ノートン キャンベル 背景 推理。 たんぽぽおいしいのポイピク

ノートンのモーション・キャンベル・イライが話題

ノートン キャンベル 背景 推理

しかし、彼と共に働いてた他の探鉱労働者は彼のような幸運に恵まれることはありませんでした。 その惨事は彼を殺しはしませんでしたが、彼の性格を暗く無口なものに変えてしまいました。 彼は鉱山災害時に入手した隕石磁石を使って、鉱山労働者から地質探査員へと転職しました。 スポンサードリンク 探鉱者の立ち回り方 磁石を投げて他のキャラにくっつける 探鉱者は「磁石」を携帯しており、極性をNかSに指定して好きな場所に投げることが可能です。 初期状態では、探鉱者自身も磁石も 両方N極 磁石が投げられると地面に落ちて、そこに他のサバイバーやハンターが近づくと、そのキャラクターにくっつきます。 磁石がついたキャラはN、またはSの極性を帯び、そのキャラと探鉱者が近づくことで「反発」、または「引き寄せ」の効果が発生します。 探鉱者自身に磁石はくっつきません。 探鉱者にはもともと極性が存在しており、いつでも好きなタイミングで自身の極性をNかSに切り替えることが可能です。 チェイスが得意なサバイバー 同じ極性 NとN,SとS が接近すると反発が発生 探鉱者は初期状態の極性がNのまま、ハンターにNの極性の磁石を投げつけてチェイスすれば、ハンターとの距離が一定範囲内になると自動的に「反発」が発生し、距離を離すことができます。 暗号機に近づくと移動速度1. この効果は80秒に1回使えます。 加速スピードは割れ窓理論発動時と同じです。 磁石でハンターを気絶させる 異なる極性 NとS で接近すると引き寄せが発生 「反発」や「引き寄せ」が発生した時にハンターがオブジェクトにぶつかると気絶します。 オブジェクトにぶつかるまでの移動距離が長ければ長いほど気絶時間は上昇します。 磁石は30秒経過するごとに1つ増加し、最大で3つまで所持できます。 探鉱者は磁石以外の道具を交換することも使用することもできません。 磁石の増え方やそれ以外の道具を使えない点は、祭司の「扉の鍵」と同じようなイメージですね。 負傷した仲間がいる時は、積極的に回復役に徹して治療してあげましょう。 自身の治療速度も上がっているので起死回生で早く起き上がれるのもメリットですね。 一方でスキルチェックが得意な人にとっては、完璧な調整を行うことで解読効率を上げることができるのでメリットになるかもしれませんね。 スポンサードリンク 探鉱者の外在特質 外在特質 効果 隕石磁石 探鉱者は磁石を携帯している。 タップかスワイプすることで、指定した場所に投げることができる。 磁石は周りにいるキャラクターにくっつき、対象の性質をプラス極かマイナス極にする。 持続時間20秒 同じ極性を持つ者は反発し合い、異なる極の性質を持つ者はお互いを引き寄せる。 一定距離の範囲内から離れると引力は切断される。 ハンターにも同極性の引力を切断することができる。 探鉱者は永久的に極性を持っており、自身には磁石を付けられない。 他のキャラクターの極性は、1回の反発や引き寄せの後に消える。 探鉱者はいつでも極性を切り替えることがきる。 30秒に1回、他のキャラと探鉱者の間で反発・引き寄せを発生させることができる。 磁石は探鉱者のための道具であり、他の道具は使用できない。 野外サバイバル 鉱山のトンネル内における過酷な労働環境により、探鉱者のサバイバルスキルが高まった。 磁界の強い磁力により、磁石の反発・引き寄せの最中にオブジェクトとぶつかると気絶する。 ぶつかるまでの距離が長ければ長い程気絶時間が増加する。 磁石吸引 携帯している磁石は鉄製品に引き寄せられる性質を持つ。 この効果は80秒に1回使用できる。 スポンサードリンク 探鉱者におすすめの内在人格(天賦) 危機一髪・中治り型 右下 味方と連携が取れる場合に、一番おすすめしたい内在人格です。 「危機一髪」は、救助さえ成功させればいかなる場合でも、最低20秒の時間を稼げるため非常に有用です。 「中治り」は、誰かが殴られたタイミングを見計らって終わらせることで、全員が脱出する確率をあげることができます。 割れ窓・中治り型 左右 暗号機やロッカーを利用した加速に加えて割れ窓を採用してチェイスに特化するのもおすすめです。 ハンター側から見た探鉱者の対策 現在調査中です。 対策方法がわかり次第追記します。

