競馬予想会社 詐欺。 競馬予想詐欺の相談所と事件

競馬情報会社一覧|【競馬・詐欺・被害】悪徳競馬情報会社の真実

競馬予想会社 詐欺

競馬は数百円の馬券が数十万円、数百万円に化ける夢のギャンブルです。 しかし…競馬をしたことがある方なら、それがどんなに困難なことかご存知でしょう。 3連単が的中する確率は0. 競馬初心者は勿論のころ競馬玄人でも3連単を的中させることは簡単ではありません。 そこで「競馬予想会社の利用」を考えている方がいらっしゃるでしょう。 結論から言いますと、競馬予想会社の利用は大変危険です。 競馬予想会社は数えきれない程ありますが、その9割は競馬素人がプロを装って低質な予想を高額で販売している詐欺業者が占めています。 競馬予想会社で稼ごうとお金を投じたところ逆に負債を負った話は珍しくありませんでご注意ください。 そこで競馬予想会社の5つの詐欺手口を紹介します。 また、事前に詐欺をたった2つで見抜く方法も紹介しますので、ぜひご参考にしてください。 Contents• 1:競馬予想会社が使用する5つの詐欺の手口 テレビで「競馬予想会社が詐欺で逮捕」なんてニュースを見たことがありませんか? 実は競馬予想会社が逮捕されるケースは非常に稀で、ニュースに取り上げられる事件は氷山の一角です。 そもそも詐欺業者が警察に逮捕され立証されない「詐欺」にはなりません。 ニュースで流れる詐欺事件は刑事上で「詐欺罪」に問われたものだけです。 はっきり言ってしまうと逮捕されてしまうような競馬予想会社は「詐欺が下手」で、多くの競馬予想会社は立証されないために詐欺ギリギリのことを行っています。 当記事では刑事上と民事上で訴えることのできる悪質行為を「詐欺」と定義して競馬予想会社の詐欺の手口を5つ紹介します。 八百長レースを持ち掛ける 2. 巧妙な言葉でクレジットカードを現金化させる 3. 具体性の無い全額返金保証 4. 的中実績の捏造・偽造 5. 無料予想を餌に会員の個人情報を売り払う 1-1:八百長レースを持ち掛ける 「八百長レース」は競馬予想会社が最も使用する古典的な詐欺の手口で、民事上では第95条「錯誤」に該当し、刑事上では「警報246条詐欺罪」に該当とダブルアウトな詐欺です。 よくある手口の流れとしては競馬予想会社に登録するために「電話番号」を教えたところ競馬予想会側から「週末に八百長レースが開催される」と電話がかかります。 八百長レースとは「既に勝敗が決まっているレース」ですが、八百長レースの存在についてはJRAが公式に「否定」しています。 また、JRAが公式で特設ページを作り、八百長を持ち掛ける競馬予想会社への注意を喚起していますので詳しくはをご確認ください。 八百長レースを持ち掛ける競馬予想会社は詐欺で立証されないために「記録」を残しません。 そのため、履歴が残るメールではなく電話で八百長レースの話を持ち掛けます。 相手も詐欺のプロなので言葉巧みに会員の好奇心を刺激し、被害者の中には数百万の情報を支払ってしまった方も実際にいますのでご注意ください。 上述した通り、八百長レースは存在しませんので、そのような情報を買っても勝つ確率は0に近いでしょう。 仮に「八百長」と言わずとも「インサイダー情報」など言葉のニュアンスを微妙に変えて景品表示法にギリギリ該当しない詐欺手口もあります。 競馬予想会社を利用する際に極端な文言や八百長を匂わせるような文言を使用する競馬予想会社は絶対に利用しないようご注意ください。 1-2:巧妙な言葉でクレジットカードを現金化させる クレジットカードの現金化も競馬予想会社の悪質な詐欺の手口の1つです。 八百長レースを持ち掛け数十万円から数百万円の情報料金を提示し、会員が「そんな大金を払えない」と言った際にクレジットカードの現金化を勧めてきます。 