ザノン フィクション youtube。 <BSフジサンデースペシャル>『ザ・ノンフィクション特別編 おじさん、ありがとう ~ショウとタクマと熱血和尚~』|BSフジ

ザ・ノンフィクション 母と娘の上京それから物語 夢のステージ ある親子の8…

ザノン フィクション youtube

愛知県・岡崎市の山の中に小さな寺がある。 そこはかつて「平成の駆け込み寺」と呼ばれ、非行や虐待、いじめ、薬物依存など、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供たちの「居場所」だった。 今回の主人公は、その寺で壮絶な思春期を過ごしたショウとタクマ。 非行グループに属していたショウは、バイクの窃盗を繰り返し、13歳にして少年鑑別所に送致される寸前だった。 兄貴分のタクマもまた「九州の中学生ヤクザ」と異名を取るほどのワル。 二人の出会いは11年前、寺の住職である廣中邦充さんの元にショウが預けられた日に遡る。 廣中さんは20年間にわたり、問題を抱える子供たちを無償で預かり、更生に導いてきた。 子供たちからは「おじさん」と呼ばれ、第二の父親の様な存在だ。 おじさんや仲間たちから温かく迎えられ、ショウは少しずつ落ち着きを取り戻していくが、ある日事件が起きる…。 一方、子供たちの精神的な支えであった廣中さんは、ステージ4の肺がんに侵され、その後、脳転移が発覚。 強靭な精神力で病と闘いながら、最後まで子供たちに手を差し伸べ続ける。 ショウとタクマ、そして熱血和尚と悩める子供たちの心の触れ合いを捉え続けた11年間の映像記録。

次の

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

ザノン フィクション youtube

【2019年8月4日放送の感想】"62歳のシングル女性が築60年ほどのボロボロのアパートに暮らしながら、お金に困っている人達が住める格安のシェアハウスの経営をしました。 3年前まで彼女が区議会議員をしていた頃のお金をシェアハウスの経費として使っていましたが、議員って本当に儲かるのだなと、つくづく思いました。 貧困や行き場のない女性の味方だと全面に出していましたが、再度選挙に出ると決めたシーンでやけにしらけてしまいました。 意地悪なわたしは「再び選挙に出るためのパフォーマンスとしてシェアハウスを始めたのね」と冷ややかに観てしまいました。 女が1人で生きることは大変だと理解は出来ますが、長く生きていれば嫌な垢も付きますが、わたしは彼女の生き方に賛同出来ないと強く思いました。 正直不快でした。 "(女性40代) 【2019年8月11日放送の感想】いつも見終わった後気分が悪くなるのに、つい見てしまう。 親の犠牲になっている子供がかわいそうだ、本当に。 空回りしてしまう新しい父親は仕方ないと思う。 大家族を養うのも大変だし、血の繋がりのない大きくなってしまった子供との関わり方は難しいと思う。 ただすぐに怒鳴るのは間違っているが。。 それよりも離婚を繰り返し、子供を産むだけ産んで、高校の学費まで子供に負担をかけようとした母親。 父親の愛情を知らないんじゃなくて、母親がちゃんと母親の役割を果たせてない、愛情をかけてやってないと思う。 いい加減、自分のことをミナと言うのをやめて欲しい。 子供みたいにすぐに泣いて、ヒステリーになるのをやめて欲しい。 (女性40代) 【2019年10月13日放送の感想】好きな事だけして生きて行く。 誰もがそうでありたいと思って生きている。 でもそれが現実的ではなく理想としているから、どこかに属して嫌な事も我慢して仕事している。 シェアハウスを運営し自分の気の赴くままに生きている人がいて、それを知った同じ思想の若者達がまたそこに集まって暮らしている。 皆、仕事をせずにゲームやパソコン、料理とそれぞれバラバラの生活。 こんな事が成り立つ時代になってしまっている。 なんだか悲しくなった。 現実逃避にしか思えない。 運営者を慕う19歳の少年が全く同じ道を選択し、シェアハウスの経営者となっていた。 若さゆえなのか。 チャレンジ精神は良いと思うが、働きたくない。 とかそんな理由で社会から逃げて自分が楽しいと思う事だけをやって生きていて良いのか。 この少年の今後が心配になった。 (女性50代) 【2020年5月10日(日)放送の感想】獣医師さんもですが、ボランティア団体の方もすごい、私も犬猫は、飼い、昔は、妹が犬猫ウサギといろいろ拾ってきてかい育てましたので、気持ちは、わかります、特に猫の捨て猫は、うちにも猫がいるため、困ります、うちのには、避妊をしてありますが、野良猫同士で春になると困ります、そもそも最初にすてた人がいるからなのに、今堕胎猫の手術してますが、なぜ飼い猫なのに避妊しないのでしょうか、堕胎しようとしてたのに、生まれた猫、死んでるのもいた、どうするか画面でもみてられない、ボランティアのひとも、見られないでしょうね、飼い主の人いらないなら、なんでと腹たつ、新しい飼い主見つかるとよいですね、(女性50代).