次の

ノートンのモーション・キャンベル・イライが話題

ノートン キャンベル 背景 推理

解読速度減少といったデメリットも無いため、状況に応じて臨機応変に立ち回る必要がある万能サバイバーと言える。 磁石がくっついているキャラクター 探鉱者含む が互いに近づくと線で結ばれ、連結状態となる。 連結状態のキャラ2人がさらに近づくと、同極であれば弾かれ、異極であれば互いを引き寄せあう。 また、連結状態になってから効果が発動する前にお互いが離れても磁石の効果は消滅する。 探鉱者自身は、磁石に吸い付かれることはない。 磁石の効果で弾かれたり引き寄せられたりしたキャラ達が、途中で物体にぶつかると気絶状態になる。 物体に衝突するまでの距離が長ければ長いほど、気絶時間は長くなる。 どの方向に逃げると安全なのか判断しやすくなるため、チェイスで失敗しにくくなる。 ハンターから逃げ切りやすい 「割れ窓理論」を取得しているため、 窓枠と板を駆使すればハンターから逃げやすくなる。 さらに負傷しにくくなるため、探鉱者の強さを活かしやすい。 ハンターに捕まってしまっても長い時間耐えられるようになるため、「受難」とも相性がよくおすすめ。 ハンターの接近にも気づきやすくなるため、チェイスしやすくなるぞ。 負傷者を確実に逃しやすい! 「危機一髪」のおかげで、 仲間を救助してからの20秒間は攻撃を受けてもダウンしなくなる。 上手く使えば、安定して解読時間を稼ぐことができるようになる。 さらに救助へ向かいやすくなるため、危機一髪と相性が良い組み合わせだ。

次の

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】

ノートン キャンベル 背景 推理

解読速度減少といったデメリットも無いため、状況に応じて臨機応変に立ち回る必要がある万能サバイバーと言える。 磁石がくっついているキャラクター 探鉱者含む が互いに近づくと線で結ばれ、連結状態となる。 連結状態のキャラ2人がさらに近づくと、同極であれば弾かれ、異極であれば互いを引き寄せあう。 また、連結状態になってから効果が発動する前にお互いが離れても磁石の効果は消滅する。 探鉱者自身は、磁石に吸い付かれることはない。 磁石の効果で弾かれたり引き寄せられたりしたキャラ達が、途中で物体にぶつかると気絶状態になる。 物体に衝突するまでの距離が長ければ長いほど、気絶時間は長くなる。 どの方向に逃げると安全なのか判断しやすくなるため、チェイスで失敗しにくくなる。 ハンターから逃げ切りやすい 「割れ窓理論」を取得しているため、 窓枠と板を駆使すればハンターから逃げやすくなる。 さらに負傷しにくくなるため、探鉱者の強さを活かしやすい。 ハンターに捕まってしまっても長い時間耐えられるようになるため、「受難」とも相性がよくおすすめ。 ハンターの接近にも気づきやすくなるため、チェイスしやすくなるぞ。 負傷者を確実に逃しやすい! 「危機一髪」のおかげで、 仲間を救助してからの20秒間は攻撃を受けてもダウンしなくなる。 上手く使えば、安定して解読時間を稼ぐことができるようになる。 さらに救助へ向かいやすくなるため、危機一髪と相性が良い組み合わせだ。

次の