アリス 紗良 オット 病気。 アリス紗良オット(ピアニスト)の経歴や国籍はどこ?結婚したイケメン旦那(夫)の顔画像や美人姉妹の動画も!

アリス紗良オット(ピアニスト)の経歴や国籍はどこ?結婚したイケメン旦那(夫)の顔画像や美人姉妹の動画も!

アリス 紗良 オット 病気

スポンサーリンク こんにちは、わたろうです。 なんと! アリス紗良オットさんが難病だと公表しています。 つい最近、水泳の日本のエースである、池江璃花子選手が白血病だと公表してますが、病気や難病の話題が続きますね。 アリス紗良オットさんの難病名は、【 多発性硬化症(MS)】と呼ばれています。 症状はどんなものかというと、精神的なものや体の各部位に力が入らない、目に違和感がある、痺れるといった様々な症状がでてきます。 これは大変ですね。 しかも治療をせずに放っておくと、脳が委縮して認知機能に障害を起こすようです。 集中力や記憶力、理解力が低下するという。 この機能が低下したら非常にやばいです。 この病気になる原因はまだわかっていないし、治癒が不可能といわれている病気です。 だから難病なんですね。 薬で少し症状を抑えることはできるみたいです。 今回はそんな アリス紗良オットさんについて• プロフィールや経歴!• 出身高校や大学は?• 結婚した旦那(夫)や子供は? について調べていきたいと思います。 Find out more: — Marc Cain marccain• 名前:アリス紗良オット• 読み方:ありす さら おっと• 生年月日:1988年8月1日• 年齢:30歳(2019年2月現在)• 血液型:O型• 職業:ピアニスト、デザイナー アリス紗良オットさんの経歴 アリス紗良オットさんはドイツ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフですね。 母親が音楽大学を卒業するなど音楽をしていたので、その影響で4歳の時にピアノをはじめています。 7歳のときには、ドイツ連邦青少年音楽コンクールで優勝。 その後もドイツ国内外の主要なコンクールで優勝するなど、まさに天才ですね。 2008年5月には、名ピアニストのマレイ・ペレイアの代役としてスイスのバーゼルで演奏会を行い、会場の観客が総立ちとなった素晴らしい演奏をしたとのこと。 この年に、19歳という若さでクラッシックの名門レーベルである、ドイツ・グラモフォン(DG)と専属契約を結んでいます。 また、この年にアルバムデビューも果たしてます。 その後、ドイツの音楽大学に進学。 2011年1月には、日本でリサイタルツアーを開催してます。 主な受賞歴は ・受賞ドイツ連邦青少年音楽コンクール第1位 ・スタンウェイ国際コンクール 第1位 ・イタリア・リゲッティ国際コンクール第1位 スポンサーリンク アリス紗良オットさんの出身高校や大学は? 「アリス紗良オットのインスタ」天才ピアニストが彼氏?(今田耕司)に深イイ話で生演奏【画像】 — 億速トレンド速報まとめアンテナ okutore5 アリス紗良オットさんがどこの高校や大学に行っていたのか気になりますね。 調べてみると、出身高校については公表されていないようです。 なのでわかりませんでした。 残念! ドイツに在住でしたので、小学校・中学校はミュンヘンの日本人学校に行ったとのこと。 なので高校も地元ミュンヘンの高校に行ったのだと思います。 ピアノで賞をとっていたので音楽系の学校でしょうね。 出身大学は、 モーツァルテウム音楽大学 に通っていました。 名前がモーツァルトに似た名前の大学ですね。 この学校はオーストリアのザルツブルクにあります。 モーツァルトの出身地なのでこのモーツァルテウム大学となったのでしょうね。 この学校は1841年にできた国立大学で、音楽と舞台芸術のレベルの高い大学です。 世界的に有名な音楽家も排出していますね。

次の

アリス紗良オットの病気やwiki経歴・年齢や大学は?難病でピアニスト生命の今後はどうか!

