ウーバーイーツ コツ。 ウーバーイーツの住所のコツを解説【建物名で検索・配達メモで説明】

【3】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達2日目、稼ぎ方がわかってきはじめた

ウーバーイーツ コツ

ウーバーイーツでの配達員を希望している人や、配達員を検討をしている人にとって、ウーバーイーツでの給料がどれくらいなのか、給料の計算方法や給料の振込方法は、最大の関心事に違いありません。 ウーバーイーツ給料振込では、1週間分(月~日)の給料が、翌々日火曜に振込されます。 振込ではなく、給料の即日受け取りも可能のようです。 この章では、 ウーバーイーツの給料の仕組みを計算方法や振込や振込ではなく現金受け取りなども含めて、詳しく解説していきます。 「基本料金」や「ブースト」「特別キャンペーン」などの、聞きなれない用語も含めて、解説しながら紹介します。 お断りしておきたいのは、ウーバーイーツと働く配達員の関係は業務委託契約であって、厳密に言えば支払われるのは給料ではなく報酬です。 同様に、時給というものもありません。 支払いは、週給制の振込が原則のようです。 その前提に立ったうえで、以下の記事内では「給料」や「時給」という言葉を便宜的に使用していきます。 また、ウーバーイーツの計算や振込などの給料の仕組みだけでなく、ウーバーイーツでの給料を高めて高時給になるコツや、ウーバーイーツで高い給料、時給を得ている人の口コミなども、併せて紹介していきます。 ただし、ここで紹介する数字はすべて東京でのものです。 各都市によって、給料などそれぞれ料金数字は異なることを承知しておいてください。 ウーバーイーツの給料の基本料金を構成する、三つ目の 距離料金というのは、お店から配達先までの距離に応じて、1km当たり150円が給料収入となります。 複数の配達先があった場合は、合計距離として給料に計算される仕組みです。 ここで、例題を使ってウーバーイーツでの給料収入となる、基本料金のおさらいをしておきます。 また、1軒の店から配達距離1kmと1. ウーバーイーツの配達員には、 特別キャンペーンという給料収入も期待できます。 インセンティブによって、基本料金以上の特別給料収入が入ることになるのです。 ウーバーイーツの特別キャンペーンには「回数インセンティブ」「雨の日インセンティブ」「時給インセンティブ」などがあって、ウーバーイーツで働く配達員の、給料を高めて高時給になるためのコツの根拠ともなっています。 このウーバーイーツの特別キャンペーンについては、次章で詳しく解説していきます。 ここまで、給料なり時給なりが高くなっていく、収入面のファクターばかりを述べてきましたが、一言申し添えておきますと、ウーバーイーツには、「サービス料」というものも存在します。 残念ながら、このサービス料というのは、ウーバーイーツの配達員にとって給料収入ではなく、徴収となるものです。 ブーストや特別キャンペーンに対しては、サービス料はありません。 ここまで、ウーバーイーツの給料の、振込や計算などの基本的な仕組みを詳しく解説してきました。 この章では、 ウーバーイーツの給料を高めて高時給になるコツを紹介していきます。 ウーバーイーツで得ることができる給料収入は、おおよその目安で、時給とすれば給料は800円~2,000円、日給にすれば給料は1万円~2万円です。 本業の合い間に数時間だけ稼ぐケースだと、給料は2,000円~4,000円になります。 この金額に大きなバラツキがあるのには、理由が二つあります。 一つは地域格差で、二つ目は個人のスキルが理由です。 東京や大阪は、その他の地方都市と比較すると、どうしても平均収入は高くなります。 個人のスキルの問題で言うと、ウーバーイーツの給料は時間制ではなく、完全出来高制であるために、個人のスキルや使用する車両のスペックが、結果に大きく影響します。 大都市には店の数も、住む人間の数も膨大なものがあります。 そこに、高い給料を得るための、コツを活かす余地もあるのです。 個々のスキルで言えば、体力があるとか、地域の地図が把握できているとか、自転車よりもバイクの方が機動性は高いとかなど、出来高に大きく影響する要素が、給料のバラツキを呼んでいます。 これらの諸条件を前提にした上で、高い給料、時給にするためのコツをいくつか紹介していきます。 ウーバーイーツの特別キャンペーンで、 回数インセンティブ(配達回数ボーナス)というのは「一定期間に何回配達したら追加で何円の報酬」というものです。 一定期間とは、数時間の場合も数日間の場合もあります。 大切なことは、回数インセンティブの場合の、何回というのは配達距離が関係しないことです。 したがって、ウーバーイーツのボーナスを獲得するためには、短距離を短時間でこなす要領が必要になります。 これにともなう落とし穴もあります。 距離は短いけれど、肝心の店で料理の受け取りに待たされるケースもあります。 こういう店をあらかじめチェックしておく必要もあります。 そして、ウーバーイーツの具体的な回数インセンティブとは「1時間に5回配達したら800円追加」とか「1日に20回配達したら1万円追加」などというようなもので、時期や地域によってさまざまなインセンティブになっています。 ウーバーイーツのボーナスを上手に給料のアップにつなげるためには、配達作業そのものに対する慣れとか、注文回数の頻度が高い店をマークするという努力が必要になります。 ウーバーイーツで給料を高くするコツは、当然のことながら配達回数を増やすことが大前提になります。 では、配達回数はどうしたら増やせるか?について、これまで解説してきたことをまとめる形で、コツを紹介していきます。 配達回数の増加は、「注文回数が多い店を把握しておく」と「地域の道路事情に精通する」ことに尽きます。 また、給料を高くするコツとしては、ウーバーイーツの仕組みを理解した上で、 「ブースト倍率が高いクエストを狙う」ことになります。 具体的に言えば、1日配達業務をするのなら、ランチやディナータイムなどのブースト倍率が高い時間帯にターゲットを絞って全力投入することがコツです。 あるいは、特別キャンペーンを常にチェックして、それを最大限に活かす工夫をすることが高い給料につながります。