また、何度も情報に参加しマイナス収支が重なり、前が見えなくなっている会員に対して「高額な情報だが今までの負け分を返せる」とクレジットカードの現金化などを勧めることもあります。 どちらにせよ、会員の「欲」や「弱さ」に付け込む非常に悪質な手口です。 クレジットカードの現金化を催促する際には「ファイナルプランナー」や「会計士」、「税理士」など国家資格を持った人物を紹介することがありますのでご注意ください。 これも日本人の権威に弱い特性を逆手に取った悪質な詐欺手口です。 上記の肩書の方々ができるのは「得たお金をどう申告するか助言する」だけです。 競馬の専門家ではありませんので彼らが競馬について助言することはありません。 また、キャッシングの枠を現金化する業者は法律に触れるか触れないかギリギリなことを行っています。 競馬予想会社とキャッシング枠の現金化業者が繋がっていることもあるかもしれません。 またクレジットカードの現金化は利用規約違反ですので、カードの失効や最悪ブラックリストに載るリスクもありますのでご注意ください。 競馬は確かに数百円が数十万になる可能性のあるギャンブルです。 しかし、クレジットカードを現金化してまで高額配当を狙う行為はリスクが高く絶対におすすめはできません。 1-3:具体性の無い全額返金保証 当記事を読んでいる方の中には「全額返金保証」の広告を打っている競馬予想会社を見たことがありませんか? 「不的中だったら全額返金。 」と思ったら大間違いなのでご注意ください。 全額返金保証を謳う競馬予想会社は返金の「詳細」を意図的に提示しません。 仮に1鞍でも不的中だった場合でも全額返金してくれる競馬予想会社は優良な競馬予想会社でしょう。 しかし、3レース提供中1レースの的中、しかもトリガミだっとしても悪質な競馬予想会社は「的中した。 返金保証外だ。 」と言い張ることがほとんどです。 また、「全額返金保証」と言いながら実際は「全額分のポイント」を返還することもあります。 しかも使い道が無いポイントを返還する競馬予想会社もあります。 この場合は完全に詐欺でしょう。 漠然とした条件の「全額返金保証」を餌に高額な情報を斡旋することは会員の安心感を逆手に取った詐欺の手口です。 全額返金保証を行っている競馬予想会社が気になった際には詳細を必ず確認するようにしましょう。 1-4:的中実績の捏造・偽造 的中実績の捏造・偽造は競馬予想会社が使用する最もポピュラーな詐欺の手口です。 ログイン前ページを見ると毎週のように数十万や数百万の的中実績を掲載しているところがあります。 実は的中実績の捏造はとても簡単です。 10情報を用意し、2から3情報をあらかじめ「完売」や「アクセスが集中しすぎて閲覧できません」など購入できない状態にしレース終了後、誰にも販売していない情報を的中実績と掲載します。 初めてその競馬予想会社を見る方にとって、まるでその情報が本当に当たっているかのように思うわけです。 そして次週のレースで空売り情報を販売します。 良く口コミで「自分が参加したら当たらない。 自分が参加しなかったら当たる」という口コミがありますが、このような仕組みとなっているわけですね。 また、 一般的に情報購入は先着順ですが、中に「抽選式」にしている競馬予想会を見つけたらご注意ください。 抽選は表の体で実際は誰も当選していない情報の実績を掲載するための口実です。 さらに2017年から2018年に渡って的中の証拠として的中馬券や的中証明書を掲載している競馬予想会社がありますが、馬券や的中証明書は少しでも画像加工の技術があれば誰にでも作れますので信じないほうが良いでしょう。 