京,2017. 小林真也,村上瑛梨,鈴木孝典,益田博司,中尾 寛,窪田 満, 石黒 精:緊急ドレナージ術を施行した眼窩骨膜下膿瘍の2歳女児.第636回日本小児科学会東京都地方会懇話会,東京,2017. 國上千紘,大西志麻,大和田淳也,安田真人,小川雄大,植松悟子,辻 聡,窪田 満, 石黒 精:無石胆嚢炎を契機に発見されたIgA血管炎の1例.第636回 日本小児科学会東京都地方会懇話会,東京,2017. 阪下和美: 米国における思春期医学-研修と臨床のあり方-. 第120回日本小児科学会学術集会, 東京, 2017. 成相諒子,益田博司,窪田満, 石黒 精:ループスアンチコアグラントが陽性となった川崎病の1例.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 谷山禎彦,中舘尚也,前川貴伸,福原康之,小崎里華,奥山虎之,伊東佑之,宮嵜 治, 石黒 精,窪田 満:大理石病5例の臨床的特徴.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 西 健太朗,河合利尚,内山 徹,窪田 滿, 石黒 精,小野寺雅史:肺アスペルギルス症を合併したX連鎖無ガンマグロブリン血症.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 中嶋 萌,田中雄一郎,前川貴伸,小森 学,窪田 滿, 石黒 精:鼻腔内痂皮を契機に診断された低汗性外胚葉形成不全2例の臨床的検討.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 橋本直也,安藤友久,千先園子,柳川侑子,田中俊之,森 臨太郎:小児科専門医によるインターネット小児医療相談事業に関する後方視的検討.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 生駒尚子,成相諒子,中嶋 萌,鈴木大地,堀川美和子,永井 章,中舘尚也,鉄原健一,久保田雅也,窪田 満:指導ガイドライン導入後の熱性痙攣紹介例の臨床像.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 才田 謙,小椋雅夫,亀井宏一,竹添豊志子,藤野明浩,小野 博,宮嵜 治,野坂俊介, 石黒 精,石倉健司:Budd-Chiari症候群および急性心筋梗塞を呈した原発性抗リン脂質抗体症候群の小児例.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 中舘尚也,高橋幸博(委員長), 石黒 精,小林尚明,國島伸治,笹原洋二,前田尚子:本邦小児ITPにおける国際ITP診断基準の適応性の検証.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 石黒 精,永田知映,佐古まゆみ,小林 徹: わが国の小児病院における臨床研究活性化の障壁と支援ニーズ. 第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 石黒 精,道端伸明,森臨太郎,西屋克己,金子一成, 日本小児科学会専門医試験運営委員会:小児科研修中の臨床研究の実態に関する調査研究.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 益田博司,小野 博,小林 徹, 石黒 精,伊藤秀一,今留謙一,窪田 満,賀藤 均,阿部 淳:川崎病に対するインフリキシマブ療法の効果と安全性.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 中村知夫,中尾 寛,前川貴伸,益田博司, 阪下和美,窪田 満:国立成育医療研究センターにおける在宅医との連携の現状と問題点.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 石黒 精,道端伸明,森臨太郎,西屋克己,金子一成,小児科学会専門医試験運営委員会:小児研修中の臨床研究の実態に関する調査研究.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 石黒 精,永田知映,佐古まゆみ,小林 徹:わが国の小児病院における臨床研修活性化の障壁と支援ニーズ.