ゴールデン カムイ 207。 ゴールデンカムイ207話「塹壕から見えた月」のネタバレ・感想

ゴールデンカムイのネタバレ最新207話&感想!塹壕から見えた月

ゴールデン カムイ 207

こんばんは、うたげです。 ゴールデンカムイ最新話の感想です。 ネタバレを含みますので未読の方・コミックス派の方は気をつけてくださいね。 また、以下は私の所感です。 一ファン個人の勝手な見解を多分に含んでいますので、そういうものとしてお読み頂ければ幸いです。 第207話 塹壕から見えた月 先週までのアシリパさんたちから登場人物は変わり、今回は登別にいる鶴見中尉たち第七師団のお話です。 なんと、都丹が生きていました!!死んだと思われていた都丹がどうして生きていたのか、その死を確認したはずの有古は嘘をついていたのか、それはなぜか?その一端が見えるお話です。 都丹の刺青人皮を手に入れた鶴見中尉たちは、手持ちの暗号を並べてみます。 アイヌである有古は、祖母の刺青がヒントになるかもしれないと意見を述べます。 アイヌ女性の刺青には地域差があるので隠し場所のヒントになるかもしれない、と。 しかしながら並べられた刺青からは特に情報を読み取れず、有古は鶴見中尉に尋ねます。 これが手持ちの全ての刺青か、と。 それに対し鶴見中尉の返答は、これが全てだ、というものですが、その表情は影があり何かを隠していると言わんばかりのもの。 鶴見中尉は真実を言っていないのです。 鶴見中尉は、都丹を単身で仕留め刺青を持ち帰った有古を褒めます。 有古はただ運が良かっただけだと言いますが、それに対し鶴見中尉は、運が悪ければ刺青が一枚欠けてしまい永遠に金塊が見つからないかもしれない、と言います。 鶴見中尉のその発言の真意を掴めずにいる様子の有古。 有古に焦点が当たる状況は続きます。 鶴見中尉のいる建物を出ると空を見上げる菊田が有古に声をかけます。 月だけは同じだ、と。 菊田と有古は、奉天会戦のとき、爆撃された塹壕で発見されないまま一晩を明かしました。 お互いの生存を確認するために一晩中声を掛け合って。 塹壕から見えた真っ暗な空に浮かぶ細い月。 じきに新月となる頼りない細い明かりです。 そしてやがて迎えた新月の夜。 有古が窓を突き破って雪深い地面に落ちます。 それを狙い破れた窓から発砲する兵士たち。 血を流しながら移動し、どこだ、と誰かに声をかける様子の有古。 なぜ有古が仲間であるはずの兵士に撃たれているのか?それは都丹の生存が全てを物語っています。 都丹は生きていました。 生きており、しかも敵として戦った有古に手を貸しています。 新月は都丹の独壇場。 舌の音で道を探りながら有古を引っ張っていきます。 都丹と合流した有古が抱えているのは刺青人皮の入った袋。 鶴見中尉の元から盗んできたようです。 それも全部。 有古が刺青人皮を盗み出してきたということは、鶴見中尉を裏切ったということ。 なぜ裏切ったのか?その理由の一つは、有古がアイヌであることに関係がありました。 有古の父はのっぺら坊に殺されたアイヌのうちの一人だったのです。 都丹を仕留めたと思われたとき、都丹と有古の間でやり取りがあったのでしょう。 有古は父親の遺志を継ぐべく鶴見中尉を裏切り金塊を手に入れようとしているようです。 しかしこれらは全て鶴見中尉のお見通し。 有古が都丹のものだと言って刺青人皮を持ち帰ったときから気付いていました。 鶴見中尉はすでに都丹の刺青を把握しており、有古が嘘をついていることは見透かされていたのです。 深まる謎 今週の衝撃は、鶴見中尉がすでに都丹の刺青を把握していたこと!都丹とは直接出会っていないと思いますが、なぜ知っているのでしょう。 それにそこまで把握しているのなら直接刺青を集める必要もないのでは? 言われてみれば稲妻お銀を除けば鶴見中尉が積極的に刺青を獲得しようとしている場面はあまりなかったような…。 でも把握できているなら江渡貝くんの偽物を見分けるタンニン鞣しの情報も必要ないので…全てを把握しているわけではないのかもしれません。 また、のっぺら坊に殺されたというアイヌたちの遺品整理をしたのが鶴見中尉だというのも、有古は知りませんでした。 菊田たちは知っていますし、尾形も知っていたので、鶴見中尉に近い人間は知っているはずなのです。 しかし有古は知らされていません。 それに都丹の刺青の内容を把握しているなら宇佐美や菊田も一緒になってあそこまで躍起になって追う必要もそうなかったわけで。 なので今回の登別での一件は、有古の造反をあぶり出すことと、さらにその先に狙いがあるのでは?と思うのですよね。 有古と都丹が繋がっていることを確信した鶴見中尉はあえて有古に刺青を持って行かせる。 都丹と合流したあとは当然土方さんのところへ向かう。 鶴見中尉と土方さんが手を組むのはあり得ないでしょうが、土方さんと杉元たちが手を組むことはあり得ます。 暗号を解かせるために一芝居打ったのかなと想像しています。 アシリパさんを守るため杉元がアシリパさんに何も言わせないことも鶴見中尉には容易に読めているでしょうから、杉元一行と再会しても正攻法では金塊にたどり着けないのです。 有古のこれから 有古が鶴見中尉を裏切ったことで、金塊をめぐる戦いは、アイヌはじめ少数民族vsその国の多数派という、マイノリティ対マジョリティの構図が色濃くなってきましたね。 鶴見中尉は作品の中で父親との心の溝につけ入るのが上手く描かれていますが、今回もそれかなと。 有古も父の真相を知りたがっていたのでしょう。 でも鶴見中尉は真相に繋がる事実を隠していました。 まるで父親が、子どもに言うことを聞かせるために、世の中の不都合な事実を見せないように。 ウイルクものっぺら坊としてアイヌたちを殺したという伝聞についての真相を隠したまま逝ってしまいました。 知られては都合の悪いことがあるのでしょう。 同じ真相であってもどこから見るかで見え方は変わります。 必要なのはたくさんの側面を見ること。 有古のように家庭を飛び出し新しい視点を与えられた人間が、何を掴み取るのか?非常に興味深いです。 この他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

