富士宮焼きそば レシピ。 【相葉マナブ】焼きそば博 レシピ 美味しいご当地焼きそばのコツと作り方(12月16日)

【静岡】富士宮やきそばって?おすすめ店6選!ご当地グルメ決定版!|じゃらんニュース

富士宮焼きそば レシピ

1、 鉄板を充分熱し、ラードを溶かし広げます。 2、 肉かすを炒め肉かすから出る油を鉄板になじませます。 3、 キャベツを加えます。 もしくは同時に炒める店もあります。 ・ 肉かすの大きさやキャベツの切り方などは各店で違います。 4、キャベツと肉かすをよく炒めます。 5、キャベツと肉かすを鉄板の半分に寄せ、空いた所に麺をほぐして入れます。 6、麺にお湯をまわしかけます。 お湯の量は基本的には麺1玉につき40ccほどだそうです。 こだわりキャベツは地元産を使っている店が多いそうです。 季節によりキャベツの水分量が違うため、お湯の量を調整し水っぽくなり過ぎないよう気をつけています。 7、麺の上にキャベツと肉かすを乗せ、蓋をするようにして麺を蒸しあげます。 8、麺が蒸しあがったら、鉄板に広げ、空気を入れ込むようによく上下をかえしながら混ぜ焼き上げます。 9、全体にソースをかけからめます。 10、ねぎを入れる時はこのタイミングで入れると、香りが残り美味しいそうです。 かなりタップリ入れていましたよ。 11、最後にもう一度よく混ぜ、少量のソースを香り付けに入れると食欲をそそる香りが広がりました。 12、紅しょうがを添え、だし粉をタップリかけて完成です!.

次の

おうちごはん♪南部焼きそばを作ろう!レシピ紹介│やまなしファン

富士宮焼きそば レシピ

小麦粉と水で練って麺を蒸した後、一般的な製法ではもう一度ボイルしますが、富士宮の麺は強制的に冷やし、油で表面をコーティングします。 そのため、水分が他の麺に比べ少なく、コシのある麺ができ、食感に違いがでます。 なぜこのような麺ができたかは定かではありませんが、冷蔵庫などの保存方法が普及していない時代に、富士宮に数多くあったやきそば店からの要求に応え、日持ちするやきそばの製法が確立したと言われています。 そもそもは、やきそば屋と言っても、お好み焼き屋のことであり、古くは洋食屋と呼ばれ、駄菓子屋の一角に鉄板を設け、お好み焼きを焼いていた店のことです。 かつて、富士宮市は大正、昭和時代の初期、表富士登山口として登山客が多く、そのため旅館等が数多くあり、浅間大社を中心にまちなかが賑わっていました。 また、オーミケンシをはじめとした製糸業が発展していたことから、そこで働く若い女性や従業員なども多く、まちなかが交流の場としても賑わっていました。 お好み焼きは、そうしたまちなかの駄菓子屋の一角などで始められ、安価で、手頃な食べ物として子供や製糸業で働く女工さんたちに好まれ、ソース味が珍しかったことからお好み焼きを出す店は「洋食屋」と呼ばれ親しまれてきました。 戦後になり、中国に赴いていた人達が帰還し、中国で味わった忘れることのできない味の麺類を見様見真似で開発し、その一つがやきそばでした。 戦後の食糧不足の時代でも、野菜があれば少量の小麦粉でできるやきそばは市民に手頃な食としてもてはやされ、洋食屋では、お好み焼きのほか、やきそば、焼きうどんなども始め、まちかどのいたるところに店が立ち並び、市民生活の中に根付いてきました。 どうして富士宮だけ独特の「やきそば」なのか? 戦後、富士宮市の商店街には山梨県の身延線沿いの人たちが、買出しに来て賑わっていました。 彼らは、手ごろであるやきそばを好み、地元に持ち帰っていました。 そうした人たちや「洋食屋」のために、当時、冷蔵庫などがなかったことから、製麺会社はなるべく日持ちがする麺を思考し、極力水分を除くことができる蒸麺製法を考案しました。 そして、その蒸し麺は、水分が少なく硬いことから、調理する際に、鉄板の上で水を加えたりキャベツの水分で柔らかくする焼き方が考案され、更に、肉かすやだし粉などを入れ、旨味などが工夫されてきました。 こうして、製麺会社や洋食屋の思考錯誤の末、富士宮独特の腰があり、硬めのやきそばが出来あがり、市民生活に定着していくこととなったのです。 一方、全国的には、大手の食品メーカーが柔らかい茹で麺のやきそばを全国展開し、一般に普及していきましたが、富士宮では、既に固めのやきそばが市民に定着していたことから、やわらかいやきそばは、あまり市民に受け入れられませんでした。 こうした経緯により、現在まで富士宮地域においては独自のやきそばとして市民にこの上なく愛され、富士宮の食文化として築かれてきました。 この富士宮独特のやきそばは、余りにも日常的に市民の食文化として根付いてきたことから、やきそばは全国一律に同じものと解され、富士宮独特であることに気づかないでいました。 あるいは気づいても、富士宮のやきそばはおいしいと思う程度の認識であったことから、その違いを殊更うんぬんする機会もなかったのが実情だったのです。 それが、中心市街地活性化の市民ワークショップに集った参加者により、まちおこしの一環として「富士宮やきそば学会」が誕生し、マスコミから大きく注目され、やきそば大ブレークの発端となっていきました。 あるマスコミの記者は、取材していくうちに、富士宮はガラパゴス諸島と似ていると地域固有の食文化を表現していたことが、言い得て妙です。 7,000円以上送料無料 お支払い方法 代金引換 銀行振込 郵便振替 後払い 配送日指定可 クール対応 各種カード VISA Master Card DINERS JCB American Express 配送帯サービス 午前中 14:00-16:00 16:00-18:00 18:00-20:00 19:00-21:00 店舗情報• 〒418-0034 静岡県富士宮市黒田46-1• Tel:0544-26-0880 Fax:0544-26-2834• 定休日 毎週土曜、日曜、祭日 営 業 9:00-17:00.

