初盆 お布施 金額。 初盆、新盆のお供え金額はどれくらいが妥当?親族・親兄弟・友人

法事・法要・葬儀、お布施の金額相場ってどのくらい?渡し方は?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

初盆 お布施 金額

お寺様に法施(ほうせ・ほっせ)を頂き、法施に対し布施を施す。 そのお布施はお経を頂いたお坊さん、もしくは僧侶へ渡している感覚ですが実際はご本尊に捧げるものになります。 ご本尊へ捧げられたお布施で寺院の維持・活動を行うことでご本尊をお守りしていることとなります。 ご本尊を守るためのお布施ですが、何かに対する対価ではありませんので、金額に決まりはありません。 また、 お金を入れる封筒の表書きは必ず「御布施」となりますので注意しましょう。 人によってお金に対する価値観は違いますので、各々の門徒もしくは檀家ができるお布施でよいとされていますが、「いくら包めばよいか」など目安がないので、どのお葬式でも悩める疑問です。 それでは、全国のお布施の平均や地域の相場を見ていきましょう。 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• しかし、各地域で布施の相場があります。 北海道や東北地方のお布施の相場は15万円となっています。 関東地方・近畿地方は20万円です。 中国地方・四国地方・九州地方は15万円です。 これまで記したお布施の金額はあくまでも読経料と捉えてください。 この他にも、宗派によっては戒名料や土地柄によっては御車料と御膳料が必要となる場合があります。 戒名料・御車料・御膳料の金額相場 戒名料はお寺や戒名のランクによって大きく変動します。 お寺によって10万円~100万円と開きが大きくなります。 亡くなった方の知名度によってはそれ以上に戒名料が必要となるケースが多いです。 お布施とは別のものですが、戒名料も含めてお布施としてお渡しすることもあります。 戒名料も一緒に渡す際には、「戒名料を含んでいます。 」と渡す時に伝えましょう。 御車料と御膳料は 5千円~1万円が相場となりますが、地域によっても違いがあります。 また、送迎タクシーを施主が手配し、運賃の実費を支払うこともあります。 御膳料とは、僧侶が食事会に参席されなかった際に、御膳の代わりに出すお心づけです。 そのため、食事会に参加された場合は必要としません。 御車料と合わせて渡す場合が多いです。 都市部に見られるお布施相場の傾向 そして、 都市部に見られる傾向ですが、その時限りのお付き合いのお寺を葬儀社が紹介してくれるケースもあります。 この場合は地域の相場より安くなる傾向があります。 ただ単に、お葬式が終われば良いという方には打って付けのお寺様です。 しかし、その後の初七日から四十九日などの仏事を行いたいと思う方は、菩提寺を見つけなければなりません。 菩提寺を見つける場合は、今後、菩提寺を支える為に菩提寺に寄付をしたり運営の手助けを求められたりと、新しい関係を築かなければなりません。 菩提寺を決める時にはしっかりと考えて決めましょう。 また、通夜を行わず、葬儀、告別式のみを一日で行う一日葬の場合は僧侶を呼ばない場合が多く、その場合はお布施はございません。 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• 法事・法要のお布施の金額相場 法事・法要のお布施の相場は、3万円~5万円です。 法事・法要のお布施の相場は地域によって、宗派によってあまり差はありません。 法事・法要を執り行うということは、先祖代々そのお寺様とのお付き合いがある場合が多いですので、両親やご親戚にそのお寺様の相場を聞くのも良いでしょう。 最近では、お布施の金額の一覧表を作成しているお寺様もあるようです。 もしお話ができるタイミングがあれば聞いてみるのも良いでしょう。 また、 お布施とは別にお車代を5千円~1万円程度用意するのが一般的です。 もう一つ気になるのが法事に出席する際の御香典の金額です。 法事を執り行う際に料理と引き出物を準備しますが、これらを合計すると1万円前後になりますので、御香典の金額は1万円か2万円が良いでしょう。 御香典の渡し方は御仏前に供えるのではなく施主に直接手渡しすることがマナーです。 「御仏前へ、お供えしてください」と一言添えると良いでしょう。 