自由 空間 個室。 自遊空間 NEXT 蒲田西口店

自遊空間 八王子駅前店

自由 空間 個室

自遊空間NEXT五反田東口店はこんなお店 ・五反田最大席数のネットカフェ ・オープン席から完全個室まで様々な席あり ・女性専用エリアあり 五反田駅近くにある 自遊空間NEXT五反田東口店を利用してきました。 NEXT五反田東口店は 100席以上ある五反田になるネットカフェの中では大型です。 席のタイプは安価なオープン席から、防音性の高い完全個室まで、 そのほか、禁煙席と喫煙席、女性専用フロア(半個室のみ)、VR導入席など、いろいろなネカフェユーザーのニーズを満たせる万能なお店です。 五反田駅東口を出て徒歩3分ほどの場所にあります。 まず、駅を出て右にある歩道橋を上ります。 歩道橋を上ると、向かいにあるビルに赤い インターネットコミックカフェと描かれた看板が見えてきます。 自遊空間はこのビル(デュロス五反田)の4階にあります。 自動入場機で使いたい席をじっくり選べる 4階入り口付近の様子(GoogleMapで店内の様子が見れます) NEXT五反田東口店は 自動入場機を導入しています。 自動入場機とは、専用の機械に会員証をスキャンして、タッチパネルに従って操作すると入場券が自動で発行される 完全セルフの無人フロントです。 タッチパネルにお店のフロアマップと空室状況が表示されるので、 利用したい席をじっくり自由に選ぶことができます。 店員さんが配席するお店だと、空いているのに隣に利用がいる席に通されることがたまにありますよね。 そんな心配もなく、空いていれば好みの席と場所を選べるので便利です。 席を選び終えると入場券が発行されます。 入口にある駅の自動改札風の機械に入場券をスキャンすると改札が開き入場できます。 退場の時もおなじ要領で、店内にある自動退場機に入場券をスキャンしてお金を支払うと退場券が発行されます。 禁煙席、喫煙席どちらもあります。 席の種類は大きく分けると、 オープン席、半個室席、完全個室席の3種類あります。 オープン席以外は禁煙席、喫煙席どちらもあります。 半個室席は リクライニングチェア、 マット、2人で入れる デラックスブースの3種類から選べます。 また、女性専用エリアもあります。 オープン席は漫画雑誌コーナの近くにあり、パソコンなしの5席。 今回は完全個室を利用してみました。 延長料金10分毎 80円 完全個室パック料金 パック 平日 土日祝 3時間 1,000円 1,100円 6時間 1,500円 1,600円 9時間 2,000円 2,100円 12時間 2,500円 2,600円 ナイトパック 平日 金土祝前日 6時間 1,200円 1,300円 8時間 1,500円 1,600円 12時間 1,800円 1,900円 2019年5月2日時点の情報です。 ビジター会員は上記に加えて100円~500円の追加料金あり。 ナイトパック受付時間:18時~5時 【完全個室の中】オートロック式!ROOM3は穴場? 完全個室は新設?バーコードで開閉するハイテク式 完全個室は入口がある4階の1つ上のフロアにあります。 完全個室のエリアだけ少し内装が異なり、新しい雰囲気があるので改装して後から新設したのだと思われます。 完全個室は禁煙席、喫煙席どちらもあり、それぞれ10室ずつあります。 個室の扉の横に読み取り機があり、そこに入場機で発行されたバーコードをかざすと鍵が解錠されます。 扉を開けるとそこは…。 ん、妙に細長い(笑) 広いと言えば広いのですが、妙な構造です。 フロアマップを確認すると実際の配置とは異なり、今回利用したROOM3だけ奥まった配置になっています。 「ここの扉だけ奥に配置するのも、奥を何もないスペースにするのももったいないし、オマケで広くしとくか!」みたいなことになり、この超細長い構造になったのでしょうか。 そのため、ほかの部屋の奥行きはもっと狭いはずです。 ある意味アタリだと思いますので、メリットを感じたらぜひ 完全個室のROOM3を使ってみてください。 個室の紹介に戻ります。 床は全面フラットマットになっています。 完全個室なので扉を閉めてしまえば外とは完全に遮断されて、隣の部屋の様子はうかがえないので居心地はかなり良いです。 中から扉を開ける時はこのボタンを押すと扉が解錠します。 ワンタッチで開くので漫画たくさん返しに行くときなんかに便利です。 パソコンスペック・ネット環境 完全個室にはというゲーミングPCが設置されています。 ヘッドセットトとゲーム用コントローラーあり。 オンラインゲームはいくつかインストール済のようなのです。 公式サイトでプレイできるゲームの一覧が見れます。 PCスペック OS Windows10 Pro CPU Intel Corei7-7700 3. 60GHz メモリ 8GB グラフィック NVIDIA GeForce搭載(品番不明) 私はゲーミングPCの知識はないのでなんとも言えませんが、一般的にはハイスペックPCに部類されます。 ネットサーフ、動画視聴程度ならサクサク動きます。 回線はNUROギガ回線を使用しています。 League of Legends 龍が如くOnline サドンアタック など テレビ 視聴可 個室内設備 パソコン以外の部屋にある設備・備品は、各種スマホ充電用ケーブル、座椅子、クッション、ハンガー、ブランケット、スリッパなど 座椅子やフラットマットに少し劣化が見られるのでごく最近に出来たわけではなさそうです。 空調は一括管理の空調で、天井にあるつまみで風量を調節するタイプです。 無料Wi-Fiあり の無料Wi-Fiが使えます。 暗号化されていないパブリックWi-Fiなので、利用は自己責任でお願いします 設備・サービス ドリンクバー ドリンクバーの種類はソフトドリンク、コーヒ、コーンスープ、オニオンスープ、フローズン、ティーパックなど沢山あります。 漫画・雑誌コーナー 漫画・雑誌の量は標準的で、多くもなく、少なくもなくと言ったところです。 女性誌は女性専用エリアに置かれています。 女性専用エリア(半個室のみ) 女性専用エリア(GoogleMapで中の様子が見れます) 自遊空間NEXT五反田東口店は 女性専用エリアがあります。 フロアマップで見ると禁煙席14席、喫煙席11席あり結構大きな女性専用エリアです。 中には専用のドリンクバーやトイレ、シャワールームとパウダースペースがあるので、エリア内だけで過ごすこともできます。 シャワールームあり シャワールームは男女共用が1室、女性専用が1室あります。 お店の規模からすると少ないので、早朝や深夜は順番待ちになる可能性があります。 VR(FOVE 導入席あり FOVEのVRを導入している個室あり。 フロアマップで確認するとVR導入席は3室あります。 またGearVRのレンタルも行っています。 ちょっとしてるけど嬉しいサービス お手洗いに無料歯ブラシがある お手洗いの洗面所に行くと自由に使える歯ブラシが置いてありました。 消臭剤(ファブリーズ)がある 消臭剤(ファブリーズ)が複数種類置いてあります。 自遊空間五反田東口店 公式サイトはこちら 【関連記事】五反田のネットカフェ・漫画喫茶情報 五反田駅周辺にあるネットカフェ・漫画喫茶を全店紹介しています。