アリス 紗良 オット 病気

アリス紗良オットさんが難病であることを公表しました。 病名は 【多発性硬化症(MS)】と呼ばれるもので、 症状は、様々で精神的なものから体の各部位に力が入らない、目に違和感、痺れるなど。 治療せずに放っておくと、脳が萎縮し認知機能障害を引き起こすそうです。 ・集中力低下 ・記憶量低下 ・理解力低下 原因は今の所判明してなく 治癒不可能とされる病気。 まさに難病です。 しかし、薬を飲むことで症状を抑えることができるのです。 アリス紗良オットさんは体調不良のため病院で診察を受けたところ【多発性硬化症】と診断され、 この時、絶望感に襲われたんだそう・・・。 アリス紗良オットさんってどんな人だっけ? そんな疑問にお答えします。 アリス紗良オット プロフィール — 2018年 9月月23日午後8時53分PDT 名前:アリス紗良オット 生年月日:1988年8月1日 血液型:O型 ドイルのミュンヘン市出身のアリス紗良オットさん。 父親がドイツ人で、母親が日本人のハーフです。 職業はピアニスト。 4歳の頃にピアノを始め、7歳で音楽コンクールでグランプリ受賞するなど才能を開花させていました。 それそのはず・・・。 アリス紗良オットの父親・母親・妹とは? 母親は 梅山道子さんという方で、音楽に精通した人物でした。 梅山道子さんは、千葉県で1959年に誕生しました。 大学はもちろん音楽大学。 また音楽のためドイツ語を学んでいたのですが、講師として ライナーさんと出会い。 いつしか二人は恋に落ち、ドイツで暮らすようになったのです。 実の妹で、モナ飛鳥オットさんもやはりピアニストとして活躍されています。 モナ飛鳥オットさんは3歳年下の1991年生まれ。 ヨーロッパの権威誌『フォノ・フォルム』にて賞賛され 『フィリップ・チャイナット賞』という名誉ある賞を受賞されていました。 3人のスリーショットが公開されましたが3人とも美人であることがよくわかります。 — 2017年12月月17日午前4時49分PST 進学した大学は オーストリアの名門の音楽学校で、 ザルツブルク・モーツァルテウム大学で学びます。 1841年に創設されこれまでに輩出した著名人は数しれず。 弱冠19歳という若さでクラシックの名門 レーベル! 『ドイツ・グラモフォン DG 』と専属契約を結ぶんでいます。 アリス紗良オットの活躍とこれから 2010年には『クラシック・エコー・アワード2010』で ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーに選出。 今後も前向きに 多発性硬化症という病気と向き合い音楽活動を続けて行くことを誓っております。

次の

アリス紗良オットの身長や年齢は?彼氏と結婚は?妹の可愛い画像!