初七日(しょなぬか) 亡くなってから初めて迎える法要が初七日になります。 正式には「しょなぬか」と読みますが、「しょなのか」と言われることも多いです。 最近では葬儀式の後に続いて初七日法要が執り行われることが多いです。 主な理由としては、葬儀で集まった家族・親族がもう一度初七日に集まることが大変なためです。 また、初七日の日にちの数え方にも理由があります。 初七日は亡くなった日を入れて数えます。 例えば6月1日に亡くなった場合の初七日は6月7日になります。 6月1日に亡くなり2日に通夜、3日に葬儀となると、初七日はすぐにやってきます。 注意していただきたいのは地域によっては初七日法要を葬儀と一緒に執り行わない所もあります。 初七日を一緒に執り行う事を希望するのは遺族ですが、執り行う事を決めるのはお寺様だからです。 まずは葬儀社に聞いてみることをお勧めします。 もし、葬儀と一緒に執り行わなかった場合は、お寺に出向いて初七日法要を執り行いましょう。 【合わせて読みたい】 四十九日(しじゅうくにち) その後、没後七日ごとに二七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)、四七日(よなぬか)、五七日(いつなぬか)、六七日(むなぬか)と続き、七七日(なななぬか)が四十九日となり、初七日から四十九日の間を中陰と呼びます。 初七日から四十九日の期間をかけてあの世に向かうと言われています。 その七日七日を無事にあの世へ行くことができるように供養します。 四十九日で満中陰となり「忌明け」を迎えます。 しかし、浄土真宗では亡くなってからすぐに浄土へ行きます。 どのような方でも阿弥陀如来様が救ってくれるという教えのため、中陰の期間は故人を偲ぶものとなります。 四十九日の執り行い方も地域で様々です。 まず、「どこまでの親族を四十九日法要への出席を求めるか」で悩まされることとなります。 出席を求める親族には決まりはありません。 お寺で四十九日法要を執り行い、料理店にて会食。 四十九日法要のお布施は、一般的には葬儀時のお布施の1割程とされていますので、3万円~5万円程度が相場です。 お布施の他にお車代を5千円~1万円程度、僧侶が会食を辞退された場合は御膳料を5千円~1万円程度準備します。 また、 引き出物代は3千円程度が目安となります。 【合わせて読みたい】 納骨 納骨は四十九日法要に行うことが多いです。 四十九日法要で集まった家族・親族がもう一度納骨式に集まることが大変なためという理由が大きいです。 しかし、必ず四十九日に納骨をしないといけない訳ではありません。 法律でも納骨をしなければならないと定められている訳でもありません。 また、極端な話をすれば、家族葬で葬儀を行い、親族の存在がない場合は火葬場からの帰りに納骨しても構いません。 一般的な納骨の流れは四十九日法要を執り行い、そのままお墓に向かいお寺様に 納骨式(お布施の相場は1万円~5万円)を執り行い納骨を済ませます。 僧侶に読経をしてもらいます。 また、開眼供養 魂入れ と合わせて回忌法要をすることが多いです。 地域によりますが、納骨する際に石材店の立ち合いが必要な場合があります。 石材店でないと納骨堂のドアが開けられないなどの理由があります。 また、納骨堂の管理者の立ち合いも必要となる場合もあります。 納骨堂に鍵がかけられている場合などあるためです。 事前に確認をして前もってお寺様、石材店、納骨堂の管理者に連絡を取っておきましょう。 また、お墓の隣に先祖代々の名前が彫刻している石があります。 こちらを墓誌、法名碑、戒名板などと呼びますが、墓誌に名前を彫刻することも忘れないようにしましょう。 【合わせて読みたい】 初盆(新盆) 亡くなってから初めて迎えるお盆を「初盆」(はつぼん)、「新盆」(にいぼん)と呼びますが、呼び名は地域で違うようです。 四十九日以内にお盆が来る場合は、その翌年が初盆となります。 初盆の期間は地域によって違います。 7月13日~15日(新のお盆)に行う地域と、8月13日~15日(旧のお盆)に行う地域の大きく二つに分かれます。 現在では7割ほどが8月をお盆と認識しているようです。 お盆には故人や先祖の霊が帰って来ますので、一般的には自宅でお迎えして、お墓参りします。 そして、初盆では僧侶や親族、故人と親交の深かった人などを招いて法要を行います。 お布施の相場は3万円~5万円程度です。 