次の

経験者直伝!ウーバーイーツ配達員で稼ぐコツ7つ【バイト代の時給超え】|シロハヤブログ

ウーバーイーツ コツ

ウーバーイーツとは?【意味・仕組みを図解で説明】 ウーバーイーツとは新時代の料理のデリバリーサービスです。 ウーバーイーツの全体の仕組み解説図 この図のようにスマホアプリやWebから注文するとレストランと配達する人がマッチングされ効率良く料理が届けられる仕組みです。 1品からでも気軽に注文可能でカード払いなら受け取りも一瞬です。 スマホの普及により実現した最先端のマッチングサービスと言えると思います。 さらに詳細な配達側の細かい仕組みについてはこちら。 運営会社のウーバーは配車サービスで有名 ウーバーイーツの大元の運営会社ウーバー・テクノロジーズは配車サービスで有名なアメリカ企業です。 ウーバイーツと同様にITとGPSを駆使して「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせ、タクシーに代わる移動手段を提供するのがメイン事業です。 ウーバーイーツの日本での展開 日本でのウーバーイーツは2016年に東京で開始されました。 現在は東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・埼玉・千葉をはじめ全国的に展開されています。 地域の名店のレストランからマクドナルド・ケンタッキー・大戸屋などのチェーン店まで幅広く連携しています。 今では日本でもとても身近なフードデリバリーサービスになっていると感じます。 ウーバーイーツのメリットとデメリット【3つの視点から解説】 僕の考えで3つの視点から整理してみました。 注文する人 注文する人のメリット ・1品から気軽に注文できる(最低注文金額なし) ・仕事・育児で忙しい時や、寝起きのベッドの上からもスマホで簡単に注文可能 ・受取りは一瞬、身支度する必要がない(カード払いの時) ・玄関先やオフィスまで来てくれるので、他の作業をしながら待っていれば時間を有効活用できる 注文する人のデメリット ・時間保証や超速スピードを期待している人は満足できない可能性がある ・台風や大雨などの悪天候の日に配達する人が少ないと時間がかかる、もしくは頼めない このようにウーバーイーツは食事を買いに行く手間より優先すべきことがある人、忙しい現代人に便利な最新テクノロジーだと思います。 配達パートナー 配達する人のメリット ・配達する時間・場所を自分で自由に調整できる ・副業としても最適 ・週単位ですぐに報酬を手に入れられる ・上司がいるわけでもないので人間関係で悩むことが少ない ・適度な運動になり痩せる ・好きな自転車(原付バイク)を使える 配達する人のデメリット ・報酬が保証されているわけではない ・天候に左右されやすい ・交通事故にあった際は自己責任(配達中の補償は存在) このようにウーバーイーツの配達パートナーは副業時代の新しい働き方の象徴と言えると思います。 レストラン レストランのメリット ・簡単な手続きと少ない初期投資でデリバリーを始めることができる ・配達用のスタッフやバイクなどを用意する必要がない ・注文数が増えて儲けが上がる可能性がある ・都合が悪い時は一時停止もできる レストランのデメリット ・悪天候などで配達する人が少なかった場合に注文を受けられないことがあり得る ・長距離配達での時間保証やスピード勝負タイムチャレンジを売りにしたい商品とは合わない可能性がある (自社配達と上手く併用しているレストランは存在します) このようにレストランとして加盟するのは配達パートナーが増えてきた今ではメリットが増えていると思います。 あのスターバックス・吉野家・ピザハットも参入しています。 レストランの運営についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 ウーバーイーツとは何か理解した後に使いこなす方法【3つの手順で解説】 注文する 注文の手順はシンプルです。 スマホアプリでクリックしていくだけです。 こちらの記事で注文する方法をまとめてあります。 どんな料理があるかを知る どんな料理があるかはアプリやwebで眺められます。 すごくたくさんのレストランがあるので、見ているだけでも楽しいです。 僕のおすすめレストランをこちらの記事にまとめています。 予算や場所に合わせて使い分ける 注文に慣れてきたら、予算に応じて4段階で料理を探すのもおすすめです。 奮発して豪華な料理を食べたい時などに料金別フィルターは便利です。 また手数料は距離などによる変動制なので、今いる場所に合わせてお得なレストランを探せます。 アプリのダウンロード.