次の

自遊空間 郡山店(郡山駅/カラオケ・パーティ)

自由 空間 個室

自遊空間NETX赤坂見附2号店の場所 お店の最寄り駅は東京メトロ赤坂見附駅です。 渋谷、新宿、東京駅、新橋など東京の主要駅から乗り換えなしでアクセスできます。 その他、永田町駅、溜池山王駅、赤坂駅からも徒歩圏内の非常に便利な立地です。 また、すぐ近くに名前が似ている同系列のがありますが、それぞれ別のお店なのでお間違えのないように。 自遊空間の個室はファミリールームなどの特殊なタイプ以外は天井が開いている半個室の席が普通でした。 ここ以外にも、自遊空間でNEXTと名の付くお店と一部の自遊空間でもオートロックの完全個室を導入しているようです。 パックの指定は必要なく、利用時間に応じて自動的に一番安いプランが適用されます。 完全個室の中は 扉はオートロック式 各部屋の扉の前にバーコードの読み取り口があります。 ここに受付で受け取ったバーコードをかざすと扉が開閉するようになっています。 部屋から出るときはボタンを押すとカギが開き、閉めると自動的に閉まるオートロック式になっています。 1畳ほどの個室にフラットマットが敷かれていて、パソコンと最低限の家具が置いてあるだけのシンプルな部屋です。 壁紙が濃い木目調なのでログハウスの中にいるような雰囲気があります。 完全個室のネットカフェは、部屋に入った瞬間にプライベートが守られてる安心感を感じらます。 ホテルの部屋に入った時と近い感覚です。 この辺は半個室タイプのネットカフェにはないメリットですね。 オープンの2017年3月から1年半以上経っていますが、まだまだ新店と言っていいほどキレイです。 部屋の広さもけっこうありそうです。 座椅子、クッションの他に、ブランケット、スリッパも備え付けであります。 マット席の広さは? 縦 約240cm(最大) 横 100cm 縦幅がとても広いので窮屈さは一切ありません。 スーツケースや大きいバッグを部屋に入れても広々使えます。 このように靴を置くスペースにフラットマットを敷き詰めることができるので、部屋を最大限広く使うことができます。 PC・ネット環境 PCの詳しいスペックはコントロールパネルに接続できなかったのでわかりませんでした。 メーカー名はDiginnos KnightASと書かれていました。 無料コンテンツ・インストール済アプリ テレビは地上波、BS以外にもJSPORTSとスカイAも映ります。 部屋の防音性は? Googleレビューでは防音性に関して言及している方がちらほらいますが、私が利用した部屋は角部屋だったからか、それともマナーのいいお客さんだったからか、隣の部屋のお客さんの物音は特に気になりませんでした。 強いて挙げるとすれば、ここに限らず完全個室系のネットカフェは通路側の防音性が弱いことが多いです。 玄関スペースがないので、当然扉側に頭を置いて寝れば耳のすぐ近くが通路のなので扉を閉める音や人が通路を歩く音は結構聞こえてきます。 後は隣の人がハンガーをカチャカチャとラックにかける音やスマホのバイブ音なんかも聞こえてきますね。 音に敏感な人や、熟睡したい方は耳栓をするなどの工夫や、慣れと妥協はある程度必要だと思います。 これらを考慮してもネットカフェの個室としての快適性は非常に高いことは間違いありません。 設備・サービス フロアマップ 部屋は全部で39室。 個室の広さをしっかり確保している分、東京のネットカフェの中では小規模です。 共有スペースに余裕があるので窮屈な感じがしません。 個室の通路も広さに余裕があります。 漫画・雑誌コーナー 漫画は本家自遊空間と比べると少ない気がしますが、完全個室系のお店の中では結構揃っています。 