島 たい せい。 興藏 2016/10/31 公開)

たい島

島 たい せい

アナライズ冬季休業のお知らせ 12月28日 土 〜1月5日 日)まで冬季休業とさせていただきます。 注文は随時承っておりますが、ご対応・発送等は休み明け、1月6日とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。 お世話になりますT島です。 スリーブ付きスチールシャフトとバンパースチール販売再開しました。 よろしくお願いします。 このスチールシャフトですが、メッチャ人気です。 マーク金井が、ずっと使っております。 冬はクラブの重さを利用したいということなので、また冬場は登場回数が増えることが予想されます。 これはコスパがいいというか・・・・ ゴルフスイング物理学的な振り遅れなど覚えるにはピッタリかとT島的には思っています! タイトルにもございましたが・・・アナライズストアブログ最終回です。 ややこしい時期に最終回なんで・・・ 今年最終回?と思うかもしれませんが、アナライズストアブログの最終回となります。 理由はとてもシンプルでして・・・・ アナライズではこ れまで自社製品を自社のインターネットサイトで販売しておりまし たが、2020年1月からは自社販売をやめさせていただきます。 詳しくは追ってご連絡いたしますが、これからはAmazon、そ してインターネット通販の会社からご購入いただけるように販売方 式を変更致します。 自社の販売が無くなるということは、ストアブログの必要性が無いというわけです。 と言いつつも、すぐに自社のストアサイトが無くなるわけではありません。 島田スチールなどの緊急入荷がありこちらを販売することと Amazonへ他サイトへ移行するために、若干の猶予期間があるみたいです。 といいつつ、ストアブログは今日が最終回となります(泣)T島ですが、2015年よりもアナライズストアの運営を離れて、コンテンツ提供管理、Facebook管理、YouTubeの撮影編集、などに限定してアナライズお仕事しておりました。 今後は、YouTubeの頻度を上げるということで、こちらのお仕事をアナライズで担当させていただきたいと思ってます。 YouTubeですが・・・・ 早々に、マーク金井がアイデアを出して(というか、いきなり撮ろうと言い出して・・)新婚さんいらっしゃーい ならぬ メーカーさん いらっしゃーい! というシリーズが出来るかもしれません。 現在編集を終えて、メーカーさんにチェックしてもらっています。 メーカーさんとマーク金井のガチの話はかなり面白いですよ。 あとYouTube版 マーク金井の試打インプレッションなどが増える予定です。 セミナー動画も更新していきますので、観て下さいね T島ですが、、2008年からアナライズでブログを書いております。 そして2013年11月から4年近く毎日更新しておりました。 ストアブログという名前でしたが、まあT島ブログという通称になって、アナライズというマーク金井の知名度があったおかげで、内容以上、T島の知名度以上の、アクセスがあり沢山の方に読んでいただけました。 寂しい・・・なぁ というのが正直な思いです。 もちろん収入も減るので、様々な営業活動を行って目処はつけておりますが・・・ 寂しい ということで、自分でドメインなど取って、サーバー借りてサイトを作っております。 ストアブログというのは、ストアの商品を紹介するというの目的ですが、それだけじゃ定期的に誰も読まないということで、好きに書かせていただきました。 といいつつちゃんと商売していました。 その縛りが無くなりましたけど、いろいろな会社さんとやっておりますお仕事を自分のサイトではしっかりと宣伝していきます。 12月に入って、今月いっぱいでこちらのブログが終了ということで、終活な内容となっておりました。 でもねぇ。 マーク金井が作ったクラブというのは、ファンタジーはありませんが、ホントに道具としてしっかり作られているということです。 T島はぶっちゃけファンタジーとか面白いと思うんです。 でも 『ホントはどうなん?』という分析をするのが好きなんです。 妥協しない設計と、製品化されるまでにしっかりコストかけてチェックする 定評のある素材を、熟練の工場に作らせる ライロフト角調整可能、シャフトのバリエーションだけでなくシャフトから作る なんて手間と時間をかけた試作を繰り返ししっかりと作り上げているので、アナライズ関係していなくても、使いたくなるクラブが多くあります。 T島的には mmウエッジ マジックマリガンUT mmアイアン ぶっちゃけ、すごく好きです。 PXGやら何やらいろいろとパター以外持ってますけど、この3つはどれかがバッグに入ってます。 今後も期待しておりますし、個人的なブログでも紹介していこうと思います。 このブログのおかげでT島の知名度も上がりました。 残念ながらアクセスなどは、そのまま引き継げないと思いますが、T島的視点で継続してどこかで書いていきますので、よろしくお願いします。 アナライズ冬季休業のお知らせ 12月28日 土 〜1月5日 日)まで冬季休業とさせていただきます。 注文は随時承っておりますが、ご対応・発送等は休み明け、1月6日とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。 スリーブ付きスチールシャフトとバンパースチール販売再開しました。 よろしくお願いします。 えーっとクリスマスですね。 もう年末感満載です。 このブログも今回入れてあと3回となりました。 この時期聞きたい曲って皆さんありますか? T島的には、ユニコーン 雪が降る町とか、SMILEのIN EVERY PLACEなどを口ずさんでしまいます。 カラオケでは、ワムのラスト・クリスマスとかですね。 今年は歌ってないですけど・・・ T島は、月曜日にきみさらずゴルフリンクスに打ちひしがれるました。 マーク金井のハーフ37って何すかね? 凄いわぁ〜(汗) こんなのがFacebookにありました まさにこれ。 生配信などの質問は、知りたいという皆さんの思いを感じます。 でも知っても やってみないとわからない。 クラブについても、こうやろうと思うけどどう思いますか?という 事をよく聞かれます。 T島ですが、普通のおじさんですが、ちょっと違うのは、ゴルフクラブやスイングにおいて、なんでも、やってみる分、ブログが書けているんじゃないかな なんて思っています。 お陰様で多くの方に読んでいただけました とは言え、マーク金井のアナライズ という看板がある分、内容以上に多くの方に読んでいただけたんだろうな と思っています。 とは言えイロイロやってみました。 まあスイング改造は、まだまだ わかるからできる にならないのですが、この冬こそなんとかしたいです。 絶対習慣化したいです。 おまけに実際にやってみて、正しく出来ているか?というのを、マーク金井がチェックしてくれますので・・・ わかる までたどり着ける確率が高いです。 T島も撮影しているだけで、その場ではやってませんから、その辺痛感しております。 でもやってみると、わかるに行けます。 ゴルフスイング物理学の小澤さんは、無意識にできるようになるには4万回繰り返すと言います。 