ソフトバンク スマホ プラン。 ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ソフトバンクの新料金「スマホデビュープラン」でガラケーとお別れ

ソフトバンク スマホ プラン

au,docomo端末からの乗り換え: 20,000円現金キャッシュバック• 機種変更: 5,000円現金キャッシュバック• ソフトバンクでんき契約:追加で最大 10,000円の現金キャッシュバック 【月額料金例】 <iPhone11 64GBの場合> 通信プラン:ウルトラギガモンスター+(データ定額50G+)• データ定額50GB+ 7,020円• 端末代金 1,860円(48ヶ月)• おうち割 -1,080円• 人気のiPhone11シリーズでキャッシュバックが手に入るなるなんて、今回のキャンペーンを使わない手はありません。 キャンペーン価格で購入するには、以下の条件を満たす必要があります。 【キャンペーン適用条件】• ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB+)の加入 翌々月10日以降に変更可• データ定額&携帯自体の契約を1年間継続 データ定額は翌々月10日以降に変更可• 割賦24回の契約は対象外となります。 1GBというと少ないように感じるかもしれませんが、初めてスマホを使うライトユーザー向けなので、1GBでも十分でしょう。 プランの料金の詳細は下記のようになります。 項目 1年目の月額料金 2年目以降の月額料金 通話基本プラン 2年 1,200円 1,200円 ウェブ使用量 300円 300円 準定額オプション 500円 500円 データ定額スマホ デビュー割 980円 980円 1年おトク割 -1,000円 スマホデビュー 専用割引 -1,000円 -1,000円 月額合計 980円 1,980円 スマホデビュー割引で受けられる割引 上記を見ればわかりますが、スマホデビュープランでは 1年オトク割と スマホデビュー専用割引の2種類の割引が受けられます。 1年おトク割はスマホデビュープランに加入されれば自動的に適用され、12ヶ月間にわたって毎月1,000円割引が受けられます。 スマホデビュー割引は、通話オプションを「準定額オプション」または「定額オプション」にすることで適用されます。 ちなみにソフトバンクでは、通話オプションが次の3つが用意されています。 オプション割 オプション内容 月額料金 オプションなし 国内通話30秒につき20円 0円 準定額オプション 5分以内の国内通話無料 500円 定額オプション 国内24時間通話無料 1,500円 普段あまり電話をしない方であれば、「オプションなし」を選んでしまうでしょう。 しかし、「オプションなし」を選んでしまうと、スマホデビュー専用割引が受けられないのです。 「準定額オプション」を選べば、500円かかりますが、スマホデビュー専用割引で1,000円の割引が受けられるので、結果的に500円お得になります。 そのため、普段あまり電話をしない方でも「準定額オプション」を選んだ方がお得なのです。 もちろん電話のヘビーユーザーの方は定額オプションを選択することで、実質500円で24時間電話し放題になります。 スマホデビュープランの加入条件 ライトユーザーにとっては魅力的なスマホデビュープランですが、どんな方であれば利用できるのでしょうか。 基本的にはケータイからスマホに移入した方が対象ですが、加入するための条件が細かく決められているので、プランを利用したい方は自分が該当するのか確認しましょう。 他社からのMNPでスマホに乗り換える場合、ワイモバイルのケータイ、PHSからの番号移行、他キャリアのケータイからの移行であれば加入できます。 機種変更で加入する場合には、ソフトバンクが提供している3G・4Gケータイ、キッズケータイ、みまもりケータイ、あんしんファミリーケータイのいずれかからの機種変更が条件です。 