湯河原 お 土産。 湯河原のお土産20選!海産物や干物など、おすすめの品を選ぼう

青巒荘おすすめ 湯河原土産&御食事処

湯河原 お 土産

湯河原のおすすめ定番、人気のお土産10選 1-1 みかん(町内各農園) 湯河原のみかん。 🍊 — ペイシャン タイバニは永久不滅 peishan0521 値段 みかん狩り大人400円 子供350円など (10月上旬〜12月中旬) (購入の場合、みかんの値段は大きさなどによりさまざまです) 海にも近く温暖な湯河原では、山の斜面を利用してみかん栽培が盛んです。 たっぷりと太陽の光を浴びたみかんは甘味があり、湯河原のお土産として買い求める人が多くなっています。 時間がある場合は、町内各所の農園で食べ放題のみかん狩りを楽しむのもまた良いものです。 1-2 曽我梅林の梅酒(石井醸造) 曽我梅林の梅酒。 漬け込んでいた梅の実もいただきました。 「曽我梅林の梅酒」は焼酎で造られる一般的な梅酒ではなく日本酒で造られたもので、コクと程よい酸味が心地よい、バランスの取れた梅酒です。 梅の旨味を味わえるお土産です。 1-3 干物(魚判) 湯河原温泉のひもの屋魚判。 新鮮な干物は焼いた時にふっくらして照りも良く、美味しそうな香りが立ち上ってきます。 干物の中ではアジがポピュラーですが、キンメダイも赤く華やかで人気があります。 季節によって色々な魚の干物が出回るので、店員におすすめを聞きながら選ぶと良いです。 1-4 温泉まんじゅう(ゑふや製菓所) ゑふや本店 きび餅と温泉まんじゅうがいけてる — Katsumi Fujikawa katsfujikawa 値段 8個650円 12個960円 湯河原は古くから文人墨客が滞在したり、別荘を構えたりしている土地です。 理由の第一はやはり良質の温泉が湧き出るからでしょう。 温泉地につきものの温泉まんじゅうが湯河原にもあります。 ゑふやの「温泉まんじゅう」は、ふっくらとした生地にあっさりめの餡がたっぷり入っています。 食品添加物が使われていないので、安心して購入できます。 1-5 きび餅(小梅堂) 伊藤屋さんにいる間、藤村先生が通って買っていたという小梅堂さんのきび餅をおみやに。 シンプルなお菓子ながら、素朴で飽きのこない味でつい2つ3つと食べてしまいます。 小梅堂の「きび餅」は裏山から湧き出る天然水を利用して製造されており、上品な甘さが誰にでも好まれます。 ですので、有名な静岡茶がたくさん町内に入って来ており、それを買い求める人も多くいます。 お茶にも色々な種類がありますが、中でも「ぐり茶」はおすすめです。 ぐり茶は湯河原に近い伊豆名産の深蒸し玉茶で、特徴は茶葉がよじれていてまっすぐでないこと。 まっすぐになるよう揉んでいないので、お茶本来の旨味が残っています。 歴史を感じさせるレトロな店構えの米屋煎餅には、長年の馴染み客が本物のせんべいの味を求めてやってきます。 2度漬けの煎餅は焼くのも2度、醤油の香りとパリッとした歯ごたえがたまりません。 1-8 とろける・デ・シュー(住吉屋) 真鶴 住吉屋のとろけるデシュー クッキー生地のまんまるシュークリーム — 桜木町のパク sakupaku 値段 6個1229円など 住吉屋の「とろける・デ・シュー」は、テレビでも紹介された人気商品です。 伊豆の牛乳、富士山麓の卵、ウガンダ産のバニラビーンズなど、素材にこだわって作られたクリームはコクがあり、トロリとしてほど良い甘さです。 サクサクのクッキーシューとのコンビネーションも最高です。 甘党には間違いなく喜ばれるお土産です。 1-9 温泉グッズ(湯河原温泉観光協会) 値段 入浴剤 1袋150円 5袋入650円 温泉石鹸 1個640円 豊かな温泉資源を利用して作られた商品は、温泉保養地湯河原のお土産としてぴったりです。 湯河原の泉質は弱食塩泉・弱アルカリ性で、肌にやさしく湯冷めしにくいものです。 効能も幅広く、この入浴剤で家庭でも温泉気分が味わえます。 また、温泉石鹸は温泉水の入ったコラーゲンたっぷりのもので、美肌を助けます。 1-10 かるかん饅頭(菓匠十五夜) さっきのお菓子は湯河原温泉にある小梅堂さんにありました。 きび餅、かるかん饅頭が美味しいですよ。 かしわ餅はあと一つしか残ってなかった。 — masa ymdojo 値段 6ケ入850円 12ケ入1700円など.