次の

UberEats(ウーバーイーツ)配達員の評価とは?Goodをもらうコツ

ウーバーイーツ コツ

Uber Eats(ウーバーイーツ )稼げる?• Uber Eats(ウーバーイーツ )って稼げるの?といった疑問• Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼ぐコツ• Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼げるエリア• Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼げる時間帯• Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼げる人 など。 Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼ぐ方法や、私がUber Eats(ウーバーイーツ )配達パートナーをしながら稼ぐために工夫しているポイントを紹介しています。 また記事の後半ではコロナウイルス以後の配達スタイルの変更や今儲かると感じているエリアなども紹介しています。 もくじ• Uber Eats(ウーバーイーツ )稼げる? Uber Eats(ウーバーイーツ )Uber Eats(ウーバーイーツ )配達パートナーに興味のある方や始めたばかりの方はシンプルに Uber Eats(ウーバーイーツ )って稼げるの? この疑問が気になるかもしれません。 私はあまり体力に自信のない40代の中年男性ですが、それでも電動自転車に頼り、 なんとか1日の報酬の合計が6000円くらいをキープしています。 一回の配達得られる報酬が450円くらいなので、1日15配達くらいを自分に課しているノルマとしています。 6000〜7000円くらいUber Eats(ウーバーイーツ )で稼ぐまでにどのくらいの時間を費やしているかというと大体6時間くらい。 1時間の報酬の合計が1000円を超えるくらいを目標に配達パートナーをしています。 Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼げる金額• 1日15配達で6000円の報酬• 一方で、最近とくにコロナウイルスの影響で配達パートナーが増加傾向にありピークタイム以外の時間帯は少し鳴り辛い印象です。 私は15配達、6000〜7000円の報酬を得たあたりで、電動自転車のバッテリーと体力が切れはじめるのでこのくらいの稼ぎですが、 体力に自信のある20代〜30代の方ならば1日中稼働して10000円以上稼ぐことは全然可能だと思います。 Uber Eats(ウーバーイーツ )で効率よく稼ぐコツ Uber Eats(ウーバーイーツ )で稼げるようになるためのコツは、目標の配達回数をクリアすることでプラスして報酬をえることの出来るインセンティブインセンディブと、注文数が多いランチタイムやディナータイムに地図上に発生するシミブーストインセンディブを効率よく稼ぐことです。 回数インセンティブ 回数インセンティブは…• 月〜木の4日間で目標の回数をクリア• 金〜日の3日間で目標の回数をクリア することで通常の報酬に加えて得られるインセンディブです。 インセンティブはミッション開始前に目標を5段階のレベルの中から選択します。 高いレベルをの目標回数をクリアすることで得られる報酬が大きいですが、到達しなかった場合は報酬は0円になってしまうので、レベルの選択は、ミッション期間の天気や自身の体力と相談して無理のない選択をすることをオススメします。 私の場合はよく高いレベルを選択したは良いけれど、「寝坊をしてしまい稼働が出来ない…」「やる気が起きない…」などの理由で結局一段下のレベルにしておけば良かったという事が多いので、最近は5段階の下から2番目を選択するようにしています。 