岩永琴子。 虚構推理 ダイカット アクリルキーホルダー 岩永琴子(1)

虚構推理

岩永琴子

『虚構推理』とは? 出典: まずは簡単に、アニメの紹介をしていきます。 『虚構推理』は 城平京による小説が原作となっています。 2012年には第12回本格ミステリ大賞で、小説部門を受賞されました。 本作の主人公である岩永琴子は、社会の秩序を守るために怪異がらみのトラブルを解決する日々を送っています。 ある日持ち込まれた怪異相談で、「鋼人七瀬」と呼ばれる怪異を対処してほしいとのことで、現地に行きます。 同じころ、琴子の恋人の桜川九郎が突然消息を絶った従妹を探す途中で、琴子のいる場所に立ち寄り、「鋼人七瀬」と遭遇します。 琴子と無事合流した九郎ですが、「鋼人七瀬」が力を増し、インターネット上にまとめサイトが出来上がるまでになります。 「鋼人七瀬」を消滅させるため、まとめサイトに「虚構推理」を繰り広げていくところから物語は始まります。 アニメ第3話において、琴子が鋼人七瀬との戦いの際、琴子の義足が取れてしまい、そのときの痛みを形容するとき、 「破瓜の痛みに比べれば何ともない」と琴子が言ったのです。 それではなぜ、この言葉が『虚構推理』を見ている人にとって注目せざるを得ない言葉だったのかを解説していきます。 この発言をしたのは先ほど述べた通り、岩永琴子です。 あらすじを見ると、冷静な推理のできる、クールな人物像を思い浮かべるかもしれませんが、実はかなり俗っぽい性格をしています。 作中の世界では有名な作家の令嬢で、風貌はお嬢様のようなのですが、いかんせん彼女は下ネタが好きなんですよね~。 ここからだと、「破瓜の痛み」なんて簡単に言えそうな人物なのですが、この言葉だけは彼女の生い立ちからしてそぐわないのです。 琴子は11歳のとき、地元の怪異達に誘拐され、怪異のトラブルを相談・解決する『知恵の神』になると約束し、現人神となっています。 つまりは 巫女の立場なので、ロストバージンの状態は本来あり得ないわけですよね。 しかし琴子ならばあり得るのではないかという感じなので、 ファンは騒然としているというわけです。 📺 今夜放送! 第3話「鋼人の噂」 テレビ朝日:深夜25:30〜 MBS:深夜26:38〜 配信:dアニメストア、GYAO! 『虚構推理』はただのミステリーではない!• 主人公がぶっ飛んだ設定!?• 「破瓜の痛み」発言は本来ありえない! 琴子がいかにぶっ飛んでいるとはいえ、破瓜の痛みを経験しているとは考えにくいのでは、と私は心底思っています。 痛みを表すための比喩にしては心臓に悪い発言ですよね~。 しかし、琴子は合理的な一面も持ち合わせているので、琴子のギャップにも注目して観てみて下さい! 以上、『虚構推理』の「破瓜の痛み」についてでした!.

次の

岩永琴子 (いわながことこ)とは【ピクシブ百科事典】

岩永琴子

出典 : Amazon. jp 講談社の月刊誌「少年マガジンR」でコミカライズされ、アニメ化も決定した人気ミステリー小説 『虚構推理』。 そんな『虚構推理』から、怪異や妖怪たちに「知恵の神」として頼られる主人公、 岩永琴子の情報をまとめてみました。 虚構推理とは? 出典 : Amazon. jp 『虚構推理』は講談社ノベルズから刊行された 城平京による ミステリー小説です。 2015年からは 片瀬茶柴作画による コミカライズの連載が開始しました。 さらに 2020年1月からは アニメが放送予定。 この作品はいわゆる 怪異ミステリー物の作品で、 怪異や 妖怪が起こした事件を主人公の 岩永琴子(いわながことこ)や相方の 桜川九郎(さくらがわくろう)が解決する物語です。 岩永琴子の基本情報 出典 : Amazon. jp 怪異と親しくし、怪異が絡んだ事件をいくつも解決に導いてきた主人公、岩永琴子。 はたからは幼い容姿のかわいい女の子にしか見えない彼女は、いったいどんな主人公なのでしょうか。 まずは、そんな岩永琴子の詳しい基本情報をまとめてみました。 岩永琴子のプロフィール 岩永琴子は作中でかなり身分の高い 名家である岩永家の お嬢様です。 見た目は幼く、大学生になってからも中学生に間違えられるほど。 彼女も自分の幼い容姿を気にしているようです。 初登場時の年齢は 15歳。 11歳の頃に 怪異に連れ去られ、2週間もの間、行方不明になってったことがあり、そのときから 怪異や霊が見える体質になりました。 それ以降、怪異や霊に頼られるようになり、トラブルの解決を請け負うようになりました。 岩永琴子の性格 岩永琴子の性格は、普段は毅然としていながらも色恋が絡むと喜怒哀楽が激しくなる傾向があります。 また他人に対してかなり強引な一面もあるため、トラブル解決のために仕方なく巻き込まれる者も出てきます。 岩永琴子の声優 出典 : Amazon. jp アニメ『虚構推理』で岩永琴子の声を担当するのは、声優の 鬼頭明里(きとうあかり)さんです。 鬼頭明里さんの所属事務所は「プロ・フィット」。 声優以外にも歌手として活動されています。 代表作は『グランクレスト戦記』のシルーカ・メレテス役や『鬼滅の刃』の竈門禰豆子(かまどねずこ)役などです。 岩永琴子の力 出典 : Amazon. jp 岩永琴子は11歳の頃、怪異に連れ去られた経験がありましたが、そのとき怪異たちと契約を交わし 「知恵の神」になりました。 怪異にはそれほど高い知能はなく、争い事やトラブルが絶えません。 「知恵の神」とは、その 仲裁役のようなものです。 そして彼女は「知恵の神」となるその代償として 右眼と左脚を失ってしまいました。 右眼と左脚を失ったシーンは作中に描かれていませんが、彼女が公園のベンチで発見されたときには既に欠損していたようです。 それ以来、岩永琴子は 義眼と 義足をつけて生活しています。 「知恵の神」の役割 「知恵の神」と言うと、岩永琴子に何らかの力が宿ったかのように聞こえてしまいますが、 岩永琴子自身が特別な力を持っているわけではありません。 彼女は「知恵の神」になることで全国から、 さまざまな怪異から相談を持ちかけられるようになったのです。