第120回 日本小児科学会学術集会,東京,2017. 三浦真理子,蘇 哲民,田中俊之,中尾 寛,窪田 満, 石黒 精,奥山眞紀子:溺水から虐待を疑うことは可能か.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 阪下和美: 総合小児科の醍醐味と臨床留学-女性医師の視点から-. 第120回日本小児科学会学術集会, 東京, 2017. 伊東 藍,中尾 寛, 石黒 精,窪田 満:タンデムマス・スクリーニングのC5-DC高値が腎機能障害による疑陽性であった2例.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 風間麻優子,室伏佑香,大西志麻,辻 聡,田原和典,金森 豊,岡本礼子,野坂俊介,窪田満, 石黒 精:重症心身障害に併発した盲腸捻転の6例.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 朝倉真理,藤永英志,丸山秀彦,竹内一朗,甘利昭一郎,和田友香,塚本桂子,高橋重裕,新井勝大,伊藤裕司:新生児期における先天性クロール下痢症の管理について.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 水野貴基,大隅朋生,清谷知賀子,荒川ゆうき,塩田曜子,寺島慶太,富澤大輔,加藤元博,康 勝好,松本公一:複数回の同種造血幹細胞移植後の予後と合併症に関する検討.第120回日本小児科学会学術集会,東京,2017. 鈴木大地,庄司健介,宮田一平,宮入 烈:新生児,早期乳児の単純ヘルペス感染症におけるReal-time PCRの有用性に関する検討.第91回日本感染症学会総会・学術講演会,東京,2017. 三浦真理子,加納優治,伊東 藍,前川貴伸,小椋雅夫,亀井宏一,野津寛大,窪田 満, 石黒 精,石倉健司:3型Bartter症候群 3型BS の2例とGitelman症候群 GS の2例:臨床診断の限界について.第635回日本小児科学会東京都地方会懇話会, 東京, 2017. 竹澤芳樹,中尾 寛,小山ちとせ,吉村 聡,益田博司,窪田 満:RSV感染症に続発した発作性寒冷ヘモグロビン尿症の一例.第635回日本小児科学会東京都地方会懇話会, 東京, 2017. 石黒 精:RSV感染症に続発した発作性寒冷ヘモグロビン尿症の一例(指定発言)第635回日本小児科学会東京都地方会懇話会, 東京, 2017. 中川 聡:従来のapparent life threatening events ALTE 症例のどれくらいがbrief resolved unexplained events BRUE の低リスク群に相当するか?第23回日本SIDS・乳幼児突然死予防学会学術集会, 津, 2017. 中川 聡:Global Sepsis Alliance GSA とは. 第44回日本集中治療医学会学術集会, 札幌,2017. 鈴木大地, 野沢永貴, 石黒 精,中舘尚也:血友病学童患者の学内運動部活動と定期補充療法.第75回神奈川血液研究会,横浜,2017. 上原絵理香,益田博司,鈴木孝典,村上瑛梨,小川英輝,小山(若井)ちとせ,中尾 寛,窪田 満, 石黒 精:髄膜炎様症状と腰部血管腫内の毛嚢炎を繰り返した先天性皮膚洞の1例.第634回日本小児科学会東京都地方講話会,東京,2017. 生駒尚子, 安河内悠,津村悠介,中尾 寛,神岡哲治,奥山眞紀子,窪田 満, 石黒 精:筋緊張低下,発達の遅れ,体重増加不良を示した愛情遮断症候群の1例.第633回日本小児科学会東京都地方会講話会,東京,2017. Nakagawa S: Invasive Hemodynamic Monitoring in Pediatrics. National Center for Maternal and Child Health, Ulaanbaatar, Mongolia, 2017. Nakagawa S: Infection control in pediatric ICU. Current Problems in Neonatology, Pediatric Critical Care and Emergency Medicine, Ulaanbaatar, Mongolia, 2017. Nakagawa S: Signs and Symptoms of Cardiogenic Shock in Children. Current Problems in Neonatology, Pediatric Critical Care and Emergency Medicine, Ulaanbaatar, Mongolia, 2017. 