うつ病 嬉しい言葉。 うつ病の家族・恋人・友だちへの接し方【かけられて嬉しいことば10こ】

うつ病関連 その6「うつ病患者への接し方 本人はこう思っている! 家族の心構え」

うつ病 嬉しい言葉

うつ病は世界中で3億5000万人が罹患しているといわれ、日本でも100人に3~7人が経験しているとされる精神疾患だ。 程度にもよるが、見た目にはうつ病だと周囲から気付かれない場合もあり、理解されづらい精神疾患の1つだと言われている。 だが、この度、最新の言語分析により、うつ病の人に特有の言語的特徴があることが判明した。 html】 うつ病患者の話す言葉には言語的な特徴があることは以前から知られており、これまで、米ロックシンガーのカート・コバーンや、米詩人のシルヴィア・プラスといったうつ病を罹患していた人物が書いたエッセイや日記が分析対象として活用されてきたそうだ。 だが、いくら慎重になっても、人間の能力では言葉遣いの細かな違いを見逃してしまう場合がある。 そこで今回、英レディング大学の心理学研究者モハンマド・アルモサイウィ氏らは、数分で巨大なデータ群を分析することができる最新のコンピュータ解析技術を利用し、小さな変異、よく使用される語や語の種類、語の多様性、文の平均的長さ、文法的パターンなどを数値で正確に計測したという。 内容は言語によって表現されたもの、つまり話された物事の意味のことである。 アルモサイウィ氏によると、英語の1人称代名詞、me、myself、Iの使用頻度が統計的に有意に多かったという。 1人でうつうつと生活上の問題を考えたり、社会的な孤独を感じることはうつ病のよく知られた特徴であり、1人称代名詞の使用頻度の高さもそのことを反映していると見ることができる。 しかし、1人称代名詞の高頻度使用とうつ病の因果関係は今回の研究からは明らかになっていない。 つまり、1人称代名詞を使う自己中心的な思考がうつ病を引き起こすのか、うつ病になると自己中心的な思考になるのか、原因と結果の向きが定かではないのだ。 研究者らが、64のオンラインメンタルヘルス掲示板から6400人のメンバーの会話データを分析した結果、うつ病患者には言語スタイルにも有意な違いがあることが分かったという。 「独立語(absolute words、絶対語とも)」と呼ばれる語の使用頻度が極めて高かったのである。 総じて、独立語の使用が多い人ほど、白黒をはっきりさせたい絶対主義的な傾向が強いと言えるだろう。 また、どちらの掲示板でも1人称代名詞の使用頻度も高かったが、ネガティブな感情表現に関しては、「不安とうつ掲示板」よりも「自殺願望掲示板」の方が少なかったそうだ。 これは、うつ病が再発しやすい精神疾患であることと関係していると研究者は見ている。 うつ病の自覚がない人でも、無自覚な独立語の多用はうつ病再発のサインだというわけだ。 同様の傾向は1人称代名詞の多用にも見られるが、ネガティブな感情表現には見られなかった。 この点からも、ネガティブな感情表現よりも、1人称代名詞や独立語の使用頻度の方がうつ病患者特定に有効だと分かる。 アルモサイウィ氏によると、コンピュータによる言語解析はうつ病だけでなく、他の精神疾患の分類であり、その能力はすでに熟練のセラピストを凌駕しているという。 今回の研究はうつ病患者の言語分析だけだったが、いずれ自己学習型の会話ができるAIに精神疾患を診てもらう時代が来るかもしれない。

次の

うつ病の人に言ってはいけない禁句ワード7つ!