次の

虚構推理破瓜(はか)の痛みとは?岩永琴子は非処女で相手は誰?|アニメるにんの映画記録runinmovie

岩永琴子

概要 により 『虚構推理 鋼人七瀬』のタイトルで刊行されたの小説。 2012年に第12回本格ミステリ大賞、本格ミステリ・ベスト10第4位を受賞。 シリーズ累計200万部を突破している。 化に際し、にはより本タイトルで刊行。 には後述の短編集に併せてより同タイトルで刊行。 同じ作品が3つのレーベルから刊行されている。 2020年現在、既刊は長編で第1作目となる『虚構推理 鋼人七瀬』(現:虚構推理)と短編集となる『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』、長編で第3作目となる『虚構推理 スリーピング・マーダー』の3巻。 コミカライズ版はにて2015年1号より連載中。 同誌は2020年12月より隔月刊の紙媒体から月刊の電子書籍に変更している。 2019年1月からはで、2020年2月号からはでも連載が開始。 現在、WEB上が2つと紙面上1つの3つの媒体で展開されている。 作画はが担当。 片瀬氏は本作がデビュー作となる。 既刊は12巻で、第8巻からは通常版に加えて限定版・特装版がリリースされている。 2016年に第6回 NEXTブレイク漫画RANKING BEST50第7位を受賞。 2018年ににノミネートされた。 (受賞自体は『』) 本作は城平氏 約7年ぶりの小説作品である。 2020年にはテレビアニメ化もされた。 登場人物 CV: 琴子の一目惚れ相手で、ぐいぐいおしてになった させられた 青年。 CV: 九郎の従姉で、彼と同じ体験から同じ不死の体と能力を持つ。 琴子に対しては自らの障害となるだけでなく、琴子という「あやかしの知恵の神」が「人間という種」そのもの あるいは人間を人間たらしめている性質 にとって異常に危険な存在である そして、そんな存在の側に九郎がいる事で悲劇が起こる 可能性を危惧している旨が窺える。 CV: 九郎の元恋人。 九郎とは結婚も視野に入れていたが、婚前旅行先のとある出来事から別離を選んだ。 『鋼人七瀬』事件の際に九郎と再会。 嫌いになって別れたわけではないため、未練自体もあり、琴子といがみ合うもこの件を共に解決に導いた。 事件後は九郎を吹っ切ることを決意。 現在の職業は。 CV: 真倉坂警察署に務める大柄な成人男性の刑事。 柔道五段を有する巡査部長で、署の皆に支持されている。 CV: 真倉坂市で事故死した。 深夜ドラマ『青春!火吹き娘!』で主演兼主題歌担当した事で人気に火が付き始めていたのだが、とあるスキャンダルから休業し、マスコミから逃げ回っていた。 真倉坂市に出没する怪異。 同地で事故死した七瀬かりんの姿をとっているが、顔が黒く塗りつぶされている。 夜に事故死の原因である鉄骨を振り回して攻撃する。 TVアニメ にTVアニメ化決定が発表され、同時に公式ティザーサイト・公式Twitterが公開され、制作会社がであると報じられた。 同年、メインキャスト2名のキャストが発表。 には続報として、正式な放送時期がであることやキービジュアル、新PVが公開された。 ティザーサイトも正式なサイトにリニューアルされている。 更には、本作のワールドプレミアも開催。 ・にて開催される「Anime Expo 2019」内で現地時間7月5日16時より実施され、九郎役の宮野が登壇することも併せて発表された。 、、、にて全12話が放送された。 なお、テレビ朝日の深夜アニメ放送は、2017年7月2日に放送された『』最終回以来。 JCOMでは『アニおび』枠での放送で、4月4日深夜からは一挙放送も行われる。 、など20のでも配信中。 ・は全4巻予定。 物語は原作小説1巻の『鋼人七瀬編』が中心だが、プロローグとの間に短編1編を挟んでいる。 ちなみに、作中に出てくる七瀬かりんのアカウントや「鋼人七瀬まとめサイト」が実際に作られており、後者は物語の進行に合わせて更新した後閉鎖された。 制作スタッフ 監督 シリーズ構成 高木登 キャラクターデザイン・総作画監督 本多孝敏 美術監督 諸熊倫子 色彩設計 大塚奈津子 撮影監督 織田頼信 音響監督 山田陽 音楽 眞鍋昭大 制作 NAS アニメーション制作 主題歌 オープニングテーマ『モノノケ・イン・ザ・フィクション』 作詞 - チャム.

次の