石黒 精:小児科系疾患と臨床用語.日本医療マネジメント学会,2016年度医師事務作業補助者指導者養成講習会,東京,2017. 石黒 精:後期研修プログラムの動向と成育のレジデント教育.第4回成育サマーセミナー,東京,2017. 中川 聡:小児の人工呼吸管理. Pediatric Forum, 東京, 2017. 中川 聡:敗血症の病態・診断・治療の現状と求める診断・治療薬像. 敗血症セミナー, 東京, 2017. 中川 聡:「呼吸が苦しい」ってどんなこと? 東京女子医大八千代医療センター, 千葉県八千代市, 2017. 中川 聡:小児の呼吸をめぐる諸問題. 兵庫県立こども病院, 神戸, 2017. 中川 聡:酸素化と換気. 東京女子医大八千代医療センター, 千葉県八千代市, 2017. 中川 聡:世界敗血症デーの現状とこれから. 日本集中治療医学会敗血症セミナーin東京2017, 東京, 2017. 中川 聡:小児の循環生理と心不全. 第3回JSPICCメディカルスタッフ向けセミナー, 京都, 2017. 中川 聡:症例検討(脳梗塞を伴った感染性心内膜炎). 第4回成育サマーセミナー, 東京都世田谷区, 2017. 中川 聡:小児敗血症の疫学. 日本小児感染症学会小児敗血症セミナー, 神戸, 2017. 中川 聡:小児救急・集中治療の現状. 成育救急・集中治療セミナー, 東京都世田谷区, 2017. 中川 聡:呼吸管理. 成育救急・集中治療セミナー, 東京都世田谷区, 2017. 中川 聡:小児の酸素療法と人工呼吸療法. 第2回JSPICCメディカルスタッフ向けセミナー, 東京, 2017. 中川 聡:小児敗血症をめぐる問題点. 日本集中治療医学会敗血症セミナーin名古屋2017, 名古屋, 2017. 余谷暢之:「こどものはてなをお医者さんに聞いてみよう」ほそごう地域コミュニティー推進協議会・小児科専門医との座談会,大阪府池田市,2017. 余谷暢之:「インテンシブコースの取り組み」文部科学省課題解決型高度人材養成プログラム「重症児の在宅支援を担う医師等養成事業」大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室・市民公開講座 重症児の在宅支援を考える~重症児支援で大切にしたいこととこれから取り組みたいこと~,大阪,2017. 余谷暢之:「アドバンス・ケア・プランニングとは」平成29年度厚生労働省委託事業 人生の最終段階における医療体制整備事業 患者の意向を尊重した意思決定のための研修会,東京,2017. 余谷暢之:「在宅重症児の見方」文部科学省課題解決型高度人材養成プログラム「重症児の在宅支援を担う医師等養成事業」 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室・重症児の在宅支援を担う専門職養成のためのインテンシブコース,大阪,2017. 余谷暢之:「在宅重症児 総論」文部科学省課題解決型高度人材養成プログラム「重症児の在宅支援を担う医師等養成事業」 大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学教室 重症児の在宅支援を担う専門職養成のためのインテンシブコース,大阪,2017. 余谷暢之:「小児緩和ケア」国立成育医療研究センター平成29年度小児がん相談員専門研修,東京,2017. 余谷暢之:アドバンス・ケア・プランニングの考え方と実践~治癒が望めないこども・家族との話し合い. 第59回日本小児神経学会学術集会 実践教育セミナー 小児神経科医に知ってほしい「小児緩和ケアのエッセンス」, 大阪, 2017. 余谷暢之:在宅重症児診療~診断から看取りまで関わる際に大切にしたいこと~. 第30回近畿小児科学会 特別講演, 大阪, 2017. 余谷暢之:重症児診療~診断から看取りまで関わる際に大切にしたいこと~. 2016年度ソーシャルワークスキルアップ研修 周産期から始まるソーシャルワーク, 神戸, 2017.