やる気や体力ががある人は上のレベルを選択することによって高額な報酬を得ることにチャレンジしてもいいでしょう。 ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ )配達パートナーを始めたばかりの方や、私のように体力にあまり自信のない方は、低いレベルのインセンティブを選択した方が手堅く稼げるかと思います。 効率よく稼ぐコツは• マクドナルド• モスバーガー• 吉野家• すき家• CoCo壱 などのチェーン店の注文を多くこなすことです。 これらの飲食店はエリアに多く点在しており、注文者様も、わざわざ遠くの店舗から注文することがないので、配送距離が短いです。 一回の報酬は距離に応じて高くなりますが、回数インセンティブで得られる報酬をクリアする方が、トータルでの稼ぎは多くなる傾向にあるので、回数インセンティブを確実にクリアしたいのであれば、チェーン系飲食店を中心としたショートドロップ戦略が最も稼げるかと思います。 この戦略に振り切るのなら、その他の飲食店は全て通知が来てもキャンセルするというやり方もありますが、何度もキャンセルを繰り返すとアプリ上で「干される」状態になり30分くらい「鳴り止み」状態になることもあるのでそのあたりはキャンセル回数と相談して柔軟に対応しましょう。 ブーストインセンティブとは? ブーストとはランチタイムやディナータイムに指定のエリアで配送すると通常の報酬の1. 1倍から1. 2倍の報酬が加算されるインセンティブです。 ですがコロナ以後は東京でのブーストはあまり発生することが少なく代わりにしみインセンティブが発生するようになりました。 現在でも新たにUber Eatsのサービスが提供されたばかりのエリアではブーストインセンティブは発生しているようですが、ブースト狙いで稼ぐと言う方法は東京では少し難しくなってきている気がします。 シミインセンティブ 現在1番狙いに行きたいインセンティブボーナスです。 主にランチタイムの12時から1時半とディナータイムの7時から8時位に発生することが多いです。 シミは注文数が多く配達員が少ないエリアを起点に中心からじわじわと広がっていくような動きを見せます。 私が普段配達しているエリアですと神保町あたりがシミの発生源になっていることが多いのでランチタイムやディナータイムのシミが発生しそうな30分前ぐらいには中心に突っ込んでいって待機するようにしています。 副業でUber Eats配達をやりたい方はシミが発生している昼と夜の1時間ずつぐらいをピンポイントで狙い撃ちして、昼3回、夜3回の計6配達で3000〜4000円の報酬を手堅く稼いでいくと言う方法が消耗せずに稼げる方法かなと思います。 チップ 最近始まったチップ制度もUber Eats配達で稼ぐためには重要な要素です。 体感としては20配達に一塊位これくらいに1歩いただけることが多いです。 チップ狙いで六本木や赤坂、四谷や神楽坂など黄色と高所得者層や外国人が多く住んでいそうな街を狙うのも狙い目かもしれませんまた起き杯の時にお食事の下にキッチンペーパーを引くなど少しの気の使い方で10分の可能性がアップするかもしれません。 Uber Eatsで稼げるエリアは? 住んでいる場所によって全然違うと思いますし季節家ア2フターコロナの今の状況でも若干変わってきている感じがしますが、基本的にはやはりマクドナルドや松屋吉野家等の多いエリアを自分は徘徊するようにしています。 このようなチェーン店を狙う理由は、店舗数が圧倒的に多いため注文者も近くのお店から注文するので結果短距離配送を多くこなすことができ、結果またぎインセンティブを達成しやすいと言う理由があります。 私の場合は自宅近くのモスバーガーや松屋、スターバックスなどが密集している神楽坂エリアやモスバーガーとマクドナルドが並びである市ヶ谷エリア等で配送することが多いです。 ピークタイム以外の時間をそれらのエリアでダラダラと流してランチタイムやディナータイムはシミが発生しやすい神保町エリア等に突入することが多いです。 