アイコス 刺さりにくい。 アイコス 充電出来ない時の裏技や故障を防ぐ方法とは?

アイコスが刺さらない人必見!こうすれば百発百中で刺さる!

アイコス 刺さりにくい

空焚きがクリーニングになります やり方は簡単です。 ヒートスティックを挿入しないで、ボタンを押します。 それを2〜3回繰り返す。 これはiQOSショップの店員さんに聞いた内容です。 実際にこれをやってみたら、私の場合は吸いやすさが戻っていました。 そして、次は ヒートスティックを温める! 特に冬の間(特に朝)は気温が低いので十分に加熱されない事が あるとの事。 これを実際に温めて吸ってみました。 条件として、「掃除しないで温めて吸う」 です。 温め方として 「電気ストーブ1分間」「手で温める」 電気ストーブで1分間で変わったのか? 特に変わりませんでした。 ですが、冷やした状態だとヒートから伝わる熱が少ないので 特に冬場はポケットなどに入れて温めておくと気休めですが、 効果的でした。 手で温めたらどうなの? これも気休めぐらいでした。 残念ながら。 ですが、人の体温で温めるのは限界があるので、 ヒートのボタンを2秒間長押しした後(吸う時にいつもやる事)、 軽く吸ってヒート部分の熱を溜めるようにすると吸いやすくなった感じはあります。 個体差があるのは仕方ありませんが、 熱をいかにタバコに伝えるか?を考えると ・ポケットなどに入れて冷えないようにしておく ・吸いづらかったら、吸える状態になる前にふかしておく といいと感じました。 やっぱり日々のクリーニングが大切 これはメーカーが推奨している事なので、当たり前なんですが、 一箱吸い終わるごとに、掃除を行って 本体(ヒートスティック)を冷やさないようにしておく(特に朝) ここはiQOSを使う上で必要なポイントだと感じます。 灰が出ない、煙も水蒸気で吸いカスを捨てても燃えないというメリットを 得るためには、通常のタバコでやらなくていい事をやるのもいいのかもしれません。 私はこれらのメリットがいいなって感じているので 歯を磨くかのように掃除を行っています。 これが面倒ならiQOSは向いていません。 追記:吸いづらい時にはタバコ本体をほぐそう! 追記日:2016. 19 最近気づいたのですが、タバコ葉をほぐしてからヒートスティックに入れてみると ほっぺたを引っ込めなくても吸えるようになりますよ!! タバコ葉をほぐす 下記の画像のように、やっていつも通りにスティックに入れていきます。 熱を加える鉄の部分に、タバコ葉が「密集しすぎている」と吸いづらいように 感じたので、ほぐしてあげましょう。 上の画像では、「タバコを入れた状態で、タバコをくるっと回してあげる」と たまに吸いやすくなりますよ。 まとめ 1. 日々の掃除を行っておく 2. ヒートスティックを冷やさないようにしておく 3. どうしても吸いづらかったら、ショップへ相談する。 ショップに行くのが面倒な場合は、空焚きを行う あなたのiQOSはどうですか? 会員登録すれば保証が1年になるので、オススメです。 ですが、正直言って面倒なので壊れそうになる前に、購入の証である 「レシート」を箱と一緒に保存しておくと、メーカー側も親切にしてくれます。 周りの人に迷惑をかけにくいタバコとして効果を発揮してくれる iQOS、 あなたも周りも気持ち良く過ごせるように日々の掃除などをしてみては いかがでしょうか? こちらの記事もぜひご覧下さい。

