香典を送る 手紙。 香典に添える心に残る手紙や香典礼状と香典返しの手紙の書き方例文procedure

香典 郵送での送り方、封筒や料金、タイミングなどについて

香典を送る 手紙

一周忌のお悔やみの手紙には、どのようなことを書いたらよいのでしょうか。 基本的な書き方は、他の忌事に関する文章と同様です。 親しい間柄であっても、丁寧な言葉を使います。 敬語・敬称は基本です。 また、忌み言葉と呼ばれる不幸が重なることを連想させる言葉は使いません。 「しばしば」「かえすがえす」「再び」「重ね重ね」「続いて」といった言葉は避けます。 「死」や「亡くなる」といった直接的な文字も、お悔やみの手紙には書くべきではありません。 「逝去」「悲報」「訃報」と書くようにしましょう。 そして、お悔やみの手紙で一番大切なことは、 故人とご遺族を思いやる気持ちです。 故人との思い出やご遺族を第一に、気遣う言葉を綴っていきます。 ご自身の近況や都合は、お悔やみの手紙には書くべきではないでしょう。 文面の流れ 例文をご紹介する前に、お悔やみの手紙の 基本的な流れについて解説いたします。 書き出し文 一般的な手紙にある「頭語」や「時候の挨拶」は不要です。 お悔やみの言葉から書き始めます。 または、一周忌の案内状をいただいたことへのお礼を述べてもよいでしょう。 お悔やみの言葉、参列できないことへのお詫び 法要に伺えない理由を、できるだけ簡潔に短い言葉で書きます。 故人の人柄、思い出など 職場の同僚や学生時代の友人で、故人とは親しくてもご遺族とは面識がない場合は、故人との関係をわかりやすく書くとよいでしょう。 また、故人との思い出を書き添えると、型にはまりがちな文面に温かみが出て、より心のこもった手紙になります。 故人の冥福を祈る言葉 改めて故人の冥福を祈る言葉を述べ、お供えやお花を御仏前にお供えいただきたい、と書き添えます。 ご遺族を気遣う言葉 「ご自愛ください」「お身体をお大事になさってください」と、ご遺族に対する言葉で締めくくります。 結びの言葉 仏式の一周忌法要の場合は、結びの言葉は「合掌」となります。 ただし一般的には結びの言葉は省略しても特に失礼にはあたりません。 後付け 最後に手紙を書いた日付と宛名を書き、左下に自分の名前を記します。 (宛名については、後ほど、封筒の表書きの解説で補足させていただきます) 書き方の例文 以下の例文は横書きとなっていますが、お悔やみの手紙は縦書きが基本です。 加えて、 お悔やみの手紙には句読点を用いないという慣習があります。 毛筆を使う機会が減った現代では、活字では縦書きでも句読点を使います。 読みやすさなどの点から、手書きの縦書き文章にも、句読点が用いられる機会が増えました。 お悔やみの手紙に句読点を使ったからといって、それがご遺族に対する非礼にはあたりません。 しかし正式な手紙に句読点を用いないという慣習があることを、心に留めておいた方がよいでしょう。 では、 一周忌のお悔やみの手紙の例文を2例ご紹介いたします。 親族の場合の例文 故人が親族の場合の例文です。 親族であっても、敬称を用いて丁寧な言葉を使うよう気を配ります。 故人との思い出を忘れずに書き添えるようにしましょう。 幼いころ、よく縁側に出て将棋や囲碁を教えていただきました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 本来であればお伺いするべきところですが、やむを得ぬ事情がございまして参列できず誠に申し訳ございません。 ご仏前にお供えいただきたく心ばかりの品をお送りさせていただきます。 どうかご無理をなさらず お体ご自愛ください。 会社関係者の場合の例文 故人との関係が職場の部下や同僚の場合の例文です。 故人とどのようなつながりがあるか、人柄や思い出に触れながら手短に書き記します。 例文 一周忌のご案内をいただきましてありがとうございました。 突然の訃報から一年が過ぎようとしていることに、月日の流れを改めて感じております。 ご自宅にお招きいただき、家族のように接していただきましたことは、今でも大切な思い出となっています。 ぜひとも参列させて頂きたかったのですが、遠路ままならず書中をもちましてお悔やみを申し上げる次第でございます。 心ばかりの品を同封いたしましたのでご仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 改めて故人のご冥福とご家族皆様のご健康をお祈り申し上げます。 お悔やみの手紙のマナーって? 前述した通り、昔からお悔やみの場面では不幸が重ならないようにという意味を込めて、 繰り返し言葉を避けていました。 