青島 くん は いじわる ネタバレ。 『青島くんはいじわる』第15、16話のネタバレ&最新話。言い合いになる二人

【青島くんはいじわる】18話ネタバレ(最新)と感想!藤原の雪乃への秘めた想い

青島 くん は いじわる ネタバレ

見送りを済ませた母親は、一人でいるよりは安心だけど、それでいいのかしらと雪乃のことを心配するのでした。 ・・・・・ 新幹線の中、落ち込んだ様子の雪乃に青島がどうしたのかと聞いてくるので、雪乃は昨日の事なんだけど…と話そうとすると、きょとん顔の青島。 そう尋ねようとした雪乃でしたが、話をお土産の話に変えちゃいます。 笑顔の青島を見て、何を考えているのか…と思う雪乃でした。 同期の男性と飲みに行くことになった雪乃 出勤途中、逃げるように職場へ向かう雪乃を見て、なんか一人で考えてると思う青島。 雪乃は青島の顔を見ると、あの言葉について訊きたくなってしまうようで、結婚について訊くとしても、 自分は結婚したいのか?少し自分の気持ちを整理してからにしようと思ってました。 そんなことを思っていると、廊下で 同期の藤原将也という男性に声を掛けられます。 新商品のプロジェクトで東京に来たらしく、久しぶりにタカコと3人で飲もうと言ってきます。 青島が今日来るかどうか考えた後、約束しているわけじゃないしと誘いをOKし、青島には同僚と飲みに行くことになったとメッセージを送りました。 そのメッセージを見た青島は、雪乃とタカコ、藤原が楽しそうに笑っているのを目にしたのです。 青島くんはいじわる第12話のネタバレ! 飲み屋にて、藤原に若い男と付き合ってるということを聞かれる雪乃。 青島のことを色々聞かれたあとに、結婚している二人に結婚ってナニかと尋ねると、タカコは 仕事がダメでも家、家庭がダメでも仕事と気持ちを切り替えれるための母体だと言います。 一方、 藤原はいきなり不倫してることを暴露!! しかもバレてるらしく、離婚も覚悟したらしいのだけど、奥さんはお金さえ入れてくれたら別れないと言い、よそで子供を作らないように言ったらしい。 それを聞いてドン引きの二人。 ・・・・・ 大人になれば色々あると思いながら帰宅すると、自宅前に青島が…。 会いたかったからと言う青島に、大事なことだからちゃんと訊こうと思う雪乃。 自宅の玄関を開けようとすると、青島が 合鍵があったら中で待ってられると言ってくるので、それはまだ早いような気がすると雪乃は返事に困ってしまいます。 それを察した青島は冗談だと言って雪乃から離れました。 そして、 雪乃はどうして自分といると困った顔で笑うんだろうと考える青島。 そういう気分じゃないという雪乃でしたが、今日は優しくできそうにないと言って青島はキスをし、そのまましてしまうのですが…。 その日の青島くんはすごくいじわるだと雪乃は思ったのでした。 朝、雪乃が目を覚ますと『おはようございます。 先出ます』とメモだけが残されていた。 >> 青島くんはいじわる第11話・12話の見どころ&考察! 青島くんは、雪乃が藤原と楽しそうに笑っていたことので嫉妬した感じですかね? 今までは溺愛ぎみだった青島くんでしたが、急にキスをしたり、気持ちいいかとか、いじわるっぽさが出てきていたので、ここからが本当の始まり…!!って感じがしてきました。 前回まではタイトルと全然違う!って感じでしたからね~。 ここからどんどん青島くんがSになっていく…のですかね!続きが気になります。 青島くんはいじわるなど漫画を無料で読む方法 以上、『青島くんはいじわる』第11話・12話のネタバレでした。 文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、 めちゃコミックなら『青島くんはいじわる』の最新話まで読むことができますよ。