次の

【アイコス】ヒートスティックが奥まで入らない、先が潰れる、吸えない。あきらめるのはまだ早い。キャップ清掃で劇的復活した話

アイコス 刺さりにくい

煙が出ない• においや有害物質が少ない• 火を使わないので危なくない など、 IQOS(アイコス)は今の時代に合ったとても便利な喫煙器具です。 ただ、 IQOS(アイコス)は加熱式タバコなのでもちろん普通のタバコと違ってイライラを感じる時があります。 吸おうと思ってアイコスホルダーを出したら、充電出来ていないとき• ヒートスティックが上手く刺さらない(途中で折れる)とき• 吸い心地が悪く(吸いにくく)なったとき 私が感じるアイコスでイラっとしてしまう時は主にこの 3つ。 無理やりヒートスティックを押し込んだり、ねじったりするとブレードが折れてしまう可能性もあるので、力任せには刺せません。 アイコスの失敗しない刺し方• ブレードを加熱してから刺す• キャップを引き上げてから刺す• 無理やりねじ込むと、故障の原因になるので気をつけよう。 この IQOS(アイコス)で失敗しない刺し方の 3つのコツを実践するだけで、 ヒートスティックが嘘のようにスッと刺さります。 ブレードを加熱してから刺す ヒートスティックを刺してからブレードを加熱する方も多いと思いますが、逆に ブレードを加熱してから(しながら)刺すと、スムーズにヒートスティックが刺さります。 私はアイコスを吸う前の手順を逆にするだけで、ヒートスティックがうまく刺さらないというストレスが少なくなりました。 キャップを引き上げてから刺す アイコスを吸うとき、• キャップを引き上げる• ヒートスティックを入れる• キャップを閉めるのと同時にヒートスティックを刺しこむ この刺し方をするとヒートスティックがスッと刺さります。 あなたもアイコスを吸い終わったとき、キャップを引き上げてからヒートスティックを抜いていると思います。 ブレードを加熱してから刺すときと同じく、手順を逆にするだけでヒートスティックがうまく刺さらないというストレスが少なくなりました。 マークを合わせて刺す IQOSが上手く刺さらない時、 『マークを合わせて』 刺してみよう。 無理やりねじ込まなくても、スーッと刺さるよ。 私もこの刺し方を試す前は「それだけでうまく刺さるのかよ…」なんて思っていましたが、ウソのようにスッとヒートスティックが刺さってびっくりしました…笑 実際、ヒートスティックの箱にアイコスの刺し方のお手本が載ってますからね。 中々あなどれない刺し方なので、あなたもぜひ1度ためしてみて下さい。 スポンサーリンク IQOS(アイコス)がどうしても上手く刺さらない時は … この記事でご紹介した、 IQOS(アイコス)で失敗しない刺し方の 3つのコツを実践しても、ヒートスティックが どうしても上手く刺さらないときは掃除(クリーニング)をしましょう。 アイコスの吸い心地が悪く(吸いにくく)なっていませんか?• アイコスホルダーの中が真っ黒じゃないですか?• ヒートブレードに吸いカスがこびりついていませんか? それだけ刺さりにくいと、あなたのアイコスはこんな状態になっていませんか? IQOS(アイコス)の 故障予防や吸い心地が良くなったりするので、どうやってもヒートスティックがうまく刺さらないときは掃除(クリーニング)をしてみましょう。

次の

アイコス3の掃除は超重要!その必要性や掃除方法を紹介

アイコス 刺さりにくい

アイコス3の掃除が必要なワケ アイコス3の利用者が一番恐れること。。 それはずばりではないでしょうか。 故障してしまったら、当然使えなくなりますし、交換してもらうまでに時間がかかります。 また故障した時の状況によっては無償サポートを受けられず新品を購入する羽目になってしまうことも。 アイコス3自体が高価なものですから、できる限りこの故障を避けるため長持ちさせるために日々の掃除が重要だと言えます。 また、アイコスに汚れカスが詰まっていると味わいの変化も起きます。 不要な汚れがホルダー内部に溜まっていれば、せっかくのタバコの味わいも不味いものになってしまいます。 アイコス3の掃除方法 アイコス3を掃除する重要性は分かりましたが、具体的にどのような方法で掃除することがベストなのでしょう? 公式サイトでもアナウンスされていますが、アイコス3の掃除は下記の手順で行います。 <クリーニングで準備するもの> 掃除を行う前に上記のものを準備しましょう! これに加えてティッシュを敷いておくと汚れカスが飛び散らず片付けが楽チンです。 トントン叩いて細かいタバコ葉を落とします 3. クリーニングツールのキャップを外し、ブラシを奥まで差し込みゆっくり回転 4. 力を入れすぎるとの原因となります。 ホルダーのキャップも同様に掃除 上と下からの2方向 手順が多く感じますが、慣れてくるとそこまで難しくはありません。 メンテナンスを怠ってしまうと、汚れがこびりついてしまい力を入れないと取れなくなってしまいます。 このようになると、クリーニングスティックをやさしく回すだけでは取れませんし、最悪ブレード折れの原因となる為注意してください。 目安として、ヒートスティック1箱ごとにアイコスの掃除を行うと良いでしょう。 アイコス3マルチはブレード折れ続出? アイコスシリーズの中でも人気が高いアイコス3マルチですが、実は1番 ブレード折れしやすいデバイスと言われています。 今までのアイコスと構造が少し違うということもあるのか、そのほとんどが掃除をしている時に起こってしまうということなんです! 全く力を入れていないのに「ポキッ」といっちゃうことが多々あり、注意が必要です。 参考記事: クリーニングスティックが高いと感じたら 日々の掃除が大切とは言っても、毎回使用するクリーニングスティック代もばかになりませんよね。 これは赤ちゃん用の綿棒で代替することができます。 通常の綿棒は先端が太いのでブレード折れの原因となりやすいので使用は避けましょう。 赤ちゃん用の綿棒にアイコス専用のクリーナーリキッドを使用することでコスパ良く汚れを落とすことができますよ。

次の