その風習が現代でも残っています。 このように、お悔やみの手紙には古くから受け継がれてきたしきたりやマナーがあります。 気持ちをしっかりご遺族にお伝えするためにもマナーは守りたいものです。 一周忌のお悔やみの手紙では、 文面以外にどのようなことに気をつければよいでしょうか。 ここでは、封筒や便箋の選び方や表書きのマナーについてご紹介いたします。 例文と併せて参考にしていただければと思います。 封筒の選び方 一般的な和封筒には一重と二重があります。 二重封筒は、内側が二重になっているもので、中身が透けにくい仕組みになっています。 重要な書類は二重の封筒を使用することが多いです。 そのため、普段は無意識のうちに二重封筒を使っている方も少なくないでしょう。 しかし繰り返し言葉と同様に不幸が続くことを連想させないよう、 お悔やみの手紙を入れる封筒は一重のものを使用します。 封筒の大きさに決まりはありませんが、大きすぎない 長4がおすすめです。 白い長4和封筒なら、コンビニでも手に入ります。 表書きの書き方 手紙の表には故人名ではなく、 手紙を受け取るご遺族のお名前を書きます。 これは、文中の後付けに記す宛名にも共通します。 ご遺族と直接面識がない場合は、 喪中はがきや一周忌の案内状の名前を確認しましょう。 配偶者の方が施主の場合もありますので、苗字を間違えないよう気をつけてください。 便箋の選び方 お悔やみの手紙は、はがきでもよいのでしょうか? はがきは基本的に、略式のものと考えられています。 お悔やみやお見舞いなど正式な手紙には、はがきではなく 封書で送る方が丁寧です。 便箋は封筒と同じく、白い無地のものを用意します。 また、便箋の枚数にも注意が必要です。 ここでも「不幸が重なる」という意味合いにならないよう、 複数枚にならないように気をつけます。 お悔やみの手紙は、便箋の枚数が1枚におさまるように書きましょう。 お悔やみの手紙と一緒に贈るお供えって? お悔やみの手紙には、仏壇にお供えしていただけるものを添えましょう。 一周忌など法事・法要の お供えには「消えもの」と呼ばれる種類の品物がよく用いられます。 消えものとは、食べ物・洗剤・線香など、食べたり使ったりして 消耗する品物のことです。 特におすすめなのは食べ物とお花です。 どのようなものがよいか、いくつか例を挙げてご紹介します。 食べ物 法事のお供えものは、当日参列者に分配して持ち帰っていただく地域も多いです。 個別包装されているもの、日持ちのする品物は大変喜ばれます。 おすすめは 菓子類です。 クッキー・マドレーヌ・サブレ・バームクーヘン・ラスクなど、種類が豊富なので他の参列者と重複してしまう心配もありません。 お子さんからお年寄りまで、 年齢を問わず召し上がっていただけるお菓子を選ぶとよいでしょう。 和菓子なら、一口羊羹やらくがん、せんべいやあられの詰め合わせなども人気があります。 菓子以外では、お茶やコーヒーの詰め合わせや海苔もおすすめです。 花 故人のご供養に欠かすことのできないものが、花です。 持参するなら花束がよいですが、送るならそのまま飾っていただける フラワーアレンジメントがおすすめです。 お供え用の花は、生花店だけでなくネットでも注文ができます。 ネットなら、アレンジメントの様子を写真で確認できるので、 花に詳しくない人でも安心して注文できます。 ネットの場合は、お悔やみの手紙に「後ほどお花を送らせていただきますので、ご仏前にお供えください」と書き添えておくようにしましょう。 白い菊やユリを中心に、黄色や紫、薄いピンク色を混ぜると上品な花束になります。 一周忌のお悔やみの手紙まとめ• 親しい人や身内でも敬称を用い、丁寧な言葉を使って書く• 「忌み言葉」や、死を連想させる言葉は使わない• 自分の近況などは書かず、ご遺族のことを第一に考える• 書き出し文に「頭語」や「時候の挨拶」は不要• 一周忌法要に参列できないことを詫び、ご遺族をいたわる言葉を添える• 例文は横書きでも、手紙は縦書きで書く• 封筒は一重の和封筒、便箋は白い無地のもので1枚に収まるように書く• お悔やみに添えて贈るお供えは、日持ちのする菓子か白い花がおすすめ お通夜や葬儀のときとは違い、一周忌のお悔やみの手紙は、 案内状をいただいてから書くことができるので、気持ちに余裕を持つことができます。 故人やご遺族のことを思って、よいご供養になるような言葉を綴りたいものです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お悔やみの言葉をメールで伝えたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

