半導体 業界 動向。 半導体業界徹底研究ガイド|主要企業やおすすめの書籍をご紹介

2020年の半導体製造装置市場はマイナス成長に

半導体 業界 動向

はじめに 半導体は産業の源泉であり、テクノロジーの最先端です。 いま、5Gや自動運転、AIなど新しいテクノロジーの波が来ていますが、 それらを実現するには、最先端の半導体がないと成り立ちません。 半導体が出来上がるまでの工程を東京エレクトロンが紹介していたので、 ご興味があれば、御覧ください。 下記、2019年の半導体装置メーカーのランキングです。 2019年半導体装置メーカーランキング 馴染みのない企業ばかりで、よくわからないと思いますので、 各メーカーの概要です。 各社強みが異なります。 売上高は134. 7億ドル 約1. 46兆円。 半導体製造のほぼ全てカバーしている。 太陽電池製造装置にも強み。 売上高127. 7億ドル 約1. 売上高955億ドル 約1. 04兆円。 半導体装置メーカーでTOP4入りしている。 売上高はTokyo Electronとほぼ一緒。 という日本の会社も半導体加工装置として強いですが、なぜかランキングに入っていませんね。 2019年度の売上見込は1350億円くらいなので、TOP10-11くらいに入っていてもおかしくないです。 半導体装置メーカーの動向(2019年) 2019年の半導体製造装置全体の売上額は576億ドル 約6. 28兆円 規模となりました。 過去最高額を記録した2018年に比べると10. 5%減少しており、 半導体装置業界としては厳しい年となりました。 2020年には、次世代装置 10nmプロセス への投資が見込まれることから、 装置需要は回復し、2021年には過去最高額を更新すると予測されています。 これをムーアの法則と言います。 これを説明する図は下記となります。 従来のシリコンサイクルを超えての好況だったため、 「スーパーサイクル」とも言われていました。 しかしそれも束の間、2018年にはピークアウトし、2019年は大幅下落に繋がっています。 しかし半導体装置においては、いまでもトップクラスの技術力を誇っています。 それらを正確に、精度良く動かすのにはノウハウや技術力の蓄積が必要です。 その根拠に、 同じく複合産業の自動車、産業用ロボット業界などでは、 日本メーカーは世界のリーディングカンパニーです。 好業績を引っ張るのは、売上高の約半分を占める「半導体マスク」関連の検査装置で、世界シェアは約80%。 特にマスクの材料になる「マスクブランクス」の欠陥検査装置では前述の通り世界シェア100%。 これに少しでもゴミが付いていると製品欠陥につながってしまう。 株価推移 業績は過去4年間、右肩上がり。 当期純利益率は、驚異の20. (半導体装置業界は総じて当期純利益率は高め。 東京エレクトロンの場合、19. 4%) 業績 財務基盤も安定しており、自己資本比率は60%以上をキープ。 ROEは20%超えです。 財務基盤 コロナの影響で直近、急落していますが今後も成長を続けていく事が見込まれます。 コロナの第二波で再度急落したら、仕込みたいと思ってます。 youtube. 2020. 08 こんにちは!マサル MasaInnovationです。 普段みなさんが使用しているパソコン、スマートフォンはどうやって動いているか想像したことはあるでし[…]• 2020. 世界ではコロナウィルスが猛威を振るっており、2020年4月5日[…].