次の

富士宮やきそば

富士宮焼きそば レシピ

特徴 [ ] 富士宮やきそばは、通常のやきそばとは製法や調理法、使う食品が異なる点があり、次の3つが挙げられる。 富士宮やきそば専用の麺を使用する。 富士宮やきそば学会は「マルモ食品」「曽我めん」「叶屋」「木下製麺所」の麺を指定麺としている。 (富士宮では「肉かす」と呼ぶ)を使用する。 仕上げに削り粉をふりかける。 具を炒めた後に指定麺(蒸し麺)を入れ、すぐ少量の水を注いで炒める。 水分が飛んだところでやきそばソースを入れてかきまぜる。 具とは、(油かす)や などであり、完成後にやのを振り掛けて食べるのが一般的とされる。 店や家庭によっては、、、を入れることもある。 桜エビは富士宮市に程近いの名産でもある。 「富士宮やきそば」(第4633719号)及び「富士宮やきそば学会(会長:)」(第4803585号)は、「まちづくりトップランナーふじのみや本舗」が所有するであり、名称を使用して販売するためには、市内の製麺会社(マルモ食品、曽我めん、叶屋、さのめん)と仕入れ契約を交わす、調理法も規定に従う、商標使用料を支払う などの条件が定められている。 富士宮やきそばを売る店は、など富士宮市内に多く存在するが、市外にも富士宮やきそばを提供する店も増えている。 起源 [ ] 麺の歴史 [ ] 富士宮やきそばに使用する麺の由来については、富士宮市の製麺会社でありこの麺の発明者ともいわれるマルモ食品工業が次のように述べている。 戦後の食料難の時代に創業者の望月晟敏が戦地で食したを再現しようと試みた過程でこの蒸し麺が生まれました。 — マルモ食品工業 後に会長となる望月は、台湾ビーフンの再現を目指していたのだが、その背景には他に以下のような事情が存在した。 富士宮市はのであり、者や寺社への参拝客が多く訪れていた。 また富士宮にはの主要駅も存在し、静岡県とを結ぶ交通の要衝でもあるため、 の前後には山梨県から物資の調達に来る買い出し客や、物々交換で物資を求めて来る人たちもいた。 こうした人々の中には山梨県にやきそばを持ち帰りたいという人がいたが、当時の保冷技術と交通手段は未発達であり、山梨県に到着するまでには麺が傷んでしまうという難題があった。 この課題を克服するため麺作りに工夫がなされていったとされる。 肉かすの使用 [ ] 肉かすが使用されるようになった経緯として、富士宮市内に古くからある店舗「さの萬」による影響があったと考えられている。 「さの萬」の関係者はこう述べている。 当時、やきそば・にはのが使用されていましたが、天かすが不足していることに佐野萬蔵は着目。 天かすの代わりに肉かすを使用すると、さらに美味しくなることを提案。 それが世間の評判を呼び、広く使用されることとなり、現在の富士宮やきそばとして定着しました。 — 「さの萬の歩み」1950年の節より このように、トッピングとしての形の変異から、肉かすが使用されるようになったと言える。 戦後 [ ] 富士宮市内では、終戦直後からお好み焼き店や鉄板を備えたが多く開店し、そこでは主に小麦粉(メリケン粉)の生地に刻みキャベツを入れ、で味付けした具無しのお好み焼きのような食べ物を「洋食」と称して安価で提供していた(を参照)。 やきそばもこれらの店で提供された。 