初盆の準備は四十九日法要と同じく、お寺様・会食・引き出物の手配が必要です。 精霊馬にはご先祖様が帰ってくる時に馬に乗り、牛には荷物を引かせる意味があります。 送り火、迎え火は提灯に灯す火をご先祖様に例えて自宅に連れて帰るという意味があります。 これらの準備も地域によって違うようです。 実家が遠い方は実家の近くのご親戚に確認を取った方が良いでしょう。 地域の習わしも関係ありますが、初盆には宗派も関係があります。 浄土真宗は霊という考えではありませんので、霊を迎えにくと考えられている送り火と迎え火、牛に荷物を引かせ、ご先祖様が乗る馬の精霊馬も必要ないとされています。 【合わせて読みたい】 お盆 初盆の時と同様まで大掛かりなお供え物は必要としませんが、ご先祖様を迎えるために気持ちのこもった準備は必要です。 初盆で準備した提灯、精霊馬などを準備します。 13日にお墓参りを済ませた後、そのローソクの火を提灯に移し自宅に帰り、お仏壇のローソクに火を移します。 15日にお仏壇のローソクの火を提灯に移し、お墓まで行き、送り火迎え火の終了となります。 しかし、浄土真宗は霊という考えはありませんので、必要ありません。 初盆は亡くなった方を偲びましたが、お盆はご先祖様に感謝します。 ご先祖様あっての今の暮らしです。 ご先祖様に感謝しながら静かにお盆を過ごしましょう。 お彼岸 春と秋のお彼岸の時期にお寺様にお経をあげてもらった場合、お布施をお渡しします。 彼岸の時期は春の春分の日、秋の秋分の日の両日を中日として前後3日を合わせた7日間となります。 お寺様で行われる合同のお彼岸法要に参加する場合は3千円~1万円程度、個別でお寺様にお彼岸法要を依頼する場合は3万~5万円程度が相場です。 【合わせて読みたい】 一周忌 一周忌は亡くなってから満1年で行う法要です。 亡くなった月日と同じ「祥月(しょうつき)命日、または祥月命日の前に早めの日程で行います。 遺族や参列者の都合を考慮して、命日の直近の週末に行うのが一般的です。 四十九日、初盆を執り行っていますので、一周忌になると法要の段取りに慣れてきているはずです。 一周忌の準備にはお寺様・会食・引き出物の手配が必要です。 一周忌法要のお布施の相場は3万円~5万円程度です。 お布施の他にお車代を5千円~1万円程度、僧侶が会食を辞退された場合は御膳料を5千円~1万円程度準備します。 【合わせて読みたい】 三回忌 三周忌 三回忌は亡くなってから満2年で行う法要です。 ここで戸惑うのが二回忌ではなく三回忌なのかというところだと思います。 年忌は数え年で数えます。 数え年とは生まれた時を0と数えず1と数えます。 そして以降元旦を節目に数えていく方法です。 はるか昔、日本では数え年が普通でした。 しかし、1902年12月22日に施行された「年齢計算ニ関スル法律(明治35年12月2日 法律第50号)」から満年齢を使用するようになりました。 三回忌の準備はこれまで同様、お寺様、会食、引き出物の手配になります。 三回忌法要のお布施の相場は1万円~5万円程度です。 お布施の他にお車代を5千円~1万円程度、僧侶が会食を辞退された場合は御膳料を5千円~1万円程度準備します。 一周忌を終えると一息つきますが、その記憶を忘れる前に三回忌の準備に取りかかっても良いかもしれません。 【合わせて読みたい】 七回忌 七回忌は前述通り数え年になりますので、亡くなってから満6年目になります。 七回忌になりますと、これまで大々的にご親戚に声をかけてきたと思いますが、声をかける関係が縮小する家庭もあるようですし、6年が経過しているので、これまで元気で出席してくれた叔父・叔母が元気ではなくなったという話もあり、必然的に縮小したという結果もあります。 しかし、声をかけないのも失礼かもしれません。 「七回忌を執り行いますが、皆様の体調を考えて家族のみで執り行います」という言い回しも良い場合もあります。 家族だけで執り行う場合は必要ありませんが、ご親戚が出席するならば、これまで通りお寺様、会食、引き出物の手配が必要です。 七回忌法要のお布施の相場は1万円~5万円程度です。 お布施の他にお車代を5千円~1万円程度、僧侶が会食を辞退された場合は御膳料を5千円~1万円程度準備します。 【合わせて読みたい】 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• 宗派によってお布施金額の相場に違いはある? 