次の

ゴールデンカムイのネタバレ最新207話&感想!塹壕から見えた月

ゴールデン カムイ 207

有古が入れ墨の模様について気になることがあると菊田が言います。 有古「祖母たちの腕に彫っていた入れ墨と似ているのでなにか暗号と関連があるかもと。 」 かつてアイヌ女性は口や腕に墨を入れていたのは美的要素のひとつであり成熟のしるしであった。 地域によっては大正時代まで入れ墨の風習は残っていたらしい。 鶴見中尉が人皮を並べていると、有古がこれが中尉の持っているすべての刺青人皮でしょうか?と聞きます。 鶴見中尉はそうだと答えて、よく雪崩の中から見つけ出せたな?と聞きます。 有古は運がよく足の先が飛び出していたと答えます。 鶴見中尉は運が悪ければ刺青人皮の暗号が春の山菜の肥やしになっていたかもしれない、あるいは野犬が掘り起こして餌になっていたかもしれない、一枚でも欠けたら金塊は永遠に誰にも見つからない可能性があると思うとひやりとする話だな、と意味ありげな笑みで話す。 有古はアイヌの入れ墨と関連性は現状ではわからないと伝えます。 外にでた菊田は有古に言う「有古、月は同じだな。 有古「月がどうしたんですか?」 奉天会戦の爆撃された塹壕の中で誰にも見つけてもらえずお互いに死んでいないか声を掛け合い一晩過ごした真っ暗な中細い月だけが見えていた・・・。 菊田は「月だけはあの時と変わらない。 」と告げます。 そして翌日の夜、鯉登閣下と鶴見中尉はお風呂に入っている。 鶴見中尉「お足下にご注意ください。 今宵は新月ですので。 」 そしてその夜、窓ガラスが割れ有古が外に投げ出されます。 そして上から銃で撃たれる有古。 有古「どこだ!!」何かを探しながら逃げています。 すると後ろから「来い!盗ってきたか?」と都丹。 有古「全部盗ってきた。 」 鶴見中尉の人皮を持って逃げている。 暗い雪の中2人はしっかり考えながら良い道を探して逃げます。 都丹はあまり見えない暗闇ではあるが「血の匂いがひどいな、ここからまだ先は長いが大丈夫なのか?」と聞くも有古は大丈夫と告げます。 時は戻り数時間前(鯉登とお風呂を出た後) 暗い部屋の中を有古はろうそくを寺照らし何かを探しています。 箱の中に入っていたものを見て驚きます。 「このマキリ、どうしてここに?」 すると後ろから「苫小牧の殺害現場で遺品を回収したのは鶴見中尉だ。 お前は知らなかったのか?」 「のっぺら坊に殺されたアイヌの7人、その中にお前の親父がいたとこまでは調べがついている。 」 「残念だよ、お前はあの塹壕から見えた月を忘れちまったんだな。 」有古に銃を向けしゃべっていたのは菊田だった。 「有古が持ってきた人皮は盲目の囚人都丹庵士のものではない、我々がすでに都丹庵士の刺青の内容まで把握していたことまでは土方歳三も知らなかったようだな、奴にそうそそのかされたのだろう、父親の意思を継げとかなんとか。 」そう陰で言っているのは鶴見中尉であった。 有古は驚いていると何者かに手を噛みつかれた。 「もう戻れないぞ、お前は最悪の道を選んだ。 」宇佐美が言った。 反逆者は反逆を許さない。 ・・ 第207話は以上となります。 スポンサーリンク 「ゴールデンカムイ」第207話の感想 ゴールデンカムイ第207話を読んで、今回はお風呂のシーン以外は怖いシーンが多くて、しかも色々とわかってきて鶴見中尉や有古がこれからどうなるのか気になる展開でした。 有古も怪我がひどいので大丈夫なのか。 鶴見中尉の元にいた有古が土方と組んでいたり、都丹が生きていたり、どうなっているのかわからない展開になってきたので、次回わかってくることが多いのかと思うと次回が楽しみです。 前回までは杉元達の話だったが、今回は鶴見中尉達の動向の話で、鶴見中尉達の話に区切りがついたらやっと会うのかと思うとそれも気になり楽しみです。 しかし今回は怖い話ばかりだったので、怖いというかシリアスというか、個人的に次回は少し楽しい話も入ってほしいなと思います。 ・・・ 感想は以上となります。 ご参考までに! ~金塊争奪戦からの脱出~ アシリパは金塊争奪戦から下りる決心をしました。 杉元とアシリパは、鶴見中尉と会うことを止めて、必死に逃亡を図ります。 それを察知した鯉登少尉は、月島軍曹を連れて二人を追走し始めます。 ついに鯉登少尉の一撃に倒される杉元。 月島軍曹に捕まってしまい、窮地に落ちてしまうアシリパ。 その時、一発の銃弾が月島の頭を貫きます。 完全復活の尾形が狙撃したのです。 杉元とアシリパを救った尾形は、無言で消え去ってしまいます。 その後、土方歳三と牛山に遭遇するも、白石の手助けもありピンチを脱します。 近くのアイヌの村で傷を癒す二人。 そこには鶴見中尉の姿がありました。 ・・・ では、207話の展開について独断と偏見で予想をしてみましたのでぜひご覧ください。 ・・・ アシリパは、杉元の言う通り、金塊争奪戦から下りる決心をしました。 「人を殺すこととはどういうものか・・・」 「知ってからでは、もう遅い・・・」 地獄行きを受け入れるには、まだアシリパは若すぎます。 アシリパは、杉元の言葉が頭から離れませんでした。 杉元は鶴見中尉と会うことを避けるため、夜中にアシリパを連れ出して、必死に逃亡を図ります。 その二人の不審な行動を察知した鯉登少尉は、月島軍曹と共に杉元とアシリパを追走し始めます。 鯉登少尉らの追撃を必死にかわす杉元をアシリパ。 しかし、鯉登少尉に追い付かれた杉元は、格闘戦の結果ついに倒されます。 月島軍曹は、冷静な対処でアシリパを捕まえます。 必死に抵抗するアシリパ。 鯉登少尉に向かってアシリパを引き渡そうとする無表情の月島軍曹。 その時、一発の銃声が月島の頭部を撃ち抜きます! 大量出血で倒れ込む月島軍曹。 動転して、その状況を受け入れられない鯉登少尉。 鯉登少尉が辺りを見渡したその先に、一人の男が立っていました。 そこには、前髪をかき上げている尾形の姿が! 完全復活した尾形がアシリパの窮地を救ったのです。 杉元は、尾形に駆け寄って近付き、グイッと胸倉を掴みながら叫びます。 「俺はお前を許さねぇ!」 「この場でぶっ殺してやる!」 その時、アシリパは杉元に向かって諭すように言います。 「尾形は私を救ってくれた!」 「もう許してやろう!」 驚いた表情の杉元は、アシリパの言葉を尊重して、尾形を許すことにして手を放します。 尾形は薄ら笑いを浮かべながら、無言で暗闇へ消えていくのでした。 その後、杉元とアシリパは鯉登少尉の追走を振り切り、必死に小樽へ向かいます。 その途中、いきなり杉元を切りかかる二人の影が・・・ 土方歳三と牛山です。 土方は、アシリパから隠し金塊の在処について聞き出そうと捕まえます。 しかし、アシリパはもう金塊争奪戦から下りることを決心しており、何も話しません。 杉元は、鯉登少尉との格闘で満身創痍であり、牛山に苦戦しています。 必死の形相で抵抗するアシリパを拘束する土方。 その時、土方の背後から男が現れ、土方からアシリパを救出します。 なんと!白石です。 実は白石も、杉元とアシリパを追いかけていたのです。 白石は、必死に土方を押さえつけながら、アシリパに向かって叫びます。 「アシリパちゃん!今のうちに逃げるんだ!」 「もう金塊争奪戦になんか関わっちゃいけねぇ!」 「さぁ早く!」 そう言って、白石は土方を羽交い絞めにしながら、谷底へと落ちていくのでした。 辛くも牛山を倒した杉元は、アシリパと共に近くのアイヌの村に逃げ込みます。 村で傷を癒してもらう杉元。 アシリパは、小さい頃にアチャが言っていた言葉を思い出していました。 「アシリパ、アイヌの未来を守るために生きなさい!」 「生きることとは戦うこと・・・」 「そこから逃げてはいけないよ」 物思いにふけるアシリパの背後に、怪しく忍び寄る一つの影・・・ 鶴見中尉です! 鶴見中尉の額からは、白い液体がドクドクと流れ出していました。 今から207話が楽しみです ・・ 以上となります。