的中馬券と的中証明書の偽造もよくある詐欺の手口の1つです。 試しにQRコードで読み取れなければ偽造された的中馬券確定でしょう。 本物の的中馬券なら190桁の数字の羅列が表示されます。 1-5:無料予想を餌に会員の個人情報を売り払う 中には無料予想の提供を餌にユーザーのメールアドレスを取得し、他競馬予想会社に売る業者が存在します。 これは フィッシング詐欺と言われるかなり悪質な詐欺の手口です。 もちろん無料予想は貰えず、登録した覚えのない競馬予想会社やアダルトサイトから迷惑メールが届くようになります。 競馬予想会社は決してボランティアで運営しているわけではありませんので、このことは必ず念頭に置いておきましょう。 「完全無料」などと謳う競馬予想会社には必ず裏がありますのでご注意ください。 2:詐欺に引っかからないための3つの競馬予想会社 詐欺の手口5つを紹介しました。 そこで利用しても詐欺にひっかからない安心できる競馬予想会社3社を紹介します。 上記の競馬予想会社は口コミで詐欺被害のない競馬予想会社なので、詐欺に引っかかりたくない方はぜひご参考にしてください。 3:競馬予想会社の詐欺をたった2つで見抜く方法 以上、競馬予想会社の詐欺の手口5つを紹介しました。 しかし、手口を紹介されたって登録しないと見抜けない詐欺の手口もありますよね? そこで競馬予想会社の詐欺をたった2つで見抜く方法を紹介します。 ドメイン取得日を調べ的中実績の捏造を暴 2. 同一運営業者による競馬予想会社をIPから割り出す どれも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。 3-1:ドメイン取得日を調べ的中実績の捏造を暴く まずドメインを簡単に説明すると「サイトの誕生日」です。 ドメインを取得した後でなければ競馬予想会社を含む全てのサイトはリリースできません。 ドメイン取得日はというフリーツールから調べることができます。 com」の部分だけを入力し「ドメイン年齢を調べる」をクリックします。 するとドメイン取得日は「2018年2月12日」と検索され、オーナーズプレミアムが「2018年2月12日」以降にリリースされたことの証拠です。 次にオーナーズプレミアムの的中実績の掲載日とドメイン取得日に矛盾がないか調べます。 すると…オーナーズプレミアムの歴代「歴代3連単払戻ランキング」の的中実績日がドメイン取得日以前と発覚しました。 繰り返しますがドメインの取得後でなければ、サイトはリリースできません。 勿論、サイトがリリースできないということはその時期にサイトは存在していませんし、会員もいないことになりますよね? よってオーナーズプレミアムが的中実績の捏造を行っていることの証拠です。 「ドメイン年齢」は競馬予想会社の調査に良く使用されるツールで使い方もとても簡単です。 ぜひお試しください。 3-2:同一運営業者による競馬予想会社をIPアドレスから割り出す 複数の競馬予想会社が実は同一運営者によるサイトということも珍しくありません。 大抵の詐欺業者は複数の競馬予想会社を同時に運営しているのです。 一方では「競馬業界初のAI予想」と言いながら、もう一方のサイトでは「業界屈指の情報力」と言っているのに実は運営業者が同じ。 全く色の異なる競馬予想会社を複数運営する運営業者を信用する方はいないでしょう。 IPアドレスとは簡単に言うとサイトの「住所」です。 IPアドレスが一緒ということは同じ住所に住む家族サイトということになります。 IPアドレスも「」 というフリーツールで調べることができます。 whois情報検索-CMANもドメイン年齢と同じ入力方法でIPアドレスを検索できます。 チェックを入れるのを忘れないようにしましょう。 