上司 退職 メール。 上司に退職をメールで伝えたい。これってアリ?

上司へスマートに退職を伝えるハウツー(退職理由の伝え方)

上司 退職 メール

退職をメールで伝えるのはOK?法律&マナーの観点からチェック• 退職の意思を上司に伝えるための3ステップ• 退職をメールで伝えるときの例文 退職の意思をメールで伝えるのはOK? 働き方が多様化し、近年は転職やフリーランスとしての独立が以前より一般的になっています。 会社を辞める際には「退職願」を提出しなければなりませんが、どうしても上司や同僚からの反応が気になり退職願を出すのを躊躇してしまう方も多いですよね……。 では、直接手渡しせずに退職の意思を伝えるのは問題ないのでしょうか。 まずは、退職の意思をメールで伝えることの是非をご紹介します。 法律的にはメールでもOKだが、マナーとしてはNG 「メールで退職願を出しても、受理されないのでは?」と不安になるかもしれませんが、結論から申し上げるとメールでも退職の意思を伝えることは可能です。 労働者には民法や労働基準法上で「退職の自由」が保障されており、就業規則や社内規定で制限を加えられません。 例えば、「退職時には~~という書式で退職願を提出すること」と就業規定に記載されていたとしても、メールで伝えていれば 法律上は問題なく退職できるのです。 ただし、あくまで法律上は受理されるだけであって、本来メールで退職の意思をメールで伝えるのは ビジネスマナーとしてはNG。 一緒に働いていた上司や同僚に無責任で不誠実な印象を与えてしまうので注意しましょう。 退職願ではなく相談として送る 病気で床にふせている場合や家族の看病で出社できない場合など、なんらかの理由で退職の意思をメールで伝える場合には配慮が求められます。 いきなり退職の意思を伝えるのではなく、 あくまで相談として退職を考えていることを伝えましょう。 退職は辞める人にとってはもちろん、社員を失う会社側にとっても大きな影響がある出来事です。 いきなり退職願をメールで提出するのではなく、一度相談したうえで意思を伝えることがおすすめです。 また、メールで退職の相談をする場合、 相談する相手を明確に決めることが重要です。 お世話になっている直属の上司や人事部の担当者など、「だれに最初に相談するべきか」を十分考えたうえでメールを送りましょう。 【例文】退職の相談をしたいことを伝えるときのメールの文面 下記は、退職の相談をする際の例文です。 相手との関係性や退職理由を適宜変更し、活用してください。 この度は長期間の休養をいただき、ご迷惑をおかけしております。 一度今後のことについて、ご相談のお時間をいただけないでしょうか。 何卒宜しくお願い申し上げます。 一度今後のことについて、ご相談のお時間をいただけないでしょうか。 来週の人事面談時に詳しくご相談させていただけますと幸甚です。 宜しくお願い申し上げます。 しかし、ビジネスマナーの観点から考えると直接伝えた方が好ましいでしょう。 次は、上司に退職の意思表示をする場合の3つのステップをご紹介します。 ことわざ「立つ鳥跡を濁さず」が意味するように、立ち去るときこそ誠実な対応を心がけましょう。 1.退職を決めた段階で、できるだけ早くメールよりも直接伝える 上司に退職の意思表示をする場合には、まず退職を決めた段階で 直接伝えましょう。 先ほどご紹介したようにメールを使って相談することも可能ですが、お世話になっている相手への敬意を表するためにも直接伝える方が望ましいでしょう。 メールやメッセージアプリを頻繫に使っていない世代の場合は、「メールで退職を伝えるなんて」と対応に驚いてしまうこともしばしば。 誠実な印象を与えるためにも、できるだけ早いタイミングで直接伝えるようにしてくださいね。 2.退職日を上司と直接話し合う 上司に退職の意思を伝えたあとは、今後について話し合う時間を持ちましょう。 上司から話し合いについての申し出がない場合には、自から「退職の件について、ご相談のお時間をいただけませんか?」と伝えてかまいません。 下記は、話し合いのなかで明確に退職の意思を伝えられるフレーズです。 ぜひ参考にしてください。 退職させていただく決意を固めましたので、そのご報告に参りました• いろいろ考えて悩んだのですが、どうかご了承いただけますと幸いです• 大変わがままなお願いなのですが、別の業界で仕事をしてみたいと考え、この度退職を決意いたしました 退職の意思を示したあと、上司から詳しい経緯の質問や引き止めがあるかもしれません。 すべてを話す必要はないので、さしつかえない範囲で答えながら固い決意であることを強調しましょう。 3.会社の規定に沿った退職願を提出する 上司に退職の意思を伝えたあとは、いよいよ退職願を提出します。 退職を決めた段階で、直接意思を伝える• 今後について、上司や会社側と直接話し合う時間を持つ• しかし、なんらかの事情によってどうしてもメールで退職の意思を伝える場合もありますよね。 最後に、メールで退職を伝える場合の文面をご紹介します。 決して 不義理な対応にならないよう、十分配慮するように心がけましょう。 長期休暇をいただき、ご迷惑をおかけしております。 突然の申し出になってしまうのですが、この度は来月末で退職させていただきたくメールを差し上げました。 お電話で伝えたように体調が改善されておらず、担当医師からもしばらくは療養に専念すべきとの指導がありました。 ご迷惑をおかけいたしますが、退職日の〇日までは有給休暇を消化させていただければと存じます。 このような大事なお話について、メールでの連絡となってしまったことをお詫び致します。 入社当時から至らない私にご指導いただき、心より感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。 勝手なお願いではありますが、退職についてご了承いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