次の

ゴールデンカムイ

ゴールデン カムイ 207

死亡していたと思われていた都丹庵士が生存しているとゴールデンカムイ207話で判明! ゴールデンカムイ206話では、10年前、小樽で撮影されたという活動写真で父と母に思わぬ再会を果たしたアシリパ。 しかし、初めて見た母のフィルムは火事で焼けてしまいます。 守るためには戦うしかないのかと苦悩するアシリパに杉元はアシリパに争奪戦から下りてほしい、人殺しの地獄を味わってほしくないと訴えます。 >> それでは早速、207話を見ていきましょう! 207話のタイトルにある、「塹壕から見えた月」とは・・・。 都丹庵士の刺青人皮を見せる有古 登別。 鶴見中尉に都丹庵士の刺青人皮を見せる有古と菊田。 「按摩の振りをして我々を探っていたとは持ち主は大した度胸だ」 有古が鶴見に意見します。 「祖母たちが腕に彫っていた入墨に似ているのでなにか暗号と関連があるかもと…」 「ほお…」 広げられた刺青人皮は合計6枚。 これが全てだそうです。 死体を見つけた有古を褒める鶴見。 「一枚でも欠けたら金塊は永遠に誰にも見つからない可能性があると思うとヒヤリとする話だな」 有古はその意味が分かりません。 「腕に彫る入墨は形に地域差があるのでそれが隠し場所を示していると思ったのですが、現状ではわかりません」 「そうか、面白い意見だったぞ」 有古が冷や汗をかいているのが気になります。 都丹庵士は生きていた!! その夜、菊田が有古に同じ月だなと話しかけます。 「奉天会戦の爆撃された塹壕の中でお互い死んでいないか声をかけあい一晩過ごした。 真っ暗な中、細い月だけが見えて…」 「月だけはあの時と変わらない」 探るような菊田の言葉です。 翌日の夜。 鯉登と談笑する鶴見。 「今宵は新月なので」 ドガシャァァッ 建物の窓を突き破り落下する有古。 上から銃撃されますが、一命はかろうじて取り止めていました。 「どこだッ」 叫ぶ有古の襟を掴んだのは 都丹庵士でした。 「来い!盗ってきたか!?」 「全部盗ってきた」 有古は鶴見の持っていた刺青人皮を持っていました。 追っ手がかかる中、暗闇を進む都丹庵士と有古。 有古は頭を殴られて血が滴っていました。 有古が持ってきた刺青人皮は都丹庵士のではなかった 遡ること数時間前、有古は密かに鶴見の荷物を漁っていました。 見覚えのあるマキリがあることに驚愕する有古。 「苫小牧での殺人現場で遺品を回収したのは鶴見中尉だ。 のっぺら坊に殺されたアイヌの7人…その中にお前の父親がいたのは調べがついている」 後ろから声をかけてきたのは菊田でした。 「残念だぞ、お前あの塹壕から見えた月を忘れてしまったのだな」 菊田は有古に銃を向けました。 「有古が持ってきたのは都丹庵士の人皮ではない。 我々がすでに都丹庵士の刺青の内容まで把握していたことまでは土方歳三も知らなかったようだな?」 鶴見中尉が告げます。 「奴にそそのかされたのだろう? 父親の遺志をつげとか…」 有古に痛みが走ります。 有古の手に噛みついた宇佐美。 有古を殴ります。 「もう戻れないぞ。 お前は最悪の道を選んだ」 宇佐美は怒りに震えます。

次の