宗派によってお布施の金額は変わります。 また、同じ宗派でも地域によって違います。 それ以上にお布施の金額が大きく変動するのが戒名料です。 戒名料は位によって金額が異なりますが、30万円~100万円、それ以上の戒名料がかかる場合もあります。 浄土真宗は戒名料は必要ありません。 浄土真宗は法名といい、葬儀を頼めば法名がいただけます。 浄土真宗でも位の高い法名が欲しい方は、院号をつけていただけますので、葬儀社か菩提寺にお尋ねください。 お布施金額を抑える方法 菩提寺がある方は率直にお寺様にお願いをすることが良いでしょう。 最近では葬儀をお願いすると、先に金額表を渡されるお寺もあります。 しかし、葬儀は盛大に執り行い、お布施だけ金額を抑えることはできません。 また、お布施の金額を訪ねても教えてくれないお寺様もあります。 実際に少ない金額を包んだ場合に、後で催促や「少なかったですよ」と連絡が来るかどうかはわかりません。 しかし、菩提寺があるということは、今後の法事・法要でお寺様と会いますので、関係がこじれてしまうのも困ります。 お布施の費用に困るのであれば率直にお願いすると良いでしょう。 菩提寺がない場合、葬儀社にお願いしてお布施の金額が少ないお寺様を紹介してもらうことが良いでしょう。 葬儀費用がお得に! 最大60,000円割引• まとめ いかがでしたか。 全国のお布施の相場や、地域の御布施の相場には違いがあることがご理解いただけたのではないでしょうか。 一昔前までは、お布施の金額については解り辛い事が多かったのが現実です。 お寺様に尋ねても 「 お気持ちですので相場などはございません」 などと言われたりして、はっきり言ってはくれず、葬儀社も金額を言ってしまっては後でお寺様とトラブルになる可能性もあるので教えてくれませんでした。 しかし最近では、お寺様がお布施の金額表を準備していたり、「うちの寺はいくらからです」とはっきり教えてくれることも多くなりました。 今回はお布施の相場を紹介しましたが、お布施の相場は地域や宗派、お寺様によって変わりますので、お布施の相場を知りたい場合はお寺様や地域の葬儀社に尋ねたり、もしくは知り合いで葬儀をした人がいる場合には、その人に聞くのも良いでしょう。 また、お坊さん便のような定額のお布施で執り行えるお坊さん手配サービスもありますので、ぜひ活用されてみては如何でしょうか。

次の

初盆香典 相場金額》新盆/親戚/会社/親/知人/兄弟/近所/叔父/叔母/孫/親族

初盆 お布施 金額

見出し• 初盆に必要なお布施って何? 初盆に限らず、法要や法事で僧侶を招いて読経してもらった場合には、僧侶が所属するお寺へ謝礼金を渡す必要があります。 いかにお寺といえどもボランティアでありがたいお経をあげてくれるわけではないので、きちんとお礼を差し上げなければなりません。 この謝礼金がお布施と呼ばれるもので、実際には僧侶やお寺に対して渡しますが、本来は仏様などのご本尊に対して捧げる感謝のしるしを意味します。 お寺は、受け取ったお布施をもとに法務を行ってご本尊をお守りします。 また、お布施はご本尊を守るために活動する僧侶や家族の生活を助けるためにも用いられ、最終的にはやはりご本尊のために使用されます。 お布施はあくまでもお礼という意味合いが強いため、一般的なサービスの対価のように金額が決まっているわけではありません。 地域によってはお金ではなく品物を渡すところもあり、檀家の感謝の気持ちを示すものだと覚えておきましょう。 現実的にはお金による謝礼が行われるのが一般的で、初盆の場合は特に重要な法要なので金額も高くなることが多いです。 お布施の内容や金額については地域ごとに特徴が異なるため、事前に確認しておきましょう。 初盆のお布施の相場はいくら? 初盆のお布施としていくら必要になるかは、宗派やお寺によってそれぞれ異なります。 お布施はお礼という意味合いが強いため、明確な料金表などは存在していません。 仏様へ対する感謝の気持ちを金額に変えて包むのが基本とされ、実際に金額についてお寺に尋ねても明確に提示されないことが多いです。 こうなると施主としては悩んでしまいますが、いくら気持ちで良いとは言われても、1,000円だけ包むなどということはあり得ません。 初盆は初めてのお盆の法要であり、故人を亡くしてから時間もあまり経っていないため、特に重要な供養だと考えられています。 