次の

半導体エンジニアに将来性はあるか?【会社&職種の選び方次第!】

半導体 業界 動向

半導体業界って どんなところ? 本来、「半導体」とは、電気をよく通す「導体」と、電気を通さない「絶縁体」の中間に位置付けられるものを言います。 代表的な物質として、シリコンやゲルマニウム、スズ、セレンなどがあげられますが、最近では半導体デバイス(部品)そのものを「半導体」と呼ぶケースが一般的となっていることから、ここでは「半導体デバイス」のことを単に「半導体」と呼称することにします。 半導体の歴史は、1940年代後半に米国のベル研究所でトランジスタが誕生したことに端を発します。 従来の真空管に代わる大発明は、誕生以来、半世紀以上にわたって電子及び電機産業だけでなく、様々な分野に多大な影響を及ぼしてきました。 その後、ICと呼ばれる集積回路となり、半導体産業は異例ともいえるスピードで急成長。 やがてコンピュータはもちろん、通信機器や家庭電化製品、自動車、ロボットにいたるまで、ICは身の回りのあらゆる電気製品に使われるようになります。 IC以降は、さらに集積度が向上し、LSI(大規模集積回路)、そして超LSIへと進化を重ねていきました。 現在の「IT革命」「デジタル革命」を支えているのは紛れもなく半導体技術であり、 今後も様々な産業にとって欠くことのできない電子部品として、さらなる発展が期待されています。 半導体業界には、大きく分けて 以下のような企業があります 半導体メーカー 半導体の研究開発および製造を行う企業。 ただ、最近は分業化・専門化が進んでおり、半導体そのものを設計・製造するメーカーのほか、「半導体を製造する装置」をつくるメーカー、半導体製造装置の評価検証を行うことなどを主業務にしている半導体検査装置メーカー、そして半導体の材料になるシリコン・ウェハーを製造している会社も、このカテゴリーに含まれます。 エレクトロニクス商社 エレクトロニクス商社の役割は、PCやスマートフォン、タブレットにオーディオプレイヤー、テレビなどをつくっている「家電メーカー」などに代表される 製品メーカーと、製品を構成する部品をつくる電子部品メーカー(半導体メーカーを含む)をつなぐこと。 具体的には、電子部品メーカーがつくった部品を、エレクトロニクス商社が仲介して電機メーカーに納入します。 その他、物流における管理・調整や技術サポートを行うこともあります。 半導体業界の仕事と 業界再編って? 電化製品や自動車、産業機器など、様々な製品に搭載される半導体ですが、製造や販売を行う「電機メーカー」や「産業機器メーカー」「自動車メーカー」といった各製品のメーカーが独自に半導体を開発することは多くありません。 半導体の研究開発や製造は、専門の半導体メーカーが行っているのです。 半導体業界は非常に細分化・専門化が進んだ業界です。 一言で「半導体メーカー」といってみても、会社によって得意分野も違えば役割も異なります。 半導体そのものを製造する会社のほかにも、「半導体製造装置の研究開発や設計を行う会社」や、「半導体や半導体製造装置の評価検証を行う会社」、「半導体の生産プロセスの検証を担当する会社」というものが存在し、半導体の製造だけを行う会社にしても、CPUを専門的につくる会社があったり、フラッシュメモリーを得意とする企業があるなど、技術が高度であるだけに業界内の役割がそれぞれ細分化されているのです。 ただ、一朝一夕には手に入れられない高度な技術を持つことが、企業にとって「諸刃の剣」になることも。 というのも、市場の変革スピードが想像以上に速いため、これまでの主流製品がすぐに過去のものとなり、巨額の研究開発費を投じて培ってきた技術を使える場が失われることもあるからです。 もちろん、それは大企業にとっても他人ごとではありません。 新たな技術領域の台頭などによって、これまでナンバーワンだった企業に変わり、新たなプレイヤーが登場することも考えられるのです。 こうした業界再編のひとつの要因は、これまで右肩上がりの成長を続けてきたPC・スマートフォン市場が低迷し、自動車や産業機器、IoT(Internet of Things=モノのインターネット)市場にシフトしていることが挙げられます。 PCやスマホ市場でナンバーワンを獲得してきた企業も、従来のビジネスに安住しているわけにはいかず、 自ら変革をしていく必要に迫られているといえるでしょう。 今後、業界のこうした流れについては、より注意深く見ていく必要があるでしょう。 エレクトロニクス商社の 役割とは? いっぽう、半導体業界におけるエレクトロニクス商社の役割とはどのようなものでしょうか。 エレクトロニクス商社の役割は、クライアントである機械・家電などのメーカーが抱えるさまざまな悩みを軽減することにあります。 製品メーカーが新製品を世に送り出すまでのさまざまな過程において、エレクトロニクス商社が大きな役割を担っているのです。 半導体の部品が高度化・細分化している近年は、製品メーカー側も自前の技術だけで製品を開発することが難しくなってきています。 そのため、現在では開発の一部を、その分野を得意とするエレクトロニクス商社の技術サポートを受けて行うスタイルが多くなっているのです。 そうしたトレンドの中にあって、 エレクトロニクス商社の役割は従来の「材料を仕入れる存在」から、最適な製品の提案や開発サポートまでも担当できる「技術面のパートナー」へと大きく変化しているといえます。 半導体などの電子部品を仕入れて家電メーカーなどに納品するだけではなく、それらのメーカーに代わって最新情報やトレンドの調査を行う「情報サポート」や仕入れの交渉、流通、納品管理を行うなど、その事業は多岐にわたっているのです。 たとえば、海外にも拠点を置く製品メーカーも少なくない昨今、電子部品の調達は各メーカーにとって頭の痛い問題。 海外への輸送、海外間の輸送となるとどうしても手間も時間もかかってしまうものですが、 こうしたケースで力を発揮するのがエレクトロニクス商社の物流における管理・調整機能です。 製造拠点ごとに電子部品の需要が日々変動する中、生産が滞らないように在庫をうまく調整するなど、サプライチェーンの整備もエレクトロニクス商社の重要な役割のひとつといえます。 コラム エレクトロニクス業界を 目指す学生の志望動機はどんな傾向? ここでエレクトロニクス商社の企業を志望する学生の傾向についてみていきましょう。 商社を含め、エレクトロニクス業界の志望理由として最も多いのは、「現代生活を支える技術の最先端に触れたい」というもの。 スマホやPCなど、自分たちにとっても欠かせない技術に携わることに魅力を感じ、エレクトロニクス業界を目指す人はやはり多いようです。 一方、「商社」への憧れから、エレクトロニクス商社を選ぶという人も少なくない模様。 「エレクトロニクス=理系」というイメージもありますが、実際には文系出身者が多数を締めているという現状にも、そんな商社志向が影響しているのかも知れません。 半導体業界の 今後の動向はどうなる? 「クラウド/仮想化」や、「IoT」「AI」などの用語はメディアで多く取り上げられるので耳にしたことがあるという方も多いでしょう。 このような社会のデジタル化の波は今後もますます進んでいくものと考えられ、それに伴って半導体そのものの技術も進化を続けていくとみられています。 技術を使う環境そのものの変化によって、技術革新も日進月歩で行われるのです。 振り返ると、かつてはインターネットに接続する機器といえばもっぱらPCでした。 しかし、今やスマホなどの新たな情報デバイスはもちろん、インターネットに接続できるテレビやデジタルオーディオプレイヤーなど、いわゆる「情報家電」と呼ばれるものが次々と登場。 こうした動きは今後さらに加速し、冷蔵庫や洗濯機といった日常家電のほかにも、ドア、街灯、植木鉢、自動車など、 街中のあらゆるものがインターネットでつながる時代が到来すると言われています。 また、自動車の自動運転技術などで話題となっている「AI」の技術も、今後加速していくことが確実視されています。 このような世の中のニーズに応えるべく、半導体業界も新たな技術の開発が求められています。 たとえば、IoT時代においては、センサーやマイコンの数が増えることから、「安さ」と「超低消費電力」がカギになるといわれています。 また、半導体の小型化も頭打ちとなっているいま、新しい材料やアーキテクチャによる変革が行われる必要性も叫ばれています。 例えば、SiCやGaNなどの次世代パワー半導体や、カーボンナノチューブ(CNT)、エナジーハーベスト技術などが挙げられますが、これらの技術開発も、今後加速していくことでしょう。 このように現状における課題はあるものの、 伸びしろという点においては頭打ちがないのが半導体業界の魅力といえます。 事実、自動車や医療などの分野では、IoTの普及で大きな変革が起こると考えられており、このような市場の拡大とともに半導体業界にも新たな成長の波が押し寄せることが予想されます。 また、IoT時代に必要となる安いチップは利益につながりにくいために大手企業が手を付けづらく、ひとつの分野に特化して取り組めるベンチャー企業など、新規が参入する余地があると考えられています。 このように、業界再編も含めた劇的な変化・進化を肌で感じることができるのが半導体業界の醍醐味。 社会にとって不可欠な存在となった半導体が、「今この瞬間も成長を続けている」、それを実感しながら自分自身も成長できる業界だといえるでしょう。