上記の条件を満たしていれば、自動的にスマホデビュープランが適用されるため、特別に手続きをする必要はありません。 スマホデビュープラン口コミ・評判 実際に加入した人の評判はというと。 よい評判 ケータイ(ガラケー)からソフトバンクのスマホに変えて、ちょっとだけネットをやってみようかなという人は「スマホデビュープラン」がお勧め!毎月1GBまでと少量ですが、料金は非常に安いプランになっています。 現在ケータイを使っている人だけが利用できるプランなのでその点はご注意を。 — トク丸 おとくケータイ. 嫁のケータイ、ガラケーを卒業しました!ソフトバンク回線だったのですが、スマホデビュープランへ。 DSDS対応したnova lite 3でIIJmio回線と併用することを検討中。 で、Pixel 3aは私のおもちゃに。 おサイフケータイとか、使ってみたかったのよ。 — ひとぅ hitoxu もじゃのスマホ、毎月キャリアの回線は1GBちょいしか使ってない。 — スミスミ kawasumimimi スマホデビュープランと格安SIMの併用はキャリアのサポートも受けながら安い料金で使えるのでデュアルSIM対応の端末であれば、よりお得感が得られるでしょう。 また、モバイル型のWiFiをお持ちの方や自宅でネット回線を引いている方、そこまでネットを使わない方、キャリアメールのみ使いたい方などは、1GBのプランで抑える手もありますね。 悪い評判 親のスマホがLINE送れないと見てみたら、スマホデビュープランの1GB超えて128kbps制限かかっている模様。 どうやらWifiあるのに、設定していなかったのでサクッと設定して9ヶ月分のアップデートも終了させて問題なく動作完了。 — パイセン miuchan ただし、容量を抑えすぎると、すぐに制限がかかってしまうという点がデメリットと言えるでしょう。 スマホデビュープランに加入する際の注意点 条件を満たしている方であれば、大変お得なプランであるスマホデビュープラン。 しかし、いくつか注意しておきたいこともあるので確認しておきましょう。 おうち割光セットとは併用できない ソフトバンクは携帯サービスの他にも様々なサービスを提供していますが、そのうちの一つが光回線サービスの「ソフトバンク光」。 このソフトバンク光とスマホを両方契約していると「」という割引が受けられます。 一人あたり最大1,000円安くなるので、4人家族であれば合計4,000円の割引が受けられるのです。 しかし、今回紹介しているスマホデビュープランを適用させると、このおうち割光セットが適用されません。 おうち割光セットはソフトバンクの他の割引とも併用できる役立つ割引でしたが、スマホデビュープランとの併用は不可能なので気をつけてください。 普段からスマホを利用している方にとっては1ヶ月で1GBだと、とても少ないように感じるかもしれません。 ちなみに1GBでできることと言えば、例えばLINEなら約33万回もメッセージを送れますし、300字程度のメールなら6万通以上送れます。 他にもYouTubeなら2時間弱の動画がみれますし、グーグルマップも4000回以上利用することが可能です。 友達や家族と連絡を中心に、出かける際に地図を確認したり、分からないことがあった時にネット検索する程度であれば、1GBあれば十分ではないでしょうか。 スマホゲームをしたり、スマホでドラマを見るようなことをしなければ十分にスマホを利用できるでしょう。 低速化するとウェブサイトを開くのに時間がかかったり、画像が表示されにくくなるのです。 LINEでメッセージを送る程度であれば、低速化しても問題なく利用できますが、他のサービスではほとんど使えないと思ってもいいでしょう。 低速化は追加でデータを購入するか、月末まで待てば解除されます。 低速化する前には必ずSMSで通知が届くので、データ通信を控えるといいでしょう。 