当時の富士宮ではが盛んで、信濃絹糸紡績株式会社(現在の)をはじめ、複数の製糸工場が操業していた。 そこで働いていたたちが休日に外食をする際にこうした安価な店が利用された。 また太平洋戦争当時、富士・富士宮地方から招集された兵士たちはおおよそに派遣されていたことから、戦後復員した元兵士たちにとってもに似たやきそばは受け入れやすい料理であった。 「富士宮やきそば」としての出発 [ ] の入口にある富士宮やきそば学会 代後半にが開いたをきっかけに、町おこしでの方向性を考えることとなった。 また独自調査の結果、富士宮市はやきそばの消費量が日本一であったことから、に町おこしとして「富士宮やきそば学会」を立ち上げ、地元で食べられている焼きそばを「富士宮やきそば」と命名してPRキャンペーンを行った。 秋には、富士宮やきそばと同様にで町おこしを企画しているの名店と勝負するというイベント「天下分け麺の戦い」が公園で行われ、この顛末はを通じて全国に放映された。 その他にも、同じくやきそばで町おこしをしているとを招いてやきそばの食べ比べを行う「三者麺談」、全国の麺を集めた「やぶさ麺まつり」などを開催し、認知度を上げていった。 に「富士宮やきそば」「富士宮やきそば学会」の名称を「NPO法人まちづくりトップランナーふじのみや本舗」が商標登録した。 に運行開始された「富士宮 - 東京駅線」 ・の に、に富士宮やきそばにちなんで「」の路線愛称が付けられた。 2006年2月にで開催されたの祭典であるの第1回イベントでは初代王者に輝き、次回大会の開催権を獲得した。 そしてに開催された第2回B-1グランプリで再びグランプリを獲得し二連覇を飾った。 これにより富士宮やきそばはによって多く紹介されるようになった。 2月13日にはからカップ麺として全国発売された。 7月現在、東京都内の一部でもこのカップ麺は継続販売されていた。 その後「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(通称「愛Bリーグ」)の本部が富士宮市に置かれ、各地で講演活動を行っている。 関連商品 [ ] 食品 [ ]• 富士宮やきそば指定麺 - 市内のやの多くで販売されている。 またも行われている。 - の業者「富陽軒(ふようけん)」から「駅弁版 極 富士宮やきそば弁当」が発売されている。 - 「ベビースター富士宮やきそば」が地域限定商品として売られている。 - から数種類が向けに販売されている。 - 2007年2月13日に全国発売。 蒸し焼きそば - の「富士宮やきそば」。 富士宮やきそばふりかけ - 箱に入った瓶タイプと50gの袋タイプが発売されている。 袋タイプはの株式会社トーノーが発売。 富士宮やきそば学会の認証を得ている。 コーンスナック - に「B-1グランプリ 富士宮やきそば味」が発売された。 「富士宮やきそば」- こちらは富士宮やきそば学会の認証は得ていない。 富士宮やきそばまん - 富士宮やきそばとした。 「富士宮」の焼印が押されている。 出版物 [ ]• 富士宮やきそば公式ガイドブック(富士宮やきそば学会認定、2003年7月・株しずおかオンライン発行)• (富士宮やきそば学会認定、2007年5月・株しずおかオンライン発行) その他 [ ]• - とを結ぶ高速バス。 - 富士山のの。

次の