仏壇 りん 鳴らし 方。 仏壇の鐘(かね)=仏具の鈴(リン・りん)の役割と鳴らし方

【曹洞宗】お線香のあげ方~本数は「1本」リンの回数は「2回」

仏壇 りん 鳴らし 方

お椀型の仏具をりんと呼びますが、新しく仏壇を購入したときには、一緒に用意してほしい仏具の一つになります。 新しく仏壇を買ったばかりだと、りんと言われてもよくわからず、 「りんにはどんな種類があるの?」 「りんの鳴らし方、お手入れの方法がわからない・・」 「新しくりんを買うときに気をつけないといけないことは?」 など、りんについてこんな疑問があるのではないでしょうか。 今回は、おりんの意味や役割、おりんの種類や相場価格、おりんの鳴らし方やおりんのお手入れまで、おりんについてみていきます。 おりんとは おりんという言葉は知らなくても、一度は目にされていると思いますが、おりんとは、仏壇に備えられているお椀型の鈴ことで、 梵音具(ぼんおんぐ)という音を出す仏具のひとつになります。 おりん以外にも音を出す梵音具があり、お寺にある 木魚 もくぎょ や鐘も梵音具に含まれます。 おりんは、もともと禅宗で使われていた仏具でしたが、近年では宗派を問わず広く使われていて、宗派によっては、 鏧 きん)、 鈴(りん)、 鐘(かね)と呼び名が変わる場合もあります。 この記事では、おりんという呼び方で書き進めていきますが、鏧、鈴、鐘と呼ぶ地域である場合も同義としてご理解していただければと思います。 おりんの意味 おりんが備えられた仏壇を見かけることは多く、仏壇に手を合わせる前にチ〜ンと鳴らすと澄みきった音を出すおりんですが、おりんを備える意味は2つあります。 おりんを備える意味の一つ目は、人々の邪気を祓うと言われていて、二つ目は、供養や祈りをおりんの音に乗せて、極楽浄土に届けると言われています。 このような意味があるおりんですので、おりんを鳴らすときは故人やご先祖さまへの供養と祈りを込めて鳴らすようにしてください。 おりんの役割 おりんの役割は3つあります。 一つ目は、 周囲の空気を清らかにするということです。 おりんを鳴らしたときに響く澄みきった音は、その場の空気を清浄する役割があります。 お葬式で僧侶が入場するときにおりんを鳴らしながら歩くのは、葬儀会場を清めるためでもあります。 二つ目は、 故人にお祈りをしていることを伝えることです。 おりんの音は極楽浄土にまで届くと言われていて、おりんを鳴らすことで、故人に「あなたのためにお祈りをしています」と故人に知らせる役割があります。 三つ目は、 読経の調子を整えるということです。 読経のときに鳴らすおりんには、読経の音程やリズムを合わせるための役割があります。 おりんの基本 お椀型の鈴をおりんと言いますが、おりんだけでは音を出しにくくので、おりん以外にも必要な仏具があります。 おりんの基本は、 りん棒、りん台、りん座布団の組合せになります。 りん棒は、おりんを鳴らすための専用の棒で、りん棒でおりんの縁を鳴らすのが一般的になります。 りん台は、おりんを仏壇に直接置かずにりん台に置くのが一般的になり、浄土真宗本願寺派と大谷派ではりん台の形に違いがあります。 浄土真宗本願寺派は、六角形型または丸型のリン台を使い、浄土真宗大谷派では、四角形のりん台を使います。 また、りん座布団をおりんとりん台の間に敷いて、おりんが傷つかないないようにクッション的な役割があります。 浄土真宗大谷派では、りん座布団を使わずに、金襴輪(きんらんわ)という輪状のものをりん台とおりんの間に置きます。 おりんの素材 おりんの素材は、 真鍮と亜鉛を混ぜ合わせた合金で作られているですが、金属の種類や合金の比率により、さまざまな種類があります。 おりんの素材で基本になる真鍮は、変色しにくく、傷つきにくく、耐腐食性も高いという性質があるので、永く使うことができます。 おりんの種類 おりんには、鉢型、印金 いんきん 、高台りんの 3つの種類があり、それぞれの特徴についてみていきます。 一つ目は、 鉢型です。 鉢型は、おりんの基本的な形で、見た目は鉢や壺のような形をしています。 二つ目は、 印金 いんきん です。 印金は、携帯用のおりんになり、お墓での法要などで僧侶が使うことが多く、イメージとしては、ハンドベルのような感じで、手で持ってりん棒で音を鳴らします。 また、印金は携帯用なので、袖の中にも入れられる小型タイプになります。 三つ目は、 高台りんです。 高台りんは、おりんがワイングラスのような形をしているので、りん台を必要としないのが特徴になります。 近年では、おりんのサイズや形状、素材によってさまざまなバリエーションがあり、一見しておりんとわからないくらいおしゃれなものもあります。 おりんの作法と鳴らし方 仏壇でお参りをするときのおりんの作法は、線香をあげた後、合掌する前におりんを鳴らすことになります。 おりんをたたく場所は、縁をたたくとキレイな音が出るのですが、宗派によっては縁の内側をたたくこともあります。 仏壇のおりんは鳴らさない? 