ガラケーの料金の比較してみる ガラケーからお得にスマホへと機種変更してもらうことが目的のスマホデビュープランですが、ガラケーの料金に比べてどれほどお得なのでしょうか。 ガラケーの料金とスマホデビュープランの料金を比較してみましょう。 項目 スマホデビュープラン ケータイのプラン 通話基本プラン 2年 1,200円 2,200円 ウェブ使用量 300円 300円 準定額オプション 500円 準定額オプション 980円 2,900円 1年おトク割 -1,000円 スマホデビュー専用割引 -1,000円 おうち割光セット -500円 月額合計 980円 4,900円 年額合計 11,760円 58,800円 ケータイプランの計算ではお家光割セットを入れても、これほどの差が生まれます。 スマホデビュープランは2年目からは1,980円になりますが、それでもケータイを使っているよりもずっと安いです。 スマホは高いと思って、乗り換えを躊躇している方がいれば、スマホに乗り換えた方が安いことを教えてあげてください。 PayPayデビューキャンペーンも利用するとよりお得に スマホデビュープランを利用するなら、覚えておきたいのが「PayPayデビューキャンペーン」。 スマホデビュープランが適用されると、自動的にキャンペーンも適用され、約6,000円ものPayPayボーナスがもらえるのです。 キャンペーンを行っているのは2019年9月30日までなので、悩んでいる方はぜひ早めにスマホに乗り換えましょう。 PayPayとは 突然PayPayという単語を出してしまいましたが、中には初めて聞いたという方もいるかもしれません。 PayPayとはソフトバンクが提供している、キャッシュレス決済サービスです。 スマホでお店のQRコードを読み込んだり、スマホに表示したQRコードをお店の人に読み取ってもらうことで、現金を使わずに決済ができるのです。 PayPayは加盟店でしか利用できませんが、社会のキャッシュレス化の流れとソフトバンクの営業力によって、加盟店が急激に増えています。 あなたの生活圏でもPayPayを利用できる店がきっとあるでしょう。 PayPayデビューキャンペーンの特典内容 キャンペーンの話に戻ります。 PayPayデビューキャンペーンが適用されると、スマホデビューが適用された回線と同じ電話番号のPayPayアカウントに、毎月1,000円分のPayPayボーナスが6ヶ月もらえるのです。 つまり、PayPayで使えるお金が合計6,000円もらえます。 PayPayボーナスの受け取り方法は、後日ソフトバンクから案内があります。 PayPayアカウントが必要なので、スマホに乗り換えたらPayPayアプリをダウンロードしておきましょう。 PayPayデビューキャンペーンの利用条件 PayPayボーナスをもらう条件ですが、「スマホデビュープランに加入すること」だけです。 スマホデビューに加入すれば、自動でキャンペーンも適用されるので、スマホデビュープランに加入した方は確実にPayPayを利用しましょう。 しかし、2019年の9月30日までの加入という条件があります。 実際にボーナスがもらえるのは2019年10月からですが、加入は先に済ませておきましょう。 PayPayデビューキャンペーンの注意事項 キャンペーンの締切が9月30日までと言いましたが、締め日によって締切が微妙に前倒しするので注意してください。 スマホデビュープランを利用する方の大半は、「通話定額基本料 ケータイ 」もしくは「通話定額ライト基本料 ケータイ 」利用しているはずです。 そして、それらのプランの請求締切日は「10日」「20日」「末日」の3種類に分かれています。 それぞれ下記のようにキャンペーンの締切が変更になるので注意してください。 請求締切日はMy SoftBankから確認できます。 は、こちらの記事でご紹介しています。

