薬剤師 転職 第二新卒。 1年目で辞めたい新人薬剤師が第二新卒で転職するための3つのポイント

薬剤師の第二新卒は転職に不利なの?企業側目線で考える

薬剤師 転職 第二新卒

仕事内容 私たちは今まで多くの仲間を得ることができました。 弊社で長く業務を支え貢献してくれ、地域の皆様にも慕われ頼りにされてる方。 自分の力を信じて新たに調剤薬局や企業を立ち上げた方。 実家のお店や企業を引き継ぎ発展されている方。 OBとして日本全国で活躍する方々も…• 応募資格 薬剤師資格 実務経験などは不問です。 しっかり業務ができるように経験を積んでいただけます。 薬局経営をされているご氏族が、研修のため1~5年在籍したり、独立を目標に就業したり、他所の同業者が見学に…• 勤務地 滋賀県甲賀市(最寄駅:JR草津線 寺庄駅) 甲賀市甲南町野尻499-1• 仕事内容 「頑張って働いても会社は全然見てくれてない、、、」 「雑談ばっかりしている人の方が年齢や管理というだけで給料が高くて納得できない、、、」 薬局薬剤師として働いていて、そう感じることはありませんか? そう感じる場合、人事考課制度がうまく機能していないことが原…• 応募資格 薬剤師免許必須• 給与 月給 42万5,000円~ 管理薬剤師就任時は管理薬剤師手当 月2-5万円 が別途支給されます。 また、在宅担当など様々な形で手当を支給しており、上記金額は上振れする可能性があります。 勤務地 大阪府堺市中区・富田林市(最寄駅:南海高野線 大阪狭山市駅)・大阪狭山市(最寄駅:南海高野線 大阪狭山市駅)・阪南市(最寄駅:南海...

次の

【失敗は防げる】薬剤師の第二新卒はいつまで?転職のポイントを解説

薬剤師 転職 第二新卒

こんにちは! 寿五郎です! さて今回は第二新卒について書いていきます。 第二新卒とは新卒入社の3年以内に辞めて転職先を探す方のことです。 結論を先に書くと転職することは可能です。 引く手あまたです。 ただし、次の職場ではしっかりスキル・キャリアアップできるところを探しましょう。 「薬剤師だから」で転職が出来る時代は終わりつつあります。 なぜ第二新卒で仕事を探しているのか? 3年以内に辞める理由はなんでしょうか? 新卒の薬剤師さんは国家試験が大変で人員が不足しているため、 就職に関してはそこまで難しくありません。 その結果、あまり吟味せずに就職活動を済ませてしまう方が多いです。 そのため、他の業種に比べて薬剤師は第二新卒の転職が多いです。 辞める理由をしっかりと分析する 「なぜ辞めるのか?」「なぜ転職したいのか?」 こちらをしっかりと分析しなければ 「ただ辞めただけ」 になります。 「なぜ辞めたいのか。 なぜ辞めるのか。 」 をしっかり分析しましょう。 そしてこちらの原因を解消できる職場を選ぶようにしましょう。 色々な求人を見て転職理由がブレる方がいますが転職を繰り返す可能性がアップしてしまいます。 「なぜ転職するのか?」は人事担当者からも聞かれます。 客観的に見ても納得できる退職理由を考えておきましょう。 第二新卒で転職は簡単 就職が簡単であったように、第二新卒での仕事探しも簡単に見つかります。 「一般薬剤師で年収600万円以上、週休3日」 などのむちゃくちゃな条件でなければほとんどの方が転職できます。 あまりに厚待遇の会社は入社後に条件が変わりトラブルことがあります。 ほどほどの条件で探しましょう。 第二新卒でも年収は上がる 第二新卒の方も転職をすることにより年収が上がります。 某大手調剤薬局ですと、初年度の年収370万などもありえます。 中小規模の調剤薬局に転職すると年収420~450万円になることもあります。 そういった方は年収50万円程度アップすることも可能です。 しっかり見極めなければ大変なことに 先ほどと重なりますが、辞める理由をしっかりと分析し それを解消する職場探しをしなければまた転職する必要が出てきます。 若くして転職を繰り返すと年収が頭打ちになります。 キャリアを考えている方は慎重に行いましょう。 第二新卒もエージェントはしっかり選ぶ 「大手だから良いエージェント」ではないです。 自分の担当次第です。 また会社により方針が決まっているので電話がしつこい会社は担当を替えても同じです。 自分に合う求人を提案してくれるかどうかをしっかり確認しましょう。 手持ちの求人やエージェントの都合で求人を紹介してくる会社は多いです。 第二新卒での転職に失敗するとまた探さなくてはいけなくなります。 今は若いからあまり影響はありませんが、 40代、50代で転職をする際に転職回数が多いと影響してきます。 まとめ 第二新卒はすぐに仕事が見つかります。 しかし、ここでも失敗してしまうとキャリアが行き詰る可能性が高まります。 第二新卒と言えどきちんと転職先を探すようにしましょう。 焦って決めるのは止めておきましょう。 私もエージェントです。 お気軽にご連絡ください! では!.

