口達者 類語。 「胸先三寸」の意味とは?「胸三寸」が正解?類語、使い方や例文を紹介!

季語/浮人形(うきにんぎょう)を使った俳句

口達者 類語

「饒舌」の意味と漢字表記 「饒舌」の意味は多弁でおしゃべりなこと 「饒舌」とは「多弁でおしゃべりなこと」という意味を持ちます。 口数が普通の人より多く、非常によくしゃべることを表します。 「饒舌」の「饒」には「豊か」「肥沃」という意味があり、「舌」は「話す」「言葉」という意味があります。 この二つの漢字が合わさって「豊かに話す」「肥沃な言葉」となり、「話が多い」「口数が多い」という意味として「饒舌」が使われるようになりました。 「饒舌」の漢字は「冗舌」とも表記 「饒舌」には別の漢字表記「冗舌」があります。 「饒舌」の「饒」は常用漢字ではないため、同じ音読みを持つ「冗」が起用された背景があります。 そのため「饒舌」でも「冗舌」でも、漢字表記に関してはどちらも正しい表記となります。 「饒舌」の使い方と例文 「饒舌」は褒め言葉として使われない 「饒舌」は多弁やおしゃべりという意味がありますが、あくまで「たくさんしゃべる」ということです。 おしゃべりには「口が軽く、余計なことまでぺちゃくちゃと話す」という意味が含まれているため、「饒舌」は相手への褒め言葉としては適切ではありません。 たとえば、会議やミーティングの進行役をした同僚に、「饒舌だった」と褒め言葉の意図でコメントをしたとすれば、同僚は「余計なことをしゃべりすぎたかな?」と反省してしまうでしょう。 また、嫌味な発言だと誤った解釈を招いてしまうかもしれません。 「饒舌」は能率的に話すという意味は薄い 「饒舌」は、講談や大学の授業などで「長く多く話す」というニュアンスとはややかけ離れています。 ここで注意したいのは「口数が多いが、目的をもった充実した内容をしゃべる」「重要で有益なことをわかりやすくしゃべる」という意味で「饒舌」を使わないようにすることです。 「饒舌」は、相手にわかりやすく明確に能率的に話すことを意味する「雄弁」「流暢」「達弁」などの表現とは異なります。 違いを理解して、適切に使い分けをしていきましょう。 「饒舌」を使った例文• 会場を盛り上げる努力は認めるが、ちょっと饒舌が過ぎたような気もする。 同僚がばらまく噂話は、まさに饒舌から生まれた結果だと言えよう。 口数が減らない娘に「まあ、饒舌なお子さんだこと」と、近所の人から嫌味を言われた。 饒舌なのも良いが、口は災いの元と言われることも忘れないようにしてね。 まとめ 「饒舌」は「じょうぜつ」と読み、意味は「多弁でよくしゃべること」となります。 「饒舌」の「饒」が常用漢字ではないため、代わりに「冗舌」とも表記することもあるので覚えておきましょう。 「饒舌」は多弁という意味合いに加えて、ぺらぺらと余計なこともしゃべってしまうというニュアンスを含む言葉です。 そのため「雄弁」や「達弁」のように、いくら話し上手でも褒め言葉として機能することはあまりありません。 饒舌な人は時として魅力的に見えることもあります。 しかし、秘密やプライベートをうっかり公言してしまうこともあるため、話す内容にはちょっとだけ気を付けた方が良いでしょう。

次の

「胸先三寸」の意味とは?「胸三寸」が正解?類語、使い方や例文を紹介!