次の

お悔やみを手紙で伝える際の正しい書き方・送り方

香典を送る 手紙

鉛筆はダメで、もし筆ペンなどを使うときには薄墨のものが良いようです。 お香典に添える手紙の文例 お香典に添える手紙の書く内容ですが、 ・訃報を聞いて驚いたこと ・故人の冥福を祈る ・香典を同封したこと を書きます。 「拝啓」や「前略」、季節の挨拶や結びの言葉などは書きません。 そのまま亡くなったことに触れます。 気をつけるのが、「重ね重ね」「いよいよ」「追って」「再び」「続く」といった忌み言葉は避けるということです。 また、故人とは親しくしていたが、そのご家族とは面識がない、といった場合には、自分が誰で、故人とどういった関係なのかがわかるように簡潔に説明をします。 そうしておけば受け取った遺族の方が「誰だろう?」と悩まなくて済みます。 ・〇〇様には仕事で良くして頂いておりました。 ・私の兄と仲が良く、そのご縁で私もお世話になっておりました。 など大まかな説明で構いません。 お母様のご訃報に接し、たいへん驚きました。 日ごろお元気な方だけに、お病気と伺ってもお風邪ぐらいに思いましてついお見舞いにも参上せず、なんとも申し訳ない次第と深くおわび致します。 同封のものまことに軽少ながらどうぞご霊前にお供え下さいませ。 つつしんでご冥福をお祈り申し上げます。 言い換え例 ずっとお会いしていなかった場合には、 ・小さい頃にはとても良くして頂きました。 ご家族の皆様のお力落とし、お察し申し上げます。 急な事故などでなくなった場合には、 ・突然のご不幸で、さぞかしお悲しみのことと存じます。 お察し申し上げるだけでも、お慰めの言葉もございません。 ・この度はご尊父様ご急逝の由、お知らせに接し驚き入りました。 深くお悔やみ申し上げます。 まとめ 最後までお読みくださりありがとうございました。 香典を送る際の手紙を書く時のご参考になれば嬉しいです。

次の

香典は郵送してもよい?郵送先や添える手紙の文面などを解説します!