次の

ソフトバンクの料金プランをできるだけわかりやすく解説します【初心者向けガイド】

ソフトバンク スマホ プラン

ソフトバンクから2020年3月12日より、新しい料金プランとして「メリハリプラン」が提供開始されました。 メリハリプランは、 月間50GB分のデータ量が利用できる上に、対象の動画とSNSはギガノーカウント(データ量を消費しない)という 特徴があります。 そして、いよいよ3月27日、2機種の5G対応スマートフォンとともに、ソフトバンクの5Gサービスが開始されます。 その 5Gの対応主要プランとしても、メリハリプランは選ばれています。 本記事では、メリハリプランの詳細について確認します。 関連記事:「」 目次• メリハリプランの概要 ソフトバンクの「 メリハリプラン」は、2020年3月12日に提供開始された料金プランです。 メリハリプランのサービス内容は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用でき、各種割引により最安3,480円~利用できる仕組みです。 ちなみに、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されますが、追加データを購入することで速度制限されずに高速通信を利用することが出来ます。 メリハリプランではこれに加えて 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引となり、最安1,980円~利用できるという点が新たに追加されています。 ただ、月間2GB以下のデータ利用量だと自動的に1,500円割引になるという点は魅力的ではあるものの、 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下のみ対象という点は要注意です。 例えば、動画SNS放題の対象サービス以外のデータ利用を1GB程度で収めたとしても、動画SNS放題で5GB程度利用してしまうと、データ量カウントは合計6GBとなり、この場合は2GB以下の1,500円割引の対象にはならず、割引されません。 どうにか2GB以下の割引を受けたいと意識してしまうと窮屈な印象をうけますが、そう考えるよりも動画SNS放題のメリットを思いっきり生かして利用する方が良いでしょう。 メリハリプランの料金 ここからは、メリハリプランの具体的な料金について確認します。 この2つを組み合わせた総称が「 メリハリプラン(計7,480円)」です。 メリハリプラン(計7,480円)をベースとして、 動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下であれば1,500円割引されます。 ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、メリハリプランを契約する全ユーザー共通です。 さらに、ここから契約状況に応じて 3種類の割引が適用されます。 新規契約または機種変更を条件として毎月1,000円を最大半年間割引する「 半年おトク割」• ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約することで毎月1,000円割引する「 おうち割 光セット」• これらを合計して、メリハリプランで動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下かつ各種割引を全適用した場合に最安1,980円~利用でき、2GBを超過した場合は最安3,480円~利用できる仕組みです。 メリハリプランで使い放題対象になる動画・SNSサービスについて メリハリプランは、毎月のデータ量を50GBまで高速通信で利用できることに加えて、 対象の動画・SNSサービスであればギガノーカウント、つまり「使い放題」となります。 メリハリプランにおけるギガノーカウント(データ量を消費しない)対象サービスは、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの全14サービスです。 ウルトラギガモンスター+と全く同じですね。 上記14サービスは現時点のものですが、今後も使い放題対象サービスが順次追加・変更される予定です。 動画SNS対象サービスでも使い放題対象外に注意! メリハリプランは対象の動画やSNSが使い放題となるのがメリットではあるものの、 動画SNS放題対象サービスであるにも関わらず「動画SNS放題」の対象外、つまりギガ消費されるケースがある点には注意しておきましょう。 使い放題の対象サービスにおいてデータ量カウント(ギガ消費)されるケースは以下の通りです。 一般的な利用であれば、ほぼギガノーカウントで利用できそうです。 しかしながら、 YouTubeのライブ配信投稿や、LINEの音声通話/ビデオ通話が対象外通信になるのは非常に注意が必要です。 