結合 双生児。 チャン&エン・ブンカー兄弟

二人で一つの身体を共有する「結合双生児」はどう生きているのか(美馬 達哉)

結合 双生児

向かって左が兄のチャン、右が弟のエン。 2人は胸部と腹部の中間付近で結合していた。 結合部がある程度伸縮し、正面での結合でありながら写真のように横に並ぶこともできた。 そのため側面結合と誤解されることもある。 この結合部にが存在、2人が唯一共有していた部分であった。 結合部に肝臓があることが問題となったのか、当時の医療では分離手術は難しいとされ、2人は生涯結合したままであった(現在ならば分離は容易である)。 結合双生児の異称 シャム双生児の語源となったことでも有名な兄弟である。 概暦 [ ] 父はの、母は中国人とのハーフであった。 このため、地元タイでは中国人という認識だったらしい。 タイにいた当時、彼らにはまだ姓がなかった。 、に発見されて引き取られる。 その後、の見世物としてを巡業した。 2人がサーカスの見世物として巡業していた時に「The Siamese Twins」(シャム人の双子)と名乗ったのが「シャム双生児」という言葉が生まれた最初であり、以後結合双生児を指して普遍的にこの言葉が使われるようになった。 、2人はサーカスを辞めて()に定住し、アメリカの市民権を取り、「ブンカー」の姓を名乗った(この姓を名乗った理由は不明)。 そして、それぞれ普通の女性(姉妹)と結婚、チャンは11名、エンは10名の子を儲けた。 2人は同地でを経営した。 未明に兄のチャンがで死亡しているところを起床した弟のエンが気づき、チャンの妻や親族を呼び寄せ、体の関節がひどく痛むことを訴えた。 しかしエンも約3時間後に、兄の後を追う形で死亡した。 62歳は現在でも結合双生児としては長寿である。 参考文献 [ ].

次の

【結合双生児】アビゲイル&ブリタニー・ヘンゼル姉妹「1つの身体、2つの魂」

結合 双生児

本当であれば、タチアナちゃんとクリスタ ちゃんは生存することは難しいとされていました。 彼女たちがまだ母親のお腹にいた時には、生後1か月の生存率はほとんどゼロであると言われていました。 しかし驚くことに、彼女たちが4歳になった今年の10月25日、タチアナちゃんとクリスタちゃんは上の写真のように元気で幸せに成長しています。 2人は、任天堂のWii で遊んだり、おもちゃのことで喧嘩したり、ご飯を分け合ったりします。 2人の 体は別々に機能しているのに、脳の神経は繋がり、お互いにお互いの感覚は共有しているんだそう。 たとえば、1人がある物体を目で認識すると、もう1人もその物体を見ることができる、ということ。 2人は1人で1人は2人、同じ世界を彼女たちは共有しているのです。 非常に重要なのは、2人はお互いの考えを共有しているということです。 祖母のLouise McKayさんによると、 2人はお互いの考えを共有しています。 誰も何も言わなくても、Tatianaが「止めなさい!」と妹をたしなめるのです。 異なる人格と体をもった、でも脳の神経は完全に繋がっているという2人の子供がいることに、科学者も驚きを隠せません。 Vancouver小児病院の神経外科医のD. コクレン氏は、彼女たちの脳の「ネットワーク」の能力のテストを行いました。 彼女たちの脳は、片方が見た「視界の信号」を記録しています。 1人が見たものは、もう1人の方も同時に見ることができるのです。 しかしながら、彼女たちはまだ幼く、完全に口頭で伝える事ができないため、科学者は完全に調査しきれていないようです。 科学的にも哲学的にも興味深い事象であることは確かです。 でも彼女たちの母親は「2人がこのようになっている理由はわからない」けれど、そんなことよりも2人が元気に日々育っていることにただただ感謝しています。 2人は脳が繋がっている世界で唯一の結合双生児で、分離手術は不可能だそうです。 記憶はどのように共有してるんだろう、もしかして片方が勉強すれば片方が勉強しなくて済むだろうか... とか、片方が死んでしまったらどうなるんだろう... など、疑問はいくらでも出てきますが、とにかく、この双子の女の子がずっと元気に育ってくれる事を何より願います。 [] mayumine()• Tags :•

次の

【ショック】驚くべき結合双生児(シャム双生児)!二人で一つの身体を共有...!

結合 双生児

本当であれば、タチアナちゃんとクリスタ ちゃんは生存することは難しいとされていました。 彼女たちがまだ母親のお腹にいた時には、生後1か月の生存率はほとんどゼロであると言われていました。 しかし驚くことに、彼女たちが4歳になった今年の10月25日、タチアナちゃんとクリスタちゃんは上の写真のように元気で幸せに成長しています。 2人は、任天堂のWii で遊んだり、おもちゃのことで喧嘩したり、ご飯を分け合ったりします。 2人の 体は別々に機能しているのに、脳の神経は繋がり、お互いにお互いの感覚は共有しているんだそう。 たとえば、1人がある物体を目で認識すると、もう1人もその物体を見ることができる、ということ。 2人は1人で1人は2人、同じ世界を彼女たちは共有しているのです。 非常に重要なのは、2人はお互いの考えを共有しているということです。 祖母のLouise McKayさんによると、 2人はお互いの考えを共有しています。 誰も何も言わなくても、Tatianaが「止めなさい!」と妹をたしなめるのです。 異なる人格と体をもった、でも脳の神経は完全に繋がっているという2人の子供がいることに、科学者も驚きを隠せません。 Vancouver小児病院の神経外科医のD. コクレン氏は、彼女たちの脳の「ネットワーク」の能力のテストを行いました。 彼女たちの脳は、片方が見た「視界の信号」を記録しています。 1人が見たものは、もう1人の方も同時に見ることができるのです。 しかしながら、彼女たちはまだ幼く、完全に口頭で伝える事ができないため、科学者は完全に調査しきれていないようです。 科学的にも哲学的にも興味深い事象であることは確かです。 でも彼女たちの母親は「2人がこのようになっている理由はわからない」けれど、そんなことよりも2人が元気に日々育っていることにただただ感謝しています。 2人は脳が繋がっている世界で唯一の結合双生児で、分離手術は不可能だそうです。 記憶はどのように共有してるんだろう、もしかして片方が勉強すれば片方が勉強しなくて済むだろうか... とか、片方が死んでしまったらどうなるんだろう... など、疑問はいくらでも出てきますが、とにかく、この双子の女の子がずっと元気に育ってくれる事を何より願います。 [] mayumine()• Tags :•

次の