近くの赤坂見附1号店はなかなかの冊数が揃っているので、色々な漫画を読みたい方はそちらを利用したがいいです。 雑誌は比較的多く、コミック、男性向け、女性向けバランス良く揃っています。 漫画コーナーの一角にラウンジフロアがあります。 こちらは60分300円と安価で利用できます。 ドリンクコーナー フリードリンクもちゃんとあります。 1台だけなので種類は少なめです。 すぐ隣にはポット、電子レンジ、おしぼりの機械があります。 ビニールに入っているおしぼりより、なぜかこのタイプの方が嬉しいのは私だけでしょうか。 その他設備・サービス シャワールームあり 30分500円~で利用できます。 席を使わずシャワーのみの利用は690円です。 ランドリー 洗濯機300円 乾燥機30分100円 レンタル品 ・VRゴーグル ・ヘッドセット ・カードリーダー ・寝巻 ・PC接続用プリンター ・ヘアアイロン ・携帯用充電器 ・WEBカメラ 有料販売品 軽食類の他に、コンタクト洗浄液、歯ブラシなど夜を明かすためのアメニティ類は一通りそろっています。 感想 自遊空間の完全個室ははじめて利用しました。 予想通り、個室の快適さは高かったです。 赤坂はオフィス街としての規模が大きい反面、ふらっと1人で遊びに行ける場所や安価に夜を明かせる場所が山手線エリアと比べると少ないので、このお店のおかげで利便度が上がりました。 山手線内でかつ、使える路線がたくさんあるので旅行者にも便利です。 東京駅、銀座、新橋、新宿、渋谷、上野など、ここなら東京のほとんどの主要駅に1本で行けるターミナル駅以上の交通網が使えます。

次の

【自遊空間の完全個室】ネットカフェなのに安宿より快適かも?【札幌】|かたてまに読むブログ

自由 空間 個室

自遊空間では、お好きなコンテンツを自由に利用できます。 子供の頃に読んだ漫画を読み返したり、フラットブースやマッサージチェアで休憩したり、お手持ちの端末を充電したり、リラックスした時間をお過ごし下さい。 カップルでダーツやビリヤードも人気があります。 ペアで座れるソファー席もあるので、休日にゆっくり過ごしたいお二人にも最適!たくさんのコンテンツがお二人の時間を充実させます。 途中で席の移動も可能ですので、一人で先に入場して、友人たちが到着したらビリヤードやダーツやカラオケをみんなで楽しむ事もできます。 フリードリンクも充実しているので、楽しんだ後はクールダウンも出来ます。 ゆったりしたファミリールームもあるので複数人やファミリーでお楽しみいただけます。 豊富な食事メニューもありますので、みんなでゆっくりわいわい遊べます。 一部の店舗ではボードゲームを貸し出ししています。 自遊空間では「」「」「」を実施しております。 は中学生以下のお子様の利用料金が 0円になります。 は60歳以上のお客様なら平日のご利用料金が3時間 500円になります。 複合カフェというフレーズには聞き覚えのない方でも、このような営業形態をとっているお店をご覧になられた方は多いのではないでしょうか。 2000年を境に急増した複合カフェ。 そのパイオニアが、私たちが営業する「自遊空間」です。 自遊空間が、 業界のリーディングカンパニーとして、ここまで拡大した理由は、私たちのビジネスモデルが現代消費にマッチしたものだからです。 経済不況からますます落ち込む消費性向、一方で多様化する消費動向、加えて当たり前になりつつある24時間提供されるサービス。 私たちは、アミューズメント業界においても、これらの要素が求められていると考え、 時間消費型アミューズメントというビジネスモデルを築いたのです。 自遊空間ギャラリー•

次の