また、 Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合もデータ量がカウントされます。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 メリハリプランは、2年契約なし!解約金なし! ソフトバンクでは、2019年9月13日以降に提供開始している料金プランを2年契約なし、解約金なしの料金体系で提供しています。 ソフトバンクの「メリハリプラン」もこれと同じく、 2年契約の縛りや解約時の負担金も発生しません。 もし、現在2年契約や解約金ありの料金プランを契約中のユーザーは、メリハリプランへ変更して2年契約と解約金がないプランへ切り替える、という選択肢もありだと思います。 メリハリプランの通信速度制限について ソフトバンクは、メリハリプラン利用時における通信速度制限について以下の通りに定めています。 一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。 一般的な使い方であれば、大きく制限されることは少ないでしょうが、普段からスマホで動画やゲームなどをよく利用するユーザーは、速度制限がかかってしまう可能性はゼロではないかもしれません。 メリハリプランでテザリング利用してもギガノーカウントなのか? テザリングとは、スマートフォンやタブレット(親機)にパソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)を接続することで、ソフトバンクの通信サービスエリア内であればLAN回線がない外出先でも、それらの外部機器でインターネットを利用できる仕組みのことです。 メリハリプランの、 動画SNS放題のギガノーカウント対象のコンテンツについて、 テザリングを利用してパソコンやタブレットで利用した場合にも対象になるのかが気になる方もいらっしゃると思います。 その答えとしては、 全く問題なく対象になります。 つまり、 メリハリプランを契約したスマホから テザリング接続でパソコンやタブレットを繋ぎ、対象の動画やSNSを長時間視聴しても、データ容量にはカウントされませんので安心です。 ただし、メリハリプランでテザリングを利用する為には月額500円の「 テザリングオプション」へ加入する必要があります。 メリハリプランのメリットとデメリット ここからは、メリハリプランのメリット、デメリットについて考えてみます。 メリット デメリット• 毎月50GBたっぷり使える• 対象の動画とSNSが使い放題なのは嬉しい• 動画SNS使い放題対象サービスを含めて月間2GB以下でおさまると1,500円割引される• 動画SNS対象サービスを含めた月間データ量2GB以下の割引はハードルが高い• 通話オプションの割高感• 対して、メリハリプランのメリットは、毎月50GBたっぷり使えること、動画SNS使い放題対象サービスはギガノーカウント(データ量消費しない)となること、対象サービスを含めた月間データ量が2GB以下だと1,500円割引されることが挙げられます。 メリットやデメリットに関しては、実際に利用するユーザーの契約状況や環境によって印象が異なるため、良し悪しを簡単に判断することは出来ません。 公式: メリハリプランとソフトバンク光をセット契約してオトクに使いたい ここまで確認した通り、メリハリプランは 使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えると1,500円割引されます。 そもそも、メリハリプランは対象サービス使い放題に加えて50GBも使えるプランですから、対象データ量が2GB以下でおさまるというケースは珍しいかもしれません。 とは言え、利用状況によっては一時的にデータ量を使わない月があり、2GB以下でおさまるという場合もあるかもしれません。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すというイメージです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わずソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、メリハリプラン契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 メリハリプラン契約者はソフトバンク光でWi-Fi環境を整えることで、おうち割 光セットで毎月1,000円割引が確実に適用され、なおかつ使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合は1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。 特に現在、他社インターネットを利用中の方・またはインターネットを利用していない方は、ソフトバンク光へ乗り換えてメリハリプランとセットで契約し、オトクにネット使い放題の環境を整えましょう。

