ひで じい 戦争。 ブックリスト「日本の戦争えほん」|岩手県立図書館

ひでじぃ

ひで じい 戦争

花輪クンのうちの執事のヒデじいが夏バテで寝込んでしまい、まる子とたまチャン、はまじ、永沢くんがお見舞に行く話です。 そのお見舞の席で、花輪クンがヒデじいの過去をみんなに語りはじめるのです。 ヒデじいはなんと、この花輪家に45年も勤めているのです。 花輪クンのおじいさんに使えていたのです。 そのおじいさんは弁護士兼大地主でした。 私の想像ではヒデじいは弁護士おじいさんの秘書兼執事兼代書屋みたいな存在だったようです。 23歳で大学を卒業したばかりの春、この家にやってきました。 さくらももこが私より17歳下で、まる子はももこだと考えると、小学3年生であるのは昭和50年になります。 そうするとヒデ23歳というと昭和5年のこととなります。 93話では、ヒデとトシ子さんという女性との恋が少し語られます。 なんと若き日のおヨネばあさんも出てきます(でも、このおヨネさんが登場したのは漫画では初めてのことです。 おヨネばあさんは2世帯住宅のコマーシャルでまる子と友蔵といっしょに出ていた)。 さてこの恋がどうなるのかが94話の回になります。 ちょうど日本はまさしく戦争への道をひた走っている時代です。 いったいどうなるのでしょうか。 私はこのヒデじいのような人が一番好きになれるのです。 きょうのことしか考えずひたすら自分の仕事をもくもくとやりとげようと努力しているヒデじいというような感じがしているのです。 さて94話では、ヒデはトシ子さんと結婚します。 トシ子さん20歳のときの写真を見て、とても美人なのでみんな声をあげます。 昭和6年に春にはヒデ夫婦に娘が生まれます。 「春子」と命名します。 この春子はこのまる子たちが生きている昭和50年(計算するとそうなるはず)には、もう43、4歳になっています。 春子は元気に 素直に すくすく大きくなっていった ヒデはとても幸せであった とし子「ほら おとうさんよ おかえりなさい」 ヒデ「ただいま」 愛する妻と可愛い子供に囲まれて平和な日々をすごしていた ところが、やはりこの昭和は戦争の時代であるわけです。 幸せなヒデ家族の姿を思い浮かべていたまる子やたまちゃん、はまじ、永沢くんも、この「戦争」という言葉に茫然としてしまいます。 昭和18年 ついに ヒデのもとへ赤紙が届く ヒデ37歳 妻32歳 「とし子 今までありがとう」 「春子 おかあさんの言うことをよくきくんだよ」 娘春子は11歳であつた ヒデは南方戦線に出征したようです。 島で若い戦友と二人で敵陣に迷い込んでしまいます。 この光景はちょうど大岡昇平「野火」「俘虜記」を読んでいるような気になります。 米兵に見つかって「ホールドアップ」をかけられ、死を覚悟しますが、その米兵が地雷に触れて倒れてしまいます。 その米兵も死ぬ直前に写真の恋人か妻に別れを告げています。 Good……bye Mary…I love you forever もうヒデもこの死んだ米兵も誰も戦争の意味なんて分かっていません。 はやく終ってくれればいいのです。 ただここらへんの描き方は、著者の思い入れなのだなと思いました。 ヒデには戦争が終るのがもうそろそろだということが分かっているようです。 これにはまた違う思いもあるように思います。 戦争が無意味だとか、いつ終わるとか何にも疑問を抱かなかった若者が大勢いたように思うのです。 やがて戦争が終り、ヒデの死を覚悟していたトシ子と春子のもとに帰ってくることができました。 おそらく多くの日本人と同じく、これからヒデはまた懸命に働いていくことになったのでしょう。 まる子「よかった ヒデじいはもうずっと家族みんなでいられるんだね 一生はなれないで」 ヒデじい「さくらさん 一生はムリですよ 娘は16年前に嫁に行きましたし 妻は10年前に亡くなりました」 トシ子は「幸せでした ありがとう」といって亡くなりますが、もうヒデは生きる希望を無くしてしまいます。 そのときにヒデを救ってくれたのが、花輪クンの誕生でした。 ヒデは花輪クンの世話役をたのまれることことにより、生きる目的と希望をもっていくのです。 花輪クンの誕生を 私を助けてくれる天使が現れたのです とまでヒデじいはいうのです。 このことは花輪クンも始めて聞く話のようです。 花輪クンは誰も見えないように涙をこぼします。 あのキザな花輪クンにもこうしたシーンがあるときがあるのです。 ただし彼はそうした自分の姿を友だちにはけっしてみせようとしません。 こうしておっちょこちょいのはまじも、暗い永沢くんも、みんなヒデじいの話を聞いていきます。 どんな子どもにも判ることっていくらでもあるのだと思います。 子どもたちに大人が出逢ったさまざまなできごとを教えていくのはいいことなのだと思いました。 また花輪クンとヒデじいが出てくる時に、まる子たちも私たちも優しい気持で見つめていくことができるように思います。 (1994. 08).