次の

青島くんはいじわる|第21話|ネタバレあらすじ|感想│漫画village

青島 くん は いじわる ネタバレ

青島くんはいじわる第15話のネタバレ! システム部からの担当として、青島がやってきたことに驚く雪乃。 結婚にこだわらなくても一緒にいられたらいいと思っていたけど、仕事まで一緒じゃなくていいんですけどー!!と心の中で叫びます。 どうやら、本来の担当がインフルらしく、その代わりにきたらしい。 あの二人付き合っているからやりにくいという女性社員の言葉が耳に入ってきますが、藤原はインフルだったらしゃーないとその場を収めてくれました。 その後、藤原と話す雪乃をジッと見る青島。 『近づきすぎ』とメールを送ろうとしますが、それを削除しました。 様子のおかしい青島くん 会議が終わってから青島に声をかけて離していると、女性社員に葛城さんうらやましーとちゃかされ、それを聞いて、会社に公表しておいて良かったと青島が呟きました。 どういうことか意味が分かってない様子の雪乃に、 「僕は雪乃さんにこれ以上近づく事は出来ないから」とまたもや意味の分からない発言をし、ニコッと笑って去って行くのでした。 ・・・・ 自宅に戻った雪乃は、青島の言葉の意味を考えますがわかりません。 なんだったんだろう…と思いながら、仕事のためにパソコンを起動させるのですが、うんともすんとも反応せず、サポートセンターに電話しても繋がらない…。 青島に電話しようか悩むけど、なんか変だったし…と悶々とした後、とにかく電話をかけることに。 事情を説明すると青島はすぐに家に来てくれました。 青島がとりあえず使ってとパソコンを貸してくれたり、いつもの青島くんだとホッとしたのも束の間、青島はお礼のキスを要求してきます。 仕事をしなきゃだから…と断ると、青島は帰ると言い出しました。 雪乃は引き止めて、なんか怒ってるのかと聞くのでした。 青島くんはいじわる第16話のネタバレ! 怒ってるかと聞かれ、「どうかな?」と曖昧な返事をする青島。 はっきり言ってくれないと分からないと雪乃が伝えると、今の言葉をそのまま雪乃に言いたいんだけどと、青島は結婚で悩んでる事を藤原から聞かされたことを言いました。 そう言われた雪乃は簡単に聞けるわけないと答えました。 こんな言い方絶対ダメだと分かっているのに、もう35歳だし、青島に言ったら重たいと思われると思ったことを伝え、 年の差って大きいね…と言ってしまいます。 青島は、雪乃の手を握り、 どうして大切な人の事を重いだなんて思うのかと言います。 そして、 雪乃の気持ちや言葉を全部受け止められるくらい好きなんだと言い、信じてないのは雪乃さんの方だと言って、出て行ってしまうのでした。 突然のことで、思考がメチャクチャになってしまう雪乃。 とりあえず仕事をしようと考えますが、タカコに仕事を頑張っていれば幸せになれるとは限らないと言われた事を思い出し、 少なくとも今は仕事してる場合じゃないと気付きました。 ・・・・・ 青島を追って、雪乃は部屋着のまま出て行くと雨が降ってきてしまいました。 きっとそれは本心で、いつも向き合ってくれてたのに…とうずくまって涙する雪乃。 そこへ、傘を持った青島がやってきました。 何やってんですかと言われ、雪乃は青島に飛びつくのでした。 >> 青島くんはいじわる第15話・16話の見どころ&考察! なんか最後はいい感じでしたけど、青島くんの言葉の意味がまだ分かんないです。 青島が怒っていたっぽい?理由や、雪乃のことがすごい好きって言うのは分かったけど、「これ以上近づくことはできない」ってなんだったんでしょうか? まさか、あの言葉の意味が分からずに、このまま仲直りしちゃうのかな。 公表しておいて良かったって言ってるし、それなら近づいても問題なさそうな感じなのに、これ以上近づくことできないって意味不明ですよね。 なんで青島がそんなこと言ったのかも、のちのち説明して欲しいです! 青島くんはいじわるなど漫画を無料で読む方法 以上、『青島くんはいじわる』第15話・16話のネタバレでした。 文字で読むよりも、漫画はやっぱり絵でも読みたい…と思ったら、 めちゃコミックなら『青島くんはいじわる』の最新話まで読むことができますよ。

次の

青島くんはいじわる|第8話|ネタバレあらすじ|感想│漫画village

青島 くん は いじわる ネタバレ

【青島くんはいじわる】 あと3日で35歳になる雪乃はまさか、この歳になって9歳もの年下の男の子に振り回されることになるなんて思ってもみなかった。 「なんか・・・青島くんってイメージと違った。 」 雪乃にそう言われ、青島は 「・・・僕も。 雪乃さんといると自分がよく分かりません」 と言いました。 そう言われて戸惑う雪乃・・・ 青島のネクタイを選んでいるこの感じ、物産展で楽しんでるこの雰囲気、 まるで デートじゃないかと思いました。 ーーーーー物産展で満足のいく買い物をした雪乃は、 沢山の荷物を持って家まで送ってくれている青島に申し訳なく思います。 「・・・青島君は今日晩御飯どうするの?」 そう聞く雪乃に青島は、ほとんどいつも外食だから今日も何か食べて帰ると言いました。 「・・・そっか」 そして雪乃のマンションの前に着きました。 「ここだから」 「酔いつぶれないで下さいよ」 「気を付けます」 青島の去っていく後姿を見ながら、雪乃はどうしようと悩みます。 面倒なことはもう嫌だ。 そう思うのに・・・ 気づいたら雪乃は青島を呼び止めてました。 「あのさっ・・・ 一緒に食べない?もちろん青島君がよかったら・・・だけど」 我ながら下手な誘い方だったなと雪乃が恥ずかしく思っていると、 「・・・このまま帰されたらどうしようかと思いましたよ。 お邪魔していいですか?」 予想だにしない青島の返事に雪乃は驚きました。 そして、部屋に青島を通すと気まずい空気が流れました。 そして二人は初めて身体を重ねました・・・ 青島が雪乃の困った顔が好きみたいと言ってくるので、 雪乃はこの先不安に感じました。

次の