次の

ソフトバンクの料金プランを見直して携帯料金を安くする4つの方法を解説!

ソフトバンク スマホ プラン

スマホデビュープランの最も魅力的な点は、月額料金の安さでしょう。 本プランは月に1GBのデータを利用できるデータ定額プランで、 月額料金はなんと驚きの980円です! この安い月額料金は1年間限定のものですが、 2年目以降も月額1,980円なので非常にお得なプランと言えます。 本プランの料金の詳細は以下のとおりです。 項目 1年目の 月額料金 2年目以降の 月額料金 通話基本プラン (2年契約) 1,200円 1,200円 ウェブ使用料 300円 300円 準定額オプション 500円 500円 データ定額スマホ デビュー割 (1GB) 980円 980円 1年おトク割 -1,000円 - スマホデビュー 専用割引 -1,000円 -1,000円 月額合計 980円 1,980円 1年目・2年目ともに格安SIM並みの月額料金ですよね。 通話オプションを「準定額オプション」または「定額オプション」にする ソフトバンクでは、料金プランの無料通話内容をオプションで選ぶことができます。 用意されているオプションは表の3種類です。 オプション名 オプション内容 月額料金 オプションなし 国内通話30秒につき20円 0円 準定額オプション 5分以内の国内通話無料 500円 定額オプション 国内24時間通話無料 1,500円 最も料金が安いのは「オプションなし」です。 スマホで通話をほとんど使わない方なら、このオプションでも十分でしょう。 ただし、 「オプションなし」を選択してしまうと、スマホデビュー専用割引が適用されません。 スマホデビュー専用割引の割引額は1,000円です。 そして、この割引が適用される「準定額オプション」の月額料金は500円。 よって、 「オプションなし」よりも、「準定額オプション」+スマホデビュー専用割引を組み合わせた方が安くなります。 スマホでまったく通話をしないという方も、通話オプションは「準定額オプション」を選ぶようにしましょう。 スマホデビュープランの注意事項 スマホデビュープランを利用する上で、注意したいポイントを見ていきましょう。 おうち割光セットは併用不可 ソフトバンクには様々な割引サービスが用意されていますが、その代表的なものの1つに 「おうち割光セット」があります。 この割引サービスは、ソフトバンクが提供する光回線「ソフトバンク光」などを契約することで、月額料金が最大で1,000円安くなるというもの。 「光回線を契約する」という条件はあるものの、家族が4人いれば毎月4,000円もの割引になるので、節約効果の大きいサービスと言えます。 ところが、 今回紹介しているスマホデビュープランでは、おうち割光セットを適用することができません。 これまでおうち割光セットは、ほとんどの料金プランに適用できていました。 しかし、スマホデビュープランでは不可なので、勘違いしないよう注意してくださいね。 月に1GBの容量を超えると速度制限がかかる スマホデビュープランでは、月のデータ使用量が1GBを超えた場合、請求月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限されてしまいます。 この速度はあくまで「最大」であるため、実際には数十kbpsの速度しか出ない可能性も。 Webサイトの閲覧も難しくなるでしょう。 もっとも1GBを超過した場合でも、追加データを購入すれば速度制限は解除されます。 しかし、1GB毎に1,000円が加算されてしまうので気をつけてください。 ケータイからスマホに乗り換えた場合の月額料金を比較! スマホデビュープランの魅力は月額料金の安さです。 とはいえ、ケータイからスマホへ乗り換えた結果、以前よりも月額料金が高額になってしまったら困りますよね。 そこで、ソフトバンクケータイからスマホに乗り換えた場合の月額料金を比べてみました。 項目 月額料金 (スマホ) 月額料金 (ケータイ) 通話基本プラン (2年契約) 1,200円 2,200円 ウェブ使用料 300円 300円 準定額オプション 500円 - データプラン 980円 2,900円 1年おトク割 -1,000円 - スマホデビュー 専用割引 -1,000円 - おうち割 光セット - -500円 月額合計 980円 4,900円 年額合計 11,760円 58,800円 最も注目したいのは、両者の月額料金です。 スマホ:980円• ケータイ:4,900円 このとおり、 ケータイの月額料金よりも、スマホデビュープランを契約したスマホの方が圧倒的に安くなっています。 ちなみに、スマホデビュープランは1年おトク割が終了する2年目以降は1,980円になるものの、それでもまだまだケータイの月額料金より安いです。 年額で見ると、スマホの料金はケータイの料金よりもおよそ 47,000円も安くなっています。 よって、月額料金の安さで考えるなら、スマホデビュープランを契約したスマホの圧勝と言えるでしょう。 PayPayデビューキャンペーンも見逃せない! 画像引用元: スマホデビュープランの魅力は、月額料金の安さだけではありません。 特定の期間までにスマホデビュープランを契約するだけで「PayPayデビューキャンペーン」が適用され、合計6,000円分ものPayPayボーナスをもらうことができるのです。 PayPayデビューキャンペーンの開催期間は下記のとおり。 請求締日が毎月10日の場合:2019年9月10日(火)まで• 請求締日が毎月20日の場合:2019年9月20日(金)まで• 請求締日が毎月末日の場合:2019年8月31日(土)まで ソフトバンクには3種類の「締日」が存在し、ユーザーは必ずいずれかの締日に属しています。 PayPayデビューキャンペーンの期限は、この締め日によって変わるということです。 締め日はMy SoftBankなどで確認できますが、 よくわからない場合は、今すぐにスマホに乗り換えてしまえば問題ありません。 ケータイからスマホへの乗り換えは今がお得! 今回は、ソフトバンクの新料金プランである「スマホデビュープラン」について解説してきました。 最も魅力的なのは月額料金の安さ。 1年目は月額980円、2年目以降は1,980円• スマホデビュープランは、ケータイからスマホへ乗り換える人向けプラン• 本プランを活用すれば、ケータイを利用していた頃に比べ、およそ4,000円も月額料金が安くなる• 2019年9月30日までに、スマホデビュープランに加入すれば、合計6,000円分のPayPayボーナスがもらえる ただでさえお得な料金プランのスマホデビュープラン。 2019年9月30日までに加入すれば、「PayPayデビューキャンペーン」により、合計6,000円分のPayPayボーナスも付いてきます! ケータイからスマホへの乗り換えを検討されている方は、このお得なプランとキャンペーンをぜひ活用してください。

次の