泣き止み動画 youtube。 【泣き止み動画】96.4%の赤ちゃんが泣き止む『ムーニーちゃんのおまじない』がおすすめのワケ。

【泣き止み動画】我が子に効果絶大!Best5(プラスおすすめ動画も)

泣き止み動画 youtube

こちらはタケモトピアノのCMです。 みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。 数年前には、このCMを聞かせると、赤ちゃんがすぐに泣き止むと、 話題にもなりました。 生後1ヶ月でも泣き止むとの口コミもあり、その実力の凄さを伺えます。 泣き止ませ動画の頼りすぎには注意しよう 赤ちゃんが泣く時は、必ずなにか理由があります。 お腹が空いていないか おむつが濡れていないか 暑すぎ・寒すぎないか 明るすぎ・うるさすぎではないか 不快なことや不安なことがないか 抱っこして欲しい などなど 眠る時に部屋が明るすぎると、なかなか寝付けずぐずってしまったり、 ゲップやおならがでなくて気持ちが悪く泣いているなんてこともあります。 寂しくて抱っこを求めている時もあります。 まだ赤ちゃんが生まれてきたばかりだったり、数ヶ月しか経っていなかったりで、 よくわからずあたふたとしてしまいがちですが、 問題をひとつずつ解消していってあげると、泣き止んだ時に、 なんで泣いていたのかがわかるようになっていきます。 そうやって、ママパパも対応の仕方が上手になっていくんですね。 赤ちゃんは泣くのが一番の仕事です。 いっぱい泣くことでそれが運動になっていたり、ストレス発散に繋がっていたりもします。 泣くことが成長に繋がっています。 赤ちゃんが泣き出すと、すぐに泣き止ませなければと思ってしまいがちですが、 『泣く』という行為を通して、親子のコミュニケーションを大切にするのも忘れないでいたいですね。

次の

【泣き止み動画】我が子に効果絶大!Best5(プラスおすすめ動画も)

泣き止み動画 youtube

SPONSORED LINK 子供は「泣くことと寝ること」が仕事と言いますけど、うちの娘も当たり前ですが、よく泣きます。 さっきまで機嫌がいいと思ったら、次の瞬間に泣いてます。 それがあかちゃんですよね。 で、いつものごとく、娘がグズグズと泣いていると奥さんがケータイで動画を見せ始めました。 そして、その動画を見始めた瞬間に泣くのをやめたんです。 何の動画なのかたずねると、赤ちゃんの泣き止み動画で有名な「ふかふかかふかのうた」だと言います。 この泣き止み動画「ふかふかかふかのうた」は有名らしいのですが、これ、本当に効き目抜群です。 うちの子にはドンピシャなのか、本当に見せて数秒で泣き止みます。 そのあと、動画が終わった瞬間にまた泣き始めるあり様です。 笑 おかげさまで動画をiPhoneにダウンロードしていつでも再生できるようにセッティングまでしてしまいました。 有名らしいのですが、私はもちろん知らなかったわけで、調べてみたら、結構すごい動画なようなので紹介です。 日本音響研究所所長の鈴木松美氏が監修らしいのですが、その解説もロッテの商品ページにて紹介されています。 つまりは小さな子供が聞きやすい周波数や歌い方、展開などを盛り込んで作られたすごい動画なんですね〜 (いろいろな音を混ぜたり、展開を作ることであかちゃんの興味を引くという定位反射に基づいて作られているらしい。 ) 今の時点で722万回再生されていますが、この数字も効果があることを物語っているのかもしれませんね。 (リピートが多いということ。 ) 注意する点は、あくまでグズっている時に効果があるもので、体調が悪かったり、お腹がすいていたりなどの生理的な原因での無き状態には効果がないとのことです。 ということで、これが96.