例えば競馬予想会社「藤沢塾」のIPアドレスを検索すると「210. 129. 173. 132」とわかりました。 次にインターネトで「210. 129. 173. 132」の後に「競馬予想会社」という言葉を半角スペースを空けて検索してみてください。 すると毎日情報と同一IPアドレスの競馬予想会社を調べた口コミサイトが検索にひっかります。 これで藤沢塾とベスト競馬が同一運営業者による競馬予想会社と発覚です。 ちなみに藤沢塾の運営業者「株式会社常昇社」は関連運営業者も含めて数十の競馬予想会社を運営していることで悪い意味で有名です。 IPアドレスの検索も非常に簡単なのでぜひお試しください。 まとめ 以上、競馬予想会社の詐欺手口を紹介しました。 改めて詐欺の手口をまとめるとの下記の5つです。 八百長レースを持ち掛ける 2. 巧妙な言葉でクレジットカードを現金化させる 3. 具体性の無い全額返金保証 4. 的中実績の捏造・偽造 5. 無料予想を餌に会員の個人情報を売り払う この5つに当てはまる競馬予想会社は詐欺を行っていますので絶対に登録しないようご注意ください。 また、 競馬予想会社の詐欺をたった2つで見抜く方法も紹介しました。 ドメイン取得日を調べ的中実績の捏造を暴く 2. 同一運営業者による競馬予想会社をIPから割り出す 上記の方法で気になる競馬予想会社を検索すると詐欺被害に遭うリスクが劇的に減りますので、ぜひお試しください。

次の

悪質競馬予想会社の5つの詐欺事例と騙されない為の対処法

競馬予想会社 詐欺

競馬はたった数分のレースで大金を稼ぐ事が出来るギャンブルです。 何百万円、何千万円、WIN5であれば1億円を越える事もある夢のようなギャンブルです。 当然誰もが勝ちたいと望みます。 しかし競馬で実際に賭けた事がある方なら分かると思いますが、最大18頭立ての競馬予想をビタリと的中させるのは至難の業です。 色々な予想を組み立てながら予想をしていかなくてはなりません。 仕事やプライベートで時間を取られる人であればまず高い確率で競馬を的中させるのは不可能でしょう。 そんな時に役立つのが、プロ馬券師の買い目を知る事が出来る競馬予想会社が提供する競馬予想です。 勿論多くの競馬予想会社が真面目に真摯な予想を提供している一方、始めからお金を騙し取ろうとして詐欺行為を働く会社も多くあります。 この記事では悪質な競馬予想会社の詐欺に騙されない為に、実際に発生した詐欺事例を例にとり、騙されない為の予防方法や対処方法を紹介していきたいと思います。 悪徳競馬予想会社の詐欺手口 それでは早速ここからは、悪質な競馬予想会社から詐欺被害にあった時の手口を紹介していきたいと思います。 詐欺被害は手口を予め知っておく事で逃れる事が出来るケースが非常に多いので、しっかりと詐欺の手口や方法を知っておきましょう。 ケース1:八百長レースを持ちかける 競馬予想会社が最も使用する古典的な詐欺手口が、八百長レースを持ちかけるというものです。 それもメールでは証拠が残ってしまいますので、電話で持ちかけるケースが非常に多いです。 電話であれば後で言った言わないの押し問答になった時も証拠がありませんので、被害者の方は泣き寝入りするしかありません。 」 週末に八百長レースが開催されて、それの結果をとある情報筋から聞いたから特別に教えてあげるというものです。 相手はプロの詐欺師ですから言葉巧みな誘導に乗っかってしまって購入してしまったとしても、当然八百長レースなんてものはありませんので外れます。 外れた後の言い訳はこうです。 「えっ?私は当たる確率の高い買い目を提案しただけで、絶対に当たる八百長レースがあるなんて一言も言ってませんよ?」 