このことはお寺も僧侶も十分承知しており、通常の法要以上に入念に供養を行ってくれます。 ここで不十分なお礼をしてはお寺に対して失礼ですし、何より故人の面目まで潰してしまいます。 このため、初盆のお布施の相場については正しく理解しておくことが大切です。 一般的な法要の場合、規模にもよりますが約5,000円から20,000円程度が相場です。 これに対し、初盆だと親戚や知人などにも声をかけて法要を行うため、かなり大掛かりなものになります。 僧侶が自宅まで来てくれたりお墓の前まで足を運んでもらったり、お寺の本堂を借りて行うなど形態は様々ですが、いずれも手間や労力がかかります。 このため初盆のお布施は金額も上がり、約30,000円から50,000円前後を包むのが一般的なマナーとされています。 金額が高いと驚く人もいるでしょうが、お盆の法要は毎回これだけかかるというわけではなく、あくまでも初盆の時だけの特別な金額です。 一度きりの特別な法要なので、必要経費としてしっかり支払うようにしましょう。 地域によっては読経の後に僧侶も交えて食事会が開かれたり、折詰弁当やお土産などを渡すこともあります。 この場合はお布施の金額からその分を差し引いて良いのかと思いがちですが、お布施は読経や法要全般に対する謝礼であり、食事代やお土産代とは別に考えなければなりません。 食事などを振る舞ったとしても、お布施の金額を減らせるわけではないので注意しましょう。 ちなみに、お寺の本堂や集会場などを借りて初盆の法要を行った場合、お寺の関係者が参列者に飲み物やお菓子などを配ってくれることもあります。 この場合は手間や費用も余分にかかっているので、相場よりも若干多めにお布施を包む必要があります。 30,000円から50,000円というのはあくまでも相場なので、必ずこの範囲に収めなければならないわけではありません。 経済的に厳しければ20,000円でも仕方ありませんし、故人の生前もお世話になっていたなど感謝の気持ちが大きければ100,000円包んでも構わないのです。 最終的に金額を決めるのは施主なので、相場を参考にして包める金額を考えていきましょう。 包んだ金額によって後日お寺から何か言われることもないので、安心してください。 ただ、あまりにも相場より低い金額では、今後のお寺との付き合いに溝が生まれてしまう可能性もあるので注意しましょう。 忘れてはならないお車代と御膳料 お寺以外で法要を行う場合、僧侶に現地まで足を運んでもらう必要があります。 自家用車やバイクで来る僧侶が多いのですが、このような場合はお布施以外にお車代も必要になります。 お車代は交通費のようなものですが、実際にかかる交通費よりもかなり多めに包んでください。 一般的には約5,000円から10,000円ほどを包むことが多く、単なる実費というより出張費としての意味合いが強いです。 お寺で法要を行う場合は僧侶が移動する必要もないので、お車代は必要ありません。 車やバイクを使わない場合はタクシーで来ることもあるので、事前に移動手段を確認しておきましょう。 タクシーの場合は施主側が送迎の手配を行い、タクシー料金も確認したうえで事前もしくは当日に支払っておきます。 また、初盆の法要では読経の後に参列者全員で食事を行うのが通例ですが、この席には基本的に僧侶も招くことになります。 食事をしながら故人の思い出話をしたり、僧侶のありがたいお話を聞いたりするのですが、実際には食事会に僧侶が出席することは滅多にありません。 初盆の時期は短いので他の多くの家庭も法要を希望しており、1日にいくつもの会場を回って読経しなければならないためです。 また、他人がいては気を遣わせてしまうという配慮から、予定が無くても食事会を辞退する僧侶も多いです。 このような場合は、食事会に参加する代わりに御膳料を受け取ってもらいます。 御膳料は食事の代わりではありますが、金額は実際の食事の内容に関わらず5,000円から20,000円前後を包むのが相場です。 お車代や御膳料は初盆の法要に付随するものであり、本来の供養とは別に考えます。 このため、供養に対する謝礼であるお布施とは分けて用意しなければなりません。 くれぐれも、お布施からお車代や御膳料の金額を差し引いたりしないでください。 ちなみに、用意するお金は新札でも旧札でも構いません。 葬儀や通夜の場合は、急なことで時間が無かったという哀悼の意を示すためにも旧札を使いますが、お布施はあらかじめ必要になるのが分かっているので新札でも問題ないのです。 