とにかくやるしかないでしょ。 フレループでがんばります こちら毎週火曜日更新されていました ゴルフダイジェスト・オンラインの記事 今週で終了。 T島も5年前から、この記事のクラブの手配、写真動画撮影、記事の構成、などなどのディレクションを担当していたので結構大変だったんですけど、終わると寂しいですね。 でもマーク金井はYouTube動画でやり続けると宣言。 T島はテキストが好きなので、なんとか自分でこのコンテンツ引き続けないかなんて妄想しております。 ちなみに・・・・ こちらはまだ継続するようです。 継続できるように皆さん イイねとか シェアしてくれると嬉しいです。 えーっとキャロウェイさんの新製品 マーベリックのティーザー広告はバンバン出るようになりましたね しかし・・・・ テーラーメイドが全然出てこないと思っていましたが、ここ数日でガッツリ登場してきました テーラーメイド SIM、SIM MAX ドライバーですよ theequipmentjunkie がシェアした投稿 — 2019年12月月20日午後5時56分PST はい。 実はSIMって言う名前は11月末にT島の情報網から入ってきてました。 なかなか大胆に変わりますね。 Mシリーズじゃなくなるんでしょうね。 とは言え全然中身が把握できません。 空力重視なんでしょうかね?• テーラーメイドさん、今回ティーザー広告してないけど、検索すると日本のほうが情報が充実しているようです。 というのもすでに取扱店に向けて発表しているんじゃないかな〜(実はメディアの方が遅いんですよ 面白いでしょ?)まあ販売店さんから注文してもらわないといけないから、当然といえば当然なんですけどね(汗)なかなかそこから情報は流れないのですが・・・ うーんどっちを手に入れようか悩むね もういいから情報流してほしいなぁ ってことでまた金曜日に・・・ 今何かと話題の、カウンターバランスの元祖 よろしくおねがいします。 本日の21時からです。 お忘れなくよろしくお願いします。 どんな話が飛び出すか??お楽しみに〜 えっと 1月のマーク金井セミナー 一般募集開始しています。 プライム会員限定で販売しておりました。 でも実は同じものでもなくて、今回このハンドファーストセミナーの為に更に仕様を変えたものです。 じつは・・・一般発売出来ないんです。 フレループを作ったリンクスさんからフレループウテルと言う商品が発売されていまして・・・こちら開発にマーク金井がアドバイスをしておりますけど、アナライズでも同じコンセプトで開発しておりまして、リンクスさんの手前、ひっそりと限定で販売するしかないのですよ。 でもねぇ、一応作っちゃったんで、作った分は売らないといけないわけで・・・このセミナーは、このダスティン・ジョンソン養成クラブ付きの値段となってます。 けっして高くないです。 むしろ激安かも・・・ そして2つのセミナーも参加者募集しております。 今週末は、ゴルフ! そしてスキー というT島でございました。 最近のブログで、解った!!理解した!と思って書いておりますT島・・・ 意気揚々とラウンドしたのですが・・・ 全く出来ない。 コースに出るとなんかねぇ・・・無意識化できてないことに気が付きます。 練習場で、ビデオ撮りながら、トラックマンで計測しながら見つけた変なコツみたいなものが、全く通用しないわけで(汗) みんなオイラが悪いのさ と思ってプレーしてます・・・前半50を超えるのか?と思ったら、後半はパットが入って30台とか、もう何やってんのよってゴルフですわ T島ですけど、クラブのスペックにすっかりこだわりが無くなっています。 もちろん要所はなんとなく抑えております。 とりあえず『バランスがD1で揃えてるのでこれだけD3だだからミスが出た』とかいうことはありません。 クラブが原因でミスショットの理由になる気がしないんです。 スイマセン・・ T島的には、それで全てが救われるわけじゃない 的な・・・ T島の気になるスペックですが・・・• リアルロフト角• フェース角• 重心角• シャフトの振動数• センターフレックス• クラブ総重量 などとブログに書きました・・まあ最近はそんなデータ取ってないし、だいたいリアルロフトとかフェース角とか目視だし、シャフトのデータとかだいたい振ったらこれぐらいかな〜なんて感じで・・・ えーー 考えてない・・ まあ最近自分で組み立てなどやめて、信頼するショップである大蔵ゴルフスタジオさんに任せてます。 ちゃんと組み上がったあとに『T島さん、スペック測りますか?』って聞いてくれます。 知らなくても大丈夫だもん。 組み立てる段階で、必要なことは伝えてあるので、あとはお任せです。 最近ほとんどこだわらなくなったは・・・ クラブが原因で起こるミスよりも遥かに、ヒューマンエラーが原因と痛感しているから。 ウエッジ、アイアン、地面から打つものに関しては、バンス角のしっかり付いたものであったりとか、ソール形状などこだわりがありますが、バンス角が何度無いどダメとかいう数値しばりではないです。 ちゃんと機能してれば良い訳で。 ではゴルフクラブをスペックなど揃える。 様々な調整が無駄なのか?というのはまた別の話じゃないかとT島は思います。 アンフォーストエラーが出にくい• 飛距離の階段が綺麗にできる というのがT島的クラブセッティングにおける最重要課題ですが、最終的にクラブのせいじゃないということが大切で。 どこまで拘ったら信頼できるのか?これに尽きると思います。 とことん拘って、番手ごとの数値のフローができているとか、アイアンのネックに鉛が入ってることがミスの原因になるとプレーヤーが思うと、ミスが出やすくなるのがゴルフじゃないかと・・ 要は ミスは全部自分のせい。 と思えるクラブであればいい。 それはゴルファーによって違うと思います。 でもその逆 この調整をしたから• アンフォーストエラーが出ない• 飛距離が上がる• スイングが劇的に変わる とは言い切れないんじゃないかな?、調整にこだわったから・・ それで全てが救われるわけではない とT島は思います。 でも自分のクラブを信頼できることで、迷いがなくなって好結果がでる可能性はありますよね。 必ずやらないといけないことと、出来ればやったほうが良いこと、そしてやらないよりはやったほうが良いと、必要ない、の4段階あります。 何かに基準をおいて、クラブを微細に調整することは、決して無駄ではないと思います。 以前にも調整して『あ〜これはいい感じになった』と思った経験は何度かあるからです。 自分の納得する調整されたクラブを使って気持ち良い、それでミスが出ないと感じるなら必要なことなのではないでしょうか? まあT島的には、自分のスイングが原因で大きなミスが出ている段階ですから、クラブは信頼できるショップに任せて、練習していくことが大切じゃないか!と思っています。 動画見ながら、自分で動画撮ってチェックして行くこと これがテーマ。 もちろん自分の好みのシャフトやらヘッドやらを選んで、信頼できるところで組み立てているわけですから、そもそも不都合は起こらないのかもしれません。 ほんと無意識にできるように、4万回繰り返すことをテーマにしています。 といいつつ・・・4Wに入れた と言いつつ相変わらずなのは、クラブを衝動買いしてしまうことです。 