バッタの大群日本。 日本でバッタが大量発生!その理由や原因と対策は?

バッタの大群動画が怖すぎる!大量発生はなぜ?原因や対策、現在地や日本に来る可能性は?

バッタの大群日本

5月末、インド北西部・ラジャスタン州に飛来したバッタの大群は、居住用マンションの屋上を隙間なく覆った 写真:アフロ 「忘れもしない5月25日の午前10時頃、私が取材で訪れていたインド・ジャイプルに奴らが来ました。 無数の羽音が近づいてきたかと思うと、晴れた空が一瞬にして黒い雲に覆われた。 町中の人が外に出て、プラスチックの容器を必死に叩いて音を出し、奴らを追い払おうとします。 しかし、数が多すぎて効果はあまりない。 新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ人類に、もう一つ未曾有の災厄が襲いかかる。 「サバクトビバッタの大群」だ。 農学・昆虫学を専門とする東京農業大学の足達太郎教授が解説する。 「本来サバクトビバッタは、1匹単位で生活する大人しい種です。 しかし、一昨年から昨年にかけて、東アフリカで季節外れの大雨が降った影響で、バッタが大量発生した。 すると、性質に変異が生じ、翅 はね が長く獰猛で群れを作る種が生まれました。 その種が長距離を大群で移動して、各地に被害を及ぼしているのです」 過去70年で最大規模とされるバッタの大群は、生まれ故郷のアフリカを出発し、各地で農作物を食いつくしながら東進中。 現在インドに到達した。 中国政府は警戒を強め、ニュース番組は連日のように『4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている』と報道。 中国農業科学院植物保護研究所の研究員は、6月中にバッタが飛来する可能性を示唆している。 足達教授は話す。 「変異して群れるようになったバッタは、季節風に乗って飛ぶ。 風がうまく吹けば、数千㎞飛ぶことも可能です。 過去には、西アフリカからカリブ海諸島に到達したという記録もあります」 当然、日本も他人事では済まされない。 中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って海に隔てられた2000㎞をやすやすと越え、日本列島へと飛来することは十分にあり得るのだ。 今年の1月中旬頃、ケニアでサバクトビバッタが大量発生。 サンブル国立保護区の災害対策チームもたじたじだ 『FRIDAY』2020年6月19日号より• 写真:アフロ.

次の

バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタの大群日本

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の

バッタ大量発生!現在地や原因は?日本へ来る可能性と影響は?

バッタの大群日本

バッタが生き残っていく本能みたいなものなのかな…。 2020年6月現在、 サバクトビバッタは インドにいます。 今年の頭、コロナのインパクトで忘れてしまってた中東でのバッタ大量発生のニュース。 数兆匹まで増えてそろそろ中国へ襲来するんじゃないかと思ったら 実際はヒマラヤ山脈を越えれないらしい 、中国では別のイナゴが大量発生して食物を食い荒らしてるらしい。 サバクトビバッタは東アフリカからサウジアラビアへ入り、そこからイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦へ広がりました。 本来であれば、バッタが入国すると分かれば、軍を動員してバッタを駆除するそうですが、中東は紛争をしているので、軍をそちらにさけなかったそうです。 Sponsored Links サバクトビバッタは日本にくるの? サバクトビバッタは、群れになるとものすごい跳躍力を発揮すると言われています。 しかし、今回大量発生している サバクトビバッタは日本へはやって来ないのではないかと言われています。 その理由として、サバクトビバッタは寒さに弱く、パキスタンやインドと中国の間にそびえる ヒマラヤ山脈を越えるのが難しいと予想されているからです。 またヒマラヤ山脈は、世界一高いエベレスト山 8,850m をはじめ、7,000mを超える山が100以上もあり、群れになると身体能力が向上するサバクトビバッタでもなかなか難しそうです。 そもそも今回のサバクトビバッタの大量発生は、 大雨が降ったことが理由ではないかと言われています。 大雨が降って餌となる草がたくさん生えると、バッタが大量発生すると言われています。 現在、莫大に人口が増えているアフリカですが、常に食料危機と戦っています。 そのなかでサバクトビバッタ2000億匹が、人間の食物を食べていってるのが問題になっています。 ケニアは食料を食い荒らされ、人間の食物はほぼ全滅。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 通常であれば、他国が支援の手を差し伸べますが、現在各国はコロナの影響を受けそれどころではありません。 またバッタ駆除には、農薬を撒くのが一番手っ取り早いですが、農薬は土壌が死んでしまうため、食糧危機の地域では得策ではありません。 日本でも明治時代にバッタの大量発生が問題になったことがありました。 1879年 明治12年 に北海道の十勝平野でトノサマバッタが大量発生し、数年間続いて大きな被害が出ました。 その数年のあいだで、バッタの大群は札幌など石狩地方にまで至りました。 バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は日食のように太陽が陰り、住民はただ茫然とその惨状を見守るしかなかったそうです…。 想像するだけで恐ろしいですね。 このときバッタは、札幌付近止まりで本州へは入って来ませんでした。 その理由として諸説ありますが、 海を飛び越えられなかったんだろうと言われています。 しかし、今回のバッタは海を渡って来たこともあり警戒されていましたが、生態的にヒマラヤ山脈を越えられないだろうと言われているので、ひとまずは安心できそうですね。 中国側が懸念しているのは、コンテナなどに紛れ込んで侵入するのではと言われているそうです。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。

次の