次の

【泣き止み動画】96.4%の赤ちゃんが泣き止む『ムーニーちゃんのおまじない』がおすすめのワケ。

泣き止み動画 youtube

「ふかふかかふかのうた」も子育て世代には赤ちゃんが泣き止む歌として有名である。 『』で2012年9月13日に公開されたこの動画は公開後1ヵ月足らずで50万回再生を達成した。 この動画は元々、ロッテが新商品「かむミルク。 『カフカ(袋)極うまミルク味』」のプロモーションとして公開したものだが、0~3歳児へのロッテによる実証実験調査では 96. 2%の子どもが泣き止んだとのこと。 「ふかふかかふかのうた」は、日本音響研究所所長の鈴木松美氏監修の元、科学的根拠にもとづいて子供のグズり泣きに悩む母親層に向けて制作されたWeb動画である。 鈴木氏は今回の泣き止み動画の大ヒットについて、「もともとこの動画は、生理的な要因ではなく『グズり泣き』の子どもが泣きやむように、子どもが何にでも興味を示して反応する『定位反射』という現象を利用するよう意図して制作いたしました。 小さなお子様が聞きやすい周波数帯の音を使う、様々な楽器や歌い方によって曲に常に展開を与える、など作曲時にはいろいろな工夫をこらしました。 」とコメントしている。 なお、動画は海外のWEBメディアでも紹介されたようで、スペインでは1日で約8500再生回数を集めるなど、話題を集めているという。 (引用元URL:) ムーニーちゃん おむつのムーニーでお馴染みユニ・チャーム。 4%に泣きやむ等の効果が見られることが確認できたとのこと。 『』で公開されているこの動画は子育てで悩んでいる親たちの強い味方になってくれることでしょう。 ちなみに、日本音響研究所の鈴木創所長は「ふかふかかふかのうた」監修の鈴木松美前所長の息子さんである。 親子二代に渡って有名な赤ちゃんが泣き止む歌に携わっていたのはなかなか知られていないのではないだろうか? パパンがパンダ パパンがパンダは、ハッピープロジェクトが制作しているアニメーションである。 2012年よりキッズステーションで放送を開始したパパンがパンダは、最近になって「赤ちゃんが泣き止む歌」として注目されているようだ。 パパンがパンダの公式YouTubeチャンネルまで開設されている。 その公式YouTubeチャンネルがこちら。 『』 ちなみに、キッズステーションの公式サイトはこちらである。 『』 BabyBus こちらはもはや世界的に有名と言っても良いのではないだろうか? 赤ちゃんはもちろん。 少し年齢層が上った子供にも大人気のYouTubeチャンネル『』。 日本ではチャンネル登録者数140万人を超えている。 このチャンネルは世界各国の言語でYouTubeチャンネルが開設されていて、その全てのチャンネル登録者数を合わせると1,000万人を軽く超えている。 私のおすすめ動画はこちらのドーナッツ。 「」 赤ちゃんがどうしても泣き止まない時は、ぜひ赤ちゃんに聴かせてあげてください。 赤ちゃんが泣き止む動画5選以外にも YouTubeには前述した「赤ちゃんが泣き止む動画5選」以外にも多数の赤ちゃんが泣き止む動画が存在している。 再生回数の多い動画は効果があるものだとみて間違いないだろう。 有名な動画だと以下のものなどがある。 「」 まとめ 今回は赤ちゃんが泣き止むYouTube動画についてまとめてみた。 ここまでまとめてみて何だがスマホに頼りすぎるのには注意が必要だ。 「スマホに子守りをさせないで」とはその通りである。 赤ちゃんにとって親とのふれあいが一番大切。 私も子育てで大変なことはよくあるが、子供の笑顔を見た時の幸せはその何倍も感じられる。 あなたもそうではないでしょうか? 特に初めての赤ちゃんの時は心配もあって本当に大変ですよね? そんな時、たまにはスマホに頼っても良いのではないでしょうか? この記事で少しでもあなたの子育てのストレスが和らいだり、参考になってくれれば幸いです。

次の