仏壇をお参りするとき、おりんは鳴らさないといけないのではと考えている人が少なくありませんが、実は おりんは 鳴らさなくてもいいのです。 おりんを鳴らすのは、読経をするときだけで、それ以外は、鳴らす必要はありません。 中には、鳴らさないとお参りをした気にならないと思われる人がいるかもしれませんが、鳴らさなくても大丈夫なのです。 おりんの鳴らし方 おりんの鳴らし方は宗派によって違いがあり、おりんの内側をたたく、縁をたたく、外側をたたくなどの違いがあります。 読経のときに鳴らすおりんですが、経本にはおりんをたたく箇所が明示されていて、読経の始まり、区切り、終わりなどにおりん鳴らします。 宗派ごとに違いがあるおりんの鳴らし方ですが、日本にある代表的な宗派のたたき方についてみていきます。 浄土宗のおりんの鳴らし方 浄土宗のおりんの鳴らし方は、読経をするときだけに限られていて、読経をしないお参りでは、おりんを鳴らすことはありません。 浄土真宗のおりんの鳴らし方 浄土真宗のおりんの鳴らし方は、勤行 ごんぎょう を行うときにだけおりんを鳴らします。 勤行とは、仏前でお経を読んだり、礼拝することで、お勤めとも言われます。 また、浄土真宗本願寺派は、始めに2回、途中に1回、最後に3回鳴らします。 真言宗のおりんの鳴らし方 真言宗のおりんの鳴らし方ですが、鳴らす回数は2回とされていて、1回目は優しく鳴らし、2回目は少し強目に鳴らします。 曹洞宗のおりんの鳴らし方 曹同宗のおりんの鳴らし方ですが、3回鳴らすお寺があったり、縁の内側を2回鳴らすお寺があります。 おりんはどこで買える? おりんは、 仏壇店や仏具店、 通信販売やインターネットで販売されていて、最近では ホームセンターでも買えることもあります。 おりんを買うときに気をつけてほしいことが2つありますので、それぞれについてみていきましょう。 おりんのサイズ おりんを買うときに気をつけたいのは、おりんのサイズです。 おりんのサイズは、寸で表記されているので、 1寸が約3cmということを覚えておいてください。 例えば、6寸のおりんだと直径18cmになるので、仏壇の大きさと比較して、バランスが取れるようなおりんを買うようにしてください。 おりんの音色 おりんを買うときに気をつけたいことに、おりんの音色があります。 おりんの音色は、おりんの大きさ、形、厚みなどにより違います。 おりんの特徴は、澄みきった音なので、おりんを買うときは音の良し悪しにも気をつけてください。 一般的には、大きなおりんは低い音を出し、小さなおりんは高い音が出ます。 仏壇仏具店では、実際に音を聞くことができ、また、インターネットのショッピングサイトでも音色を試聴できるサイトもあるので、おりんを買う前に音色も確認するようにしてください。 おりんの価格 おりんの価格は、小 さな仏壇に使うおりんだと10,000円くらいで、 大きな仏壇に使うおりんになると、20,000〜30,000円くらいが相場になります。 おりんを含めた仏具セットというものがあり、7点セットで10,000円くらいで販売されていたり、職人さんが作った一点もののおりんだと、100万円を超える高価なおりんもあります。 りんのお手入れ おりんのお手入れは基本的に乾拭きで、日常的にはほこりを払う程度で大丈夫です。 また、おりんに変色などがあれば、仏具仏壇店、通販やインターネットショッピングサイトなどで、おりん専用のクリーナーを購入してください。 専用のクリーナーなどを使って本格的なお手入れをするときは、柔らかい布を使うようにしてください。 また素手でおりんを触ると、おりんに手の脂がつき、汚れてしまうことがあるので、白い手袋をはめて、素手では触らないようにしてください。 りんの磨き方 おりんの磨き方ですが、研磨材が入った金属磨きを使うか、仏具仏壇店で専用のクリーナーを使って磨くようにしてください。 磨き方は、新聞紙や柔らかい布に研磨材、専用クリーナーをつけて、おりん全体に塗っていき、優しく磨いていきます。 黒い汚れが出てきたら、乾いた布などで拭き取れば磨きは完了します。 また、サビなどが出てきたときは、おりんを料理用のお酢に浸けてみてください。 しばらくすると、サビが浮いてくるので、水洗いをすればサビ落としが完了します。 りんの買い替え 専用のクリーナーや、磨きをしても汚れなどが落ちないときは、買い替えを考えてみてください。 汚れたおりんを使い続けるのも悪くはないでしょうが、新しいおりんでお参りをすると、故人やご先祖様に対しても新たな気持ちで供養やお参りができるのではないでしょうか。 まとめ ここまで、おりんの意味や役割、おりんの種類や相場価格、おりんの鳴らし方やおりんのお手入れまで、おりんについてみてきました。 宗派ごとに慣らし方などの違いはありますが、一般の家庭ではおりんの作法や鳴らし方にこだわらず、仏壇に向かって供養するということのほうが大切ではないでしょうか。 仏壇の前に座って線香をあげ、手を合わす前に1〜3回くらいを目安におりんを鳴らし、故人やご先祖様を想いながら供養やお参りをするようにしてください。

