絆2 朧 終了画面。 『SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2』解析第2弾! 〜朧BC終了画面でのモード示唆も!!〜

バジリスク絆2|スロット AT終了時・セリフ・モード示唆

絆2 朧 終了画面

絆2朧ナビボイスの特典• 同色BC高確率状態• であるそうです。 大チャンスには違いありませんが、 BCを引けない場合は特典なしなので、前作の感覚で打つとしょんぼりしますね! バジリスクタイム AT 終了後、画面タッチのボイスについて 絆2ではAT終了後 上記画面 の時に左側のサブ液晶をタッチすると源之助か朧のボイスが発生します。 デフォルト以外のセルフが発生したらチャンスですが、私は 絆ランプ発光 テーブル15or16 以外は即やめで良いかと思います。 打つ台がなければ続行してもよいかと思いますが、時間効率を考えると他の台のハイエナをしたほうが良いかと考えています。 バジリスクチャンス当選時のボイスについて バジリスクチャンス当選時は各キャラのボイスが発生します。 ハイエナには活用できませんが参考までに・・・ キャラ ボイス 法則 弦之介 良い腕じゃ! 赤頭の基本 これは見事な! AT期待度 少しUP もはや止まれぬ! AT期待度 大幅にUP 両門不戦の戒めは解かれた AT確定 何人もわしを止めることは出来ぬ! 月下閃滅 朧 うれしゅうございます 青頭の基本 ほんに、ようここまで AT期待度 少しUP わたくしは信じておりました AT期待度 大幅にUP いつまでもお側におります! AT確定 これが、わたくし達の絆にございます! エピソードBC絆 天膳 ふははははは、やりおるわ! AT確定 いや、殺しはせぬ! 生かすのじゃ! エピソードBC or月下閃滅 ついにこの時が来たのじゃ! エピソードBC絆 豹馬 世の理、しかと見よ!

次の

%page_title%

絆2 朧 終了画面

絆2朧ナビボイスの特典• 同色BC高確率状態• であるそうです。 大チャンスには違いありませんが、 BCを引けない場合は特典なしなので、前作の感覚で打つとしょんぼりしますね! バジリスクタイム AT 終了後、画面タッチのボイスについて 絆2ではAT終了後 上記画面 の時に左側のサブ液晶をタッチすると源之助か朧のボイスが発生します。 デフォルト以外のセルフが発生したらチャンスですが、私は 絆ランプ発光 テーブル15or16 以外は即やめで良いかと思います。 打つ台がなければ続行してもよいかと思いますが、時間効率を考えると他の台のハイエナをしたほうが良いかと考えています。 バジリスクチャンス当選時のボイスについて バジリスクチャンス当選時は各キャラのボイスが発生します。 ハイエナには活用できませんが参考までに・・・ キャラ ボイス 法則 弦之介 良い腕じゃ! 赤頭の基本 これは見事な! AT期待度 少しUP もはや止まれぬ! AT期待度 大幅にUP 両門不戦の戒めは解かれた AT確定 何人もわしを止めることは出来ぬ! 月下閃滅 朧 うれしゅうございます 青頭の基本 ほんに、ようここまで AT期待度 少しUP わたくしは信じておりました AT期待度 大幅にUP いつまでもお側におります! AT確定 これが、わたくし達の絆にございます! エピソードBC絆 天膳 ふははははは、やりおるわ! AT確定 いや、殺しはせぬ! 生かすのじゃ! エピソードBC or月下閃滅 ついにこの時が来たのじゃ! エピソードBC絆 豹馬 世の理、しかと見よ!

次の

バジリスク絆2:セリフ、BT終了画面サブ液晶タッチ時のセリフ、モード示唆

絆2 朧 終了画面

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の