次の

部門紹介 呼吸器センター スタッフ

水野雄太 医師

佐藤 正樹 [総合内科][腎臓内科][美容皮膚科] 出身大学・主な経歴 ・名古屋市立大学(1981年 卒業) ・公立尾陽病院 内科部長 専門分野・得意疾患 ・腎臓内科 ・一般内科 ・アンチエイジング医学 ・美容皮膚全般 認定・専門医・所属学会 ・日本内科学会認定医 ・日本透析医学会透析専門医 ・日本医師会認定健康スポーツ医 ・日本抗加齢医学会 ・日本美容皮膚科学会 皆様へメッセージ 医療法人いつき会は、医療、介護、運動 フィットネス を通じ、地域の皆様に少しでもお役に立てる、そんな組織を目指しております。 当法人の基軸は「温かなサービスを通じての社会貢献」「心からEnjoy my life! 」です。 さらに「Always say yes! 」という合言葉を掲げ、『何事にもNOと言わず考えてみる。 そしてやってみる。 すべてはそこから始まる。 健康に関して些細なことでも我々にご相談いただき、皆様の「心からEnjoy my life! 」のためお手伝いをして参ります。 水谷 憲威 [総合内科][腎臓内科] 出身大学・主な経歴 ・浜松医科大学(1991年 卒業) ・西美濃厚生病院 外科部長 ・木曽川市民病院 外科部長 ・大垣北クリニック 院長 専門分野・得意疾患 ・腎臓内科 ・一般内科 ・透析科 ・消化器外科 ・一般外科 認定・専門医・所属学会 ・医学博士 ・日本外科学会専門医 ・日本消化器病学会専門医 ・日本消化器外科学会元専門医・元指導医 ・日本透析医学会 ・日本臨床外科学会 皆様へメッセージ 外来では内科・小児科・皮膚科・外科など幅広く診療しています。 皆様が安心できる医療を提供したいと思います。 透析センターでは安定した透析ができるように心がけます。 地域医療および透析医療に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。 医師  松下 豊顯 [総合内科][循環器内科] 出身大学・主な経歴 ・名古屋市立大学医学部(1983年卒業) ・名古屋市立大学医学部第一内科学教室 ・国立恵那病院内科 ・名古屋大学環境医学研究所研究員 ・名古屋市立大学病院助手 ・愛知県立循環器呼吸器病センター 冠動脈診療部長 ・総合大雄会病院 循環器内科統括部長 専門分野・得意疾患 ・心血管病 ・高血圧 ・生活習慣病 ・一般内科 認定・専門医・所属学会 ・日本内科学会 総合内科専門医 ・日本循環器学会 専門医 ・日本心血管インターベンション治療学会 名誉専門医 ・日本高血圧学会 ・日本心臓病学会 ・名古屋市立大学臨床元教授 ・医学博士 皆様へメッセージ 循環器疾患や生活習慣病の治療と予防医学、その他疾患のプライマリーケアなど地域住民の健康管理に微力ながら努めていきたいと思っております。 患者様一人一人と信頼関係を築きながら、共に病気と向き合っていく所存ですので宜しくお願い申し上げます。 守山いつき病院 院長 遠藤 治樹 [総合内科] [循環器内科] 出身大学・主な経歴 ・鳥取大学(1986年 卒業) ・社会医療法人西陣会堀川病院 副院長 専門分野・得意疾患 ・循環器一般 ・虚血性心疾患 ・閉塞性動脈硬化症 ・心血管カテーテル治療 ・心血管エコー ・ペースメーカー 認定・専門医・所属学会 ・日本循環器学会 ・日本心エコー図学会 ・日本心血管インターベンション治療学会 ・日本心臓病学会 ・日本心不全学会 ・日本医師会認定産業医 皆様へメッセージ 心臓病、血管の病気を専門として内科全般の診療に携わります。 正確な診断と治療、がモットーです。 スポーツ-陸上、ラグビー-好きです! 守山いつき病院 副院長  入谷 克巳 [兼:神経内科部長] 出身大学・主な経歴 ・藤田保健衛生大学(1991年卒業) ・トヨタ記念病院 脳神経外科 ・藤田保健衛生大学病院 救命救急センター チーフレジデント ・清水市立病院 脳神経外科 科長 ・掛川市立総合病院 神経内科 診療部長 ・西知多リハビリテーション病院 副院長 専門分野・得意疾患 ・神経内科 ・脳血管障害 ・脳ドック ・認知症 認定・専門医・所属学会 ・日本医師会認定産業医 ・t PA使用資格 ・ボトックス使用資格 皆様へメッセージ 初めまして、守山いつき病院副院長の入谷克巳(イリタニ カツミ)です。 藤田保健衛生大学 脳神経外科 神野哲夫名誉教授の教えに基づいて「常に弱者の味方であれ。 」という言葉を心に刻み、日々医師としての仕事を全うしてきました。 脳卒中の予防及び再発予防、脳卒中の危険因子となる生活習慣病を中心に内科全搬を診ていくつもりです。 来院される患者さんが、皆さん笑顔で通院・退院されるように努力していく所存です。 医師  谷口 祥一 [整形外科診療部長] 出身大学・主な経歴 ・藤田保健衛生大学(2001年 卒業) ・名古屋市立大学大学院(2010年 修了) ・University of Iowa research fellow ・厚生連尾西病院 ・名古屋市総合リハビリテーションセンター ・名古屋市立緑市民病院 ・公立陶生病院 ・はちや整形外科病院 専門分野・得意疾患 ・整形外科 ・人工関節 膝・股関節 認定・専門医・所属学会 ・日本整形外科学会専門医 ・日本整形外科学会脊椎脊髄病医 ・日本整形外科学会リウマチ認定医 ・日本股関節学会 ・日本人工関節学会 ・日本関節鏡スポーツ整形外科学会 ・中部日本整形外科災害外科学会 ・日本リウマチ学会 ・日本スポーツ協会公認スポーツドクター ・日本骨粗鬆症学会認定医 ・日本人工関節学会認定医 皆様へメッセージ 高齢の方を対象とした膝関節、股関節疾患を専門としています。 当院ではこれまでの臨床経験を生かしてあらゆる整形外科疾患に対応致します。 関節や筋肉の痛みでお悩みのある方はお気軽にご相談下さい。 医師 .