次の

ヨーロッパ86日目 オルレアンとロワール川: ひでじいの定年わくわく旅行記

ひで じい 戦争

沖縄戦で看護要員として動員され亡くなったひめゆり学徒隊の鎮魂のための慰霊碑。 慰霊碑の前には当時の塹壕跡が見える。 米軍のガス弾攻撃で壕内にいたほとんどの人が亡くなられた。 併設の資料館では、戦場での活動の様子や学徒の持ち物、生存者の証言映像や手記などを通して沖縄戦について学べる。 沖縄平和祈念公園。 糸満市。 沖縄戦最後の地上戦の激戦地だった摩文仁(まぶに)の丘に造られた広大で美しい公園。 3ヶ月にも及んだ戦闘は1945年6月23日に終了。 米軍と旧日本軍および民間人を合わせた地上戦の戦没者は24万人あまり。 沖縄の悲しい歴史を知り、静かに平和を祈りたい。 沖縄県平和祈念資料館。 日本で唯一、地上戦が行われた沖縄。 戦後70年の本年、戦争の悲惨さ、愚かさ、残酷さを改めて思い知らされました。 戦争の教訓と平和への願いを次世代に伝える貴重な資料館です。 沖縄平和祈念堂。 恒久平和と戦没者の追悼の象徴として建設。 世界に向けて恒久平和への思いを発信する祈りの場所です。 玉泉洞。 おきなわワールド。 30万年の年月が創り上げた大自然の造形美。 鍾乳石の数は100万本以上で日本最多。 全長は5000mで国内最大級。 現在890mを公開。 天然記念物。 玉泉洞・白銀のオーロラ。 玉泉洞はサンゴ礁から生まれた大鍾乳洞。 玉泉洞・地煙の滝。 鍾乳洞の中に大きな滝が……..。 神秘的な地底の世界が広がっている。 南国の花・ハイビスカス。 沖縄はこの時期ハイビスカスが咲き誇っています。 おきなわワールドは大鍾乳洞のほか、様々な工芸体験、勇壮な演舞のエイサーやハブのショー、博物館、熱帯フルーツ園など1日中遊べるテーマパークで沖縄の魅力を凝縮した多彩な施設が集合している。 琉球ガラス工房・おこなわワールド。 沖縄の海を移したような青や緑、伝統の朱色など多彩なカラーと形が特徴の琉球ガラス。 戦後、アメリカ軍の基地で捨てられたコーラの空き瓶を再利用して作られた。 琉球ガラスの制作体験ができる。 よく見るとガラスに気泡が入っている。 作る工程で入りやすい気泡が、かえって再生ガラスの独特の味わいになっている。 廃品を工芸品に変え、気泡が入っても気にせず製品化してしまう「なんくるないさー」の精神。 亜熱帯性気候からくる沖縄人の柔軟性というか、おおらかさというか、したたかさというか、それとも伝統を受け継ぎながらも新しいものを積極的に取り入れる進取性といったらいいのだろうか。 本土に比べてこれといった工業製品も製造していない沖縄では、そういう生き方をしなければ生き残れないという厳しい現実があるのかも知れない。 そんな沖縄が魅力を発信し続ける理由を垣間見る思いがする。 脱線するが「なんくるないさー」は「何とかなるさ」という楽観的な見通しじゃなく、正しくは「くじけず努力すれば、いつか良い日が来る」という意味だそうだ。 築100年以上の赤瓦の美しい琉球古民家を移築して昔の町並みを再現。 屋根の上に乗っているのは守り神のシーサー。 おきなわワールド。 エイサー広場では毎日エイサーに琉球舞踊などを組み込んだショー仕立ての、質の高い迫力あふれるパフォーマンスが行なわれているが残念ながら写真撮影はできない。 沖縄陶器。 沖縄の焼き物は「ヤチムン」といいます。 素朴で温かみのある風合いが特徴。 生活用具なのに芸術性も高く、人間国宝の陶工も出ている。 ここでは屋根や門柱に置かれるシーサー作りも体験できます。 琉球藍染め。 山原(やんばる)の山間部で育つ琉球藍草という植物を原料とした染め物。 