もしもメールではなく電話で持ちかけられたらこうなります。 毎回全ての電話を録音している方なんていませんよね?結果的に証拠が残るメールではなく電話で八百長レースなどの商売を行うのは、後で文句を言われた時に証拠を残さないようにするのが戦略なんです。 競馬には常々八百長疑惑や出来レース疑惑が付き纏っていますが、JRAの公式は八百長は絶対にないと断言していますのでそれを信じるしかありません。 つまり、ありもしない八百長を持ちかけてくる競馬予想会社は全て詐欺会社です。 絶対に当たるレースなんてものは100%ないと断言できますので、甘い誘いに乗らないように気をつけて下さい。 ケース2:もしも当たらなかったら全額返金します 競馬予想会社の中には「もしもこちらが予想した買い目が負的中だった場合は全額返金します」と宣伝を行っているサイトが多く存在します。 一見すると良心的なサイトのように思えますが、これは全くの嘘です。 実際に返金してくれる会社もあるにはあるのですが、ほとんどの会社は客をおびき寄せる為の嘘や、後で色々とこじつけて返金しないパターンが多いです。 例えば全額返金すると言っても以下のようなケースが考えられます。 提供された10レースのうち当たったのはたった1レースで高額配当でもない• 返金保証は現金ではなく使途不明のポイントだった• 的中したレースを送っていたのにそっちの不具合でエラーになって送ることが出来なかったと言い訳をする このようなケースが考えられます。 結局外れても全額返金されるから別に大丈夫かという気軽な気持ちで、数万円もの大金を支払ってしまうと、後で必ず痛い目に合うというう事です。 提供された10レース中当たったのは1レースで、更に高額配当でも何でもないトリガミだった場合でも、的中しているから返金はできないと言われます。 全額返金という甘い言葉に惑わされないように注意して下さいね。 ケース3:フィッシング詐欺 無料で競馬予想を提供するという甘い言葉に騙されて、メールアドレスを取得して他の競馬予想会社やアダルトサイト、出会い系サイトなどにアドレスを売る業者も多く存在しています。 これも昔からある古典的な手口で、フィッシング詐欺と呼ばれるものです。 勿論普通の優良な競馬予想会社であれば、無料登録をした後の個人情報は厳密に管理され、当然ですが無料登録した後に無料の競馬予想を得る事が出来ます。 しかし元々フィッシング詐欺を狙っている企業であれば無料登録後に競馬予想を提供されることはありません。 沢山の人を集客してメールアドレスが欲しいだけですから、完全無料を謳っている怪しい企業には要注意です。 気をつけるべき点としては無料登録した後に競馬予想が届くかどうかです。 すぐに競馬予想が届くサイトであれば優良の可能性が高く、いつまで経っても予想が届かない場合は悪質なフィッシング詐欺の可能性が高くなります。 もしも詐欺だと気付いたら早めにメールアドレスを変更するなどの対応を行いましょう。 代表的なものと言えば、一度入金した後に更に「情報公開手数料」が必要になると言われたり「情報の買い付け金」や「サーバー維持費」などという名目で、一度入金した後に恐喝じみた言い方で不当な追加料金を請求してくるという訳です。 しかしこう言った会社は利用規約に小さく追加料金が発生するという旨を記載している場合があります。 初めから詐欺行為を前提にしていますので、後で文句を言われないように始めから詐欺行為で訴えられた時に逃げられるようにしておくという訳です。 いちいち利用規約なんて全てをチェックするわけではありませんが、競馬予想サイトを利用する時は細かくチェックして、何か不手際か怪しい点がないかを必ずチェックするようにしましょう。 不当な追加料金を請求された時も、決して素直に振り込みをしてはいけません。 