次の

部門紹介 呼吸器センター スタッフ

水野雄太 医師

相澤病院は、救急医を目指す私にとって、最適な環境です。 大学卒業時から救急医志望であった私は、出身地である長野県で、救急医療が盛んな相澤病院を初期研修先に選びました。 2年間のER研修で約3,000症例を経験し、患者さんのdispositionにおいて様々な場面で判断力が身についたことや、多くの患者さんの訪れるERの現場で一度に複数の患者さんを診療する時間的マネージメント能力も養われたことが、この病院でもっと学んでいきたいと救急科専門医コースを選んだ理由となりました。 相澤病院のERは患者さんが途切れることのないとても忙しい環境ですが、職場の雰囲気はとてもよく、尊敬できる先生方がたくさんいます。 また、生き生きと勤務するフットワークの軽いスタッフが揃っており、一人ひとりが患者さんのためにベストな医療を提供できるよう、協力したチーム医療が行われていることも魅力の一つでした。 相澤病院の救急科専門医コースは、 自分が成長できるための大きな魅力があります。 相澤病院の特徴として必ずあげられるのが、症例数の多さです。 24時間365日対応の「断らない」救急外来では、年間にして約40,000人のwalk-in患者さんと約7,000台の救急車を受け入れています。 重症度や緊急度を問わず様々な疾患を経験できる「北米型」ERでは、criticalな疾患を見逃さないことを常に念頭に置きながら、横断的に診療科を越えたアプローチが必要です。 ER診療では、いかなる主訴に対しても多角的に広い視野で診ることのできるスキルを身につけることができます。 また、ここ相澤病院では、診断に困ったときなど、各専門科の先生方がいつでも相談に応じてくれるバックアップ体制があります。 また、救急外来からの入院依頼をスムーズに引き受けていただける体制も万全です。 各診療科同士の垣根が低いため、ER診療を存分に学ぶには最適な環境であり、日々スキルアップを実感し、「やりがい」を感じています。 広い視野で質の高い医療が学べる「優れた専門医プログラム」。 日々の救急現場でも、自分の知識や技術を高めてくれる機会がたくさんありますが、その他にも魅力的な研修プログラムが用意されています。 その例を幾つかあげると、希望次第で週2〜3回の手術麻酔の研修ができ、手技や全身管理を学びながら麻酔科の標榜医も取得できること。 また、合計1年間の国内留学プログラムが設けられていて、小児救急や集中治療など興味がある分野を重点的に研修できる機会があること。 しかも、その際には相澤病院からの給与支給があるため、自分が希望する病院で比較的自由度の高い研修を受けることができます。 また、医療現場だけでなく、蘇生、外傷、集中治療、災害医療などの講習会や学会への参加費用の援助、学会での発表や論文執筆の指導、週1-2回の勉強会が開かれるなど、全人的な医療を行う相澤病院の姿勢がこれらのプログラムに表れています。 私は、こうした環境の中で救急医療に携わっていますが、相澤病院ではon-offがしっかりしており、休日もきちんと設定されていてプライベートな時間や勉強時間もきちんと確保できます。 今後は、この後期研修プログラムで経験を積み、それを糧とし、ER診療の他にもドクターカーなどの病院前診療、集中治療、災害医療などを積極的に学び、強力なスキルを持つ救急医を目指していきたいと考えています。

次の