やんばるは沖縄本島北部のこと。 沖縄の海のように神秘的な深いブルーが魅力的。 また紅型(びんがた)を代表とする染め物は琉球伝統工芸の華です。 沖縄ワールドではその他、様々な伝統工芸の制作体験ができる。 琉球漆器。 透明感のある朱、深みのある黒、そしてあでやかな紋様が特徴の琉球漆器。 献上品として最上といわれたほどの高い技術と芸術性を秘めている。 14世紀末、広大な海をものともせず、中国・朝鮮・日本・東南アジアとの交易に乗り出していった雄飛の気概、持ち帰った先進文化を琉球風に取り入れたしなやかさ、その発展を後押しした王府の先見性、そして土壌となった独特の風土。 焼物、染織物、漆器など、あるものは素朴、あるものは華やか。 こうして多彩で優れた伝統工芸が生まれたという。 素朴な工芸品なのに美術品としての価値も高い。 それが沖縄の伝統工芸品なのかもしれない。 三線(さんしん)。 琉球音楽の基礎となった中国伝来の三線。 胴の部分はニシキヘビの皮で作られています。 現代では古典音楽や民謡のほか、ポップスやクラブミュージックなど様々なジャンルで用いられています。 この三線をはじめ、音楽を視覚でも楽しませる琉球舞踊、先祖の霊を供養するエイサー、沖縄を発祥の地として世界に広がっていった空手など、この小さな島にこれだけの芸能が根付いたことに驚くばかりです。 現在日本の芸能界でたくさんの沖縄出身者が活躍している背景には濃密な芸能文化があるからなのかもしれない。 沖縄には宮廷芸能と民俗芸能の2つがあった。 かつて中国、朝鮮、日本、東南アジア諸国と広大な中継貿易圏を持っていた琉球はそれぞれの国の音楽や芸能文化を吸収し、独自の芸能文化を育んでいったという。 首里城王府内には中国皇帝の使いを歓待するために「踊奉行」が設置され、宮廷舞踊は王府の庇護を受け発展、質の高い芸能を生んだ。 芸能は政治、外交、宗教行事でも大切な役割を果たす。 王府が発信源となり、さらにそれが一般に普及し、庶民の日常生活を彩るようになっていった。 一方庶民の生活から生まれた民俗芸能。 その代表格がエイサーだ。 元々は旧盆の夜に青年男女が集落を踊りめぐって、無病息災、家内安全、先祖供養などをしたのが、豊年祭と合わさって獅子舞、舞踊、棒踊りなどが披露されるようになったのだという。 宮廷舞踊「舞への誘い」は首里城公園で何と無料で観ることができる。 水・金・土・日と休日で1日3回の30分公演。 首里城見学はこれに合わせて行くほうがいいと思います。 有料だが「国立おきなわ劇場」でも観劇できる。 沖縄には県立の芸術大学もあり、伝統の工芸や芸能の振興に県をあげて力を入れていることがうかがえる。 斎場御嶽(せーふぁうたき)。 世界遺産。 南城市。 2つの巨石がもたれ合う三庫理(サングーイ)。 2つの鐘乳石と三角形の空間の突き当り部分は、それぞれが拝所となっている。 琉球王国最高神職の即位儀礼が行われた琉球王国最高の聖地で斎場御嶽のシンボル。 凛とした厳かな空気が漂う。 食事しながら島唄ライブを鑑賞できる居酒屋・地酒横丁。 民謡、島唄ポップス、昭和歌謡……三線の音色に合わせて一緒に歌ったり、踊ったり……ユーモアを織り交ぜた愉快なトークでも存分に楽しませてくれました。 最後のカチャーシー 沖縄の伝統的な踊り)は見るだけでなく参加すべし!全員で盛り上がりました。 踊り方は自由。 でも基本的には男性が手をグー、女性が手をパーにして踊る。 プチプチの食感がたまらない沖縄特産の海ぶどう丼と沖縄の地ビール・オリオンビール。 沖縄を代表するビールで、沖縄では大人気の銘柄。 ライトな飲み口で爽快感がある。 4日目に続く……….