次の

退職の挨拶メールを送る際のマナーとそのまま使える例文5つ

上司 退職 メール

気になる項目をクリック• 1.上司にメールで退職する意志を伝えるのは法律上OK 結論から申し上げてしまうと、メールで退職の意志を伝えることは、 法律的に問題ありません。 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 (引用:) 上記の民法第627条によると、雇用期間が定められてない社員の退職は、2週間前までに申し出ることで会社の都合に関係なく認められることが明記されています。 そして退職を申し出る方法については、法律で指定されていません。 仮に就業規則に、「契約解消の申し入れはメールで伝えてはならない」などの記述があったとしても、法的に責任を問われることはありません。 しかし、ビジネスマナーとしては退職の意志を直接伝えることが一般的。 出来る限り、上司と対面している時に伝えるようにしましょう。 2.一般的な退職の流れ 「退職の意思は直接伝えた方がいいのはわかったけど、その後の流れがわからない」 この記事を読んでいる方たちの中で、上記のようなことを考えている方も多いのではないでしょうか。 そのためこの章では、 一般的な退職の流れについて紹介します。 【注意点】• 上司に退職を伝えるまでは、同僚に言わないようにしましょう• この時に注意することは、 退職相談のための面談だと伝えないこと。 「退職」という言葉を使ってしまうと上司に身構えられたり、その場で考え直すように言われてしまう可能性があります。 そのため、「折り行って話したいことがあるのですが、何時頃なら都合がよいでしょうか」などのように伝えるようにしましょう。 【補足】面談を依頼する時のメール例文と件名 営業職で外に出ていたり、出張していたりした場合、面談の相談をすることが難しいですよね。 そのような場合、 メールを使って上司と面談の相談をしましょう。 以下で、面談の相談をする場合の例文と件名を紹介していますので、参考にしてください。 退職理由• 退職した後の予定• 引き継ぎの期間や方法• 退職届も、郵送やメールではなく直接渡すことがマナーです。 病気や出張などの理由で出社できない場合など、 特別な理由がない限りは上司に手渡しするようにしましょう。 退職届を提出したら、自分が担当していた仕事の引き継ぎ作業を行います。 次の担当者と一緒に客先へ挨拶に行ったり、情報を共有したりなど、後任者の負担がなるべく軽くなるよう心がけましょう。 また、退職する際にはお世話になっていた取引先や社内の人に向けて挨拶メールを送るのが一般的。 「」にて詳しく説明していますので、こちらも参考にしてください。• 件名:退職のお願い 〇〇部長 お疲れ様です。 〇〇です。 休暇をいただき、ご迷惑をおかけしております。 突然の申し出となってしまうのですが、体調不良の理由により(時期)で退職させていただきたくメールを差し上げました。 メールでのご連絡となりますことをお詫び申し上げます。 これまで至らない私をご指導いただき、大変感謝しております。 誠に身勝手ではありますが、退職をご了承いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。 どうしても辞められないのなら「退職代行サービス」を利用してみよう 「上司が退職を承認してくれない」「メールを打つ気力も残っていない」 上記のように悩んでいる場合、退職代行サービス「」を利用することをおすすめします。 EXITは、利用者の代わりに会社へ退職の連絡をしてくれるサービスです。 確実に退職したい人は、是非とも利用することを検討してください。 運営会社 EXIT株式会社 問い合わせ方法 LINE・電話 問い合わせ対応時間 平日(深夜・休日も一部対応) 利用料金 アルバイト:30,000円 正社員・契約社員:50,000円 支払い方法 銀行振り込み・クレジットカード 公式サイト 詳しくは「」をご覧ください \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/• 基本はお世話になった人全員に送る 仕事をしていたら、毎日多数の人と関わりますよね。 同じ部署の同僚や先輩、他部署で関わってきた人たち、直接の上司や部長、取引先など… あまり関わりがなかったとしても、 仕事上関わったことのある全ての人に送るべきです。 退職メールを一斉送信しても良い? 挨拶メールは、直接行う挨拶の代わりに送るものなので、個別に文章を作って送ることが理想的です。 しかし、大企業に勤めている方の場合、送付先が100人を超してしまう場合も珍しくありません。 全ての人に個別のメールを作成することが難しい場合であれば、 一斉送信をしても問題ありません。 一斉送信をする場合、宛先の一覧がわからないよう送りたい人のメールアドレスを、ccではなくbccに入れるよう注意しましょう。 【社内向け】退職の挨拶メール文例と件名 ここでは、 社内の人たちに向けた挨拶メールの例文を紹介していきます。 社内向けの退職の挨拶メールを書く時の注意点は、以下の5つです。 このたび、一身上の都合により〇月末で退社することとなりました。 本来ならば直接伺ってご挨拶をすべきところ、メールでのご連絡となり申し訳ございません。 在籍中は多くの方々に大変お世話になりました。 至らぬ点もあったと思いますが、さまざまなことを学ばせていただきました。 ご迷惑をかけましたが、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき感謝しております。 今後の連絡先を記載しておりますので、何かありましたらお気軽にこちらへご連絡をいただけると幸いです。 今まで、本当にありがとうございました。 【社外向け】退職の挨拶メール例文と件名 ここでは、社外の人たちに向けた挨拶メールの例文を紹介していきます。 社外への退職メールは、社内へ送るメールとは違い 会社の信用を失わないように注意する必要があります。 そのため、退職時期や後任者などについて明記する必要があります。 社外向けの挨拶メールを書く時の注意点は、以下の3つです。 件名:退職のご挨拶(会社名・名前) 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 株式会社〇〇 〇〇です。 私事で大変恐れ入りますが、一身上の都合により〇月末実をもちまして退職することになりました。 在職中、〇〇様に大変お世話になりましたことを心よりお礼申し上げます。 本来であれば直接お伺いしてご挨拶をすべきところ、メールでのご連絡になりましたことをお詫び申し上げます。 今後は、同じ支社におります〇〇が引き継がせていただきます。 末筆ではございますが〇〇様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てをよろしくお願いいたします。 まとめ 上司に退職メールを送る時の注意点や、挨拶メールなどについてまとめてきました。 もう一度結論を振り返ると、以下のようになります。