Uber Eatsで稼げるエリアはシンプルに土地勘がある自分の住んでる所も近いエリアだと思います注文者様の住所を確認していっぱつでどのあたりが把握できるといちいちスマホの地図を確認して場所を確認することが多いので時間短縮につながります。 なので自分の住んでいる近所のエリアをUber Eatsで稼げるようにエリアに育てあげると言うのは重要かと思います 稼げる時間帯は? ランチタイムやディナータイムはもちろんですが私がお勧めしたいのはUber Eatsのサービスが開始になる8時から10時位の朝の早い時間です。 この時間帯は配達員の数が少なく空いている店舗もマクドナルドやすき家吉野家スターバックスなど決まったチェーン系の店舗ばかりなのでうんがよければ時間3回から4回こなすことができます。 ランチタイム前までに8回位配達すると体もあったまってくるのでランチタイムの時間帯にキビキビと稼働することができるのでお勧めです。 私は通常朝8時執行昼2時までの稼働して5000円から6000円稼ぐことを目標にしています。 午前の部でその金額に達成しなかったときは夜シミインセンティブを狙うことが多いです。 夏場は中国と消耗するので夜夜風に当たりながらダラダラと配送するというのも1つの方法かもしれません。 Uber Eatsで稼げる人 私が思うUber Eatsで稼げる人はシンプルに長い時間外に消耗せずに居るこできる人だと考えます。 配送業務中と言うのは実はそんなに消耗する事は無いんですが待機時間に精神力を削られて家に帰りたくなることの方が例えば私の場合1歩1歩くんでや衣服の群れや靴下の体のベタつきなど電話すぐに家に帰りたくなってしまうので毎朝門前に必ずめんどくさくてもシャワーを浴びて体を洗って清潔でさっぱりとした状態で稼働するようにします。 そうすることによって外で不快感を感じて家に帰りたくなると言うようなことをなるべくないような状態で心がけています。 また1日をフルで稼働できるための体力やブーストのアイテムを必須です私の場合はザバスのプロテインリッチココア味を毎朝豆乳で割って飲むようにしていますプロテインは明らかに翌日の疲れとその日の花道のパフォーマンスに良い影響与えると体が実感しているので毎日飲むようにしていますまたお昼のランチタイムの市民性を狙いに行く前にはレッドブルをクイット壱発飲んでレッドブルも個人差によると思いますか私は明らかに背になるので1日1本は角中に1本は飲むようにしています。 また夜は朝早く稼働するために12時から1時には就寝するようにしているのですがその際にCDオイル 大麻の合法的な部分だけを抽出したリラックスアイテムをデポライザーですることによって副交感神経を優位にして脳みそを沈静させてゲーム動画などを見ながら眠るようにしています実際にCDオイルがあるとないとでは睡眠の質が明らかに違うのでこれも個人的な嗜好なのですがかなりオススメのアイテムです。 その他に稼げる人は大抵待機時間を快適に過ごす術を知っている人だと思います待機時間の精神的消耗を防ぐためにAmazon PrimeやNetflixなどの優良なコンテンツやAudible等のオーディオブックで脳みそをリフレッシュすることも重要です物語世界に没頭していればUber Eatsの稼働中と言うことも忘れてしまいうっかり後うっかりコールを取り忘れるのでご注意よ 私はこれを時土橋と呼んでいますUber Eats角中の意識をコンテンツ世界に飛ばすことによって稼働稼働と思わないことがUber Eatsで稼ぐコツのような気がしています。 私の待機時間の過ごし方をまとめた記事はこちらになるのでよかったら参考にしてみてください 以上のことを踏まえて私がUber Eatsで稼げる人の1日を趣味レーションしてみました実際に私もこのような風に稼働できているわけでは無いのですが1つの理想型として参考にしてみてください.

次の