先日、撮影で行ったレプトンゴルフ五日市店で、ヘッドとシャフトを購入して ようやく組み立てることができました〜 キャロウェイのローグフェアウェイウッドのUS仕様です。 4WはUS仕様しかなかったような・・ヘッドとシャフト両方合わせても1万円しなかったです。 中古ショップって良いよね〜 ローグのフェアウェイウッドですが、キャロウェイ契約プロの間でも、使っている人が多くて、柏原明日架も使っています。 3wだとT島はボールの高さが出ませんけど、4Wだとなんとかなります。 低スピンで強い球がでます。 キャロウェイのフェアウェイウッドは音が好きです。 弾く音がするので気持ちいいです。 シャフトはUSTマミヤ AUGA-G for FW 65s こちらも意外と扱いやすくて驚きました。 そう言えばUSTマミヤさん、以前からコッソリ、新しいFW、UT用のシャフト出しますよって聞いてたけどようやく発売されたようです。 合成分布図を見ると、なんかT島がかなり好きそうです。 UT用には70、80グラム台までRの設定があるのが嬉しいです。 マットブラックでT島の愛車の色と同じでいい感じっす。 打ってみたいっす。 そして、これをウチの家人より取り戻すことに成功 やっぱりコレ扱いやすくて好きです。 あと打感が良いんですよ。 打感のことは一切謳ってないけど打感が良いというマジック。 うちの家人には、キャスコのドルフィンウエッジを中古で安く買って渡しました。 アナライズのオリジナルクラブではイチオシです はい、シリーズ化してます、意外に宣伝じゃないシリーズ。 今回はシャフト編です。 最新シャフトは、新しいテクノロジーを使ってますから、素材的には最善かと思います。 でもシャフトって非常に製品寿命が長いですよね。 素材や作り方が最善だからといって、劇的に変化しないんです。 変化が好きなのか嫌いなのかという部分もあると思います。 ヘッド性能のように、重心位置とか慣性モーメントなどのわかりやすい数値が無いのです。 一昔前はトルク少ない=高性能というわかりやすい図式がありましたので、こぞって低トルクを謳っていましたね。 でも、アマチュアのなかでも、トルクが大きいから曲がったとかいう人が、結構いらっしゃいます。 リアリー?と聞いてみたい。 トルクが大きいとオートマチック感でますけど、少ないと、マニュアル感でます。 操作性は良くなるでしょうが、トルクが大きいから曲がる感じたことない・・・カーボンシャフト創世記にプロが打つと、飛ぶけど曲がると言ってましたけど・・トルク値10を超えてたとか・・ 今ではだれもそんなこと言ってないし・・ ということでシャフト選びって、先入観に捕らわれている気がします。 ゴルフスイング物理学の小澤さんは、『手元がしなって先端がしっかりしたシャフト』というのに拘ってそういうシャフトを選んでるようです。 まあT島も同じ傾向がありますがけど、フィッターの皆さんは、T島に、先がちょっと・・動くものを勧めてくれます。 えーっといろいろなシャフトを打ってみて欲しいです。 皆さん硬いシャフトに興味があると思うんですが、超柔らかいシャフトとか打ってみるのは絶対良いです。 できれば超柔らかいシャフトをコースで使ってみて欲しいと思います。 やわらかい=曲がる という固定観念が変わるはずです。 だって練習になるし、曲がりにくいから・・・エースシャフトにしているという話も聞いております!!! 素敵・・・ あまりに柔らかくて不安という人は、デザインチューニング メビウスEQなどもいいかも。 T島も1ラウンド通して使いましたが、安定して打てました。 冬場とかメッチャ良さそうな気がします。 上手くシャフトが使えるとメッチャ飛ばせるそうです。 ドラコンのプロとかレディースぐらいの硬さを使ったりしていますし・・・ すごく軽いシャフト、重いシャフト、いろいろと自分で打ってみるといろいろな発見があるでしょう。 T島も昨年驚いたのは・・・ ウッドにスチールシャフトを入れたことですね マーク金井も自身のブログに書いていましたが、これは驚きでした! 流石に100グラムは無いだろう!と思ったのですが、打ってみるとあれ不思議。 たぶん43. 5インチと短いこと、振動数のわりにシャフトのしなりを感じること、などなど、フラシーボ効果ではない、たぶん裏付けられる要素がかなり有ると思うんです。 あと重心位置的には、ドライバーは他のクラブとかなり違うので、ドライバーだけ別!と考えれば、ウッド用スチールシャフトってとても有効だと思います。 他のショップでもすごく売れたそうで、アナライズはメーカー欠品ということで、ずっと売り切れでスイマセン。 島田ゴルフさん、すごく売れたんじゃないかなぁ・・・これはホント打ってみないとわかりませんね。 っていうか・・・是非打って欲しい!!!!! いろいろなシャフトを打っていくと、シャフトの違いとかが実体験とかでわかってきます。 自分で良くわからなかったら、フィッティングとか受けてみたらどうでしょうか? 面白いのがT島のスイング軌道。 自分の中でも振っていて気持ち良くないシャフトを使ったほうが、クラブパスが良かったり、切り返しでヘッドが動く癖が出なかったりするんです。 自分のリズムで打ちやすいシャフトっていうのは、癖が前提だったりしますし・・・ シャフト選びというのは結構やっかいです。 ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします 練習に行きたいのに、仕事が片付かず行けてないT島です。 こちらの動画・・・・スゲー勢いで編集しました。 編集だけで軽く7時間ぐらいかかります・・・以前は5分編集するのに1時間でしたけど(汗)だいぶ早くなりました。 動画のエンコードに1時間、YouTubeにアップするのに1時間ぐらいかかります。 まあ良いことと言えば、7時間も動画を見続けることでしょう。 延々観ているわけです。 観てる瞬間に あああああ と思うことがあるんですね。 今回は、撮影中に ああああ となりました。 この動きは、ゴルフスイング物理学の聖地である松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチにいろいろなドリルを習ってるんですけど、マシュー・ウルフのように右手を回外させる練習しています。 コレ苦手みたいで、遠投が上手く出来ません。 ボールを投げる時に回内してしまうんです。 T島がこの間取り組んできたのは 骨盤を開く! でした。 コレさえ出来れば大丈夫と思っていたのですが、T島ですがアンダー星人の宿命の打つ瞬間に体が前に出てしまい。 トラックマンでの計測でもクラブパスがいい感じになってきました。 体が前に出なくなった気がします。 これでもかなり良くなってきたのですが、まだまだ逆球は出る(泣)。 そして今回の動き、切り返しでフェースを閉じようとすると、ハンドファーストでインパクトできません。 グリップの動きが止まってしまうことに、気が付かないわけで・・・ 右肘を体の正面に向けたまインパクトを迎え、フェースローテーションしないままフォローに向かうことが出来ませんでした。 どうしても右手を回内してしまう 切り返しからこんな感じで右手がインパクト迎えるなんて・・・ 今まで、わかっていたような気がしてましたが、わかっていなかったような・・・・ 理解から習得までの距離が本当に長い まあT島が習得したとはいい切れませんが、ほんとこればっかりドリルでやってたのに、全然出来てかったわけです。 