不祝儀事に新札を使うのがどうしても躊躇われるという場合は、新札を軽く中央で折ってから封筒に入れると良いでしょう。 こうしておけば新札扱いにはなりませんし、旧札ほど汚れていることもないので、お寺へのマナーとしても最善です。 お布施を渡すための袋の書き方 通常、慶弔事でお金を入れるものといえばのし袋ですが、お布施を入れる場合に限ってはのし袋は使いません。 市販されている普通の白い封筒で構わないので、新品を用意しましょう。 たまに内袋が付いて二重になっている封筒もありますが、不幸が重なるという意味に繋がるので避けた方が無難です。 封筒を準備したら、黒く濃い墨で「御布施」や「お布施」、「御経料」のいずれかを表書きします。 葬儀関連の表書きは全て薄墨を使うと誤解している人も多いですが、薄墨はあくまでも急な葬儀や通夜で墨が準備できなかった、悲しくて涙で墨が薄くなったという意味で用いられます。 お寺へ渡すお布施には薄墨を使う必要はありませんし、初盆はいつ必要になるか分かっているものなので黒い墨を使いましょう。 封筒の上段には表書きを記し、下段には施主のフルネームか名字を記します。 名字の最後に「家」を付けておくと、より正しい書き方になります。 裏面には特に何も記す必要はありませんが、お寺や僧侶との親交がなかった場合は、施主名や住所、電話番号などを記載しても構いません。 これまでにも法要を行うなどしてお寺と顔なじみになっている場合は、わざわざ名前や住所を記さなくても良いでしょう。 お布施の金額も特に必要ありませんが、書く場合はアラビア数字ではなく旧字体の漢数字や単位を用います。 慶弔事のお金は一や三などの一般的な漢数字ではなく、壱や参というように旧字体で記すので注意してください。 お車代や御膳料の袋の書き方 初盆の法要のお車代や御膳料を包む場合も、基本はお布施の封筒の書き方と同じです。 白く新しい封筒を用意し、黒い墨で表書きなどを記します。 表書きは封筒の上段に記し、そのまま「お車代」や「御膳料」と書いてください。 お布施とは違い、下段に施主のフルネームなどは必要ありません。 どうしても名前を書きたい場合は、裏面に住所や連絡先と一緒に名前を記しましょう。 こちらも金額を書かなくても構いませんが、記す場合は旧字体を使うようにしてください。 ちなみに、お車代と御膳料はどちらも支払うことが多いので、同じ封筒にまとめて入れても構いません。 この場合は、封筒の上段にお車代と御膳料の表書きを連記してください。 お布施を渡すときのポイント お布施は単純に封筒にお金を入れて手渡せば良いわけではなく、重要な法要らしくマナーを守った渡し方を心掛けなければなりません。 まず、封筒にお金を入れる段階から注意を払いましょう。 お札は表側を向け、福沢諭吉が上の方に来るように入れるのが正しい入れ方です。 封筒から取り出した時に、すぐに福沢諭吉が見えるようにしておきます。 法要後に僧侶に渡す際には、直接封筒を持って手渡しするのはマナー違反です。 切手盆と呼ばれる小さなお盆に乗せたまま渡すのですが、切手盆がない場合は小さめのお盆でも構いません。 お盆の大きさにはこだわらない僧侶が多いので、あまり気にしなくて良いでしょう。 使えそうなお盆が全くないという場合は、袱紗の上に乗せて渡します。 ただし、袱紗は結婚式で使うような赤など派手な色ではなく、黒や紫といった地味な色を使いましょう。 今後も法要などが立て込んでいたり、お寺や僧侶との付き合いが続いていく場合は、切手盆を購入しておくと便利です。 お布施以外にお車代や御膳料を一緒に渡す場合は、まず一番下に御膳料で真ん中にお車代、一番上にお布施という順番で乗せてください。 また、渡す時は必ず表書きの向きを受け取る側に合わせましょう。 自分の方に向けたまま渡すのは失礼なので、僧侶が表書きを読めるような向きで渡すことがポイントです。 また、暑い中読経のために来てくれた僧侶を労わるためにも、お布施だけでなく冷たい飲み物なども一緒に出すと良いでしょう。 忙しい場合は手を付けないことも多いですが、労わりの気持ちが見えると僧侶も喜んでくれることが多いです。 感謝の気持ちを伝えるためにも、実践してみてください。 最後に渡すタイミングについてですが、一般的には法要が終わった後、帰る直前に渡します。 ただ、初盆の時期は僧侶も忙しいことが多く、読経が終わるとすぐに帰ってしまうことも珍しくありません。 