利用規約に書いていても、分かりにくければ無効になりますので、怖がらずに対応しましょう。 ケース5:現金調達を進めてくる 詐欺師は取れる所からはとことん取ると考えるものです。 上記で紹介した八百長レースなどに興味を示し、多額の入金をした経験がある方には現金調達方法を進めて親切なフリをして一発逆転を狙わせにきます。 「今度は100%的中する八百長情報を入手した。 でもこの情報を開示するには100万円が必要で…。 もしもお金がないなら誰にでも安い金利でお金を貸してくれる業者を紹介するけど…」 このような感じで悪質な金融業者を紹介し、100万円を借りさせて八百長レースに参加させます。 当然レースは外れますので、高額な情報料を得た競馬予想サイトと、紹介されたグルである金融屋から法外な手数料を請求されてしまうという訳です。 一度詐欺に騙されてお金に困っている人は切羽詰っている状況で冷静な判断ができない状況にある場合が多いです。 普通なら乗らないような提案にも、相手が親切にしてくれたりすると一発逆転の為にお金を借りるしかないかなと考えてしまうという訳です。 このケース5は一度悪徳詐欺会社に支払いをしてしまった方や、一度騙された人の二の矢で利用されるケースの多い詐欺行為なので充分に注意して下さいね。 詐欺に騙されない為の対処方法 上記で5つの詐欺事例を紹介してきましたが、それでは一体どのようにしたら詐欺から自分の身を守る事ができるのでしょうか。 ここからは悪質な競馬予想会社に騙されたない為の対処方法を紹介していきたいと思います。 会社概要と特定商取引法に基づく表記のチェック 優良サイトであれば必ずきちんと記載しているはずの会社概要と、特定取引法に基づく表記は必ず確認するようにしましょう。 特に注意して調べるべきなのは、運営会社が置かれている所在地です。 この所在地が海外だったり、ボロボロの民家や何気ない一軒家である場合は適当に記載している可能性がありますので注意が必要です。 今はグーグルマップのストリートビューで簡単に外観をチェックする事が出来ますので、必ずきちんとしたビルなのか、オフィスが入っていそうな建物かどうかを調べましょう。 詐欺を最初から働こうと考えている企業は所在地も適当に設定している場合が多いので、所在地と会社概要をチェックするだけで、詐欺行為を働く企業を避けられる確率はかなり上昇していきます。 口コミサイトで評判をチェック それと必ずチェックして頂きたいのが口コミ評価です。 気になる競馬予想会社が詐欺かどうかはネットで調べて口コミを見ればすぐに分かります。 中には詐欺会社が自作自演しているケースも考えられますので、複数の口コミサイトでチェックしてみる事と、良い口コミと悪い口コミの両方をチェックするという事を忘れないようにして下さい。 実際に利用した方の体験レポートもあれば必ず調べてみましょう。 利用前にネットである程度の事は判断出来ると思いますので、何も知らない状況でいきなり手を出すのは絶対タブーです。 まとめ 数多く存在する競馬予想の優良会社ですが、中には上記詐欺手口を使う悪い会社も沢山あります。 騙されたない為に事前に理解しておきたい対処法と、詐欺手口は必見で必ず利用前に覚えて起きましょう。 詐欺手口を知っておく事で、実際に自分がそのような実例にあった時に「あっ、これって詐欺だ」と分かる事が出来ますよね。 詐欺被害に合わないようにする為に実例を知っておくのは欠かせないファクターの一つです。 優良競馬予想サイトは沢山あります。 しかし悪徳競馬予想サイトも沢山あります。 きちんと見極めて、より良い競馬ライフを過ごせるようにしましょう!.

次の

競馬予想会社が使う詐欺手口を知ろう!