その間、ありがたいことにマーク金井にも指摘されていたんですけどね(汗)ほんと全くわかってなかった もしかして、今ようやく理解して、ここから習得まで長いのか・・・・ やっと理解しました 習得するまでうーん頑張ります。 ということがなんとなくわかりました。 ということで是非、動画見て下さい!!!! えーっとアナライズのクラブ、フェアウェイウッドは以前ありましたが、今はありません。 マーク金井のキャディバッグからも姿を消しています。 それはアンフォーストエラーが出やすいクラブであるという視点から、マーク金井のキャディバッグから消えたのでしょう。 あの方、ドライバーが250ヤードぐらい飛びますから、レギュラーティならフェアウェイウッドとかなくても全然届きますし・・・T島そんな飛ばないので、フェアウェイウッド入れてます。 抜いたほうが良いかなと思うこともあります(汗) まあ使うのはほとんど7Wまでで、5Wはティショットなんですけどね ということで、 意外に宣伝じゃないフェアウェイウッド選び 行ってみましょう こんな動画でもフェアウェイウッドの話をしています。 こちらの動画でも喋ってますが・・・そもそも 3w要るの? と・・・マーク金井はアンフォーストエラーが出やすいので、フェアウェイウッドも抜いてしまっているというのに、3wが要るのか? ティアップしていなくて、一番長く、1番ロフトが少ないクラブです。 でも打てたらカッコいいですな。 T島最近抜いてしまいましたね。 4Wを買いましたが。 (まだ組み立てて貰ってません)できれば俺もフェアウェイウッドを抜きたいです・・・残り距離がもっと短くなればなぁ とは言えフェアウェイウッド• ヘッド大きめ。 スピン量は適度• シャフトは、UTより少し軽め これぐらいか・・・ ロフト角は大きめのが良いですよ。 中古で良いので試してほしいと思います。 5W(18度)から7W(21度)とか4W(16. 5度)と7W(21度)とかですかね? どういうコースを廻る機会が多いか?というのも大切です。 T島がよく行く富士見高原ゴルフコースは、セカンドが打ち上げがほとんどなので、3wよりも5Wのが距離が出ます。 同じ理由で5Wより7Wのが飛んだりするんです。 フェアウェイウッドというのは、基本的にUTよりも高さが出て欲しいクラブなんです。 だからボールが楽に上がることが大切じゃないかなぁ〜なんて思います。 えーっとフェアウェイウッドってシャフトが大切です。 っていうのも大手メーカーの純正シャフトが軽すぎることがほとんどだからです。 有名メーカーのフェアウェイウッド・・たとえばゼクシオ11とか、40g台です。 ゼクシオXでさえ40g台です。 テーラーメイドのM6とか純正カーボンシャフトってギリギリ50g台(40g台もある)だったりします。 アイアンが、軽量スチールだったらその差40グラムもあるんです。 なのでせいぜい60グラム後半じゃないとね?と思ってフェアウェイウッド用に作ったのが、というシャフトです。 アナライズってクラブよりが先なんですよ。 市場に無いから作るという理由で、作られました。 もも ってことで、フェアウェイウッド選びは、シャフト選びが大切ってことだけでも、覚えておいてくれると嬉しいです ではまた金曜日に マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は 12月23日月曜21時から配信します 録画配信はございません 生でごらんください.

次の

古座町:鯛島(たいじま)と清暑島(せいしょとう)

島 たい せい

アナライズ冬季休業のお知らせ 12月28日 土 〜1月5日 日)まで冬季休業とさせていただきます。 注文は随時承っておりますが、ご対応・発送等は休み明け、1月6日とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。 お世話になりますT島です。 スリーブ付きスチールシャフトとバンパースチール販売再開しました。 よろしくお願いします。 このスチールシャフトですが、メッチャ人気です。 マーク金井が、ずっと使っております。 冬はクラブの重さを利用したいということなので、また冬場は登場回数が増えることが予想されます。 これはコスパがいいというか・・・・ ゴルフスイング物理学的な振り遅れなど覚えるにはピッタリかとT島的には思っています! タイトルにもございましたが・・・アナライズストアブログ最終回です。 ややこしい時期に最終回なんで・・・ 今年最終回?と思うかもしれませんが、アナライズストアブログの最終回となります。 理由はとてもシンプルでして・・・・ アナライズではこ れまで自社製品を自社のインターネットサイトで販売しておりまし たが、2020年1月からは自社販売をやめさせていただきます。 詳しくは追ってご連絡いたしますが、これからはAmazon、そ してインターネット通販の会社からご購入いただけるように販売方 式を変更致します。 自社の販売が無くなるということは、ストアブログの必要性が無いというわけです。 と言いつつも、すぐに自社のストアサイトが無くなるわけではありません。 島田スチールなどの緊急入荷がありこちらを販売することと Amazonへ他サイトへ移行するために、若干の猶予期間があるみたいです。 といいつつ、ストアブログは今日が最終回となります(泣)T島ですが、2015年よりもアナライズストアの運営を離れて、コンテンツ提供管理、Facebook管理、YouTubeの撮影編集、などに限定してアナライズお仕事しておりました。 今後は、YouTubeの頻度を上げるということで、こちらのお仕事をアナライズで担当させていただきたいと思ってます。 YouTubeですが・・・・ 早々に、マーク金井がアイデアを出して(というか、いきなり撮ろうと言い出して・・)新婚さんいらっしゃーい ならぬ メーカーさん いらっしゃーい! というシリーズが出来るかもしれません。 現在編集を終えて、メーカーさんにチェックしてもらっています。 メーカーさんとマーク金井のガチの話はかなり面白いですよ。 あとYouTube版 マーク金井の試打インプレッションなどが増える予定です。 セミナー動画も更新していきますので、観て下さいね T島ですが、、2008年からアナライズでブログを書いております。 そして2013年11月から4年近く毎日更新しておりました。 ストアブログという名前でしたが、まあT島ブログという通称になって、アナライズというマーク金井の知名度があったおかげで、内容以上、T島の知名度以上の、アクセスがあり沢山の方に読んでいただけました。 寂しい・・・なぁ というのが正直な思いです。 もちろん収入も減るので、様々な営業活動を行って目処はつけておりますが・・・ 寂しい ということで、自分でドメインなど取って、サーバー借りてサイトを作っております。 ストアブログというのは、ストアの商品を紹介するというの目的ですが、それだけじゃ定期的に誰も読まないということで、好きに書かせていただきました。 といいつつちゃんと商売していました。 