うつ病 嬉しい言葉

友達の様子がいつもと全然違って、すごく悲しそう。 落ち込んでいる友達をサポートする一番良い方法とは、いったいどのようなものなのでしょうか。 といいますが、本人だけでなく周りの人たちも鬱病に近い状態になってしまうともいわれています。 友達を助けるのに必要なのは、 心の健康の専門家からのアドバイスと、うつ病の体験談を聞くこと。 この記事では、米Lifehackerのライターで、自身うつ病の経験のあるMelanieが、友だちに対するケアの助けになるよう、段階をおって説明していきます。 うつ病とは何か:まず知っておくべきこと 最初に必要なステップは、うつ病を理解することです。 まわりからすればうつ病は、ただ悲しみに打ちひしがれているように見えますが、うつ病の症状は長く続き、感情の表現が極端で、日常生活を送るのが困難なほどです。 臨床心理学者のジェフリー・ディグロート博士は、下記のように例をあげています。 悲しんでいる人の場合、数日間勉強が手につかず、週末に友達と出かけることもせず、仕事や学校を2、3日休んでしまうこともあるでしょう。 対してうつ病の人は、数週間勉強が手につかず、何週もの間家族や友達と出かけないまま、学校で単位を落としたり仕事を失ったりするのです。 ただ悲しんでいるだけなら、冗談や励ましの声をかけ相談に乗ることで、元気にしてあげられるかもしれません。 しかし、うつ病はで、壊滅的な結果を引き起こします(世界では30秒に1人が自殺しようとしているとのデータも出ています。 もし、友達に自殺しようとしている気配があったら、すぐに専門機関に相談してください)。 話を聞くだけで、うつ病の人を助けることはできないのです。 うつ病の人は、自分がなぜ極端な感情を抱くのか分かりません。 コメディアンのケビン・ブリールさんはいました。 本当のうつ病は、人生において何かうまくいかない時に悲しくなるのとは違います。 本当のうつ病は、人生の全てがうまくいっているのに、悲しくなることです。 私の経験を振ってみると、うつ病のときに感じたのは、自分が暗い穴の中にいて息ができず、何も感じられないような状態でした。 でも、うつ病の人の多くは、周囲に心配をかけまいとして、自分を平常であるかのように見せるのです。 残念なことに、心の健康の専門家でさえも、うつ病を見つけて治療するのは難しいです。 その理由は、うつ病の症状が多様だということ。 一般的にいわれるうつ病から、季節性情動障害、産後うつまで多様なのです。 極端に落ち込んだ状態になる人もいれば、集中力がなくなる人、心に穴が開いたような状態になる人など、 うつ病のサインが人によって違うのも、発見を難しくしています。 うつ病は"ただ悲しんでいる"以上に深刻な状態なので、悲しんでいる人に対して言うべきことやすべき行動と同じ方法では対処できないということを知っておかなければなりません。 うつ病の人のために、できること 友達が急に落ち込んで、大好きだったことを楽しまなくなっているのを見るのは、つらいものです。 そんな時、友達としてできることは、一緒にいて、話を聞くこと。 ここでいくつかポイントを書いておきます。 心配に思っていることを正直に伝えましょう。 先述したディグロート博士は、変わった行動や性格の変化などをメモしておいて、それを相手に伝えることをすすめています。 症状の出方は、人によって様々です。 「悲しみに沈む」「怒りっぽくなり、社交性がなくなる(ひきこもり)」「自滅的な行為」「新しいことへの興味を失う」「食欲不振」「不眠」などが例として挙げられます。 もし友達や恋人、家族などにそのような変化が見られ、本当にうつ病かどうか知りたいなら、感情の起伏や行動に関する明らかな変化をメモしておくことをおすすめします。 明らかな変化を感じるのなら、相手に最近の調子を聞いてみましょう。 もしかしたら、話をしたくて仕方がなかったのかもしれません。 聞き方としては、たとえば「最近落ち込んでいるように思うけど、何か困っていることでもある?」といった伝え方がよいでしょう。 その際、アドバイスをしたり、問題を解決しようとしないでください。 共感だけで十分です。 間違っても、次のようなことは言わないように。 「本当は、何も問題はないよ。 考えすぎだよ」• 「あなたの人生は素晴らしい。 何に落ち込んでいるの?」• 「その状態から早く抜け出したら?」 ディグロート博士によると、大切なのは、友達のために、いつもそばにいることを分からせること。 友達が、特に問題はないと言って話したがらなかったら、うつ病だと強制的に認めさせるのはやめてください。 かわりに、悲しんでいる人にする時のように、メールやちょっとした電話などで連絡をとってください。 ベントル・メディカル・アソシエーツによると、何かに一緒に取り組むのもよい方法だそうです。 「その活動に興味がなくても、誰かと一緒に何かをすることは、自分が一人ではないと感じてもらえる、良い手段です」とのこと。 同時に、三食しっかり食べているか、良く寝ているか、お日様の光を浴びているか、運動しているか、などもチェックしてみましょう。 毎日ベッドを整える、といった小さな習慣もになります。 自分の問題として、問題をとらえないのも大切です。 ホープ・ラシーンさんはに、愛する人がうつ病の時の接し方で、学んだことを書いています。 何がうつ病を引き起こしているか考えるのは、やめる• うつ病の人の気持ちの浮き沈みに接するのはストレスになるので、自分の心の健康にも気を付けましょう スクールカウンセラーや自殺防止のための電話相談員などの専門家や、知り合いなど他に手助けできるひとのリストも作っておき、一番良い手助けの方法を見つけましょう。 共通の友人と話すことも有効です。 まわりの人にうつ病について理解してもらいましょう。 自分がうつ病で苦しんだ経験があるなら、自分の経験を話して、これから起こりうる出来事への不安を取り除いてあげましょう。 うつ病には、誰にでも効く解決策はない、ということを心に留めておきましょう。 あなたの時にきいた方法が、他の人に効かない場合も多々、あります。 毎朝ベッドに出るために治療が必要な人もいれば、心理療法が効く人もいます。 何はともあれ、うつ病を弱いことの表れだと思っていないこと、隠す必要はないと思っていることをうつ病の人に分かってもらうことは、大きな助けになります。 うつ病はひどい烙印をそのひとに捺すことになり、そのために、必要な助けが得られない人がたくさんいます。 カウンセラーなどの専門家にかかることを提案しましょう。 友達の抑うつ症状が学校の単位を落としたり、仕事を休んだり、引きこもったり、危険な行動など、生活に支障が出るほどなら、ディグロート博士は、精神分析医か治療専門士の治療を受けることを勧めています。 治療を受けることを渋っている時は、他の健康診断と同様、時には心の健康もチェックする必要があると説明しましょう。 それでも行くのを拒まれたら、他の友達や家族にも協力してもらいましょう。 胸がとても苦しい時や足を骨折した時に医者にみてもらわない人はいません。 うつ病も同じく、健康に関する大問題です。 最後に、もう一度念を押して書いておきます。 友達が自分や他人を傷つける行動を起こしそうなサインがあったら、専門機関にすぐ連絡してください。 日本国内では、下記のような相談窓口があります。 いきる・ささえる相談窓口 いきる~自殺予防対策支援ページ(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧)• こころの耳 働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト~心の健康確保と自殺や過労死などの予防~ Melanie Pinola(/訳:曽我美穂) Photo by.