次の

仏壇の飾り方(平常時)を解説!!仏具の置き方の基本形・真宗興正派編

仏壇 りん 鳴らし 方

ランチセット、ヘアセット、チゲセット、ダイニングセット、医療セット等々きりがありませんね。 その全てに共通しているのは、何だかお得な気がすることです。 不思議ですよね。 実際にお得な物もありますが、実はそうでない物も結構あるんですよ。 セットマジックに引っかからないように注意しましょう。 私は、ここ数年、洋服や靴などを実店舗で買ったことがありません。 商品を見に行く事はあります。 でも歳と共に見るだけでもかなり疲れます。 その点通販は楽です。 最近は洋服などの生地についても拡大で見ることが出来るので以前よりイメージ違いと言うこともなくなりましたし、返品も自由に出来るので本当に便利ですが、注意すべき点もあります。 物には寿命が有り、必ず処分する時がやってきます。 でも、思い入れの深い物はダメになってもなかなか捨てることが出来ないという事があります。 また、人形や宗教に関するもの等はやはりそのまま捨ててしまうわけにはいきません。 供養して神社やお寺に納めるのが一番だと思います。 実家の床の間には私のお気に入りの香炉が飾ってあります。 青磁の三つ足の香炉です。 香炉のについての知識や見聞があるわけでないのですが、その蓋の部分がとてもステキなのです。 金属製で桔梗や菊の花の美しい彫り物がしてあります。 一度父に欲しいと言ってみたことがありますが、これだけはダメだと言われ、がっかりした覚えがあります。 事物や人には名前があります。 それを名称とも言います。 仏教を信心されているご家庭では仏壇があると思いますが、その仏壇の各部にも名称があり意味があります。 でも、私たちはその名称や意味を知らなくても困らないので、あまりそのようなことは意識したことがありませんよね。 これを機にチョット調べてみると面白いかも知れません。 私は年に2回は浅草に行きます。 と言っても観光するわけではないのですが。 浅草は革製品が有名で靴や鞄を扱うお店が数多くあります。 それと「仏壇通り」という通りがあります。 通りを歩くとお香の香りが漂い、50店もの仏壇店が軒を連ねています。 仏壇が必要になった時には行ってみようと思っています。 数日前に、ネット販売で数珠やペット用の仏壇のアウトレット商品をみつけてビックリ!!同じページに骨壺や骨壺木箱等もありまたビックリでした。 そういえば以前実家に行った時に、仏壇の中古品があるという話を聞いて驚きましたが、確かに良い物を安く手に入れられるのは有り難いことですから、あり得るのですね。 最近の新聞にイオンのお葬式のチラシが入っていたのを見ました。 大手のスーパーですから考えられないことはないとは思いますが一瞬驚きました。 どうも「お仏壇のはせがわ」と業務提携をしているようですね。 イオンが葬斎事業をスタートして、その葬儀施行後のフォローをはせがわが担当すると言うことらしいです。 浅草仏壇通りにある「一心堂」は通りの中でも屈指の品揃えで有名な店舗です。 東京周辺の近県、神奈川や千葉、埼玉などからも多くの方がいらっしゃるそうです。 創業1830年で最近人気の家具調の仏壇や色々な素材・大きさの仏壇を始めお位牌、御念珠、ご本尊、掛け軸、盆提灯や行灯など仏事にに関する物があります。 マンション住まいのが多くなっている現代では大きな仏壇や、小さくてもいかにも仏壇というようなのは敬遠されるようです。 リビングにおいても違和感のないおしゃれな仏壇が人気だそうです。 仏様達はどうなのでしょう?何となく居心地が悪いような感じがしないものでしょうか?なんて考えるのがおかしいような気もしますけど。 膳とはもともと一人前の食器と食べ物をのせる台のことです。 また、仏前にお供えするお膳のことも言います。 霊供膳、霊膳、仏膳等の呼び名があります。 初七日から四十九日、百か日、命日や法要・お彼岸などに精進の料理をお供えします。 