その縛りが無くなりましたけど、いろいろな会社さんとやっておりますお仕事を自分のサイトではしっかりと宣伝していきます。 12月に入って、今月いっぱいでこちらのブログが終了ということで、終活な内容となっておりました。 でもねぇ。 マーク金井が作ったクラブというのは、ファンタジーはありませんが、ホントに道具としてしっかり作られているということです。 T島はぶっちゃけファンタジーとか面白いと思うんです。 でも 『ホントはどうなん?』という分析をするのが好きなんです。 妥協しない設計と、製品化されるまでにしっかりコストかけてチェックする 定評のある素材を、熟練の工場に作らせる ライロフト角調整可能、シャフトのバリエーションだけでなくシャフトから作る なんて手間と時間をかけた試作を繰り返ししっかりと作り上げているので、アナライズ関係していなくても、使いたくなるクラブが多くあります。 T島的には mmウエッジ マジックマリガンUT mmアイアン ぶっちゃけ、すごく好きです。 PXGやら何やらいろいろとパター以外持ってますけど、この3つはどれかがバッグに入ってます。 今後も期待しておりますし、個人的なブログでも紹介していこうと思います。 このブログのおかげでT島の知名度も上がりました。 残念ながらアクセスなどは、そのまま引き継げないと思いますが、T島的視点で継続してどこかで書いていきますので、よろしくお願いします。 アナライズ冬季休業のお知らせ 12月28日 土 〜1月5日 日)まで冬季休業とさせていただきます。 注文は随時承っておりますが、ご対応・発送等は休み明け、1月6日とさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。 スリーブ付きスチールシャフトとバンパースチール販売再開しました。 よろしくお願いします。 えーっとクリスマスですね。 もう年末感満載です。 このブログも今回入れてあと3回となりました。 この時期聞きたい曲って皆さんありますか? T島的には、ユニコーン 雪が降る町とか、SMILEのIN EVERY PLACEなどを口ずさんでしまいます。 カラオケでは、ワムのラスト・クリスマスとかですね。 今年は歌ってないですけど・・・ T島は、月曜日にきみさらずゴルフリンクスに打ちひしがれるました。 マーク金井のハーフ37って何すかね? 凄いわぁ〜(汗) こんなのがFacebookにありました まさにこれ。 生配信などの質問は、知りたいという皆さんの思いを感じます。 でも知っても やってみないとわからない。 クラブについても、こうやろうと思うけどどう思いますか?という 事をよく聞かれます。 T島ですが、普通のおじさんですが、ちょっと違うのは、ゴルフクラブやスイングにおいて、なんでも、やってみる分、ブログが書けているんじゃないかな なんて思っています。 お陰様で多くの方に読んでいただけました とは言え、マーク金井のアナライズ という看板がある分、内容以上に多くの方に読んでいただけたんだろうな と思っています。 とは言えイロイロやってみました。 まあスイング改造は、まだまだ わかるからできる にならないのですが、この冬こそなんとかしたいです。 絶対習慣化したいです。 おまけに実際にやってみて、正しく出来ているか?というのを、マーク金井がチェックしてくれますので・・・ わかる までたどり着ける確率が高いです。 T島も撮影しているだけで、その場ではやってませんから、その辺痛感しております。 でもやってみると、わかるに行けます。 ゴルフスイング物理学の小澤さんは、無意識にできるようになるには4万回繰り返すと言います。 とにかくやるしかないでしょ。 フレループでがんばります こちら毎週火曜日更新されていました ゴルフダイジェスト・オンラインの記事 今週で終了。 T島も5年前から、この記事のクラブの手配、写真動画撮影、記事の構成、などなどのディレクションを担当していたので結構大変だったんですけど、終わると寂しいですね。 でもマーク金井はYouTube動画でやり続けると宣言。 T島はテキストが好きなので、なんとか自分でこのコンテンツ引き続けないかなんて妄想しております。 ちなみに・・・・ こちらはまだ継続するようです。 継続できるように皆さん イイねとか シェアしてくれると嬉しいです。 えーっとキャロウェイさんの新製品 マーベリックのティーザー広告はバンバン出るようになりましたね しかし・・・・ テーラーメイドが全然出てこないと思っていましたが、ここ数日でガッツリ登場してきました テーラーメイド SIM、SIM MAX ドライバーですよ theequipmentjunkie がシェアした投稿 — 2019年12月月20日午後5時56分PST はい。 実はSIMって言う名前は11月末にT島の情報網から入ってきてました。 なかなか大胆に変わりますね。 Mシリーズじゃなくなるんでしょうね。 とは言え全然中身が把握できません。 空力重視なんでしょうかね?• テーラーメイドさん、今回ティーザー広告してないけど、検索すると日本のほうが情報が充実しているようです。 というのもすでに取扱店に向けて発表しているんじゃないかな〜(実はメディアの方が遅いんですよ 面白いでしょ?)まあ販売店さんから注文してもらわないといけないから、当然といえば当然なんですけどね(汗)なかなかそこから情報は流れないのですが・・・ うーんどっちを手に入れようか悩むね もういいから情報流してほしいなぁ ってことでまた金曜日に・・・ 今何かと話題の、カウンターバランスの元祖 よろしくおねがいします。 本日の21時からです。 お忘れなくよろしくお願いします。 どんな話が飛び出すか??お楽しみに〜 えっと 1月のマーク金井セミナー 一般募集開始しています。 プライム会員限定で販売しておりました。 でも実は同じものでもなくて、今回このハンドファーストセミナーの為に更に仕様を変えたものです。 じつは・・・一般発売出来ないんです。 フレループを作ったリンクスさんからフレループウテルと言う商品が発売されていまして・・・こちら開発にマーク金井がアドバイスをしておりますけど、アナライズでも同じコンセプトで開発しておりまして、リンクスさんの手前、ひっそりと限定で販売するしかないのですよ。 でもねぇ、一応作っちゃったんで、作った分は売らないといけないわけで・・・このセミナーは、このダスティン・ジョンソン養成クラブ付きの値段となってます。 けっして高くないです。 むしろ激安かも・・・ そして2つのセミナーも参加者募集しております。 今週末は、ゴルフ! そしてスキー というT島でございました。 最近のブログで、解った!!理解した!と思って書いておりますT島・・・ 意気揚々とラウンドしたのですが・・・ 全く出来ない。 コースに出るとなんかねぇ・・・無意識化できてないことに気が付きます。 練習場で、ビデオ撮りながら、トラックマンで計測しながら見つけた変なコツみたいなものが、全く通用しないわけで(汗) みんなオイラが悪いのさ と思ってプレーしてます・・・前半50を超えるのか?と思ったら、後半はパットが入って30台とか、もう何やってんのよってゴルフですわ T島ですけど、クラブのスペックにすっかりこだわりが無くなっています。 もちろん要所はなんとなく抑えております。 