アイコス サービス ステーション と は。 穴場?アイコスサービスステーションの場所と販売状況!

アイコスが故障したらどうする?新品交換や無料修理、対応方法まとめ

アイコス サービス ステーション と は

こんにちは、バラエティ雑貨 ハッピーパッチです。 今日ちょっと所用でお出掛け。 ついでにアイコス IQOS サービスステーションに行ってみるかと思って行ってみました。 ここでも紹介しているようにオイラが持っているアイコス IQOS は黒。 ってか正式にはネイビーって言うんですかね、でもどう見ても黒です。 で、白が必要になったのですよ。 なぜ必要になったのかは まだ内緒ww そのうち、このブログを読んで頂ければわかると思いますと、次回以降に早速引っ張ってみる。 で、アイコス IQOS ストアを探すと全然ないんですね。 取扱店はやたらあるけど、アイコス IQOS ストアは原宿以外にあるのを知らない。 地元横浜でも無いみたい。 あるのは、アイコス IQOS サービスステーションと取扱店。 会社の隣のファミマでも取り扱っている。 で、アイコス IQOS サービスステーションにちょっと寄ってみる。 おお、ここだと、探し当てると なんだよ、閉まってるし・・・。 で、ここに置いてある自販機には、アイコス IQOS のヒートスティックは無かった。 あってもいいんじゃないの? なんて思っちゃいました。 結局、駅の売店でアイコス IQOS の白を買った。 読んで頂き、有難うございました。 では、また。

次の

アイコスを北海道で販売しているのはコチラ

アイコス サービス ステーション と は

アイコスが発売開始されてから、 機械の故障や使い方の質問を受けつけたり、 使用方法のレクチャーまで、きめ細かいサポートが必要でした。 そのアイコスユーザーの大半のサポートを行ってきたのは「IQOS サービス ステーション」 (現在は全国で62店舗のたばこ店) です。 現在は、多くの小売店など使用方法の説明を受けることなく、アイコスキットを購入されるユーザーが増えてきました。 そのため、日々のメンテナンス方法が分からず、一箱を吸い終わる毎にクリーニングをしなかったり、加熱ブレードを折ってしまったり、 ネットで横行する素人記事を参考にして故障したり などして、IQOS サービスステーションに駆け込む人が未だ絶えない状況です。 せっかくのスモーキングタイムをエンジョイするために「クリーニングは必須」ということを強調させてください。 アイコスの発売当初、お客様にお勧めしていたのはエタノールを使用した清掃でした。 しかし、エタノールや水道水を使って清掃を繰り返し、付属のクリーニングブラシで清掃をしているとブレードが折れる確率が非常に高くなります。 その原因は金属腐食(サビ)が起こってしまうためです。 当店ではクリーニングに Clew(クリュー)をおすすめしている理由がこの金属腐食が起こらないというのが第一です。 またヤニの臭さも軽減できます。 つまり「故障の原因が激減し、購入当初の味が蘇る」これが一番強調したいところです。 掃除の目安としては1箱吸うごとにメンテをする、わずかの手間ですよ。 掃除をしなかった場合、ブレードの根本にタバコカスやヤニが溜まっていき、充電器の蓋が閉まらなくなるという故障も販売当初頻発しました。 もちろん、溜まったヤニでタバコの味も変わってしまいます。 私達サービスステーションはアイコスキットを販売するときも、こうしたメンテもきちんと説明させて頂いております。 つまり売りっぱなしにはしていません。 お客様に責任をもって説明し快適に使って頂きたいからです。 私どもは、 Clewのメーカーから化学論文や医療臨床試 験 、 金属腐食試験など、 公的 検査 資料 を確認させて頂き、店頭での扱いを決めました。 理由は洗 浄剤 選びをする際の「お客 様 の安全性を確かめたかった」からです。 加熱吸引して使用するアイコスは 350度もの高熱でヒートスティックを燃 焼 させます。 同時にクリーニング時に使用する 残 留物質をも吸い込こんでしまう事になります。 医療関係者からのヒヤリングによると、特に肺の毛細血管から化学物質は吸 収 しやすいため、人体への安全性が確認されていないクリーニング 剤 は非常に危 険 です。 洗 浄剤 の中に界面活性 剤 や水酸化ナトリウムなど体に影響のある合成物質がある場合、血液の溶血や脂肪塞栓症などになる可能性があるということです。

次の

アイコスを北海道で販売しているのはコチラ

アイコス サービス ステーション と は

こんにちは、バラエティ雑貨 ハッピーパッチです。 今日ちょっと所用でお出掛け。 ついでにアイコス IQOS サービスステーションに行ってみるかと思って行ってみました。 ここでも紹介しているようにオイラが持っているアイコス IQOS は黒。 ってか正式にはネイビーって言うんですかね、でもどう見ても黒です。 で、白が必要になったのですよ。 なぜ必要になったのかは まだ内緒ww そのうち、このブログを読んで頂ければわかると思いますと、次回以降に早速引っ張ってみる。 で、アイコス IQOS ストアを探すと全然ないんですね。 取扱店はやたらあるけど、アイコス IQOS ストアは原宿以外にあるのを知らない。 地元横浜でも無いみたい。 あるのは、アイコス IQOS サービスステーションと取扱店。 会社の隣のファミマでも取り扱っている。 で、アイコス IQOS サービスステーションにちょっと寄ってみる。 おお、ここだと、探し当てると なんだよ、閉まってるし・・・。 で、ここに置いてある自販機には、アイコス IQOS のヒートスティックは無かった。 あってもいいんじゃないの? なんて思っちゃいました。 結局、駅の売店でアイコス IQOS の白を買った。 読んで頂き、有難うございました。 では、また。

次の