通常はご飯、汁物、煮物、和え物の椀が4つを漬物用の腰高が1つをお膳にのせてお供えします。 私の実家では仏壇の前に経机を置いて母がお経を上げる時に使っています。 でも、先日友人の家に行った時には経机と思われる台に、お供え物やお鈴がおいてありました。 本来お供え物は仏壇の中に供えるものだと聞いたことがあります。 宗派によっても違いはあるかも知れませんが少し違和感がありましたね。 我が家の仏壇の花瓶は線香立てなどとセットで買ったのですが、ちょっと失敗だったかなと思っています。 お店で見た時は形も大きさも気に入っていたのですが、いざ花を入れてみると高さがなくて花をかなり短くカットしないとダメなんです。 バランスを考えると飾れる花がとても制限されてしまいます。 数年前に両親とも亡くなり、長男である主人が家を継ぐことになって初めて仏様のお世話をすることになりました。 それまで仏壇の中もしっかり見たこともなかったのですが色々細かな物が置いているんですね。 少し勉強してみると足りない物がいくつかあって、仏壇店で揃えました。 その価格は思った以上に高くて驚きましたが、ご先祖様のためと奮発しました。 子供の頃、祖母の家に行くと印色に輝く仏壇がとても綺麗で良く眺めていました。 そうすると祖母がそばにきてその飾り方について説明してくれるのですが小さい私にとってはちんぷんかんぷんでただ、うんうんと聞いていたのでした。 今になってあの時もっとまじめに聞いておけば役に立ったのにと、とても反省しています。 うちの父は次男で分家だったので仏壇は自分で用意しないといけませんでした。 娘二人がどちらも長男に嫁いでしまい仏壇を買っても自分たち夫婦しか入らないと言うことになりかねず、あまり高価な物は買うつもりがありませんでした。 そこで、知り合いから古い仏壇を買取ました。 綺麗にクリーニングして貰い、お寺で魂入れをしていただきました。 最近は「格安」という言葉をとても良く聞きます。 ただ、その言葉に惑わされて失敗したという話もよく聞きます。 格安と謳っていてもあまりそれを鵜呑みにせず、きちんとリサーチしてみた方が良いですね。 特に高額商品の場合は気合いを入れて念入りに下調べをしてから決めるのがよいです。 母は昔はそれほど信仰心に厚いと言う方ではありませんでしたが、やはり父が亡くなってからは毎日のように仏壇に向かって手を合わせています。 月命日には庵主さんが来てお経を上げて下さるのでその時には一緒にお経を唱えています。 一緒に唱えられるように普段から経机に経本を置いて少ずつ覚えたそうです。 宗派や地方によって仏壇の色や仏像の色が違うんですね。 私の実家の方では黒の漆塗りで内側は金張りの仏壇が普通でした。 中には漆の部分に螺鈿細工なども施してあったりとかなり豪華な感じでした。 でも、今嫁いだ家の仏壇は紫檀の仏壇でとても大人しい雰囲気です。 主人も私の実家に行った時に、金きらの仏壇を見てびっくりしたそうです。 関東ではお墓の線香は寝かせて供えるのが普通のようですね。 そして仏壇に置く香炉のことを線香立てと呼んでいる方もいます。 ただ、地方によってはお墓にお線香を束のまま建てて入れるようになっている線香立てがあります。 たいていは線香立てと蝋燭たてが一緒になっていることが多いですね。 我が家のお仏壇は小さくて、置かれている物も香炉、花立て、仏飯器、仏器膳、茶湯器、高坏、鈴等です。 その一つ一つの名称と使い方は、生前義母が教えてくれました。 お陰でそれまで仏壇と縁の亡かった私ですが、先祖を敬う心を持つことが出来るようになりました。 義母には本当に感謝しています。 我が家では仏壇は扉を閉めることが亡く一年中開けっ放しです。 そして朝必ずお線香を上げるのですが、ある時お線香が途中で倒れて香炉の下に敷いてあった布が焦げてヒヤッとしたことがありました。 火事になったりしたら大変と、その時に仏壇用の防火シートを買ってその上に香炉を置くことにしました。