とりあえず『バランスがD1で揃えてるのでこれだけD3だだからミスが出た』とかいうことはありません。 クラブが原因でミスショットの理由になる気がしないんです。 スイマセン・・ T島的には、それで全てが救われるわけじゃない 的な・・・ T島の気になるスペックですが・・・• リアルロフト角• フェース角• 重心角• シャフトの振動数• センターフレックス• クラブ総重量 などとブログに書きました・・まあ最近はそんなデータ取ってないし、だいたいリアルロフトとかフェース角とか目視だし、シャフトのデータとかだいたい振ったらこれぐらいかな〜なんて感じで・・・ えーー 考えてない・・ まあ最近自分で組み立てなどやめて、信頼するショップである大蔵ゴルフスタジオさんに任せてます。 ちゃんと組み上がったあとに『T島さん、スペック測りますか?』って聞いてくれます。 知らなくても大丈夫だもん。 組み立てる段階で、必要なことは伝えてあるので、あとはお任せです。 最近ほとんどこだわらなくなったは・・・ クラブが原因で起こるミスよりも遥かに、ヒューマンエラーが原因と痛感しているから。 ウエッジ、アイアン、地面から打つものに関しては、バンス角のしっかり付いたものであったりとか、ソール形状などこだわりがありますが、バンス角が何度無いどダメとかいう数値しばりではないです。 ちゃんと機能してれば良い訳で。 ではゴルフクラブをスペックなど揃える。 様々な調整が無駄なのか?というのはまた別の話じゃないかとT島は思います。 アンフォーストエラーが出にくい• 飛距離の階段が綺麗にできる というのがT島的クラブセッティングにおける最重要課題ですが、最終的にクラブのせいじゃないということが大切で。 どこまで拘ったら信頼できるのか?これに尽きると思います。 とことん拘って、番手ごとの数値のフローができているとか、アイアンのネックに鉛が入ってることがミスの原因になるとプレーヤーが思うと、ミスが出やすくなるのがゴルフじゃないかと・・ 要は ミスは全部自分のせい。 と思えるクラブであればいい。 それはゴルファーによって違うと思います。 でもその逆 この調整をしたから• アンフォーストエラーが出ない• 飛距離が上がる• スイングが劇的に変わる とは言い切れないんじゃないかな?、調整にこだわったから・・ それで全てが救われるわけではない とT島は思います。 でも自分のクラブを信頼できることで、迷いがなくなって好結果がでる可能性はありますよね。 必ずやらないといけないことと、出来ればやったほうが良いこと、そしてやらないよりはやったほうが良いと、必要ない、の4段階あります。 何かに基準をおいて、クラブを微細に調整することは、決して無駄ではないと思います。 以前にも調整して『あ〜これはいい感じになった』と思った経験は何度かあるからです。 自分の納得する調整されたクラブを使って気持ち良い、それでミスが出ないと感じるなら必要なことなのではないでしょうか? まあT島的には、自分のスイングが原因で大きなミスが出ている段階ですから、クラブは信頼できるショップに任せて、練習していくことが大切じゃないか!と思っています。 動画見ながら、自分で動画撮ってチェックして行くこと これがテーマ。 もちろん自分の好みのシャフトやらヘッドやらを選んで、信頼できるところで組み立てているわけですから、そもそも不都合は起こらないのかもしれません。 ほんと無意識にできるように、4万回繰り返すことをテーマにしています。 といいつつ・・・4Wに入れた と言いつつ相変わらずなのは、クラブを衝動買いしてしまうことです。 先日、撮影で行ったレプトンゴルフ五日市店で、ヘッドとシャフトを購入して ようやく組み立てることができました〜 キャロウェイのローグフェアウェイウッドのUS仕様です。 4WはUS仕様しかなかったような・・ヘッドとシャフト両方合わせても1万円しなかったです。 中古ショップって良いよね〜 ローグのフェアウェイウッドですが、キャロウェイ契約プロの間でも、使っている人が多くて、柏原明日架も使っています。 3wだとT島はボールの高さが出ませんけど、4Wだとなんとかなります。 低スピンで強い球がでます。 キャロウェイのフェアウェイウッドは音が好きです。 弾く音がするので気持ちいいです。 シャフトはUSTマミヤ AUGA-G for FW 65s こちらも意外と扱いやすくて驚きました。 そう言えばUSTマミヤさん、以前からコッソリ、新しいFW、UT用のシャフト出しますよって聞いてたけどようやく発売されたようです。 合成分布図を見ると、なんかT島がかなり好きそうです。 UT用には70、80グラム台までRの設定があるのが嬉しいです。 マットブラックでT島の愛車の色と同じでいい感じっす。 打ってみたいっす。 そして、これをウチの家人より取り戻すことに成功 やっぱりコレ扱いやすくて好きです。 あと打感が良いんですよ。 打感のことは一切謳ってないけど打感が良いというマジック。 うちの家人には、キャスコのドルフィンウエッジを中古で安く買って渡しました。 アナライズのオリジナルクラブではイチオシです はい、シリーズ化してます、意外に宣伝じゃないシリーズ。 今回はシャフト編です。 最新シャフトは、新しいテクノロジーを使ってますから、素材的には最善かと思います。 でもシャフトって非常に製品寿命が長いですよね。 素材や作り方が最善だからといって、劇的に変化しないんです。 変化が好きなのか嫌いなのかという部分もあると思います。 ヘッド性能のように、重心位置とか慣性モーメントなどのわかりやすい数値が無いのです。 一昔前はトルク少ない=高性能というわかりやすい図式がありましたので、こぞって低トルクを謳っていましたね。 でも、アマチュアのなかでも、トルクが大きいから曲がったとかいう人が、結構いらっしゃいます。 リアリー?と聞いてみたい。 トルクが大きいとオートマチック感でますけど、少ないと、マニュアル感でます。 操作性は良くなるでしょうが、トルクが大きいから曲がる感じたことない・・・カーボンシャフト創世記にプロが打つと、飛ぶけど曲がると言ってましたけど・・トルク値10を超えてたとか・・ 今ではだれもそんなこと言ってないし・・ ということでシャフト選びって、先入観に捕らわれている気がします。 ゴルフスイング物理学の小澤さんは、『手元がしなって先端がしっかりしたシャフト』というのに拘ってそういうシャフトを選んでるようです。 まあT島も同じ傾向がありますがけど、フィッターの皆さんは、T島に、先がちょっと・・動くものを勧めてくれます。 えーっといろいろなシャフトを打ってみて欲しいです。 皆さん硬いシャフトに興味があると思うんですが、超柔らかいシャフトとか打ってみるのは絶対良いです。 できれば超柔らかいシャフトをコースで使ってみて欲しいと思います。 やわらかい=曲がる という固定観念が変わるはずです。 だって練習になるし、曲がりにくいから・・・エースシャフトにしているという話も聞いております!!! 素敵・・・ あまりに柔らかくて不安という人は、デザインチューニング メビウスEQなどもいいかも。 T島も1ラウンド通して使いましたが、安定して打てました。 冬場とかメッチャ良さそうな気がします。 上手くシャフトが使えるとメッチャ飛ばせるそうです。 