アリス 紗良 オット 病気

ピアニストのアリス=紗良・オットが多発性硬化症 世界的に活躍する女性ピアニストのアリス=紗良・オット(30)が15日、公式ホームページを更新し、多発性硬化症と診断されたと明かした。 「ここ最近、体調を崩しコンサート活動にも影響が出てしまい、お気づきになり、不安に思われた方もいらっしゃることかと思います」とファンに心配を掛けたことを謝罪し、「私は、いくつかの検査を受けた結果、今年の1月15日に多発性硬化症と診断されました」と記した。 「昨年、初めて医師から多発性硬化症の疑いがあると言われた時は、私の世界は崩れ、次から次へと続く検査の間、恐怖、パニック、そして、絶望感に襲われ続けました。 この診断は、何を意味するのか? 私の人生に、私の仕事にどんな影響を及ぼすのか? それ以降、多発性硬化症という病気がどういうものか、また、及ぼす影響について調べる事に沢山の時間を費やし、いろいろな医師の助言も受けてきました。 最新の情報と知識のすべてから、私がいかにこの病気を間違って理解していたかに気付かされました」という。 ~省略~ 闘病生活に入るが7月の日本公演は予定通りに行うという。 アリスは95年にドイツ連邦青少年音楽コンクールで優勝。 15年に発売したアルバム「ショパン・プロジェクト」は英国の公式クラシック音楽チャートや25カ国のiTunesチャートで1位を獲得するなど世界的に活躍をしている。 今日は私の個人的なお知らせをさせて下さい。 ここ最近、体調を崩しコンサート活動にも影響が出てしまい、お気づきになり、不安に思われた方もいらっしゃることかと思います。 私は、いくつかの検査を受けた結果、今年の1月15日に多発性硬化症と診断されました。 昨年、初めて医師から多発性硬化症の疑いがあると言われた時は、私の世界は崩れ、次から次へと続く検査の間、恐怖、パニック、そして、絶望感に襲われ続けました。 この診断は、何を意味するのか? 私の人生に、私の仕事にどんな影響を及ぼすのか? それ以降、多発性硬化症という病気がどういうものか、また、及ぼす影響について調べる事に沢山の時間を費やし、色々な医師の助言も受けてきました。 最新の情報と知識のすべてから、私がいかにこの病気を間違って理解していたかに気付かされました。 多発性硬化症は、中枢性脱髄疾患の一つで、人によって違う症状が現れる自己免疫疾患の病気です。 現在において治癒は不可能な病気ですが、ここ何年かに亘る医学の進歩によりこの病気に罹った多くの人が殆ど障害なく日常生活を送ることが可能になりました。 私が今立たされている現状を自分自身でより詳しく把握できるまで少し時間がかかると思います。 また、困難な状況に立ち向かわなければならない多くの機会に接することと思います。 しかし、私に適した治療法、それに合わせて適正なバランスのとれた生活を見出し、これからも今までのような生活を続けていけることができると強く確信しています。 これからも、予定されているシーズンのコンサート活動へ意欲を持って臨みます。 皆様にこの病気をお知らせするのを決心することは、容易な事ではありませんでした。 しかし、正しい道だと信じています。 多発性硬化症は世間で最も多く間違って認識されている病気の一つであり、公表し隠さず病気と向かい合うことにより同じくこの病気に罹っている方(特に若くして罹患され病気に直面されている方)に少しでも同じく勇気を与えることができたら、という思いからも決心しました。 カミングアウトすることは、弱さでは無く己の環境と進む道を勇気付けていくものだと思います。 ここ数ヶ月の間、多くの理解をいただき身近で勇気づけ支えて下さった方々への感謝の気持ちは計り知れません。 私の病気を知りショックを受け感情を耐えるのでだけさえとても大変なことであったと思いますが、それ以上に私の健康状態のことで周りから質問責めに遭われ、大変ご迷惑をかけてしまいました。 このように私の現状を説明させていただくことで、色々な誤解を解きご安心頂けたらという思いがあります。 また、ご理解いただけることを強く願っています。 時に人生は人を思いがけない道へと誘い込み、今、私はその新しい道の入り口に立っています。 そこから最善を尽くすかどうかは自分自身にかかっている、と私は信じています。 アリス アリス=紗良・オットの勇気ある決断と強い心に、深い敬意を表します。 これからも私たちは、アリスの演奏活動を全力でサポートしてまいります。 言葉がないです。 =紗良・オット — UchinoHaruhito 内野晴仁 uchinoharuhito ピアニストのアリス=紗良・オットさん、多発性硬化症。 一度仕事をご一緒させていただいたことがある。 言葉もない。 何か言葉以外に応援できることはあるのだろうかと調べたら、「日本多発性硬化症協会」が寄付を受け付けていた。 させていただこう。 — さとなお satonao310 リスト ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 アリス・紗良・オット 美人さんでこれからなのに・・・ 病気はやだなぁ〜 — 吉原大門 yoshiwaraomon 難病を告白された勇気に感動しました。 これまでライブに何度も行き、美しいピアノ演奏に癒されてきました。 病との長い闘いになるでしょうが、回復を祈ってずっと応援していきます。 裸足で登場、魂揺さぶられる様な強烈な演奏で最初から最後まで釘つけでした。 忘れられません。 本当に素晴らしいピアニスト! また絶対聴きたいです! 復活待っています!! — くうみみ kuumimi3 また佳人が。。。 最良の治療法が必ず見つかりますように。 アリスさんを愛するみんなの気持ちが届きますように。 — タクちゃん chinnanapoun 神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 ~省略~ さまざまな説が唱えられているが未だ原因は不明である。 このうち遺伝、自己免疫、ウイルス(特にエプスタイン・バール・ウイルス(EBウイルス)などの感染の可能性が高いと考えられている。 この病気について調べてみても、いまだに分かっていないことが多い 謎の病であることが分かるけど、まさに、 極めて繊細で精密な感覚が求められる「ピアニスト」として生きている彼女にとって、この病の診断を下された時のショックというのは、常人では計り知れないほどのものがあっただろう。 現在の世界的なピアニストとしての地位を確立することができたのも、 (多くの人がうかがい知れないほどの)小さい頃からの努力と地道な練習があってのことだろうし、ボク自身、これまでも彼女の繊細かつ包容力溢れる演奏に何度も感動してきただけに、 この状況を上手く表現できる言葉が上手く見つからないような状況だ。

次の