次の

小梅堂

湯河原 お 土産

湯河原のおすすめ定番、人気のお土産10選 1-1 みかん(町内各農園) 湯河原のみかん。 🍊 — ペイシャン タイバニは永久不滅 peishan0521 値段 みかん狩り大人400円 子供350円など (10月上旬〜12月中旬) (購入の場合、みかんの値段は大きさなどによりさまざまです) 海にも近く温暖な湯河原では、山の斜面を利用してみかん栽培が盛んです。 たっぷりと太陽の光を浴びたみかんは甘味があり、湯河原のお土産として買い求める人が多くなっています。 時間がある場合は、町内各所の農園で食べ放題のみかん狩りを楽しむのもまた良いものです。 1-2 曽我梅林の梅酒(石井醸造) 曽我梅林の梅酒。 漬け込んでいた梅の実もいただきました。 「曽我梅林の梅酒」は焼酎で造られる一般的な梅酒ではなく日本酒で造られたもので、コクと程よい酸味が心地よい、バランスの取れた梅酒です。 梅の旨味を味わえるお土産です。 1-3 干物(魚判) 湯河原温泉のひもの屋魚判。 新鮮な干物は焼いた時にふっくらして照りも良く、美味しそうな香りが立ち上ってきます。 干物の中ではアジがポピュラーですが、キンメダイも赤く華やかで人気があります。 季節によって色々な魚の干物が出回るので、店員におすすめを聞きながら選ぶと良いです。 1-4 温泉まんじゅう(ゑふや製菓所) ゑふや本店 きび餅と温泉まんじゅうがいけてる — Katsumi Fujikawa katsfujikawa 値段 8個650円 12個960円 湯河原は古くから文人墨客が滞在したり、別荘を構えたりしている土地です。 理由の第一はやはり良質の温泉が湧き出るからでしょう。 温泉地につきものの温泉まんじゅうが湯河原にもあります。 ゑふやの「温泉まんじゅう」は、ふっくらとした生地にあっさりめの餡がたっぷり入っています。 食品添加物が使われていないので、安心して購入できます。 1-5 きび餅(小梅堂) 伊藤屋さんにいる間、藤村先生が通って買っていたという小梅堂さんのきび餅をおみやに。 シンプルなお菓子ながら、素朴で飽きのこない味でつい2つ3つと食べてしまいます。 小梅堂の「きび餅」は裏山から湧き出る天然水を利用して製造されており、上品な甘さが誰にでも好まれます。 ですので、有名な静岡茶がたくさん町内に入って来ており、それを買い求める人も多くいます。 お茶にも色々な種類がありますが、中でも「ぐり茶」はおすすめです。 ぐり茶は湯河原に近い伊豆名産の深蒸し玉茶で、特徴は茶葉がよじれていてまっすぐでないこと。 まっすぐになるよう揉んでいないので、お茶本来の旨味が残っています。 歴史を感じさせるレトロな店構えの米屋煎餅には、長年の馴染み客が本物のせんべいの味を求めてやってきます。 2度漬けの煎餅は焼くのも2度、醤油の香りとパリッとした歯ごたえがたまりません。 1-8 とろける・デ・シュー(住吉屋) 真鶴 住吉屋のとろけるデシュー クッキー生地のまんまるシュークリーム — 桜木町のパク sakupaku 値段 6個1229円など 住吉屋の「とろける・デ・シュー」は、テレビでも紹介された人気商品です。 伊豆の牛乳、富士山麓の卵、ウガンダ産のバニラビーンズなど、素材にこだわって作られたクリームはコクがあり、トロリとしてほど良い甘さです。 サクサクのクッキーシューとのコンビネーションも最高です。 甘党には間違いなく喜ばれるお土産です。 1-9 温泉グッズ(湯河原温泉観光協会) 値段 入浴剤 1袋150円 5袋入650円 温泉石鹸 1個640円 豊かな温泉資源を利用して作られた商品は、温泉保養地湯河原のお土産としてぴったりです。 湯河原の泉質は弱食塩泉・弱アルカリ性で、肌にやさしく湯冷めしにくいものです。 効能も幅広く、この入浴剤で家庭でも温泉気分が味わえます。 また、温泉石鹸は温泉水の入ったコラーゲンたっぷりのもので、美肌を助けます。 1-10 かるかん饅頭(菓匠十五夜) さっきのお菓子は湯河原温泉にある小梅堂さんにありました。 きび餅、かるかん饅頭が美味しいですよ。 かしわ餅はあと一つしか残ってなかった。 — masa ymdojo 値段 6ケ入850円 12ケ入1700円など.

次の

湯河原のお土産20選!海産物や干物など、おすすめの品を選ぼう

湯河原 お 土産

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 湯河原町の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 鉄道駅周辺• 人気のある湯河原町の観光スポット• 湯河原町の人気カテゴリ• ホテル周辺•

次の