次の

ザ・ノンフィクションのバックナンバーまとめと動画を無料視聴する方法│LINKST|バラエティ無料動画まとめサイト

ザノン フィクション youtube

お笑いコンビ「ぱろぱろ」を結成し、劇場で爆笑をさらう和田昭也 26。 フィリピンパブで働く母と日本人の父との間に生まれた昭也の悩みは、今もフィリピンパブで働く母が家族のもとを出て行ったまま戻らないこと。 おそらく原因は、父のパチンコ通いと借金。 家族が仲良く一緒に笑って暮らしていた 「幸せな時間」をもう一度取り戻したい昭也。 ある日、実家にいる父から「家の電気が止まるのでお金を貸して欲しい」と連絡が入る。 別居中の母の口からは「父を殺したい」という言葉が… 相方の大久保健 25 も昭也と同じようにフィリピンパブで働く母と日本人の父との間に生まれた。 幼い頃から自分の母が、友達の母と違うことにコンプレックスを抱えていた健。 そんな健の心を母の一言が大きく揺さぶることになる… フィリピンパブで働く女性を母に持つ、お笑いコンビ「ぱろぱろ」の家族模様。 はじまりはこんなツイート。 『なんもしない人 ぼく を貸し出します。 常時受付中です。 国分寺駅からの交通費と、飲食代等の諸経費だけ かかれば ご負担いただきます。 お問い合わせはDMでもなんでも。 飲み食いと、ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。 』 そもそも、人は働いて稼がなければいけないのか? 何かをしないといけないのか? そんな疑問を抱く「レンタルなんもしない人」こと森本祥司 35 が貸し出すのは「何もしない自分」… それは文字通り、何もせずに一緒にいること。 そのサービスがツイッターで広がると「なんもしない人」への依頼が殺到した。 2019年夏…「レンタルなんもしない人」に次々に舞い込むちょっと変わった依頼。 今やツイッターフォロワー数23万を超える森本。 本家「レンタルなんもしない人」を真似たアカウントは日本全国で60を超え、新しいブームとなっている。 硬くて…」19歳で逮捕された時の話を穏やかな顔で話す男、汪楠 ワン・ナン は、47歳になった。 現在は、受刑者や出所者を支援する活動を行なっている。 それは汪楠の過去の罪への償いでもあるのだ。 非道の限りを尽くした末に逮捕され、13年を刑務所で過ごした汪楠を救ったのは、1冊の本をめぐる裁判官の言葉と塀の外から届く手紙。 汪楠は過去の罪を悔い、更生を誓う。 出所した汪楠は、全国の受刑者に本を送る活動を始め、出所者の「第二の人生」を支援する活動を続けている。 しかし、日本国籍を持たない汪楠は、就労することが許されず、受刑者支援の活動資金は、常に足りない状況だ。 上京から8年後、まさかのステージが! 夢追う母娘2人の記録。 番組詳細 ザ・ノンフィクション 母と娘の上京それから物語 ~夢のステージ ある親子の8年~ 「東京で夢を叶えたい」「スポットライトを浴びてステージに立ちたい」…共にひとつの夢を追い続けた、ある母と娘の8年間の記録。 2011年、舞台女優を目指し高校卒業後に故郷・長野から上京した渡邊美代子さん 当時18歳 と、その娘を見送った母・美奈世さん 当時48歳。 この母娘の間には、深い心の溝があった。 事業の失敗から、借金返済に追われる暮らしを余儀なくされていた渡邊家。 そのため母・美奈世さんは、 娘が遭っていたイジメから目を背けてしまったのだ。 そんな母への不信感が拭えず、18歳で故郷を飛び出した娘。 しかしその行動はどんどん空回りしていく。 母に怒りをぶつける娘。 それでも、金銭的援助などで過剰なほど娘の夢を応援し続ける、母・美奈世さんの行動の裏には、彼女の胸に秘めた青春時代の 想いがあった。 一方、母と娘の夢は、上京から5年が経ち新たな方向へ。 結婚と出産を経て、故郷・長野へと戻る選択をした美代子。 夢をあきらめかけた母娘にある日、意外なオファーが舞い込む。 そのオファーに娘以上に喜ぶ母・美奈世さんは、まるで自分の青春時代を取り返そうとするかのように奔走する。 しかし、再び訪れる思わぬ事態…。 【語り】 室井滋 【構成】 岩井田洋光 【撮影】 藤田和也 尾崎絵梨 阿部郁美 【演出補】 南貴之 【演出】 森山智亘 【プロデューサー】 西村朗 【チーフプロデューサー】 西村陽次郎 【制作協力】 ラダック 【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ 〈作曲〉山口卓馬 書上奈朋子 〈編曲〉宮崎誠 出演者 室井滋 西村朗 書上奈朋子 関連情報 全国ネット番組の場合はレス記録から 放送内容や延長情報などの情報が得れる場合があります.

次の