ドラコンのプロとかレディースぐらいの硬さを使ったりしていますし・・・ すごく軽いシャフト、重いシャフト、いろいろと自分で打ってみるといろいろな発見があるでしょう。 T島も昨年驚いたのは・・・ ウッドにスチールシャフトを入れたことですね マーク金井も自身のブログに書いていましたが、これは驚きでした! 流石に100グラムは無いだろう!と思ったのですが、打ってみるとあれ不思議。 たぶん43. 5インチと短いこと、振動数のわりにシャフトのしなりを感じること、などなど、フラシーボ効果ではない、たぶん裏付けられる要素がかなり有ると思うんです。 あと重心位置的には、ドライバーは他のクラブとかなり違うので、ドライバーだけ別!と考えれば、ウッド用スチールシャフトってとても有効だと思います。 他のショップでもすごく売れたそうで、アナライズはメーカー欠品ということで、ずっと売り切れでスイマセン。 島田ゴルフさん、すごく売れたんじゃないかなぁ・・・これはホント打ってみないとわかりませんね。 っていうか・・・是非打って欲しい!!!!! いろいろなシャフトを打っていくと、シャフトの違いとかが実体験とかでわかってきます。 自分で良くわからなかったら、フィッティングとか受けてみたらどうでしょうか? 面白いのがT島のスイング軌道。 自分の中でも振っていて気持ち良くないシャフトを使ったほうが、クラブパスが良かったり、切り返しでヘッドが動く癖が出なかったりするんです。 自分のリズムで打ちやすいシャフトっていうのは、癖が前提だったりしますし・・・ シャフト選びというのは結構やっかいです。 ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします 練習に行きたいのに、仕事が片付かず行けてないT島です。 こちらの動画・・・・スゲー勢いで編集しました。 編集だけで軽く7時間ぐらいかかります・・・以前は5分編集するのに1時間でしたけど(汗)だいぶ早くなりました。 動画のエンコードに1時間、YouTubeにアップするのに1時間ぐらいかかります。 まあ良いことと言えば、7時間も動画を見続けることでしょう。 延々観ているわけです。 観てる瞬間に あああああ と思うことがあるんですね。 今回は、撮影中に ああああ となりました。 この動きは、ゴルフスイング物理学の聖地である松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチにいろいろなドリルを習ってるんですけど、マシュー・ウルフのように右手を回外させる練習しています。 コレ苦手みたいで、遠投が上手く出来ません。 ボールを投げる時に回内してしまうんです。 T島がこの間取り組んできたのは 骨盤を開く! でした。 コレさえ出来れば大丈夫と思っていたのですが、T島ですがアンダー星人の宿命の打つ瞬間に体が前に出てしまい。 トラックマンでの計測でもクラブパスがいい感じになってきました。 体が前に出なくなった気がします。 これでもかなり良くなってきたのですが、まだまだ逆球は出る(泣)。 そして今回の動き、切り返しでフェースを閉じようとすると、ハンドファーストでインパクトできません。 グリップの動きが止まってしまうことに、気が付かないわけで・・・ 右肘を体の正面に向けたまインパクトを迎え、フェースローテーションしないままフォローに向かうことが出来ませんでした。 どうしても右手を回内してしまう 切り返しからこんな感じで右手がインパクト迎えるなんて・・・ 今まで、わかっていたような気がしてましたが、わかっていなかったような・・・・ 理解から習得までの距離が本当に長い まあT島が習得したとはいい切れませんが、ほんとこればっかりドリルでやってたのに、全然出来てかったわけです。 その間、ありがたいことにマーク金井にも指摘されていたんですけどね(汗)ほんと全くわかってなかった もしかして、今ようやく理解して、ここから習得まで長いのか・・・・ やっと理解しました 習得するまでうーん頑張ります。 ということがなんとなくわかりました。 ということで是非、動画見て下さい!!!! えーっとアナライズのクラブ、フェアウェイウッドは以前ありましたが、今はありません。 マーク金井のキャディバッグからも姿を消しています。 それはアンフォーストエラーが出やすいクラブであるという視点から、マーク金井のキャディバッグから消えたのでしょう。 あの方、ドライバーが250ヤードぐらい飛びますから、レギュラーティならフェアウェイウッドとかなくても全然届きますし・・・T島そんな飛ばないので、フェアウェイウッド入れてます。 抜いたほうが良いかなと思うこともあります(汗) まあ使うのはほとんど7Wまでで、5Wはティショットなんですけどね ということで、 意外に宣伝じゃないフェアウェイウッド選び 行ってみましょう こんな動画でもフェアウェイウッドの話をしています。 こちらの動画でも喋ってますが・・・そもそも 3w要るの? と・・・マーク金井はアンフォーストエラーが出やすいので、フェアウェイウッドも抜いてしまっているというのに、3wが要るのか? ティアップしていなくて、一番長く、1番ロフトが少ないクラブです。 でも打てたらカッコいいですな。 T島最近抜いてしまいましたね。 4Wを買いましたが。 (まだ組み立てて貰ってません)できれば俺もフェアウェイウッドを抜きたいです・・・残り距離がもっと短くなればなぁ とは言えフェアウェイウッド• ヘッド大きめ。 スピン量は適度• シャフトは、UTより少し軽め これぐらいか・・・ ロフト角は大きめのが良いですよ。 中古で良いので試してほしいと思います。 5W(18度)から7W(21度)とか4W(16. 5度)と7W(21度)とかですかね? どういうコースを廻る機会が多いか?というのも大切です。 T島がよく行く富士見高原ゴルフコースは、セカンドが打ち上げがほとんどなので、3wよりも5Wのが距離が出ます。 同じ理由で5Wより7Wのが飛んだりするんです。 フェアウェイウッドというのは、基本的にUTよりも高さが出て欲しいクラブなんです。 だからボールが楽に上がることが大切じゃないかなぁ〜なんて思います。 えーっとフェアウェイウッドってシャフトが大切です。 っていうのも大手メーカーの純正シャフトが軽すぎることがほとんどだからです。 有名メーカーのフェアウェイウッド・・たとえばゼクシオ11とか、40g台です。 ゼクシオXでさえ40g台です。 テーラーメイドのM6とか純正カーボンシャフトってギリギリ50g台(40g台もある)だったりします。 アイアンが、軽量スチールだったらその差40グラムもあるんです。 なのでせいぜい60グラム後半じゃないとね?と思ってフェアウェイウッド用に作ったのが、というシャフトです。 アナライズってクラブよりが先なんですよ。 市場に無いから作るという理由で、作られました。 もも ってことで、フェアウェイウッド選びは、シャフト選びが大切ってことだけでも、覚えておいてくれると嬉しいです ではまた金曜日に マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は 12月23日月曜21時から配信します 録画配信はございません 生でごらんください.