次の

うつ病の人の話し方、使う言葉や表情の特徴|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

うつ病 嬉しい言葉

鬱病の人が言われたい言葉を教えてください。 恋人が鬱病です。 慢性的なものらしいのですが、季節的なこともあってか最近特に苦しいようです。 毎晩電話で助けて、苦しい、と告げられ、私も苦しく思っています。 しかし私に出来ることは何もありません。 それがとても悔しく、苦しいです。 そこで、恋人はよくかまってほしい、とか、話してほしい、と言ってくるのですが、せめてそれに応えたいと思っています。 しかし鬱の方はとてもデリケートだと聞くので、無意識に恋人を苦しめるようなことだけは避けたく思っています。 ですので、 鬱病の方が言われて嬉しい言葉や、少しでも楽になれる言い回し、等を教えてください。 逆に、言われたくない言葉や言い回しも教えていただけると嬉しいです。 身内に鬱がいます。 知らなかった時は、「なんて我がままなんだろう」って思ったり。 鬱でもいろいろあるので一概には言えないんですが、 一切の否定をしないこと。 一緒に考えてあげる。 あまり意見は言わない。 (考えこむから) 相手には思ってることは話してもらう。 でも無理意地はダメ。 「心配しなくていい。 あなたは悪くない。 」(落ち着くらしい) 「何かあったら助けるから。 」(これは、助けられなかったら言ってはダメ) 「頑張れ」(これだけは言ってはダメ。 なぜなら今時点で大丈夫じゃないから。 頑張ってるのに余計に苦しい) 鬱には原因があります。 それらを遠ざけてあげるのも大切です。 これらは、母が病院で先生に言われました。 あなたに要望を言ってるのなら、きっとあなたに助けて欲しいんでしょうね。 環境を変えるのが一番見たいですが、なかなかうまくはいかないです。 気持ちに波があるので、あなたも大変でしょうが、見捨てないでください。 いつかは治るみたいです。 希望を持ちましょう。 今度逢った時、もし彼氏に症状が出てたら、背中をさすってあげてください。 子供みたいだけど、体に触れることは大事なことです。

次の