競馬予想会社 詐欺

競馬詐欺手口の一覧まとめ 競馬は公営ギャンブルの一つで当たられば投資金額の何十倍何百倍もの金額を手にすることができます。 そのギャンブル性の高さから、競馬予想を巡り悪質な詐欺サイトや詐欺業者が横行しています。 一攫千金を目論む人、お金に困っている人の欲望につけこんで、「必ず勝てるレースがある」ように見せかけ、甘い言葉でお金を奪っていきます。 ここでは競馬詐欺のよくある手口や事例を分かりやすくまとめていきます。 現在、競馬予想サイトや競馬関係会社と関わりがない場合でも、被害の予防の為に覚えておいて損はないです。 関係者しか知らない情報を提供すると偽る手口 競馬詐欺の常套的なな手口としては、関係者しか知らない情報を得ることでレース結果が分かり、その為に情報料金が必要になるというものです。 言い方や文言はそれぞれ違いますが、大まかに考えるとこの手法で被害者を騙していきます。 普通に考えて高確率で当たる情報ならば自分で馬券を購入すればよいわけですから、売りつける理由がありません。 ただし悪質業者はあの手この手で理由をつけて信じさせようとしてきます。 このような悪質業者が好む文言を下記に記載していきます。 「関係者」 大物馬主 厩務員、調教師 JRA関係者 政治家 ジョッキー 非公開競馬サークル 「必ず勝てるレース、高確率のレース」 八百長レース 出来レース 話し合いで着順が決まっている 馬主に還元するためのボーナスレース 関係者がグルになっている 悪質業者は巧妙な手口で必ず勝てるレースがあると信じ込ませてきます。 そして「必ず的中する」「100%当たる」などの確定的な文言は詐欺の証拠として残ってしまう可能性があります。 そこも悪質業者は考慮して、このような確定的な文言は使用せずに被害者にさも必中で当たると思いこませていきます。 年々、手口も複雑化していってますので、甘い文言にはくれぐれも気を付けるようにしてください。 高額の競馬予想ソフトを売りつける手口 競馬詐欺では競馬予想ソフトを売りつけるという手口も非常に多いです。 価格としては50万円~300万円あたりが多く、松竹梅のようにランク分けされている事もあります。 売りつける手口としては2パターンあり、一つ目は情報商材系と言われ「副業」や「お小遣い稼ぎ」「高額収入」などをインターネット上で検索した際に、出てきたサイトに登録して売りつけられます。 また、ダイレクトメールなどで興味を引く文言で勧誘する場合もあります。 電話で直接営業される場合や、サイト上の記事を読ませて購入させるケースもあります。 もう一つのパターンは、SNSなどで知り合った人を通じて売りつけらえることがあります。 「定期預金のようにお金が増える」「毎月3~4万円の副収入」などの煽り文句で投資という名目で営業されることが多いです。 また、多くの場合は直接知り合った人が売りつけるわけではなく、更に知り合いの社長など肩書の偉い人が登場し、さも儲かっているような話をして、一緒にやりましょうという劇場型も増えてきています。 競馬予想ソフトを売りつける詐欺業者は下記のような文言を好みます。 「競馬予想ソフト」 最新AI搭載 裁判沙汰になったあのソフト 回収率が〇〇〇%以上に必ずなるソフト 天才数学者が開発 発売禁止になったソフト 一部の会員だけに販売 毎月3~4万円の利益 老後資金を貯める投資 基本的に競馬予想ソフトで利益を出すことはできません。 マグレで当たることはあるかもしれませんが、長期的に見るとどんどん収支はマイナスになっていきます。 競馬予想サイトを直接売りつける詐欺の手口は、マルチ勧誘と似ています。 比較的良い服を着て良い時計をして羽振りが良い印象を最初に植え付け、何度目かに会ったときに実は競馬予想ソフトで儲けていると切り出します。 そこで会員制だけど今回だけ特別に口利きをするとか、締め切りが近いなどと言って、被害者に正常な判断を下させぬように購入に踏み切らせます。 お金が無いと伝えると、消費者金融や銀行カードローンなどを勧めてくるほど用意周到です。 またクーリングオフをさせないように、クーリングオフ期間内は手厚くフォローしますが、期間が過ぎると扱いが雑になったりもします。 結果が出ないとクレームを出してもより高額でグレードの高いソフトを勧められるケースもあるのでご注意下さい。 