香典を送る 手紙

葬儀に参列できない場合、香典は郵送するのが一般的です。 郵送だからといってマナー違反ということはありません。 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに郵送するようにします。 初七日までには届くようにしましょう。 香典は現金書留で送る必要がある 香典を郵送する場合は、 現金書留で郵便局から郵送します。 現金をそのまま一般の封筒などで送ると郵便法違反になりますので注意しましょう。 この時確認しなければいけないのが、現金をそのまま現金書留用の封筒に入れるのではなく、現金を不祝儀袋(のし袋)に入れて、それをさらに現金書留用の封筒に入れるという点です。 現金書留用の封筒は2種類の大きさがあるので、不祝儀袋が入る大きいサイズの現金書留用封筒を郵便局窓口で購入してください。 またこの場合に使う不祝儀袋は、水引きも印刷してある平らな「簡易式のし袋」を選ぶと、よりスマートに封入できるのでおすすめです。 現金書留は必ず郵便局の窓口で手続きをして郵送しましょう。 手紙や一筆箋を添える 香典を現金書留で郵送する場合、お悔やみの手紙を入れるべきなのでしょうか? 結論から述べると、どちらでもいいとされています。 とはいえ、封筒を開けたら現金だけが入っているよりも、 手紙が同封されている方が気持ちがより伝わるというのが一般的な考え方です。 また、香典に添える手紙は普通の便箋でもいいですが、一筆箋もよく用いられます。 お悔やみの手紙はご遺族を煩わせないために簡潔さが求められるため、一筆箋のサイズ感や気軽さが好まれています。 香典に添える手紙の文例 郵送する香典に添えるお悔やみの手紙にもマナーがあります。 手紙を送る際の注意点を、以下できっちり押さえておきましょう。 便箋はシンプルなものを使う 使用する便箋は、基本的に 罫線なしで白無地のものにたて書きがいいでしょう。 無地でなくても白色のたて罫線であれば問題ありません。 どうしても白い便箋が用意できない場合は、明るく華やかな色は避け、薄いブルーやグレーなどの無地のものを使用します。 また、手紙を入れる封筒はあってもなくてもいいとされています。 ただし、手紙を封筒に入れてからさらに現金書留用封筒に入れる場合は、手紙の封筒は二重のものではなく一重のものを使うようにします。 同様に便箋も1枚に収まるように書きましょう。 印刷ではなく手書きが基本 お悔やみの手紙はなるべく手書きにしましょう。 書くのが苦手と思っても、その方の哀悼の気持ちがご遺族により伝わります。 黒の万年筆やポールペン、薄墨などを使うのが一般的です。 手紙に使う言葉に注意 弔事では二重に重なるものが「不幸が二度起こる」ことを思わせることから、忌避されています。 そのため、「またまた」「くれぐれ」「重ね重ね」「追って」「再三」などの単語の使用がタブーとされています。 また「死」「死去」「生存」「生きる」などの 生死を連想させる直接的な言葉や、「四」「九」などの「死」「苦」を連想させる言葉、「消える」「苦しみ」などの不吉な言葉も使わないように注意が必要です。 これらを総称して「忌み言葉」と言い、不用意に使用してしまわないよう心がけましょう。 手紙の入れ方・折り方 では、 香典の郵送先はどこにすればいいのでしょうか。 自宅に送ることが多い 香典を郵送で送る場合で多いのは故人の自宅宛です。 その際、 宛名は喪主、宛先は故人または喪主の自宅住所になります。 ただ受け取り手である喪主は通夜、葬儀と忙しく、自宅にいる時間が少ないでしょう。 そうなると葬儀後、喪主が落ち着いて時間の余裕ができたところで届くのが最良のタイミングです。 香典の郵送は初七日までに届けたいので、香典が届くのは葬儀後から初七日までが理想的です。 斎場に送る場合は宛名に注意 訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合があります。 斎場の空き状況による場合や、六曜に合わせた日程を選ぶ時などがそうです。 そんな場合に限っては、香典を葬儀会場である斎場へ郵送することもできます。 斎場の住所へ送る場合、 宛名を喪主の名前か、もしくは気付にします。 現金書留は日付指定ができるので、通夜の日に間に合うようであれば、通夜の日指定で気付(きつけ)で送り、斎場で受け取ってもらう方法が安全です。 ただし斎場によっては対応していないところもあるので、事前に斎場へ確認を取っておきましょう。 現金書留は時間指定ができないので、葬儀当日になると喪主の手を煩わせることにもなりかねません。 トラブル防止のためにも、通夜に間に合わないようならば、自宅への郵送をおすすめします。 郵送する香典に添える手紙まとめ• 通夜、葬儀に弔問できない時は、香典は郵送するのが一般的である。 香典は不祝儀袋に入れ、さらにそれを現金書留用封筒に入れて現金書留で送る。 その際、便箋や一筆箋にお悔やみの手紙を書いて添えた方が気持ちが伝わる。 お悔やみの手紙を書くときの注意点として、頭語や時候の挨拶は省略していきなりお悔やみから始める。 また、弔問できない理由とお詫び、故人と自分の関係、ご遺族を気遣う言葉、香典を同封している旨などを盛り込んで簡潔に書く。 使う便箋は白無地のものにたて書きが基本。 また、弔事では「二重」が忌避されるので封筒は一重のもの。 (封筒はなくても良い)便箋も1枚に収める。 手紙は手書きが基本である。 手紙の文中「忌み言葉」を使わないように注意する。 手紙の入れ方・折り方は特に決まりはない。 香典の現金書留は故人の自宅へ送る。 その場合葬儀後から初七日までの間に届くようにする。 香典の現金書留は訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合のみ、斎場へ郵送する選択もありえる。 その場合は通夜の日に日付指定して、喪主の気付(きつけ)で送る。 ただし対応していない斎場もあるので事前に確認する。 「終活ねっと」では、香典に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 香典について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の