次の

退職の相談メールの切り出し方!上司とアポがとれる例文集

上司 退職 メール

「退職メール」の目的 まずはじめに退職メールの目的を確認しておきましょう。 退職メールの目的は「社外」と「社内」で違う 退職する時に送るメールには2種類の目的があります。 1つは退職することを報告するメールで、主に社外の取引先やお客様に向けて、この日に退職するということをお知らせするとともに、後任の紹介などを添えて仕事の引継ぎも考慮に入れたメールです。 退職までの引き継ぎ業務のステップの一つでもあります。 2つ目は、お世話になったことへの感謝を伝える目的で送る挨拶のメールです。 こちらは主に社内の人に向けて勤務の最終日などに送ることが一般的です。 目的が異なるため、「社外」と「社内」にわけて書き方などを説明していきます。 【社外】への「退職メール」の書き方と例文 「社外」に送る退職メールについて、マナーや書き方のポイントと例文を紹介します。 「社外」への「退職メール」のマナーと書き方のポイント 退職メールを送る時期は退職まで1ヵ月を切ったら 社外に送る退職報告のメールは、引き継ぎの時間を考慮して、退職日まで1ヵ月を切ったあたりで送るのがよいでしょう。 あまり早すぎると間が空きすぎて相手先が忘れてしまったり、引き継ぎのタイミングが合わないなど業務の進行に差し支えが出ることも考えられます。 また遅くとも3週間位前までには退職の連絡を入れ、直接出向いての挨拶や後任の担当者の紹介などを手際よく行います。 メールには退職日と引き継ぎ内容を明確に書く 社外への退職メールは先に説明したように、「退職の報告と引き継ぎ」を目的としています。 そのため、退職日と最終勤務日、引き継ぎの内容(後任者や後任者の紹介の予定、業務の引き継ぎについての確認事項など)を簡潔に記します。 退職理由は「一身上の都合」とし、私的な内容は書かない 退職理由は「一身上の都合」とし、退職の具体的な理由や退職後の予定や連絡先など、私的な内容は書かないようにします。 取引先・お客様への例文(件名例と本文例) 社外への退職メールの例文を紹介します。 件名には、相手が一見してすぐに内容がわかるように、退職の連絡という言葉とともに社名と名前を入れるとよいでしょう。 株式会社〇〇の鈴木一郎です。 私事で大変恐縮ですが、このたび一身上の都合により、〇月〇日をもって株式会社〇〇を退職することになりました。 最終出社日は〇日の予定です。 〇〇様には一方ならぬご高配を賜り、心より感謝しております。 あらためてお礼を申し上げます。 退職までに万全の引き継ぎを行いますので、どうぞご安心ください。 つきましては、〇〇ともどもご挨拶に伺わせていただきますので、追って日程のご都合をお伺いする予定です。 残りわずかとなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。 まずはとり急ぎ、退職のご連絡まで申し上げます。 (メール署名) 【社内】への「退職メール」の書き方と例文 次に「社内」の上司や同僚に送る退職メールのマナーや書き方のポイントと例文を紹介します。 「社内」への「退職メール」のマナーと書き方のポイント 退職メールを送る時間は最終日の業務終了後が一般的 社内に送る退職の挨拶メールは、特に社内の規程などがない場合は最終勤務日の勤務時間が終了してから送るのが一般的だといえます。 あくまでも個人的な挨拶のメールであるため、業務時間内に個人的なメールを送るのは問題だと考える人もいることを考慮しましょう。 社内への一斉送信は一般的となっている 大きな会社で部署ごとに部屋が分かれていたり、人数も多かったりするなど、全員に直接挨拶ができない場合は、複数人に向けて一斉送信で挨拶メールを送ることも一般的に行われています。 