次の

仏壇でお参りする時「おりん」は鳴らさなくていい!!(浄土真宗編)

仏壇 りん 鳴らし 方

曹洞宗のお参りの仕方 一、お仏壇の前で正座をして座ります。 仏壇内のご本尊様やお位牌を仰ぎ見て一呼吸して気持ちを落ち着かせます。 一、ライターやマッチなどでロウソクに火を灯し、お線香を手に取ります。 お線香の本数に決まりはありませんが、通常は1本で大丈夫です。 (2本または3本立てる地域もあります) ロウソクの火からお線香に火をつけます。 この時、ろうそくの炎は上部の方が温度が高いため、 お線香の先を炎の上部に当てるようにすると早くお線香に火がつきます。 もしお線香の先が燃えて炎が出てしまった場合、 口の息で吹き消すのはマナー違反ですから、 落ち着いて、もう片方の手に線香を持ちかえて仰いで炎を消すようにします。 その後、お線香を両手で上に軽く押しいただいてから、 お線香立ての真ん中にまっすぐ立てます。 一、次にリンを鳴らします。 回数は通常「2回」です。 まず、リンを鳴らす棒「バイ」を人差し指、中指、親指の三指で軽く持ちます。 心を静めて、リンの側面を2回打ち鳴らします。 リンは打つ位置や力加減などによって奏でる音の響きが全く違います。 力いっぱいに打つ必要はありません。 手首のスナップを効かせるようにしてやさしく丁寧に打ちます。 そのリンの一番良い音を鳴らすように意識すると良いでしょう。 一、次に「バイ」を元の場所に置き、 今一度、背筋を伸ばして正しい姿勢で座り、合掌をします。 合掌は左右の手のひらに隙間ができないよう、 胸の前できちんと合わせ、肘をかるく張ります。 そして合掌のまま一礼します。 一、合掌を解きます。 以上が曹洞宗の仏壇へ参る時の基本作法となります。 この一連の流れは何度も繰り返して行うことで自然と身について憶えていきます。 いずれも無心で行うといいと思います。 それとお参りの後は必ずろうそくの火を消すように注意しましょう。

次の