次の

第二新卒薬剤師対象 転職個別相談会|薬剤師の求人・転職情報サイトのファーネットキャリア

薬剤師 転職 第二新卒

まずは簡単に私の経歴をお話しします。 4年生大学を卒業後、新卒で医療機器メーカーの営業職に就きました。 2年半ほど勤めた後に転職をし、現在はwebのサイト運営を行なっております。 当時、営業職は向いていないと感じ毎日が憂鬱な気持ちでした。 「1秒でも早く会社を辞めたい。 」 「上司の顔も見たくない。 」 こんなことを毎日思っていましたし、お腹が痛くなるようなこともありました。 しかし、初めての転職活動で右も左も分からない状態だったこともあり、8ヶ月もかかってしまいました。 そんな経験から気づいた転職活動のポイントを知っていただき、これから転職活動を行う第二新卒の方の助けになればと思います。 例えば、• ライフワークバランス• スキル• やりがい など、本当に何でも問題ありません。 人それぞれなので正解はないです。 仕事選びの軸の例 僕の場合は「スキル」を重要視していたので、スキルが積めそうな企業に絞って転職活動をおこなっていました。 また、軸をもとに長い目で見た仕事選びをするのが良いです。 例えば、お金を仕事選びの軸としましょう。 今の会社より給料の良い会社に行けばすぐにお金を増やすことは可能でしょう。 しかしそうではなく、給料を上げていく為に自分がスキルアップしていける。 そういう仕事の選び方をした方が、結果的に目の前のお金よりも多くのお金を稼げる可能性がありますよね。 改めて自分の仕事選びの軸を明確にしておきましょう。 失敗しない方法2【転職理由】 第二新卒とは一般的に新卒入社1年〜3年以内に転職をする人を対象として呼ばれています。 第二新卒の転職では在籍期間が短いことに対して面接官は質問をします。 ここで相手を納得させる筋の通った転職理由が必要になってきます。 表現を変える ここで大事ポイントは ポジティブな表現を使うことです。 「常に数字を追われるのが嫌」というのが転職理由だった場合、そのままストレートに伝えてしまうとマイナス印象を与えてしまいます。 そこで、ポジティブな表現に変えると「数字を気にしてしまうばかりに、顧客への貢献度より売上が優先となってしまって疑問を感じている。 なので、信頼関係を築いて顧客に貢献していきたいのでルート営業に挑戦したい。 」という文章が出来上がり、あくまで自分がやりたい!こうでありたい!ということを主張できる、やる気のある転職理由が完成します。 失敗しない方法3【会社の評判】 内定を承諾する前に 会社の評判をよく調べましょう。 特に転職会議、エン転職、openworkなどの口コミが確認できるものが良いです。 この3つは僕もよく活用していました。 また、並行して使うのをお勧めしていて、片方が良い評判でも片方があまり良くない評判だったなんてことはざらにあります。 新卒の時とは違い、一度自分が社会に出ているので見るポイントも分かりますね。 失敗しない方法4【エージェントを利用する】 転職活動ではエージェントに必ず登録しましょう。 理由は2つあって、• 自己分析や書類作成のアドバイスをくれる• 業界や職種に詳しいエージェントがいて、キャリア相談をしてくれる など、自分1人だけでは気づきにくいことや転職活動をする上で必要な準備を手伝ってくれます。 また、少し表現はよろしくないですが、エージェントは「利用してやる」くらいの気持ちで活用することで上手く情報収集できます。 エージェントは成果報酬型のビジネスモデルなので、入社させようと評判関係なく内定が出やすい求人を用意してくる可能性も否めません。 エージェントを利用しつつ、先程紹介した「会社の評判を調べる」と並行して情報取集していきましょう。 エージェントは複数登録する エージェントは極力2つ以上登録することをオススメします。 エージェントの対応は企業によっても特徴は異なりますが、特に個人差があるので、利用するエージェントを見極める必要があります。 僕の場合、3つほどエージェント登録したのですが• 希望している職種とは別の求人を紹介される• あまり内定とれなそうだと判断されて疎遠にされる という対応をされたことがありましたので、2つ以上のエージェント登録をおすすめします。

次の