オール ライト タピオカ。 ユッキーナが脅したタピオカ店の場所は西小岩のALLRIGHTと判明! | SandoraNEWS

タピオカALLRIGHT(オールライト)の場所や評判!メニューと値段も調査

オール ライト タピオカ

Sponsored Link ALL RIGHT(オールライト)のメニューと値段は? タピオカドリンク お店のオススメは抹茶ミルクだそうです! ミルクティー、抹茶ミルク ¥500 ピーチ、サイダー ¥450 その他のドリンク アイスコーヒー ¥300 アイスカフェオレ ¥350 ミルクティー ¥350 抹茶オレ ¥350 グリーンティー ¥200 ペプシコーラ ¥300 税込価格です。 増税前の情報ですので、あしからずご了承ください。 オープンしてるよ! 【新OPEN 7月20日】タピオカ ALLRIGHT オールライト 西小岩店 — 楽しみを探そう worriesoflife3 タピオカドリンクは500円でした。 なかなかいい値段といえます…。 次はその内容を見ていきます。 ALL RIGHT(オールライト)のタピオカドリンクの味と評判は? 袋詰になっています。 容量は500mlといったところでしょうか。 上部のジッパーを開いて、そこからストローを差し入れて飲みます。 タピオカの粒の大きさと数が豪華です。 粒の大きさは、直径1センチ以上はあります。 数は20~30粒はありそうです。 このボリュームは食べごたえがあります。 ちょっと高いですが、評判は良いようです。 抹茶は菓子類と相性の良さで知られています。 ミルクやタピオカの甘みと、抹茶の渋みがよく合うという感じでしょうね。 Sponsored Link タピオカのオールライトの外観と内部は? 今日は、小岩にオープンしたばかりのカフェ に行って来ました。 もっとも売り上げで話題になっているわけではありませんが。 カウンター席にソファ、テーブルが一つある程度です。 10人入れるかどうかですかね。 ゆっくり飲みたいのであれば、お持ち帰りもよいかもしれません。 容器がコンパクトなので、たくさん買い込んでしまいましょう。

次の

ユッキーナのタピオカ騒動とは?オーナーに送ったツイッターDM内容全文とタピオカ店の場所はどこで名前は?

オール ライト タピオカ

営業時間: 10:00~19:00 定休日:日曜日 メニュー• タピオカドリンク• ミルクティー 500円• 抹茶ミルク 500円• ピーチ 450円• サイダー 450円• ソフトドリンク• アイスコーヒー 300円• アイスカフェオレ 350円• ミルクティー 350円• 抹茶オレ 350円• グリーンティー 200円• ペプシコーラ 300円 メニューの値段は平均的といったところでしょうか? 種類はそれほど豊富ではなく、王道のものを揃えているという印象です。 台湾っぽさを出すというのがコンセプトにあるのかもしれません。 評判 評判を見てみましょう。 他のお店よりもタピオカの量が多くて美味しかった!私が注文したのは抹茶タピオカです。 おすすめを聞くとサイダーかピーチのタピオカドリンクを勧められたのでそちらをオーダーしました。 タピオカがカラフルでとっても美味しかったです。 子供にも人気のようです。 濃厚なミルクに茶葉のいい香りでした。 タピオカの量も多く美味しかったです。 抹茶が濃厚で渋みがあるので大人向けの味付けかもしれません。 好みが分かれると思いますが、私は好きです。 テイクアウトしやすい容器がいいですね。 抹茶タピオカドリンクが本格的で美味しい。 抹茶タピオカドリンクは本格的である一方、サイダーやピーチ味のタピオカドリンクはタピオカがカラフルで若い人や子供に受けているようです。