無料情報が的中したので有料情報に切り替えた ある日、ダイレクトメール(迷惑メール)に無料情報が送られてきて、その予想が的中し信用して有料情報に切りかえたがその後は当たることがなかった。 そんな手口もあります。 一度当たっているものですから信用するのも無理はありませんが、実はこの的中にはカラクリが存在します。 実際に詐欺業者は何らかの手段で数万件、数十万件のデータを手に入れます。 そのデータに対して複数のパターンの予想を別々に送ります。 そして的中した予想を送ったデータの人の元に有料のプランを提示していくのです。 提示された方は無料情報がしっかり的中しているので、信頼して有料プランへの切り替えもスムーズに実施するというわけです。 怪しいメールが届き、そのメール内の無料情報の予想が的中したとしても安易に信じ込まないように気を付けて下さい。 人間は自分が一度でも信用したものに対しては警戒心がかなり薄くなる傾向があります。 競馬詐欺側はそうした人間の心理をうまくついてくるのです。 高額当選したといって登録料を請求してくる 競馬詐欺の手口の一つで、「高額金が当選しました。 」などと電話をかけ、当選金を受け取るために有料会員登録が必要と勧誘し、登録料金をせしめるものがります。 最初に数百万円とか数千万円とかの高額の金額を当選したと思わせて伝えることで、被害者にそれだけの金額を受け取ることができるから登録料金は安いものだと思わせます。 被害者の意識は後に受け取れると錯覚している数百万に行ってしまっているため、数十万ほどの会員登録料を支払ってしまうのです。 また一度でも支払うと、後から少しずつ色々な理由をつけてお金を限界まで搾り取られてしまいます。 お金が無いと言うと、カードローンや消費者金融はおろか、闇金やクレジット現金化まですすめてきたりもします。 一度でも支払うと、被害者側には後に引けないという心理も芽生えてきてしまうので、お金を取り返すために何度も料金を支払うことになります。 もちろん当選と言う事実はないので、お金が入ってくることはありません。 「何度も支払わせる手口」 情報料が高騰して足りなくなった 今回のレースより儲かるレースが見つかった、儲けが多い分情報料もあがった 〇〇会員に登録してもらう必要が出た 高額当選したから会員登録をしてくれという詐欺の手口は、競馬詐欺だけではなく様々な種類の詐欺の古典的手口です。 お金を受け取るのにお金が必要になるというのは、一見バカげた話のように感じますが、詐欺業者はあの手この手で信ぴょう性のある作り話をでっちあげて被害者に信じ込ませようとします。 お金を受け取るのにお金が必要になるというのは、よく考えたらおかしいと気づくはずです。 また、身に覚えのない高額当選が届くというのもありえない話です。 少しでも違和感を感じたら落ち着いて、しかるべき機関や頼れる人に相談するようにしましょう。 担当者が自分も負担する手口 詐欺の流れの中の一つで、担当者が自分自身も負担した体裁にして、被害者を申し訳ないという心情にさせて騙す手口があります。 これは電話や直接騙される場合によく使われる手口で、あくまで担当者の自分は被害者の味方であり、悪いのは他の依頼者や情報元という事にして、共通の敵であると認識させます。 そして被害者の親身になり、時には自腹を切るフリをして情報料金の一部を負担するように見せかけます。 その際に「会社にはナイショで」「あくまで〇〇さんを儲けさせたい」などと言い、被害者に恩を着せ情報料金を支払うように仕向けていきます。 さらに劇場型になると「会社に負担したのがバレた」などと言い、上司が登場して被害者を追い込んでいくケースもあります。 ダイレクトメールのやり取りなどでは冷静になれる時間がありますが、電話や直接会っている場合には、詐欺側も被害者に冷静になる隙を与えません。 情報料金などを支払う前に一度落ち着いて冷静な判断をくだすようにしてください。 まとめ 競馬詐欺の手口や手法を一覧でご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 競馬詐欺は日々進化しており、また被害者の一人一人によって微妙にやり方を変える柔軟性もあります。 ただし、大筋は変わらないことが多いので、このような基本の手口を知っておくだけで、引っかかる可能性は格段に下がると思います。 現状で、競馬関係会社や予想サイトなどと関係している方は、今一度そこが信用できるのかどうかを見極めてみて下さい。

次の