次の

バトル・ルネッサンス3.5中期追加分攻略:ひでじいのメモ帳

ひで じい 戦争

花輪クンのうちの執事のヒデじいが夏バテで寝込んでしまい、まる子とたまチャン、はまじ、永沢くんがお見舞に行く話です。 そのお見舞の席で、花輪クンがヒデじいの過去をみんなに語りはじめるのです。 ヒデじいはなんと、この花輪家に45年も勤めているのです。 花輪クンのおじいさんに使えていたのです。 そのおじいさんは弁護士兼大地主でした。 私の想像ではヒデじいは弁護士おじいさんの秘書兼執事兼代書屋みたいな存在だったようです。 23歳で大学を卒業したばかりの春、この家にやってきました。 さくらももこが私より17歳下で、まる子はももこだと考えると、小学3年生であるのは昭和50年になります。 そうするとヒデ23歳というと昭和5年のこととなります。 93話では、ヒデとトシ子さんという女性との恋が少し語られます。 なんと若き日のおヨネばあさんも出てきます(でも、このおヨネさんが登場したのは漫画では初めてのことです。 おヨネばあさんは2世帯住宅のコマーシャルでまる子と友蔵といっしょに出ていた)。 さてこの恋がどうなるのかが94話の回になります。 ちょうど日本はまさしく戦争への道をひた走っている時代です。 いったいどうなるのでしょうか。 私はこのヒデじいのような人が一番好きになれるのです。 きょうのことしか考えずひたすら自分の仕事をもくもくとやりとげようと努力しているヒデじいというような感じがしているのです。 さて94話では、ヒデはトシ子さんと結婚します。 トシ子さん20歳のときの写真を見て、とても美人なのでみんな声をあげます。 昭和6年に春にはヒデ夫婦に娘が生まれます。 「春子」と命名します。 この春子はこのまる子たちが生きている昭和50年(計算するとそうなるはず)には、もう43、4歳になっています。 春子は元気に 素直に すくすく大きくなっていった ヒデはとても幸せであった とし子「ほら おとうさんよ おかえりなさい」 ヒデ「ただいま」 愛する妻と可愛い子供に囲まれて平和な日々をすごしていた ところが、やはりこの昭和は戦争の時代であるわけです。 幸せなヒデ家族の姿を思い浮かべていたまる子やたまちゃん、はまじ、永沢くんも、この「戦争」という言葉に茫然としてしまいます。 昭和18年 ついに ヒデのもとへ赤紙が届く ヒデ37歳 妻32歳 「とし子 今までありがとう」 「春子 おかあさんの言うことをよくきくんだよ」 娘春子は11歳であつた ヒデは南方戦線に出征したようです。 島で若い戦友と二人で敵陣に迷い込んでしまいます。 この光景はちょうど大岡昇平「野火」「俘虜記」を読んでいるような気になります。 米兵に見つかって「ホールドアップ」をかけられ、死を覚悟しますが、その米兵が地雷に触れて倒れてしまいます。 その米兵も死ぬ直前に写真の恋人か妻に別れを告げています。 Good……bye Mary…I love you forever もうヒデもこの死んだ米兵も誰も戦争の意味なんて分かっていません。 はやく終ってくれればいいのです。 ただここらへんの描き方は、著者の思い入れなのだなと思いました。 ヒデには戦争が終るのがもうそろそろだということが分かっているようです。 これにはまた違う思いもあるように思います。 戦争が無意味だとか、いつ終わるとか何にも疑問を抱かなかった若者が大勢いたように思うのです。 やがて戦争が終り、ヒデの死を覚悟していたトシ子と春子のもとに帰ってくることができました。 おそらく多くの日本人と同じく、これからヒデはまた懸命に働いていくことになったのでしょう。 まる子「よかった ヒデじいはもうずっと家族みんなでいられるんだね 一生はなれないで」 ヒデじい「さくらさん 一生はムリですよ 娘は16年前に嫁に行きましたし 妻は10年前に亡くなりました」 トシ子は「幸せでした ありがとう」といって亡くなりますが、もうヒデは生きる希望を無くしてしまいます。 そのときにヒデを救ってくれたのが、花輪クンの誕生でした。 ヒデは花輪クンの世話役をたのまれることことにより、生きる目的と希望をもっていくのです。 花輪クンの誕生を 私を助けてくれる天使が現れたのです とまでヒデじいはいうのです。 このことは花輪クンも始めて聞く話のようです。 花輪クンは誰も見えないように涙をこぼします。 あのキザな花輪クンにもこうしたシーンがあるときがあるのです。 ただし彼はそうした自分の姿を友だちにはけっしてみせようとしません。 こうしておっちょこちょいのはまじも、暗い永沢くんも、みんなヒデじいの話を聞いていきます。 どんな子どもにも判ることっていくらでもあるのだと思います。 子どもたちに大人が出逢ったさまざまなできごとを教えていくのはいいことなのだと思いました。 また花輪クンとヒデじいが出てくる時に、まる子たちも私たちも優しい気持で見つめていくことができるように思います。 (1994. 08).

次の