次の

木下優樹菜の恫喝&営業妨害発言でタピオカ店側が法的措置検討。トラブルの真相を関係者が激白

オール ライト タピオカ

木下優樹菜さんことユッキーナがタピオカ騒動を起こし、炎上してから約半年。 旦那さんのフジモンとは離婚し、シングルとなったユッキーナは芸能界復帰に向けて準備を進めているようです。 どんな事件だったか覚えていますか? 木下優樹菜のお姉さん S子さん)が務めるタピオカ店のオーナーに脅迫めいたdmを送っていたことが明るみに出てしまったそうで、ことの顛末や木下優樹菜の「人と成り」について、ツィッターを始めネット上では大賑わいでした。 今回は、「ユッキーナのタピオカ騒動とは?オーナーに送ったツイッターDM内容とタピオカ店の場所はどこで名前は?」のタイトルで、ユッキーナが送った恫喝dmの内容の全文と騒動の真実、問題のタピオカ店はどこにあって何という名前なのかをご紹介します。 とても評判の良いお店で、見た目も味もかなりグレード高いらしいですよ。 ・・・ 店の名前とどこにあるのか、チェックして行ってみるのもおすすめです。 ユッキーナがタピオカ店オーナーに送ったDM全文 さやかの妹だけど。 色々言いたいことあるけど、 とりあえずさー インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処置、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 未だ先方への謝罪が終わっておらず、ユッキーナは復帰できていません。 言葉遣いがもろヤンキーなんだね・・・それに確かに脅してるね・・・この感じで来られたら・・・怖いよね。 どうやら、木下優樹菜のお姉さんであるS子さんに支払われるべき給与が支払われず、S子さんが泥棒扱いされたことに妹の木下優樹菜がキレて送ったらしいですが・・・。 ・・・このdmはまずかったですね! ファンが見たら、とか思わなかったのでしょうか・・・思わなかったのでしょうね。 とほほ そもそも、なぜこんなに話がこじれてしまったのか、そしてなぜこのdmが公開されてしまったのでしょうか? DMが公開されてしまった経緯とは? 木下優樹菜の恫喝DMを公開したのは、タピオカ店側から事情を聞いていた知人だそうです。 木下優樹菜がインスタに投稿したタピオカ店への非難により、店が休業に追い込まれてしまうなどして、見かねた知人が反撃に出たのだそうです。 木下優樹菜がタピオカ店に対してコメントした非難の内容とは: 1. 姉がタピオカ店から裏切りのような行動をされた 2. 姉への給与が未払い、給与明細ももらえない 3. 姉が泥棒扱いをされた メールしても返信もして来ないし・・・ だそうです。 この木下優樹菜の3つの主張について、ことの次第を私自身の考察を交えて説明します。 ここは「あえて恫喝の件は置いておいて」考察しますので、ご了承くださいね。 主張1:「裏切りのような行動」とは?共同経営者なのかと思いきや・・・ わたしは木下優樹菜が非難している「裏切りのような行動」というのは、タピオカ店のS子さんへの対応そのものについて言っているのではないかと見ています。 木下優樹菜は最初、このタピオカ店を「姉のS子がオープンした店」としてインスタグラムに投稿し、宣伝していたといいます。 このお店はS子さんがママ友である知人に誘われて、開店から一緒に活動してきたお店だったのです。 店を一緒に経営するはずがS子さんには実権がないことがわかった S子さんは最初にタピオカ店側から誘いを受けた時、一緒に経営する、というような誘われ方をしたのだと言っています。 そのつもりで妹にも「友達とタピオカ店を始める」と話したのだそうです。 しかしタピオカ店側からすると、S子さんを誘ったのは共同経営者としてではなく、「一従業員として働いてもらう」という意味だったそうです。 わたし一人でやるのは大変だから、もっと出勤日を増やしてくれない? 共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ。 と言ったといいます。 これを聞いたS子さんは再び混乱してしまったのだそうです。 後にこの「共同経営者」という言葉については、両者で「言った」「言わない」でモメているそうですが、もし本当にタピオカ店のオーナーの主張通り、共同経営者とは言っておらずS子さんを一従業員だと思っていたのだとしたら、ちょっと腑に落ちないところがあるな、と個人的には思います。 なぜなら、共同経営者ではない、でもそれと同じくらいがんばって欲しい、というタピオカ店の願いには無理があると思うからです。 S子さんがシフトを減らしたいと言ったことや、その後退職を申し出た時のことを、タピオカ店のオーナーは週刊文春にこう話しています。 