次の

『旅に出たい…旅に出たい…旅に出たい‼️』バリ島(インドネシア)の旅行記・ブログ by ちーちゃんさん【フォートラベル】

島 たい せい

近年密かに盛り上がりを見せている、スターウォッチング。 かくいう私も、星空観測が好きなので、スマホに天体観測アプリをいれて、今日は木星が留ね、などとつぶやいて楽しんでいます。 言うまでもなく、星空観測の好条件とは明かりに邪魔されないこと。 月の光さえ、スターウォッチングには邪魔なのです。 なので、人工の灯りの少ない島の環境はスターウォッチングに好都合。 今回は特に、日本で唯一、南十字星を見ることができる沖縄の星旅をご紹介します。 日本で南十字星が見られるのは沖縄だけ! 南十字星。 あまり天文に詳しくない方でも名前は知っているでしょう。 正式名称は「みなみじゅうじ座」といい、北極星のように目立った星がない南天の空において、大航海時代、南極の方角を知ることのできる重要な存在でした。 いかに大切だったかは、オーストラリア、サモア、ソロモン諸島、パプアニューギニア、ニュージーランドなどの国旗に南十字星が描かれていることからもわかります。 南十字星は、ひとつの星ではなく、4つの星からなる星座。 実は、全88星座のうち最も小さい星座です。 しかも、赤緯マイナス58度と、とても低い位置にあるため日本の大部分では見ることができません。 日本で南十字星が見られるのは、北緯26度より南。 例えば那覇市役所のある位置が、北緯26度12分47. そう、それより南ならば見られるんです! 沖縄ならどこでも見ることができる? 確かに沖縄本島の南エリアならどこでも見られるのですが、それは理論上。 実際は南十字星が現れるのが水平線ギリギリなので、小高い丘など障害物があると見えなくなってしまいます。 なので、南十字星を本気で見たいならば、八重山諸島(石垣島、西表島、与那国島など)まで行くのがベターです。 特に波照間島は、南十字星が見られる島として有名。 ただし、鳩間島では西表島の影になってしまい観測には不向きです。 南十字星が見られる季節は? 南十字星が見られるのは、1月~6月頃。 それ以外の季節は現れないので注意が必要です。 そしてその時期の南十字星の南中時刻(星がその軌道の最も高い位置にくる時間)下記が目安。 ——————————— 南十字星の南中時刻(波照間島) 1月1日…6:30頃 1月15日…5:30頃 2月1日…4:30頃 2月15日…3:30頃 3月1日…2:40頃 3月15日…1:40頃 4月1日…24:30頃 4月15日…23:40頃 5月1日…22:30頃 5月15日…21:40頃 6月1日…20:30頃 6月15日…19:40頃 (毎日4分ずつ早くなります) ——————————— 6月15日以降は日没が遅くなり、太陽の薄明かりが観測に影響してきます。 南十字星は、南天の時間の前後2時間、合計4時間の観測が可能です。 この期間なら、気象条件が整えば見えるはずなのですが、深夜や早朝の観測はつらい・・・ということで、19時半~22時半頃に観測できる、4月後半~6月前半が南十字星観測のベストシーズンと言われています。 南十字星の探し方 波照間島は北緯24度。 南十字星は水平線の少し上に現れます。 南十字星を探してみましょう。 南の空の天の川の中に2つ並んでひときわ輝く星があります。 この星から天の川に沿って西へ移動すると、暗黒星雲のために黒くなった場所があります。 南十字星はその右上あたりにあります。 ・・・とさっぱりですよね。 さらに、南十字星の近くにはニセ十字というよく似た星があるので注意が必要です。 いきなり空を見上げて南十字星を見つけるのは至難の業。 そこで利用したいのが、波照間島にある「竹富町波照間島星空観測タワー」です。 夏場は夜20時30分から天文解説をおこなっていて、4月下旬から6月中旬頃までは、ちょうど天文解説の時間に南十字星が現れます。 職員の解説を聞きながら観測できるのです。 あいにく星空観測タワーが定休日だったり、観測時間帯が開館時間と重なる時期に行けない場合は、スマートフォンに天文アプリをいれておくと便利です。 アプリではGPSを使って現在地を割り出すので、画面を空に向ければその星の位置を示してくれます。 ひとつ注意したいのが、最初にも述べた月の明かり。 夜空では驚くほど月が明るく、スターウォッチングに影響を与えます。 満月の日は観測は基本NG。 月齢表で、月の満ち欠けをチェックしておきましょう。 まだある!!星空の楽しみ方 これまで南十字星をメインに紹介しましたが、実は、個人的には南十字星にこだわる必要はないと思っています。 夜空に煌めく星を眺めるだけで楽しいし、精度の高い望遠鏡がなかった時代に、この無数の星を観察し大発見を成し遂げたコペルニクスやガリレオに、改めて敬意を払いたくなってしまいます。 ・夜中のビーチで星空ウォッチング 夜、人が寝静まった後に、ちょっとビーチにでてみましょう。 その星の多さに驚くでしょう。 さすがに那覇周辺では難しいですが、市街地を少し離れれば満天の星。 離島にいけば、さらにこぼれるような星を目にすることができます。 ・星空ウォッチングツアーに参加する ツアーに参加すればより星空が楽しめます。 ガイドが観測スポットまで連れて行ってくれ、レーザーポインターで照らしてくれるので、お目当ての星を見ることができます。 ツアーによっては、大型の天体望遠鏡で星の観測ができるものも。 また、島ならではの星の楽しみ方と言えば、ナイトクルージング。 暗い海に漕ぎ出でて、街の灯りが遠くなったころ空を眺めれば驚くほどの星。 天の川の美しさに息をのみます。 満月のときも、ロマンティックなムーンライトクルーズが楽しめます。 石垣島の「ぷしぃぬしま」ティンガーラクルーズ 天文台に行く 先ほどと少し重複しますが、天文台では随時観測会を開催しています。 職員は星空に精通しており、巨大な望遠鏡を備えているので積極的に訪れてみましょう。 写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー 石垣島 石垣島天文台 波照間島 波照間島観測タワー スターウォッチングにあると便利なアイテム 最後に、星空観測にあると便利な道具をご紹介しましょう。 ・双眼鏡・・・裸眼では見えない星を見ることができます。 極度に倍率が高いものだと手ぶれしてかえって見にくいので、倍率7倍程度のもので、なるべく明るいレンズのものがよいでしょう。 ・ 赤いライト・・・島の夜道は思ったより暗く、危険なことも。 ライトがあると良いのですが、明るい光はせっかく暗がりに慣れた瞳を収縮させてしまいます。 瞳に影響を与えない、赤い光のライトがあるとベスト。 星空観測専用のライトも販売もされていますが()、懐中電灯に赤いセロファンをかぶせたものでもOK。 ・ 天文アプリ・・・スマートフォンにアプリをいれておくと星が探しやすくなります。 おすすめはStarWalk。 夜間モードがあって目にも安心です。 レジャーシートがあれば、ごろんと寝そべれて楽ちん。 ・ ブランケット・・・夜は意外と冷えるもの。 風邪をひかないように羽織るものを持って行くと良いでしょう。 ・ 虫よけ、かゆみ止め・・・特に夏場は蚊に悩まされます。 虫よけ、かゆみ止めを用意しておきましょう。 ブレスレットタイプの虫よけも便利です。 それでは、ぜひ素敵な星旅を体験してみてください!.

次の