次の

半導体・半導体製造装置の業界研究

半導体 業界 動向

堅調な推移を見せる電子部品業界 スマホ需要は一服感 電子部品業界の過去の推移を見ますと、2007年から11年ごろまで低調に推移したものの、12年ごろから増加基調に。 2017年と18年には前年比大幅増となりました。 2011年までの電子部品業界は、東日本大震災後の生産活動やサプライチェーンの混乱、円高の進行や輸出の減少により 携帯電話やパソコン、薄型テレビ等の需要が停滞していました。 2012年に入り、国内経済や個人消費の回復が見られ、電子部品業界も回復基調に。 13年には国内、国外の経済の回復に伴い、スマートフォン スマホ 、テレビ向けの電子部品の需要が伸長。 2017年、18年にはスマホ需要は一服感がみられるものの、通信基地局やデータセンターの通信部品需要、IoTや自動車関連向けセンサーや小型電池需要、工場のオートメーション化に伴う需要など通信技術の発展に伴う電子部品需要が増加しています。 IoT、5G、自動運転など次世代通信需要が拡大 新たな追い風に 近年、業界をけん引してきたスマホ需要ですが、世界的な需要の一服感が見られ、伸び率は鈍化傾向に、収益性も低下傾向にあります。 一方で、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT、5G関連の基地局やデータセンター、工場のオートメーション化、自動運転関連など今まで以上に電子部品のニーズが増えてきています。 今後もこうした次世代通信の需要はさらに拡大するものとみられ、電子部品業界に大きな追い風となっています。 また、自動車向け電子部品はスマホ向け部品に比べ、高い利益率が見込まれます。 自動運転車の普及や東南アジアをはじめとした新興国の自動車普及はこれから本格期を迎え、今後も高い需要が見込まれます。

次の