8月に入ると子供が夏休みだからと急に「働けない」と言われて週一回に減らし、9月に入ると子供を預けてまで働きたくなかったのか「もう辞める」と言い出したんです。 急に辞められても困るし、木下優樹菜の姉の店と聞いて来てくれたお客さんに申し訳ないからと話したのですが、全く話し合いにならず・・・ これだと「S子さんが自分のわがままで勝手に店をほうり出した」という主張に聞こえますが、S子さんはそもそも時給1000円のパートさんですし、共同経営者でもなく、ましてや社員でもないのですから、雇用主としてそこまでの拘束力はないはずです。 「お子さんの世話が忙しい」というのも、母親がパートを辞める理由としては正当なものですし、それについて非難するのは、S子さんの家庭の事情に少し踏み込みすぎではないでしょうか? おそらく、相手がママ友だったということで、タピオカ店側はS子さんに対して甘えが出てしまったのだと思うのですが・・・。 タピオカ店側の一貫していない態度と甘えが、S子さんを「裏切られたような気持ち」にさせてしまったのではないのでしょうか? 主張2:給与未払いとは?給料日を過ぎて取りに行ったのに・・・ 給与未払いに関して、タピオカ店は「店になかなかとりに来ないから、銀行振り込みで支払った」と言っています。 しかし、S子さんと木下優樹菜が言っているのは「8月分の」給与を、給料日が過ぎた翌月の9月14日になっても渡してもらえなかったということについてのようです。 それはS子さんが店の合鍵を返しに出向いた日で、実質「最終日」でした。 給料日は同月の末日と決まっており、「いつでも取りにに来て」と言われていた通り、9月に入ればいつ取りに行っても支払われていなくてはおかしい状態だったそうです。 しかし、最終日にS子さんが出向いた9月14日、お給料について聞いてみると「今日、支払うとは約束してないよね?」と言われたといいます。 ではいつ行けば支払ってもらえたのでしょうか? 主張3:泥棒扱いされたのはなぜ?伝え方を誤ったために起きたミスコミュニケーション また、泥棒扱いされた件については店の「衛生管理者」カードの紛失だったそうですが、S子さんは触ってもいないものだったそうです。 警察が「合鍵を持っている人に聞いてください」と言ったからS子さんに連絡した、とのことですが、S子さんにしてみれば触ってもいないものについて唐突に「あなた知らない?」と聞かれたので、とっさに疑われていると感じたのだと思います。 ここも、タピオカ店としてはママ友相手という甘えから伝え方を誤ってしまったのかもしれませんが、誤解を与えないような聞き方ができていれば余計な溝を作らなくて済んだのではないか、と思うととても残念ですね。 徒歩9分 大変人気のタピオカドリンク店で、開店から連日行列ができるほどの大盛況だといいます。 カラフルな可愛いタピオカと、ジッパーを開けてストローを挿す式のユニークなパッケージを、わたしもテレビで紹介されているのを目にしたことがあった気がします。 食べ応えがあって美味しいと、味も量も文句ないメニューがたくさん並んでいるそうです。 現在は休業中? そんな大人気の「ALL RIGHT」は一時休業し、現在はまた再開しているそうです。 当時は店主が体調を崩してしまい、一旦店を閉めるしかなかったとか。 ユッキーナの怖ーいdmと一連の騒動で参ってしまったんだろうにゃ。 相手がユッキーナだったのがツイてなかったにゃん。 ・・・ 最初にユッキーナの姉の店と言われて繁盛したのは良かっただろうけど、お店の魅力を考えたら特に芸能人の力を借りなくても十分お客さんは入ったかもしれないとも思うにゃん。 今回の件は、このコロナ渦が終息し次第、ユッキーナがお姉さんとお母さん(ユッキーナのお母さまです)と一緒に、家族総出で先方に謝罪に行くことになっているそうです。 S子さんとタピオカ店の当事者だけの問題にしておけばまだ傷は浅かったようなものの、やはり致命的な一打は木下優樹菜の言動でしたね。 タピオカ店を盛り上げるのも非難するのも、一般人と違って影響力が大きいことをよくわきまえておかないといけませんでしたね。 一時は訴訟問題にまで発展していたという噂でしたが、謝罪と和解で丸く収まるといいですね。 木下優樹菜さんも、この件が解決しないと芸能界復帰も危ういはずです。 このタピオカ騒動とは、タピオカ店に勤めていたユッキーナのお姉さんとオーナーさんとのミスコミュニケーションに妹のユッキーナが口を挟んでしまった、という事件でした。 ユッキーナが送ったDM内容は、全文がツィッターで広く拡散されてしまい、芸能活動を自粛せざるを得ないほどの影響が出てしまいました。 問題のタピオカ店の名前は『ALL RIGHT』です。 場所は西小岩のどこなのか、地図つきでご紹介しました。

次の