同じ内容の挨拶文を複数人に送信するのは退職の挨拶ということでマナーとしては問題ありませんが、メールの使い方の点では会社によっては規程が定められていることもあります。 宛先の人数が多い場合などは事前に上司などに確認しておいた方がよいでしょう。 社外に送る場合も同様です。 これまでの感謝の気持ちを簡潔に書き、私的な内容は控える 社内の同僚や他部署の関係者に一斉送信で退職メールを送る場合は、私的な事柄はなるべく控え、退職理由は「一身上の都合」とするのがよいでしょう。 感謝の気持ちなど伝えたいことがたくさんあったとしても、簡潔な表現にとどめます。 あくまでも、業務連絡の延長であることを意識することが大切です。 個人的に伝えたい事柄がある場合は、直接伝えるようにしましょう。 社内への退職メールは「返信」がないことを前提に書く 社内へ向けての退職メールは、返信の必要がない前提で書きます。 あくまでもお世話になった感謝の気持ちを伝える最後のご挨拶であるため、簡潔に済ますことが大切です。 退職の挨拶メールを受け取った場合は、業務連絡で必要なことがある場合を除いて返信の必要はないといえます。 個人的に連絡をしたい場合は、個人のメールアドレスなどに連絡を入れるのがよいでしょう。 上司へは直接挨拶していれば送らない選択肢も 退職日には、上司への挨拶は直接行うことでしょう。 直接挨拶を行うのであれば、メールでさらに挨拶文を送る必要はないといえます。 しかし退職日の当日に挨拶する予定だったのが、上司の突然の出張で予定が合わなくなったなど、予定していた挨拶ができなかった時はメールで挨拶を送りましょう。 同僚への挨拶もできる限り直接行うのが望ましく、小さな会社などで全員に挨拶を行える環境であれば、メールの挨拶は不要であるといえます。 社内への例文(件名例と本文例) 社内への例文を紹介します。 社内への一斉送信の例文 同僚や関係部署へ一斉送信する場合の例文です。 最終勤務日の勤務時間終了後に送信する場合は、会社業務で使用していたメールの署名を外す配慮をすることで返信不要ということが伝わります。 件名:退職のご挨拶(〇〇部 加藤) 各位 お疲れ様です。 お忙しいところ失礼いたします。 〇〇部の加藤です。 私事で恐縮ですが、このたび一身上の都合により〇月末をもって退社することになり、本日が最後の出社日となりました。 本日まで、皆様には大変お世話になり、心よりお礼申し上げます。 入社以来〇年という短い間ではありますが、多くのことを学ばせていただき、感謝の気持ちで一杯です。 最後になりましたが、皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。 略儀ながらメールにてご挨拶いたします。 加藤一郎 上司への例文 件名:退職のご挨拶 〇〇部長 お疲れさまでございます。 本日が最終勤務日となり、業務が終了しましたのでご挨拶申し上げます。 〇〇部長には入社以来、大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。 社会人として未熟な私を根気強くご指導いただきましたこと、改めてお礼申し上げます。 今後は新しい活動の場でより一層努力していく所存です。 最後になりましたが、〇〇部長の一層のご健勝とご活躍をお祈りいたしております。 本日ご挨拶ができなかったため、略儀ながらメールでご挨拶を申し上げます。 加藤一郎 まとめ 「退職メール」は2種類あり、社外の取引先などに送る、引き継ぎの連絡を含めた退職の連絡のメールと、社内の人に送る、退職にあたって感謝を伝える挨拶のメールです。 どちらの場合も、退職という私的な事柄に関するメールですが、業務の一環であることを忘れずに書くことが大切です。 親しい同僚に個別にメールを送る場合でも、会社から貸与されたメールを使用していることを念頭に置き、簡潔な内容を心がけましょう。

次の