口達者 類語

者の例文検索・用例の一覧• 505号室の患者さんの具合はどうですか。 社運を賭けた事業の責任者に選ばれる。 富士山は世界遺産に認定され、登山者数は急増した。 科学者の新たな発見だった。 不可解な現象に科学者が挑む• 未来の科学の扉を開く、若い科学者たち。 近頃の若い者は・・・といつの時代も酷評れるものだ。 当事者の双方が納得いく条件である。 司会者には息の掛った者ばかりが起用される• 中立公正を欠く者はジャーナリストとは呼べない• 司会者ともあろうに、気に食わない者には暴言を吐く。 人気司会者の登場で、会場が沸いた。 開拓者は荒野を耕し、田畑を作った• 研究者は論文を書くのが仕事• 中小企業が後継者不足によって廃業する可能性• 第三者委員会の結論が出る• 幸い今のところ死亡者は出ていません• お子様連れの方から高齢者まで• 生死をさまよう患者• 被災者の生活の立て直し• 一部を消費者が負担• 業務に携わっている実務者• 事業者を買収すると発表• 関係者の証言• 関係者が一堂に会する• 記者団の取材に応じる• 業者との随意契約• 選挙結果は有権者の判断• 漁業者らと懇談• 希望者がさらに増加• 患者が医療機関を利用した• 患者さんにメリットがある• 高齢者の健康• 担当者へご報告いたします• 介護保険のサービス担当者• 患者さんの家族• より良い医療者を目指したい• 患者さんに接する• 患者さんとは直接会わない• 利用者向けに無償公開• サービス業の労働者• 上級者向けの一眼レフカメラ• 希望者が殺到している• 関係者に多大な迷惑をおかけした• 世界の第一人者を招く• 聖職者による虐待事件• 公共施設で責任者を務める• 見る者を魅了している• アルコールや薬物の依存症患者• 参加者を募っている• 保護者の孤立• 事業者で連携• 来園者の目を楽しませている• 関係者は驚いている• 行方不明者を捜す• 利用者の落ち込み• 大勢の入園者• 関係者が証言• 口先だけ達者• 身分の低い者• 学ぶ者の心構え• 他者に対する思いやり• 敵対する者• 一見すると健常者• 不特定多数の者• 経営者の視点• 勝者との対戦• 三者凡退で終えた• 記者会見に注目が集まりそうだ• 最大の犠牲者は国民• 欧州への旅行者が増加している• 大勢の記者たちに囲まれる• 次のいずれかに該当する者• 海外からも労働者を受け入れる• 経済学の研究者• 危険な運転をする者は免許証を返納しなさい• プロテスタントの信者• 当事者の立場を理解• 業界の関係者たち• 後継者の育成に苦労している• 読者の混乱を招いた• 所有者は非常に限られた数• 利用者の裾野が大きく広がる• 読者を減らす• 感染者数は大幅に減少• 事情に詳しい研究者• 彼女は口達者だ• マフィアは、情報提供者を始末した• 単独で妻帯者と食事をするのは、やや不適切である• 二者間条約• 彼は、後継者になるように息子を訓練している• 泥棒は、傍観者の気を散らした• 著者は、彼のすべての友人に本の宣伝文を書かせた• 私たちは出席者全員について問い合わせを行った• 私の医者は、私が服用する薬の決定権を持っている• 洗練されたバイオリン奏者• 彼女の前任者の型の指導者• 頭蓋骨の発見は古生物学者を釘付けにした• 飽きて関心のなくなった旅行者は、彼が池のように横断した海に注意を向ける• 我々は、爆弾攻撃の大部分の犠牲者を救い出した• 学校外における若者に対する機会• 濃厚細胞は、循環系にあまりにたくさんの流体を詰め込み過ぎるのを避けるために、重度の貧血患者に与えられる• 彼はあまりの苦悩に苦しめる者たちを殺したいと思った• 左翼系の新聞の編集者は、新任の下院議長を攻撃した• 厳しく愛敬がない年を取った専制者• 原告と被告はともに訴訟当事者である• 今年をとろうとしている独裁者• 我々は社会の貧しい者を過小評価してはいけない• 肉体労働者• 主催者は、スミス夫人の隣に私を着席させた• 自信に満ちた話者• 『発信者』は、『発信者微風』の場合のようにスコットランドの用語である• 数学者は、しばしば可視化する• 窓を粉々に砕いている怒り狂った労働者• 彼の作品は、少数の学者の心の中に希薄に残る• 被害者の父親は殺人容疑者につばを吐いた.

次の

「胸先三寸」の意味とは?「胸三寸」が正解?類語、使い方や例文を紹介!

口達者 類語

「饒舌」の意味と漢字表記 「饒舌」の意味は多弁でおしゃべりなこと 「饒舌」とは「多弁でおしゃべりなこと」という意味を持ちます。 口数が普通の人より多く、非常によくしゃべることを表します。 「饒舌」の「饒」には「豊か」「肥沃」という意味があり、「舌」は「話す」「言葉」という意味があります。 この二つの漢字が合わさって「豊かに話す」「肥沃な言葉」となり、「話が多い」「口数が多い」という意味として「饒舌」が使われるようになりました。 「饒舌」の漢字は「冗舌」とも表記 「饒舌」には別の漢字表記「冗舌」があります。 「饒舌」の「饒」は常用漢字ではないため、同じ音読みを持つ「冗」が起用された背景があります。 そのため「饒舌」でも「冗舌」でも、漢字表記に関してはどちらも正しい表記となります。 「饒舌」の使い方と例文 「饒舌」は褒め言葉として使われない 「饒舌」は多弁やおしゃべりという意味がありますが、あくまで「たくさんしゃべる」ということです。 おしゃべりには「口が軽く、余計なことまでぺちゃくちゃと話す」という意味が含まれているため、「饒舌」は相手への褒め言葉としては適切ではありません。 たとえば、会議やミーティングの進行役をした同僚に、「饒舌だった」と褒め言葉の意図でコメントをしたとすれば、同僚は「余計なことをしゃべりすぎたかな?」と反省してしまうでしょう。 また、嫌味な発言だと誤った解釈を招いてしまうかもしれません。 「饒舌」は能率的に話すという意味は薄い 「饒舌」は、講談や大学の授業などで「長く多く話す」というニュアンスとはややかけ離れています。 ここで注意したいのは「口数が多いが、目的をもった充実した内容をしゃべる」「重要で有益なことをわかりやすくしゃべる」という意味で「饒舌」を使わないようにすることです。 「饒舌」は、相手にわかりやすく明確に能率的に話すことを意味する「雄弁」「流暢」「達弁」などの表現とは異なります。 違いを理解して、適切に使い分けをしていきましょう。 「饒舌」を使った例文• 会場を盛り上げる努力は認めるが、ちょっと饒舌が過ぎたような気もする。 同僚がばらまく噂話は、まさに饒舌から生まれた結果だと言えよう。 口数が減らない娘に「まあ、饒舌なお子さんだこと」と、近所の人から嫌味を言われた。 饒舌なのも良いが、口は災いの元と言われることも忘れないようにしてね。 まとめ 「饒舌」は「じょうぜつ」と読み、意味は「多弁でよくしゃべること」となります。 「饒舌」の「饒」が常用漢字ではないため、代わりに「冗舌」とも表記することもあるので覚えておきましょう。 「饒舌」は多弁という意味合いに加えて、ぺらぺらと余計なこともしゃべってしまうというニュアンスを含む言葉です。 そのため「雄弁」や「達弁」のように、いくら話し上手でも褒め言葉として機能することはあまりありません。 饒舌な人は時として魅力的に見えることもあります。 しかし、秘密やプライベートをうっかり公言してしまうこともあるため、話す内容にはちょっとだけ気を付けた方が良いでしょう。

次の