帰る直前にもたもた準備していると、渡しそびれたまま僧侶が返ってしまう可能性もあります。 このため、法要が始まる前、僧侶が到着したタイミングを見計らってお布施を渡すという方法もあります。 この場合、「お暑い中お越しいただきましてありがとうございます。 本日はよろしくお願いいたします」など一言添えてから渡すようにしましょう。 もちろん、法要後に渡す場合も「本日はありがとうございました」とお礼の言葉を添えつつお布施を渡します。 黙ってお布施を渡すだけでは社会人としてのマナーが疑われるので、必ず挨拶をしてから渡してください。 お布施をスムーズに渡せるようにしよう 初盆は準備することが多いですが、その中でも法要の主軸となる読経へのお布施は特に重要なものです。 お布施を正しく準備できなければ供養してくれた僧侶を嫌な気持ちにさせてしまい、残念な記憶が残る法要になってしまいます。 初盆はたった一度きりなので、故人のためにも滞りなく済ませてあげたいと思う施主が多いでしょう。 そのためにも、肝心のお布施で気まずい思いをすることのないよう、知識をつけておくことが欠かせません。 いざというときにスムーズにお布施を渡せるよう、マナーや基礎知識を徹底的に覚えておきましょう。

次の

初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

初盆 お布施 金額

初盆・新盆の香典について4つのポイント 1)四十九日(忌明け)を過ぎて 初めて迎えるお盆を初盆または新盆と言います。 その年のお盆の時期までにまだ四十九日を迎えていない場合には初盆・新盆法要は翌年に執り行います。 2)毎年、お盆の時期には亡くなった人やご先祖をお迎えしますが、 初盆・新盆だけは僧侶を招いて法要を行います。 この初盆・新盆法要には遺族・身内や親族だけでなく、故人とお付き合いがあった人や会社職場関係・友人・知人も参列することがあります。 (初盆・新盆を過ぎると、これ以降の主な法要は一回忌、三回忌、七回忌などのように、故人の命日に行われるものとなります) 3)初盆・新盆には僧侶を招いて法要が営まれるため、 遺族や親族だけでなく故人とゆかりが深かった人は法要に招かれることがあります。 法要に招かれた人は香典を持参します。 4)初盆・新盆の法要のあとで食事会(お斎=おとき、と読みます)が催されることがあります。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 初盆の香典の相場は(中心となる金額は)5,000円〜10,000円のようです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 夫婦でお斎に出席する場合や、子供もお斎に出席する場合にはその分も見越して香典の金額を包みます。 また義理の父母、義理の兄弟姉妹は実父母、実兄弟姉妹と金額は変わってきます。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 その場合の香典袋の書き方、表書きなどについては次のページで解説します 1,000〜5,000 1,000〜5,000 3,000〜5,000 3,000〜10,000 会社名で香典を包む場合 ケースとしては少数ですが、以下のような場合に初盆の香典を包むことがあります。 ・故人の会社への貢献度が高かった場合 ・故人が会社の元経営者や元役員だった場合 ・故人が職務遂行中の事故などで死亡した場合 ・故人や遺族と会社や社長が家族ぐるみでお付き合いがあった場合など 香典の金額は10,000〜100,000円くらいです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 友人 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000 5,000〜10,000 知人 2,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 隣近所 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜 仲人 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜.

次の